本当に買い?GLIDiC Sound Air TW-7000を自腹レビュー!7つの特徴&短所を解説!

今回はGLIDiC Air TW-7000と言うワイヤレスイヤホンを自腹レビュー!正直、私は無知なのでGLIDiCというメーカーを知らなかったので、あんまり期待してませんでした・・・

が!Air TW-7000結構良いです。笑

超絶オススメ!!とまではいきませんが、あなたが小型で取り回しの良いイヤホンを探しているっと言うならアリ!だと思います。

ただね、結構弱点もあるんですよ・・・今回は使って分かったAir TW-7000の特徴と短所を正直に解説します!


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは↓
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?
ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
迷ったらとりあえずこれ↓買っとけばOK。現時点最強のコスパです。
他より2~10倍高音質&6500万曲配信!日本最強の音楽配信サービス↓
最強の音楽配信はどれ?9つのサービスを徹底比較!私のオススメはコレだっ!!

GLIDiC Sound Air TW-7000

製品名 GLIDiC Sound Air TW-7000
連続使用可能時間 9時間(充電ケース込約25時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 無し
Bluetooth規格 Bluetooth5.0

GLIDiC Sound Air TW-7000 現在の価格&詳細はコチラ!

GLIDiC Sound Air TW-7000 7つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザインをチェック!いくら性能が良いイヤホンでもカッコ悪いイヤホンは使いたくないです・・・

まずは外箱をチェック!「外箱なんてどうでも良い!」っと思うかもしれませんが、外箱の質が高いってだけで所有欲はかなり満たされます。笑

・・・1万超えのイヤホンとしては、まあ普通な外箱でした。流石に1万以下のイヤホンよりは、ちょっと箱の質も高いですが、このくらいの価格帯ならTHE・普通。

っというわけでいざおぷーんっ!

横開きで中身が透明になっているのがカッコいい。

セット内容はこんな感じ↓マイクロUSB充電ケーブルに、イヤーピースと説明書。至って普通。

ケースデザインをチェック!サラッとした質感で、プラスチックではあるものの、かなり質感高いッ!っと感じました。

そして何より、細長コンパクトのケースがカッコいいぃぃ・・・今まで30万以上は無線イヤホンにつぎ込んできましたが、トップクラスにコンパクト。

蓋を開けてもカッコイイィl。ちゃんと残り充電量がわかるように、インジケーターが出ているのも◎

すごーく高級感がある!ってわけじゃないですけど、質感は高いっと思ったのが正直な感想。

同じプラスチック製のケースでもペラッペラで、一回落としただけで割れてしまいそうなケースもありますからね(汗)

Air TW-7000はプラでありながら、触った瞬間「ああ、これは頑丈そうだわ」っと分かるくらい質高いです。

そして、イヤホンのデザインをチェック!透明な樹脂に包まれてて、なんか高級感が漂っています。

ちょっと、ゲーミング系のロゴっぽくも見えなくも無いですが、質感はかなり高し!

ボタン部分もペラッペラなボタンなんかじゃなく、結構しっかりした作りで流石に1万以下のイヤホンとは比べ物になりません。笑

イヤホンの裏側は普通。本当に普通。書くことが無いくらい普通。

全体的なデザインとしては、シンプルながら質感高い!っと感じたのが私の本音。

AVIOTとかJabraのように「高級感高いのが使いたい!」っという人には、ちょっとシンプルすぎるような気もします。
音質はイマイチ?Jabra Elite 65tを自腹レビュー!7つの特徴&短所を解説!

音質はどうなの?AVIOT TE-BD21fを自腹レビュー!7つの長所&短所を正直に解説!

が、あなたがシンプル且つ、質感の高いイヤホンが使いたい!というならアリ!だと思います。

1万以下のイヤホンも20個以上は自腹で買ってきましたが、どうみてもコッチの方が質感高いのは間違いなし!です。
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

2、サイズ感や重量は?

