最強はどっち?ZenFone7 ProとiPhone12 Pro Maxの8つの違いを全力比較!

ハイエンドスペックなのに、価格がかなり安いコスパ最強スマホとも言われるZenFone7のプロモデルと、iPhone12ProMAXを全力比較。

どちらも最強クラスのスペックなんですが、一体どっちが買いでなにが違うのか?!を比較していきます。

格安スマホの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた↓
楽天アンリミットは繋がりにくい?自腹検証した結果と3つの注意点とは?
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

ZenFone7 Pro vs iPhone12 Pro Max

端末名 ZenFone7 Pro iPhone12 Pro Max
ディスプレイ 6.67インチ 有機EL

最大90Hz

6.7インチ 有機EL
性能  

Proモデル
Snapdragon 865+

A14 Bionic
カメラ トリプルカメラ
6,400万画素(広角)
1,200万画素 (超広角)
800万画素 (望遠)
電子手ブレ補正(EIS)


広角カメラ、望遠カメラに光学式手振れ補正(OIS)

1200万画素デュアルカメラ(超広角、広角、望遠)

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)

4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

ナイトモード対応

ズーム機能 3倍光学ズーム 2.5倍の光学ズームイン
ビデオ撮影機能 8K30fps(広角)

4K60fps(超広角)

4K(24fps,30fps,60fps)
1080p HD(30fps,60fps)

Dolby Vision対応HDR(最大60fps)

インカメラ 1200万画素カメラ
ナイトモード対応
バッテリー量 約5,000mAh

動画再生14時間30分程度

約2775mAh(?)

動画再生 最大12時間

メモリ  

8GB

 6 GB
ストレージ
(データ保存量)
Proモデル 256GB

最大2TBのmicroSDカード

128/256/512GB
microSD非対応
重さ 230g 226g
おサイフケータイ 非対応(?)
防水 非対応 IP68
指紋認証
顔認証 無し
イヤホンジャック 無し 無し
価格  

256GB 10万前後

128GB 117,800円
256GB 128,800円
512GB 150,800円

ZenFone7/Proの6つの長所と欠点とは?致命的な弱点も正直にレビュー!

本当に買い?iPhone12の残念な8つの点と長所を解説!「今は時期が悪い」

1、デザインはどうなの?

まずはスマホにおいてかなり重要なデザインを比較。早速で申しわけないんですが、デザイン的には圧倒的にiPhone12ProMAXのほうがカッコいいっ!っと思ってしまいました(汗)

ZenFone7のデザインがコチラ↓

ホワイトとブラックの2色展開なんですが、なんというか背面の光り方がなんとなく中華スマホっぽいんですよね・・・

特にホワイトはちょっとギラツキ感が気になるなぁ。ただ、ディスプレイ側はノッチ0で真のオールディスプレイ。これはメチャカッコいいです。

iPhone12ProMAXはステンレス素材で高級感マシマシです。笑 

ベーシックなシルバーとグラファイトの他に、ゴールドとパシフィック・ブルーが用意されてます。

個人的にはゴールドとパシフィックブルーが好きすぎるっ!もし購入するならブルーかなぁ・・・

っと購入する予定も無いのにニヤニヤしてしまうくらいにはカッコいいです。笑

ただ、残念すぎるのがまたもや、ディスプレイはデカノッチデザインっという点。

あぁ、、iPhoneのノッチが消滅したら最強スマホになりうると思うんだけどなあ。

2、性能を比較

iPhoneの新型が発表されると、毎回iPhoneが最強のスマホに君臨するのが当たり前でした。

が!現時点の情報ではあるけど、ZenFone7Proに搭載される Snapdragon 865+ の方がスペックは上なのでは?!っという噂があるんですよね。

端末名 搭載CPU ベンチマークスコア(Antutu V8 )
ZenFone7 Pro  Snapdragon 865+ 約65万前後
iPhone12 Pro Max A14 Bionic 約57万前後
iPhone6 Apple A8チップ 約10万
iPhone6s Apple A9チップ 約17万前後
iPhone11 Apple
A13 Bionic
55万前後

iPhone12ProMAXはまだ販売前ですが、有名リーカーの情報によると、ベンチマークスコアはSnapdragon 865+より下回ると言われてます。

未発売のiPhone12 Pro Maxに搭載されるものだとするA14 BionicのAnTuTuスコアを投稿し、パフォーマンスは期待はずれだと述べています。

同氏は、A14 BionicのAnTuTuスコアはQualcomm Snapdragon 865 Plusより低いと述べています。

引用:https://iphone-mania.jp/news-313959/

リーカーの情報によると、Apple的にはスペックを高くするよりも電力効率を重視したみたい。

確かにここまでスペックが高くても、ゲームくらいにしか性能は活かせないだろうし、携帯電話として使う人にとってはどちらも明らかにオーバースペックすぎぃ!です。

とは言え、やはり「現時点で最強スペックのスマホを使っている」というロマンを追い求める人にとっては、ベンチマークの数値は重要です。

私のように使いもしないのに、ベンチマークの数値をみてニヤつくような人だったら、できれば1番が良いはずっ!

