何が違う?ZenFone7とRakuten BIGの8つの決定的な違いを比較!

今回はオールディスプレイである、ZenFone7とRakutenBIGを全力比較!

どっちが買いなのか?!5つの重要な項目を見ていきましょー!

結論から言ってしまうと、この2つだったらZenFone7の方が買い。っというか私はZenFone7買いました。笑

っというのも”とある性能が圧倒的に差がある”んですよね。

格安スマホの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた↓
楽天アンリミットは繋がりにくい?自腹検証した結果と3つの注意点とは?
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

ZenFone7 vs Rakuten BIG

端末名 ZenFone7 Rakuten BIG
ディスプレイ 6.67インチ フルHD+
有機EL、HDR 10+、90Hz以上
6.9インチ 有機EL

FHD+(2460×1080)

性能 Snapdragon 865 Snapdragon  765G
カメラ トリプルカメラ
6,400万画素(広角)
1,200万画素 (超広角)
800万画素 (望遠)

電子手ブレ補正(EIS)

クアッドアウトカメラ
メイン6400万画素
超広角800万画素
マクロ200万画素
深度200万画素

インカメラ

3200万画素(F値2.0、ディスプレイ内蔵)

バッテリー量 約5,000mAh 約4000mAh
重さ 230g 227g
メモリ 6GB 6GB
ストレージ
(データ保存量)
128GB
microSD最大2TB
128GB
microSD最大256GB
おサイフケータイ 無し
防水 無し IPX8 / IP6X
指紋認証
顔認証 無し
価格(税別) ZenFone 7
85,800円OCN価格
71,600円ZenFone 7 Pro
99,800円

OCN
84,100円

63,455円
(キャンペーン中は最大23,000円分の楽天ポイント)

どちらも最高スペックを比較。

⇛【OCNモバイル限定】ZenFone7が最大2万2千円引きで買える!現在の価格&在庫はコチラ!

⇛【最大23,000円分楽天ポイント還元】Rakuten BIGの現在の価格&キャンペーンを見るにはコチラ!

8つの違いを徹底比較!

1、デザインはどうなの?

まずは超絶重要なスマホのデザインを比較。どちらのスマホも 全面にベゼルが無い完全オールディスプレイタイプのスマホになってます。

前から見たデザインはあんまり違わないんですが、全然違うのが背面デザイン。

RakutenBIGは後ろにでっかい”R”マークが鎮座しています・・・もろRakutenじゃん!

表面のデザインは先進的でカッコいいのになぜRをつけてしまったのか(汗)ちょっとカッコいいとは思えません。

一方ZenFone7のデザインですが、全面はオールディスプレイでほぼ一緒。

※左ZenFone7、右ZenFone5Z

背面デザインは至って普通。正直、そこまでカッコいい!っと言う感じではないかなぁ。個人的には背面デザインはZenFone5Zが至高だと思ってます。笑

※左ZenFone7、右ZenFone5Z

デザインの好みは人によって違うものの、背面の”R”がカッコいいと思う人はあんまりいないような気がするので、デザイン的にはZenFone7の方が上かなと思います。

2、性能を比較

冒頭で圧倒的に違う!っとお伝えしたのがこのCPUの性能。RakutenBIGはZenFone7の半分くらいの性能しかないと言われているんですよね(汗)

もうこれが違いすぎるので、この点だけでもZenFone7を選ぶべき!っと強く言いたいくらいです。

端末名 搭載CPU ベンチマークスコア(Antutu V8 )
ZenFone7 Snapdragon 865 約60万前後
Rakuten BIG Snapdragon 765G 約32万前後
ZenFone5Z Snapdragon 845 約34万前後
iPhone6s Apple A9チップ 約17万前後
iPhone11 Apple
A13 Bionic
55万前後

ZenFone7は執筆時点で最強クラスのSnapdragon 865を搭載しているので、iPhone12と同等かそれ以上のベンチマークスコアが出ています。

一方、Rakuten BIGは”ミドルハイクラス”のSnapdragon 765Gになっています。

あくまでもベンチマークは目安でしかないんですが、それを考慮しても性能差が圧倒的すぎる・・・

ベンチスコアが30万もあれば、WEB、動画閲覧などは普通にサクサク動くし、よほど重いゲームでなければ、ゲーム性能も必要十分ではあります。

ただ今後2年~3年~と長期的に使うことを考えると、2年前のZenFone5Zより性能が低いスマホを今更買うのもなぁという気はします(汗)

ちなみに私がベンチを計測してみた結果がコチラ↓

※左 GalaxyA7、中央ZenFone5Z、右ZenFone7

メモリに関してはどちらも必要十分です。

端末名 メモリ
ZenFone7 6GB
Rakuten BIG 6GB
iPhone6 1GB
iPhone6s 2GB

3、カメラ性能比較

端末名 ZenFone7 Rakuten BIG
カメラ トリプルカメラ
6,400万画素(広角)
1,200万画素 (超広角)
800万画素 (望遠)電子手ブレ補正(EIS)
クアッドアウトカメラ
メイン6400万画素
超広角800万画素
マクロ200万画素
深度200万画素インカメラ3200万画素(F値2.0、ディスプレイ内蔵)