次にサイズや重量をチェック!結構小さめなイヤホンケースなんですが、持ってみるとそこそこ重量あります。

とは言っても56g前後なので、無線イヤホンとしてはやや軽いって感じ。

だいたいのイヤホンが50~70gくらいの物が殆どなので、すこ~しだけ軽いかな?くらいです。

重さについてはあんまりインパクトは無いんですが、サイズ感は縦長で小さめなのでかなり使いやすいです。

iPhone6と並べて見るとこのくらい↓

ややパッツリ気味のズボンのポッケに入れて使っても、気にならないぜ!ってくらいのサイズ感でした。笑

3、接続がメチャ簡単。

このイヤホンに限った事じゃないんですが、接続は超簡単。一旦、ケースに収納してからイヤホンを取り出すと、ペアリングモードに突入します。

ペアリングモードになったら、スマホ側に表示されたイヤホン名をタップすれば接続完了。

一旦接続すれば、次回からはケースを開けるだけで勝手に接続されるので、チョ~簡単です。

4、音質はどうなの?【重要】

視聴に使ったのは現時点で最強音質の『AmazonMUSIC HD』という音楽配信サービス。
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

あんまり知名度が無いんですが、現時点で”唯一CD音質以上の高音質”でMUSICが楽しめる音楽配信サービスだったりします。

高音域はクラシック等の曲、中音域やボーカル部分の鮮明度はJPOP等の歌声中心の曲。低音域に関してはEDMなどのドゥンドゥン系MUSICで検証。

まず感じたのは、音の鮮明度は高さ。高音から低音までくっきり、ハッキリ透明度が高く、安物イヤホンにあるザラつき感などは皆無っ!

やや高めなトランペットなどの高音も卒なく、鳴らしてくれるし音の分離感は高いです。

歌もの系ジャンルを聞けばヴォーカルの声は結構近めでハッキリ聴こえるし、女性ボーカルでも男性ボーカルでも、声が遠くなるってこともなく聴こえます。

安いイヤホンとかだと、低音が得意なイヤホンは男性ボーカル近いけど、女性ボーカルが遠く聴こえたり、その逆とかもあるんですよね(汗)

しかぁし!このイヤホンは全体的にバランスが良くフラットなので、どんな曲を聴いても”バランスの良い音”で楽しめます。

ただ逆に言うと面白みの無い音質とも言えますね・・・最近の無線イヤホンって低音が強い低音ドンドン系が殆ど。

なんですが、このイヤホンは原音に忠実にフラットな音を鳴らすので、そういった低音強めのイヤホンに慣れていると「あれ?思ったより音の迫力が無い?」っと感じられるかもです。

もし、あなたが低音強めが好きだぜ!っというならAnkerのイヤホンとかの方が、音質はハマると思います↓
音質は違う? SoundcoreLiberty2とLiberty2 Pro 5つの性能を購入比較!

私は低音ドンドン系を聴いていると、耳が疲れてくるのでこのくらいのフラットなイヤホンの方が好きです。笑

5、外音取り込み機能アリ!

これ購入するまで知らなかったんですが、最近流行りの”外音取り込み機能”が付いてます。

イヤホンを付けたままでも、外の音が聴こえる!

っという機能で、話しかけられた時や音楽は聴いてたいけど、アナウンス等は聴き逃したくない!って時に役に立つ機能。

外音取り込み機能と言ったら、SONYかApple!みたいなイメージがあったので、あんまり期待してなかったんですが、コレが結構イイっ!です。

左イヤホンのボタンをタップするだけで、外音取り込み機能がONになるんですが、使ってみるとかなり普通に外の音が聴こえてビビりました。笑

試しにYou Tubeでニュースを流しながら、使ってみたんですが、小~中音量なら普通に音声聴き取れます。

同価格帯イヤホンだと以前当ブログでも紹介した、Elite 65tなんかにも搭載されてたんですが、コッチの方が外音がハッキリ聴こえるかなぁ。
音質はイマイチ?Jabra Elite 65tを自腹レビュー!7つの特徴&短所を解説!

6、最長25時間連続再生可能!