どうせハイエンド機を買うなら2番じゃダメですよねぇ・・・笑

スマホのメモリに関してはZenFone7Proが8GB。iPhone12ProMAXが6GB搭載。

端末名 メモリ
ZenFone7Pro 8GB
iPhone12ProMAX 6GB
iPhone6 1GB
iPhone6s 2GB

OSが違うので単純比較はできないですが、メモリの数値的にはZenFone7Proのほうが上。

3、カメラ性能比較

どちらのスマホもかなり、かなりカメラ性能にはこだわっているだけあって、最強クラスのカメラ性能です。

端末名 ZenFone7 Pro iPhone12 Pro Max
カメラ トリプルカメラ
6,400万画素(広角)
1,200万画素 (超広角)
800万画素 (望遠)
電子手ブレ補正(EIS)


広角カメラ、望遠カメラに光学式手振れ補正(OIS)

ナイトモードに対応

1200万画素デュアルカメラ(超広角、広角、望遠)

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)

4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

ナイトモード対応

ズーム機能 3倍光学ズーム 2.5倍の光学ズームイン
ビデオ撮影機能 8K最高30fps(広角)

4K最高60fps(超広角)

4K(24fps,30fps,60fps)
1080p HD(30fps,60fps)

Dolby Vision対応HDR(最大60fps)

画素数を見るとZenFone7Proのメインカメラが6400万画素なので、「コッチのほうが性能高いじゃん」っと思っちゃいそうですが、画素数が高い=画質が綺麗とも言えないんです。

実は画素数が多ければ多いほど、1画素に割り当てられる光量が少なくなるので、画質が悪くなることもあります。

例えば先日販売された、α7SⅢというSONYの動画用一眼カメラ(45万円)はあえて画素数が1210万画素に抑えられてます。

最近はカタログスペックを盛るためなのか?1億画素!みたいなスマホカメラもあるんですが、正直あんまり意味ないと思います(汗)

で、両機種の違いですがZenFone7Proが最大3倍の光学ズームなのに対して、iPhone12ProMAXは2,5倍ズーム。

ビミョーーーな差ではあるんですが、ズーム機能に関してはZenFone7Proの方が上でした。

ただ、望遠レンズの画素数が800万画素なのが気になるところ。

そして、ZenFone7Proの強みは光学式手振れ補正(OIS)という強力な手ブレ補正機能がついている点。

通常のZenFone7では電子手ブレ補正(EIS)のみなのが、Proモデルだと更に手ブレが抑えられるOIS搭載されているので、かなり手ブレ補正は期待できそう。

8Kでの動画撮影ができるのも強みといえば強みかなぁ。と言っても8Kで再生できる環境が普及しているとは言い難いので、あってもなくても良いかも(汗)

iPhone12ProMAXはDolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)という映画撮影にも使われるような規格に対応しているので、より美麗な映像が撮影できるのが強み。

一体どれだけの人がこの機能を活かせるのか?!はさておき、かなり高品質な動画が撮影できるのは間違い無さそう。

そして、iPhone12ProMAXも一眼レフカメラで採用されている”センサーシフト式の光学手ブレ補正”が採用され、手ブレ補正にさらに強くなっているみたい。

どうせ8Kで撮影しようが、所詮はスマホ画質なので、それだったらDolby Vision対応HDRビデオ撮影対応のiPhone12ProMAXの方が使ってみたい!っと思ってしまった(汗)

※ZenFone7ProはDXOMARKというスマホカメラの比較サイトにおいて、世界2位と評価されたみたい。

ZenFone 6:リアカメラ104点 / 自撮り98点(世界5位)
ZenFone 7 Pro:リアカメラ115点 / 自撮り101点(世界2位)
先代モデルであるZenFone 6とのスコア比較です。順当に性能を高め、スコアを上げてきました。なおDXOMARKの自撮り部門においてはメインカメラのみを評価対象としています。