カメラ性能はスペックだけみても明らかにZenFone7の方が上。

メインカメラこそ同じ6400万画素で同じなんですが、超広角と望遠カメラに関しては画素数はZenFone7の方が明らかに高いです。

画素数が高けりゃ、画質が良いってわけでもないんですが、RakutenBIGのマクロレンズ200万画素はいくらなんでも厳しすぎでしょ。

広角カメラに関してもできれば1000万画素くらいは欲しいところ。

そして、ZenFone7の最強のメリットとも言えるのがフリップカメラ。

スマホ位置をそのままで、カメラのみが360℃回転するので、ローアングルの写真とかでも簡単に撮れるのがスンゴイ面白いです。笑

フリップカメラが無い場合このような感じで、カメラを傾けつつレンズの位置も下げないといけないのでかなり大変です。

レンズの性能もカメラ自体の性能もZenFone7の方が上なのは間違いないかと思います。

より詳しいカメラのレビューに付いては以下の記事や動画も参考に!
ZenFone7のカメラを撮影レビュー!5つの長所と異次元の手ブレ補正を解説。

Rakuten BIGのカメラ性能に関しては”パパのひとりごと”チャンネルさんがかなり詳しくレビューしてくださっているので参考になるはず!

4、ストレージ比較

ストレージに関してはどちらも同じ128GB。

よほど写真や動画を撮りまくる人でもなければ、128GBもあれば十分ではあります。

ただ大きな違いはmicroSDカードの対応容量ですね。ZenFone7は最大2TBのmicroSDカードに対応してるんですが、RakutenBIGは256GBまで。

1TBのマイクロSDカードって3万5千円もするので、現実的じゃないですが(汗)

正直microSDカードは256GBもあれば十分かなぁっというのが本音。

5、ディスプレイ比較

端末名 ZenFone7 Rakuten BIG
ディスプレイ 6.67インチ フルHD+
有機EL、HDR 10+、90Hz以上
6.9インチ 有機EL

FHD+(2460×1080)

どちらも有機ELディスプレイが採用されているので、発色は鮮やかだし画質的にはそんなに大きな差は無し。

ただ、ZenFone7はリフレッシュレート90hzに対応してるので、画面がヌルっヌル動きます。笑

画面の描写が1秒で90回更新されるので、今までの60hzディスプレイに比べると画質がよくなっているように見えます。

大して変わらないだろ!っとか思っていたんですが、ZenFone7を2週間くらい使い続けてから、ZenFone5z使うとメチャ画面がカクカクしているように感じます。笑

とは言え実用性があるか?っと言うとゲームをする人でも無い限りそこまで、メリットは無いです。

現時点では画面がヌルヌル動くので、画質がよくなっているように感じるってくらいかなぁ。

今後販売されるスマホは90hz~のリフレッシュレートがトレンドになるのは確実なので、どうせ新しいスマホを購入するならリフレッシュレート90hz~のものが良いかなとは思います。

スマホの90~120hzは意味無し?高リフレッシュレート4つの短所と長所を解説!

6、防水、お財布ケータイの有無

端末名 ZenFone7 Rakuten BIG
おサイフケータイ 無し 対応
防水 無し IPX8 / IP6X

ZenFone7で最も残念なのがお財布ケータイが無い!って点ですね・・・

Rakuten BIGにはおさいふケータイがあるので、一々お財布を持ち歩かなくても、簡単に決済できるのが便利。

私はRakuten Miniでお財布ケータイをガンガン使ってますが、これは本当に便利すぎて無駄使いしまくってしまうレベル。
本当にコスパ良い?Rakuten miniを購入レビュー!6つの短所&長所はコレ!

できればZenFone7にもお財布ケータイは搭載して欲しかったですね。

あとは防水性能の有無。

私は水回りでスマホを使う事なんてほぼ無いし、水没させたこともないのであんまり必要と感じないですが、必要な人には必要なのかなと。

7、それぞれのデメリット

ZenFone7のデメリット

やはり価格がちょっと高いです。カメラ性能やスマホ性能は最高スペックではあるものの、あなたが「そこまで性能は求めないぜ!」というなら明らかにオーバースペックな気も(汗)

後は防水、お財布ケータイが無いのもネックかなぁ

Rakuten BIGのデメリット

一番気になるのがeSIM専用機種って点です。

というのも現時点でeSIMに対応しているSIMサービスってRakutenモバイル以外だとIIJIMOくらいしかありません。

つまり、「RakutenBIGは使いやすいけどRakutenモバイルは使いにくいから別業者にしたいなぁ~」と思っても別の業者に移行できないってわけです(汗)

