ZenFone7/ProとZenFone 5Zの9つの特徴を比較!買い換える必要無し?

今私が猛烈に悩んでいるのが、今使っているZenFone5ZからZenFone7に乗り換えるかどうか?!

悩みすぎて夜も8時間しか眠れない状態なので、ここで一旦冷静になって本当に買い換える必要があるか?ZenFone7と5Zのスペックを9つの特徴を比較!

ZenFone7/Pro vs ZenFone 5Zのスペック比較

 

端末名 ZenFone7/Pro ZenFone 5Z
ディスプレイ 6.67インチ フルHD+
有機EL、HDR 10+、90Hz以上
6.2インチ フルHD+
液晶ディスプレイ
性能 Snapdragon 865


Proモデル
Snapdragon 865+

Snapdragon  845
カメラ トリプルカメラ
6,400万画素(広角)
1,200万画素 (超広角)
800万画素 (望遠)
電子手ブレ補正(EIS)


Proモデル
広角カメラ、望遠カメラに光学式手振れ補正(OIS)

1,200万画素(広角)800万画素(超広角)

インカメラ
800万画素カメラ内蔵

バッテリー量 約5,000mAh 3,300mAh
メモリ 6GB/8GB


Proモデル 8GB

6GB
ストレージ
(データ保存量)
128GB


Proモデル 256GB

両モデル最大2TBのmicroSDカード

128GB最大2TBのmicroSDカード
重さ 230g 165g
おサイフケータイ 非対応(?) 非対応
防水 非対応 非対応
指紋認証
顔認証
イヤホンジャック 無し
価格 ZenFone 7
85,800円 (税別)OCN 71,600円(税別)


ZenFone 7 Pro
99,800円 (税別)

OCN 84,100円(税別)

新品価格
約7万円中古価格3万~5万程度

※ZenFone7が最安59,800円!OCNモバイルキャンペーン↓

⇛【10月23日~11月3日限定】ZenFone7が最大2万8千円引きで買える!OCNモバイルはコチラ!

ZenFone7/Proの6つの長所と欠点とは?致命的な弱点も正直にレビュー!

【購入レビュー】ZenFone5Zを8ヶ月使って分かった!7つの長所&短所とは?

1、デザインはどうなの?

まずは超絶重要なスマホのデザインを比較。

ZenFone7はインカメラとアウトカメラを統一することによって、完全にベゼルレスなディスプレイになってます。

これがスンゴイカッコいい・・・

最近の中華スマホとかでもベゼルがかなり薄くなっていたり、パンチホール式になっていたりするものも多くなっているんですが、本当のオールディスプレイってほぼ無いんですよね。

もうこの時点で購買意欲がMAXになりそう(汗)

ただ、ちょっと残念なのが背面デザイン。

今のところブラックとホワイトの2色展開が判明してますが、光の当たり方によって微妙に色が変わって見えるみたいなんですよね。

ブラックは良さそうだけど、ホワイトはなんか中華スマホっぽいカラーに見えちゃいます。

普通のホワイトで良かったんだけどなぁ・・・アジア圏ではこんな感じのカラーが流行っているのかしら。

ZenFone5Zはノッチスマホ全盛期の機種なだけあって、iPhone11とかと同じようなノッチディスプレイ。

正直ノッチは好きじゃないんですが、慣れますね。笑

背面デザインは個人的にかなり好きなポイント。指紋認証を中心に放射状に反射するデザインでコレがなかなかカッコええんです。

ASUSと言ったら、この放射状のデザインが特徴だと思ってたんですが、ZenFone6から辞めちゃいましたね。。。あまり人気ないんでしょうか。

個人的にはディスプレイ側はZenFone7の方がカッコよく、背面デザインはZenFone5Zの方がカッコよく感じました。

2、性能を比較

ZenFone7は最新のハイエンドモデルに搭載される、最高スペックなCPUが積まれているだけあって、性能はぶっちぎりで高いです。

端末名 搭載CPU ベンチマークスコア(Antutu V8 )
ZenFone7  Snapdragon 865 約55~60万前後
ZenFone7 Pro  Snapdragon 865+ 約65万前後
ZenFone 5Z
 Snapdragon 845 約35万前後
iPhone6 Apple A8チップ 約10万
iPhone6s Apple A9チップ 約17万前後
iPhone11 Apple
A13 Bionic
55万前後

