【購入レビュー】ZenFone5Zを8ヶ月使って分かった!7つの長所&短所とは?

ZenFone5Zを購入して7ヵ月程が経過。正直言うと購入当初は「ZenFone6までの、繋ぎで使えれば良いや」っと思って購入したのです。

しかし!ZenFone5zのあまりの使い心地の良さに、ZenFone6購入は見送る事にしました。笑

他の10万を超えるようなハイエンドスマホにも勝るとも劣らない、スペックでまっったく何にも不満が無いんですコレが。

今回はZenFone5zを7ヵ月使って分かった5つの良い点&無理やりひねり出した弱点を解説していこうと思います!

格安スマホの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた↓
楽天アンリミットは繋がりにくい?自腹検証した結果と3つの注意点とは?
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

ZenFone5z7つのメリットとは?

1,ディスプレイがデカイ!

とにかく一番のメリットと感じたのコレ!6,2インチもの大画面!1,2年前から流行っているノッチ付きの大画面スマホですね。

正直、ノッチ自体は「ダサい!」っと思っていたのですが、使っていくとそれほど気にならない事に気づきました。

むしろ、こんなに大画面でWEBブラウジングができるなら、iPadそこまで必要ないかも・・・っとも思えるくらいの快適性が高い。

以前私が使っていたXperiaZ5の画面(5,2インチ)と比べると一目瞭然。

全てが広い。何もかもが広い。たった1インチ・・・たった1インチでディスプレイの大きくなるだけで、これだけ快適性が変わるとは!

使う前はたった1インチなんてどうせ変わらんッ!っと思っていたのですが、映像美を必要としない動画閲覧(HOWTO系等)、WEBブラウジングはスマホだけで済ます事がかなり多くなりました。

流石にガッツリ調べ物をしたい時は「小さい!小さすぎる!」っとストレスが溜まる時もありますが、ちょっと簡単な調べ物するくらいならiPadを引っ張りださない事も多いです。

もう一点は電子書籍を読む場合は画面が小さすぎぃ!!っと30秒くらいで閉じたくなります。笑

書籍や雑誌を読む時はiPad、簡単なWEBブラウジングする時はZenFone5zという感じに使い分けているのが、現時点での私のベスト。
【9ヵ月レビュー】実はコスパ悪い?iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

デカイは、、、正義!

2、ヌルサク!

ZenFone5zは『Snapdragon845』という今の最新チップより1世代前のチップが搭載されています。

1世代前とは言え世代的には『iPhoneX』と同世代のチップなので、性能的にはなんら不満が無いです。

むしろ、アプリの立ち上げについては、iPhoneXよりも速く立ち上がるという比較動画も上がっているくらい↓


流石に最新の3Dを使うような超ヘビーなゲームをする人だと動作の重さ等感じるかもしれない。

が、私のように基本WEBブラウジング、アプリ、動画閲覧、カメラ撮影。くらいならホントヌルサク!です。本当にこれ以上何を求めるのか?ってくらいヌルサク。

想像以上にヌルサクなので、ZenFone6が販売されたら乗り換えるぞッ!っと思っていた気持ちが急激に冷めちゃいました。笑

3、顔認証でロック解除

iPhoneXなどに搭載されている顔認証機能とは違って簡易的なものではあるものの、最近流行りの顔認証も搭載。

「ホントにロック掛かっているの?」っとZenFone5に問いただしたくなるほど、爆速でロック解除してくれるので逆に不安になるレベル。

ただし!やはり認証の仕組みが違うので仕方ないですがiPhoneX等は暗闇の中でも顔認証してくれるのに対して、ZenFone5zは暗い中だと、認証してくれません(汗)

(オレンジの豆電球でも認証してくれなかった)

とは言っても、背面にはる指紋認証も爆速でロック解除してくれるので、それほど苦にはならないですね。本当に7ヵ月使ってたったの一回もロック解除でイラッとした事が無いのはスゴイ。