サブスマホで使うならアリですが、こんなデカイスマホをサブに持ち歩くなんて考えられないです。

かと言ってRakutenモバイルをずーっと使い続けるか?わからないし・・・

これはかなり致命的。っというか私ならもはやこれだけでも選択肢から外します。

8、価格の違い【重要】

端末名 ZenFone7 Rakuten BIG
価格 ZenFone 7
85,800円 (税別)OCN 71,600円(税別) 
63,455円(税別)
(キャンペーン中は最大23,000円分の楽天ポイント)
通常価格差

2万2,345円差

当ブログで最も重要とも言えるのが価格!通常価格でいうとZenFone7の方が税別で2万2,345円ほど高い設定になっています。

ただし!ZenFone7の場合はOCNを契約&購入する事で、最安値6万5,600円で購入できちゃいます。

税別価格 ZenFone 7
通常価格 85,800円
OCN通常価格 OCN 71,600円
オプション割引 MNP乗り換え5,000円引き

ノートンセキュリティ1,000円引き

OCN最安値 6万5,600円

⇛【OCNモバイル限定】ZenFone7が最大2万2千円引きで買える!現在の価格&在庫はコチラ!

このハイエンドスペックのスマホが6万5千円で購入できるのはいくらなんでもコスパ良すぎです。笑

同性能のスマホだと大体10万円前後するのが当たり前なんですが、これだけカメラ性能など良くても7万弱で買えるのは破壊的です。

私はこのOCNキャンペーンに見事に釣られて購入しました。

ただ、RakutenBIGも通常価格63,455円ではあるものの、Rakutenモバイル契約&端末購入で最大23,000円分の楽天ポイント還元キャンペーンを実施しています。

なので実質4万円ちょっとで購入できるとも言えますね。

税別価格 Rakuten BIG
通常価格 63,455円(税別)
Rakutenモバイルキャンペーン 楽天ポイント還元 23,000円分
実質価格 40,455円

⇛【最大23,000円分楽天ポイント還元】Rakuten BIGの現在の価格&キャンペーンを見るにはコチラ!

キャンペーンを考慮すれば2万以上ZenFone7の方が高い設定ではあるものの、スペック差を考えれば順当な価格差かなぁと思います。

なんと言ってもRakutenBIGはeSIM縛りがあるので、それだったら2万くらい高く払ってでもZenFone7を選ぶべきだっ!っと思いますよ。



【結論】結局どっちが買い?あなたに合っているのは…

最後にどっちが買いなのか?!あなたに合っている方をまとめてみるとこんな感じ↓

Rakuten BIGを検討するべき人
・eSIM専用機でも問題ない
・防水性能が欲しい
・おサイフケータイが使いたい
・スペックはそこそこ高ければOK
・とにかく安い方が良い!
ZenFone7を検討するべき人
・メインスマホとして使いたい
・きれいな写真が撮りたい
・ゲームもガッツリやる
・2~3年と長期間使う予定
・今使っているSIM業者を継続して使いたい

というような感じ。

RakutenBIGも普通に使う分には申し分無い高性能なスマホではあるものの、6万も出して2年前のスマホと同性能ってのがやっぱりちょっと引っかかる・・・

普段使いなら何も問題ないんですが、やっぱり新しいスマホを買うからには、高スペックな方が良いし、何よりもeSIMゥ~~!

なんでeSIM専用機なんかにしてしまったんだ(汗)実質Rakutenモバイル専用機なのはかなり痛い。

私自身、Rakutenモバイル契約して今のところ何の不満も無いですが、メイン回線で使うのはまだちょっと怖いです(汗)
楽天モバイルの致命的な6つのデメリット&メリットを正直に解説します!

1年間は無料&解約量不要なので、1年以内にメイン回線並に使えれば良いんですが、まだどうなるのか?わからないんで、Rakutenモバイルのみってのはありえないですね。
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

というような事を考えると明らかにZenFone7の方が買い!だと私は思いました。

っというわけで、この両機種で迷っている人はぜひぜひ参考にしていただければ幸いです!

⇛【OCNモバイル限定】ZenFone7が最大2万2千円引きで買える!現在の価格&在庫はコチラ!

⇛【最大23,000円分楽天ポイント還元】Rakuten BIGの現在の価格&キャンペーンを見るにはコチラ!

ちなみにZenFone7でRakutenモバイルはデータ通信は結構普通に使えます↓
ZenFone7×楽天モバイルは使える?購入テストして分かった3つの欠点とは?

その他関連記事はコチラ↓
Rakuten BIGって買い?残念な7つの点&長所を正直に解説していきます!

【自腹レビュー】ZenFone7は本当にコスパ最強?5つの長所&短所はコレでした。




格安スマホを検討している人にオススメな記事5選!
楽天モバイルで”ほぼタダ同然”で購入できるGalaxyの使用感は?
どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓
Rakuten UN-LIMITの低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事