ZenFone5ZはiPhoneXと同等くらいの性能だったんですが、ZenFone7はそれを遥かに上回りiPhone11を余裕でぶち抜くほどハイスペックです。笑

一体何にこのハイスペックな性能を使うのか?!ゲームとかしない私には分かりません(汗)

更にZenFone7の上位モデルである、Pro版だとスコアが3万程度向上してます。

まさにバケモノなんですが61万スコアじゃ出来なくて、64万スコア出来るようになる使い方って何かあるんでしょうか?(汗)

このくらいの差ならもはや通常版でも良いような。

また、リアルタイムでZenFone5Z使ってますが、モッサリ感じたことは一回も無いし、スペック的にはなんの不満もありません。

私が無知なだけなのでゲーム以外にこのスペックのスマホが必要な場面などあれば、教えて下さいませ。

3、カメラ性能比較

これはもう圧ッッ倒的!にZenFone7の方が上。カタログスペック的にも天と地の差があります。笑

端末名 ZenFone7/Pro ZenFone 5Z
カメラ トリプルカメラ
6,400万画素(広角)
1,200万画素 (超広角)
800万画素 (望遠)
電子手ブレ補正(EIS)


Proモデル
広角カメラ、望遠カメラに光学式手振れ補正(OIS)

1,200万画素(広角)800万画素(超広角)

インカメラ
800万画素カメラ内蔵

動画 最高8K30fps(広角)

最高4K60fps(超広角)

最高4K60fps(広角)

最高フルHD+30fps(超広角)

このカメラ性能が大幅パワーアップしている点で超迷ってます。。。

ぶっちゃけ、静止画を撮るくらいの使い方だったら、ZenFone5Zも十分綺麗な写真が撮れるんですが動画の手ブレ補正機能は段違いに優れているんですよね。

ZenFone6から評判が良かった電子手ブレ補正機能(EIS)を採用し、Proモデルでは更に手ブレが抑えられる光学式手振れ補正(OIS)も追加されてます。

個人的に動画を撮る機会が増えてきているので、この点がかなり気になります。

そして、一番の目玉機能とも言えるのが、超広角でも4K60fpsの高画質で撮影できる!って点です。

結局、旅行先とかで動画を撮る時って広大な風景とか撮ることが多いんですが、5Zだと超広角はフルHD+までしか撮れません(涙)

画素数も800万画素なので、画質もかなり悪く超広角で動画を撮ろうなんて気にならないんですよね。

しかぁし!ZenFone7は超広角でも1300万画素で4kで撮影出来るので、旅先でかなり重宝しそうです。

ZenFone7のカメラを撮影レビュー!5つの長所と異次元の手ブレ補正を解説。

4、ストレージ比較

ストレージに関してはどちらも128GB。Proモデルのみ256GBに増えてます。

どっちもmicroSDカード2TBに対応しているし、ブログ用に写真を撮りまくっている私ですら、128GBで足りているので、この程度で十分かなと。

5、ディスプレイ比較

ZenFone7は完全ベゼルレスなのに加えて、液晶ディスプレイよりも更に美麗な有機ELディスプレイが採用されてます。

そして、リフレッシュレートが60hz⇛90hzに変更されているので、より画面がヌルヌル動きます。

ただこのリフレッシュレートについては、ぶっちゃけイラない機能かなぁ・・・

iPadPro11がリフレッシュレート120hzで、私自身今もiPadPro11を愛用してますが、感動するのは最初の1週間だけです。笑
【9ヵ月レビュー】iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

ペンシルで絵を書くような人なら、この微妙なヌルヌル感の違いで使用感が変わるかもだけど、スマホでリフレッシュレートが高くてもあまり使いみち無いです。

ゲームをガッツリガチでやる人なら、意味あるかもですが現時点ではYou Tube動画なども最高60hzまでしか対応してないんです。

スマホのリフレッシュレートでどの程度違いがでるのか?You Tuberさんが比較してくれてます。

結局You Tubeなので60hzなんですが、超スローモーションで撮影しているので、コマ数の違いは若干分かるかも。

ちなみにZenFone5Zを含む殆ど全てのスマホは60hzまでの対応です。

6、イヤホンジャックの有無

ZenFone7最悪の改悪とも言えるのがコレ。イヤホンジャックが・・・無くなっているっっ!