以前使っていたiPhone6の指紋認証は一度認証してくれないと、中々認証してくれない沼にハマってイラッとする事がありましたが、ZenFone5zは指紋認証も爆速。

4,イヤフォンジャックが付いている。

コレ!私がZenFone5zを購入を後押しした要素がイヤフォンジャックが付いている!という点です。

これなら私が愛用している有線イヤホン「ER-4」で美麗なBGMを堪能できます。

ER-4の超美麗音質イヤフォン+Spotifyを最高音質に設定して、お気に入りのミュージックを聞きながら作業するのが幸せすぎる・・・

実はXperiaからスマホを買い換える時に「そろそろ、iPhoneに買い変えるか・・・」っとAppleに屈しそうになった時がありました。

ただ、一番気になったのがイヤホンジャックが無い!という点。

何故か他のスマホもiPhoneのマネをしているのかイヤホンジャック無しのものが増えているし・・・

有線イヤホン派の私からすると「なぜ、、、なぜ有線イヤホンを使わせてくれないんだ!」っと憤りを感じる流れです。

しかぁし!ZenFone5zはやってくれた。そんな意味不明なイヤホンジャック排除の流れを無視して、イヤホンジャックを搭載してくれた。

ありがとうZenFone5z。

5,安い、安い、安い!

ハイエンドスマホに勝るとも劣らない性能にも関わらず価格が安い!というのもZenFone5zのメリット。

(当時としては)最も性能が高いチップSnapdragon845が搭載されている機種はハイエンドに位置するスマホだったので、10万円超えのものが殆どでした。

が!そんな10万超えのスマホの中、約7万前後という価格!

このスペックのスマホが手に入るんだから「コスパは最強レベル」と言わざるを得ないです。

流石に激安価格帯である中華製のスマホよりは高い価格設定ですが、「何となく中華製はじゃない方が良いかも・・・」という人は絶対に選択肢に入れるべきかと。

私の場合は購入するタイミングが良かったのか、6万くらいで購入する事ができました。最高すぎる・・・

6,充電速度が爆速過ぎるっ!

爆速、超速、光速。どんな言葉で良い表せないほど、充電速度が速い、速すぎるっ!「ええっ!最近のスマホってこんなに充電速いの?!」っとチビリそうになるほど爆速。

どのくらい爆速なのか?!というと、前日に充電し忘れて翌朝0%に近くなっていても15分くらい充電すれば、どんなに少なくともその日1日分は充電されるくらい爆速。

7ヵ月使ってきてたったの1度も充電切れを起こした事が無いです。本当に素晴らしい。

ただし!爆速充電するためにはUSB PDに対応した充電器と充電ケーブルが必要になります。

最初から用意しておいてくれー!っと言いたくなりますが、そんな事はどうでも良いくらい爆速で充電できるので絶対に何があってもこれだけは準備しておいた方が良いです。

7,カメラはそこそこか。

正直言って、カメラは良くも悪くもない・・・っというのが私がカメラを使ってみた印象。

デジカメレベルに綺麗にとるのはちょっと難しいですが、ふつーに使う分にはふつーに満足できるレベル。

ただ、この価格帯なのにデュアルレンズが搭載されていて、スマホよりも広角写真が取れるのは超便利。

こちらは普通のレンズで取った写真↓

一方コチラが広角レンズに切り替えて撮影した写真↓

パッと見ただけだと何が違うのか?分かりづらいですが、広角レンズの方がより広い範囲撮影出来ているのがお分かり頂けるかと!

広角レンズの方がより広い範囲を撮影できるので、風景を撮りたい時なんかはかなり重宝する機能です。

8ヵ月使って分かった3つのデメリットとは?

1,ノッチ、ノッチ、ノッチ!!