引用:DXOMARKがASUS ZenFone 7 Proのスコアを公開 リアカメラ115点/自撮り101点で世界2位の自撮りスマホに

これはかなりカメラ機能は期待できそう。

4、ストレージ比較

端末名 ZenFone7 Pro iPhone12 Pro Max
ストレージ
(データ保存量)
Proモデル 256GB

最大2TBのmicroSDカード

128/256/512GB
microSD非対応

iPhone12ProMAXは128~512GBからストレージ容量を選べますが、ZenFone7Proは256GBのみ。

ただし!ZenFone7ProはmicroSDカードで後から容量を追加できるので、ストレージ容量が足りなくなるってことはほぼ無いかと。

よほど動画をガンガン撮影するのであれば、256GBでもパンパンになる可能性はありますが、写真をたくさん撮るくらいであれば256GBでも結構足りちゃいます。

逆に4Kの動画を撮りまくるような使い方だったら、128GBじゃ確実に足りないですね・・・

iPhoneは動画性能が高いくせに、microSDが挿せないのがちょっと痛い。

5、ディスプレイ比較

どちらも有機ELディスプレイに対応し、液晶ディスプレイのスマホよりも美しい画面になってます。

が!大きな違いがZenFone7Proはリフレッシュレート90hzに対応しているという点ですね。

60hzのスマホよりも画面がヌルヌル動くので、画質が綺麗に見えたり、ゲームをする際にビミョーーーに有利になったりする事がある・・・くらいです。笑

スマホの90~120hzは意味無し?高リフレッシュレート4つの短所と長所を解説!

You Tubeを始めとする動画コンテンツは60fpsまでしか対応していないので、意味ないですし恩恵があるのはゲームくらいなんですよね。

個人的にはあっても無くてもどっちでも良いかな。

6、防水性能

ZenFone7は防水性能無し。iPhone12ProMAXは水深6mに水没しても、大丈夫なくらい防水性能が高いです。

あまり水回りで使うこともないし、水没させたことも無いので個人的にはあまり防水性能はいらない気もするけど、あるに越したことは無い。

6、おサイフケータイ

これもZenFone7には無くて、iPhone12には搭載されてます。

最近財布を持ち歩かなくなっているので、おサイフケータイはできれば欲しいなぁ。

7、セキュリティ

ZenFone7Proは顔認証も指紋もアリ!なので、マスクを付けたままでもサッと指紋認証でロック解除できるのがGOOD!

一方、iPhone12ProMAXは顔認証のみなので、外出中とかは正直めんどくさいなぁという気はします(汗)

新型のiPadAirでは電源ボタンが指紋認証になってたので、コッチにもくるか?!っと思ったら来ませんでしたね・・・
【2020】新型iPadProとAirはどっちが買い?iPadPro歴2年が本音で比較!

8、価格の違い【重要】

端末名 ZenFone7 Pro iPhone12 Pro Max
価格 256GB 10万前後 128GB 117,800円
256GB 128,800円
512GB 150,800円
先に前置きするとZenFone7Proは現時点では日本価格は未発表なので、これは海外価格になります。
恐らく10万前後かちょっと高くなって11万くらいに落ち着くかと思われますが・・・
10万円くらいで販売されると過程した場合、256GBのモデルで比較すると約3万の価格差。
うーん、、Appleブランド料と考えてもちょっと3万はデカイ(汗)
動画性能が高いと言っても所詮はスマホなので、2~3万くらい価格差があるならカタログスペックだけみるならZenFone7Proの方がコスパが良いのは間違い無さそう。
ただし!やっぱりiPhone12ProMAXはステンレス製でカッコいいです。笑
単にスマホのスペックだけを見るなら、ZenFone7Proの方がコスパが良くみえるけど、デザインとかスペック以外の点も考慮すると、iPhone12ProMAXもアリ!な気がする。

【結論】結局どっちが買い?あなたに合っているのは…

最後にどっちが買いなのか?!あなたに合っている方をまとめてみるとこんな感じ↓

ZenFone7Proを検討するべき人
・最強スペックのスマホが使いたい
・フリップカメラで色々遊びたい
・ストレージ容量がすぐにパンパンになる
・完全オールディスプレイが使いたい
iPhone12ProMAXを検討するべき人
・ステンレス製の美しいスマホが使いたい
・Dolby Vision対応HDRビデオ撮影を使ってみたい
・防水、おサイフケータイは必須!
・やっぱりiPhone!

どちらも最高クラスのスマホなのは間違いなし。ただ、どちらか1つ選べ!っと言われたら・・・私ならZenFone7Proを選びます。

iPhone12Proの美しいデザインはかなり、かなり惹かれるですがまあ、、、スマホだしなぁ(汗)

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影が出来たりとカメラ機能も高いですが、ここまでコダワル人ならもはや一眼カメラ買っちゃった方がいい気もする。

であれば、microSDカードが使えて、前面がオールディスプレイ、更に最強スペックであるZenFone7Proで良いかなぁというのが私の結論。

iPhoneがノッチ消滅&USB-C端子対応したら最強なんだけどなぁ~。

どっちが買い?Pixel5とiPhone12の重要な7つ機能等を徹底比較してみた結果・・・

本当に買い?iPhone12の残念な8つの点と長所を解説!「今は時期が悪い」




格安スマホを検討している人にオススメな記事5選!
楽天モバイルで”ほぼタダ同然”で購入できるGalaxyの使用感は?
どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓
Rakuten UN-LIMITの低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事