イヤホン単体だと9時間連続再生可能。ケース込なら連続25時間まで再生可能になってます。

イヤホン単体の再生時間は無線イヤホンとしては、長めですがケース込で25時間はちょい短めですね。

最近のイヤホンは30時間~とか普通になりつつあるので、若干短め。

とは言え、25時間も持てば1日くらいは余裕でもつので、個人的には何も問題無しっ!だと思います。

7、実ボタン式で操作性◎

これは好き嫌いが分かれそうだけど、Air TW-7000は操作ボタンが実ボタンになっています。

実ボタン自体は珍しく無いんですが、イヤホンの上部にボタンが付いているので操作がかなりしやすいんですよね。

殆どのイヤホンは、イヤホン本体部分にボタンが付いているので、操作する時にちょっと耳を押し込むのが不快だったりします(汗)

が、これは上部にボタンがあるので耳に押し込む事が無いです。

タッチセンサーのものもあるんですが、アレってちゃんと押せているのか?分かり難いのがデメリットだったりします。

実ボタンなら押している感覚があり、誤タップが防げるので個人的には実ボタンの方が好き。

ここまでのまとめ
・デザインはシンプルだが、質感は高い。
・外音取り込み機能は、取り込み力高い!
・実ボタンでイヤホン上に付いているので操作しやすい



購入して感じた4つの短所

1、防水性能無し!

くぅ~一番残念なのがコレ!最近のイヤホンは殆どIPX5などの防水規格に対応しているんですが、このイヤホンはIPX規格が書いてません・・・

ちょっと汗がつくくらいなら、多分問題ないだろうけど、IPX4くらいには対応してくれれば精神的に助かるんだけどなぁ。

2、マイクロUSB端子

これも個人的にガッカリポイント。最近のスマホやPC等の充電端子は殆どUSB-Cに以降しつつあります。

しかし!Air TW-7000は1万超えのイヤホンなのに充電端子がマイクロUSB。

今後はほぼ間違いなくUSB-C端子が主流になってくるので、ここは残念ポイントですね。。。

3、aptXに対応していない

Androiderな人にしか関係無いのですが、Appleが採用するAACよりも低遅延&高音質なapt-Xに対応してません。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCよりマシ。 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Androidで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

iPhoneなどのApple製品はAACまでの対応なので、関係ないんですがAndroidでイヤホンを使う!って人だったらapt-X対応の方が嬉しいところ。

ちなみにAndroidでもAAC接続で普通に使えます。

4、外音取り込み機能ONにすると、ほんの少しノイズがある

恐らく、外のボリュームを拾うためにマイク感度が結構高めなのか、外音取り込み機能ONにするとすこ~しですがノイズが気になります。

音楽かけていれば、それほど気になるノイズではないんですが、音楽オフの状態だとちょっとだけ気になるかも・・・

流石にSONYのノイキャンイヤホンに比べてしまうと、静寂性は負けます。
本当に高音質?WF-1000XM3を1ヶ月レビュー!8つの特徴&短所はコレだ!

ここまでのまとめ
・防水性能無し
・apt-Xには非対応
・マイクロUSB充電端子
・外音取り込み機能ONだとややノイズがあるか

【結論】どんな人が買い?購入を検討するべき人は…

最後にこのイヤホンを検討するべき!な人をまとめてみると、こんな感じ↓

このイヤホンを買うべき人
・1万前後で音質の良い無線イヤホンを探している
・持ち運びしやすいサイズが良い!
・お手軽価格で、外音取り込み機能を使いた

GLIDiC Sound Air TW-7000 現在の価格&詳細はコチラ!

何かスゴく特化している!って部分は無いんですが、小型で外音取り込み機能が付いているイヤホンが使ってみたい!っと言うならアリかなと。

デザイン的には至って普通ではあるんですが、質感は高めだし、ポッケに入れて使うぜ!っというような人なら満足度は高いはずっ。

全体的にバランス良しっ!なイヤホンでした。ただ、逆に言えばあまり特徴がないとも言えます(汗)

あなたが音質重視だぜ!というなら、音質に特化しまくった『NOB-FALCON』
神音質は本当か?NOB-FALCONを自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に語ってみた。

高級感のあるイヤホンが使いたい!っというなら『Jabra65t』の方が幸せになれるかなと
音質はイマイチ?Jabra Elite 65tを自腹レビュー!7つの特徴&短所を解説!

っというわけで、ワイヤレスイヤホン選びに迷っている!っとうなら参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事7選!

何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは?
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?3つの短所も解説!

無線イヤホンで一番人気のブランド。全部買ってみました↓
どれが買い?Ankerワイヤレスイヤホン7万分購入した私のオススメ8選を本音で解説!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

国内最大クラス6500万曲のAmazonミュージックが1ヶ月聴き放題に!
⇛【即解約でもOK!】Amazon MUSICが無料で聴き放題!現在の条件はコチラ!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事