やはり一番のデメリットはコレ!ノッチぃぃ・・・

ぶっちゃけ、ZenFone5zを購入する前までこのノッチのデザインが嫌で嫌で「ノッチ無しのZenFone6が出るまで待つか」っと1ヵ月悩んだ程です。

iPhoneXがノッチ付きのスマホを販売したから、他のスマホも真似してノッチスマホを乱発しているけど、別にノッチのデザインが好き!ってわけじゃ無いでしょう(汗)

ノッチさえ無ければ・・・ノッチさえ無ければ・・・最強のスマホになりえたのに!

ただ、メリットの部分でも書きましたが、ノッチは使っていくうちに慣れますので、実はそこまでデメリットじゃないかも。笑

そして、どうしてもあのM字が気に入らない!と言うなら、ノッチを無くす機能も付いています。

っと言ってもノッチの横の部分が黒くなるだけなので、私は使わなくなりました(汗)

2,指紋ベタベタ

私は家でスマホを使う時は裸で使う派なのですが、「キミは指紋拭き紙か!」ってほど背面に指紋がベタベタつきまくります。

ただこれについても「ケース付けろよ!」って話なので、そこまでデメリットでは無いかも。それに私が手汗をかきまくる体質だからという可能性も高い。

3、防水、防塵対応ではない!

ある意味一番のデメリットがコレかも。最近のスマホは当然のように防水、防塵機能が付いています。

が!ZenFone5zには防水、防塵機能が無いッ!一切無い。私が使っていた2015年発売のXperia5zですら、防水防塵機能は付いているのに・・・

実はこの防水機能が付いていないという点が引っかかって、購入をためらっていた部分もありました。

ただ、振り返って考えると「雨の中でスマホなんて使わないし、水たまりの中にスマホを落としたことなんて一度も無いし・・・実はいら無くないか?」

っと言う結論に達して、購入を決意しました。笑

あなたは雨の中スマホを使ったり、プールや水まわりでスマホを使う機会はあるでしょうか?実はそれほど水回りで使う機会って無いんじゃないでしょうか?!(迫真)

当然無いよりはあったほうが良い機能だけど、水回りで使うことは全く無いので、そこまで心配にならなくても良いような気もします。



【結論】コスパ最高!のスマホでした。

7ヵ月使って分かったのはZenFone5zは最高!ということでした。

確かに超ハイエンドスマホのような有機ELやら、4Kディスプレイやらはありません。が、本当にスマホレベルの小さい画面にそれほどの高画質なスペックは必要だろうか?

3万も4万も高い金額を払って綺麗な画面のスマホを購入するくらいなら、その資金を4KテレビやiPad代に充てた方が幸せになれるんじゃないだろうか?!っというのが私の持論。

スマホは毎日使うものだから、一番お金をかけろ!という主張もありますが、私はコレには疑問があります。

っというのもスマホで出来る事なんて、本気で仕事用のガジェットと考えるにはたかがしれているし、それほどお金をかける価値があるか?!というと、あまりないと思うんですよね(汗)

ガチで仕事に使うならPC、ガチで写真取るならデジカメ、ガチで映像美を堪能したいならTVにお金を書けたほうが絶対に幸せになれる!と思うんです。

躊躇なくスマホに10万をポンッっと出せる人は良いのですが、私のような一般ピープルであれば「スマホはそこそこに。その分他の家電やガジェットにお金をかける」べき!かと。

少なくとも私はZenFone5zがボロっボロになるまで使い倒すつもり。

ZenFone7のカメラを撮影レビュー!5つの長所と異次元の手ブレ補正を解説。

【レビュー】ZenFone5Z使いの私がZenFone6の購入を見送った7つの理由とは?

ZenFone7/Proの6つの長所と欠点とは?致命的な弱点も正直にレビュー!

ZenFone7/ProとZenFone 5Zの9つの特徴を比較!買い換える必要無し?

ZenFone7とZenFone6を全力比較!7つの決定的な違いはコレでした!




格安スマホを検討している人にオススメな記事5選!
楽天モバイルで”ほぼタダ同然”で購入できるGalaxyの使用感は?
どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓
Rakuten UN-LIMITの低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事