ZenFone6まではイヤホンジャックが搭載されていたので、ASUSはイヤホンジャック搭載し続けると思われたんですが、まさかここに来てイヤホンジャック無くすとは・・・

最近はXperiaなんかでもイヤホンジャックが復活してきているというのに!

変なところまでiPhoneのマネしなくていいのになぁ。

7、充電速度の違い

ZenFone5Zは最高18WのPD充電に対応してますが、ZenFone7は更に高速な30W充電に対応。

18Wでもかなり爆速で充電できるんですが、更にそれを上回るなんてすごすぎっ。
【購入レビュー】ZenFone5Zを8ヶ月使って分かった!7つの長所&短所とは?

8、重さ、サイズの違い

私が最も購入を躊躇しているのが、このサイズと重さ。

ZenFone5Zは6,2インチのサイズながら165gと比較的軽量なのが、かなりベストポイントだったんですよね。

常に持ち歩くアイテムなので、スマホが軽いのは正義です。

しかし!ZenFone7はディスプレイがデカくなった分、重さも230gと超ヘビィ級なスマホになっちゃいました(涙)

230gと言うと、重いと言われるiPhone11 Pro MAX(226g)と同等レベルに重いです・・・

うーん、、、これだったらPro版のみProMAXのように、大きいサイズにして通常版は少し小さいサイズで差別化しても良かったのでは?

200gはかなりキツイです(汗)

9、価格の違い【重要】

端末名 ZenFone7/Pro ZenFone 5Z
価格 ZenFone 7
85,800円 (税別)OCN 71,600円(税別)


ZenFone 7 Pro
99,800円 (税別)

OCN 84,100円(税別)

新品価格
約7万円中古価格3万~5万程度
5G対応機種てのもあって、コスパ最強と言われてたZenFoneもジワジワ値上げしてきてます。
ZenFone5Zは新品価格で7万円前後だったんですが、それより1万円くらい高い設定に。
と言っても、これだけ有機EL、5G対応、フリップカメラ、カメラ性能アップとこれだけのスペックで10万以下のスマホは他に無いです。
XperiaやGalaxyの同世代ハイエンド機なんかだと、軽く10万は超えますので。
ハイエンド機の中ではコスパ最強級なのは健在ですね。

【結論】買い換える必要あるのか?

最後にどっちが買いなのか?!あなたに合っている方をまとめてみるとこんな感じ↓

ZenFone7、Proを検討するべき人
・写真や動画を撮りまくる
・ゲームをガッツリやる
・5G対応機が欲しい
・ディスプレイは大きい方が良い
・少しでも美しいディスプレイが良い
っと言った感じかなぁ。正直私はこの中ではカメラ性能意外はどうでも良かったり。笑

スペック的にはZenFone5Zで十分で何も不満無し!なんですが、動画性能が気になって仕方ないです。

まだ購入するか迷いまくってますが、たぶん買わな・・・いや買うかも・・・

ぁぁぁああ、悩ましいっ!あなたはZenFone7買いますか?(´・ω・`)

※ZenFone7が最安59,800円!OCNモバイルキャンペーン↓

⇛【10月23日~11月3日限定】ZenFone7が最大2万8千円引きで買える!OCNモバイルはコチラ!

ZenFone7とZenFone6を全力比較!7つの決定的な違いはコレでした!

【レビュー】ZenFone5Z使いの私がZenFone6の購入を見送った7つの理由とは?

ZenFone7/Proの6つの長所と欠点とは?致命的な弱点も正直にレビュー!

【購入レビュー】ZenFone5Zを8ヶ月使って分かった!7つの長所&短所とは?




格安スマホを検討している人にオススメな記事5選!
楽天モバイルで”ほぼタダ同然”で購入できるGalaxyの使用感は?
どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓
Rakuten UN-LIMITの低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事