音質はどうなの?SOUNDPEATS TrueCapsule2を自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に解説します!

サウンドピーツさんがまた新しいイヤホン販売していたー!ので、またしても自腹購入。

うどん型イヤホンで耳からイヤホンを外すと自動で音楽の再生がON-OFFに切替わる機能が搭載されているのが特徴。

5,000円くらいという価格を考えると、コスパは良好。

ではあるんですが、使ってた感想としてはあなたが「どうしてもうどん型イヤホンが良い!」というわけでも無ければあえてこのイヤホンじゃなくても良い気がします(汗)


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

殆ど自腹レビューなので参考になるはず!↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

音質、コスパのバランスが良いイヤホンはこちら↓
1万~2万円の無線イヤホン12選!33万円分買った私のオススメはコレだ!
コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

SOUNDPEATS TrueCapsule2

製品名 SOUNDPEATS TrueCapsule2
連続使用可能時間 最大8時間(ケースと併用した場合は最大40時間)
対応コーデック SBC、aptX
防水性能 IPX6等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

TrueCapsule2 現在の価格&セール詳細はコチラ!

SOUNDPEATS TrueCapsule2 7つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザインチェック。サウンドピーツさんの過去のイヤホンは「安いけど、デザインや質感は値段相応」というものが多かったんですが、最近は安いのに質感高いイヤホンがメチャ増えてきました。

外箱も以前のものに比べると、カッコよくなっているし。

ちなみに前モデルの外箱はコレ↓正直しょぼかったです・・・

で話は戻って付属品はスンゴク短いUSB-CケーブルとS、M、Lのイヤーピースと説明書くらい。

最初に見て思ったのはちょっとデカイと感じました。大きさに付いては後述しますが、AirPodsなどと比べると、やや大きめ。

ケースの質感は・・・The・普通。

いや、デザイン的にはかっこ悪くは無いんですが質感はややプラスティッキーな感じ。安っぽくは無いんですが、値段相応と言われれば値段相応。

ケースのデザインは無難な感じですが、イヤホン自体はそこそこカッコいいです。タップ部分が銀色に装飾されてて、安っぽさ無し!

サウンドピーツのロゴがスーパーマンっぽいのはおいといて、この価格にしてはなかなか良い感じのデザインかと思います。

スンゴイ高級感があるわけじゃないけど、この価格なら許容範囲なデザインと質感だと思いました。

ケースがマットな質感なので指紋も目立たないし、かっこよさ重視というよりも実用性重視という感じ。

2、サイズや重さは?

上の方でもちょっと書きましたが、ケースがやや大きいのですよね。1家に一台はあるiPhone6とAirPodsと並べてみるとこんな感じ↓

写真だと分かりにくいかもでですが、AirPodsなどの小型イヤホンに比べると明らかに一回りデカイです。

ちょっとデカイんですが、薄型なのでポッケに入れて持ち歩くのは全然アリ。

重さに関しても無線イヤホンとしては標準的な重さ。このくらいの重さならポッケに入れててもずり落ちてくることないですねー。

3、接続がメチャ簡単。

接続方法は最近の無線イヤホンはどれでも言えますが、メチャ簡単。一度ケースから取り出すと、このようにイヤホンが光ってペアリングモードになります↓

するとスマホ側にイヤホン名が表示されるので、コレをタップすればこれだけで接続完了。

もちろん、一旦接続すれば次回からはケースから取り出すだけで、スマホに接続されるのでメチャ楽です。

場合によっては有線よりもラクかも。

4、音質はどうなの?【重要】

一番重要なのが音質!先言ってしまうと音質はかなりイマイチです(汗)

音質は一体どんな感じなのか?聴き比べる為にCD音質以上で音楽が聴ける、『AmazonMUSIC HD』で視聴。
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

高音域を聴くためにクラシック、中音域やボーカルの鮮明度はJPOP等のジャンル。

低音域はEDMや低音の強いジャズ系の曲を聴きまくって音質をチェック。

前モデルに比べると明らかに音質は向上してますね~。前モデルは音を鳴らした瞬間「あぁ音がザラッザラだなぁ」っと分かるくらいの音質でした↓
音質が微妙すぎ?SoundPEATS TrueCapsuleを自腹レビュー!6つの特徴&短所を解説します。

一言でいうと、ほんの少し~しだけ低音を強くチューニングしていますが、中~高音域はマイルド。

今回のTrueCapsule2は音の解像度が上がって、音量を上げてもそんなに音がザラついたりしません。

ただ、音量を上げるとボーカルや高音がややカスレて聞こえます。

高い女性ボーカルやクラシック等のキツイトランペット等はややノッペリした印象ではありますが、音楽を楽しめるレベルの音質ではありますね。

前モデルはとにかく低音をドゥンドゥン鳴らしまくって、音質をごまかしているような印象だったんですが、TrueCapsule2はどんなジャンルでもそれなりに楽しめるイヤホンになってました。

とは言え、音質だけで言えば同じサウンドピーツのTruengine 3SEの方が明らかに上↓
音質は微妙?SOUNDPEATS Truengine 3SEを自腹レビュー!7つ特徴&短所を解説します!

価格もそこまで大きな差はないので、音質重視な私だったらTruengine 3SEを選ぶ!っというのは間違いないです。笑

サウンドピーツ Truengine 3SE 現在の価格&詳細はコチラ!

ちなみに同じサウンドピーツのうどん型イヤホンでもインナーイヤー型イヤホン『TrueAir2』があります。こちらはイヤーピースが付いてないので、低音が弱く感じるんですよね↓

SOUNDPEATS TrueAir2を自腹レビュー!6つの特徴&短所を正直に解説します!

こちらと比べるとTrueCapsule2の方が明らかに低音も効いているし、密封されている分音漏れもかなりしにくいです。

5、イヤホン着脱で自動再生オンオフ機能付き

ぬお!この価格でこの機能載せるか!っと思った機能の1つがコレ。イヤホンを耳から外すと再生が自動に止まり、再び耳に装着すると再生が開始される機能までついてます。

イヤホンのこの辺りにセンサーがあり、これで脱着を判定しているっぽいですね~。

2万弱するAirPodsに搭載されている機能が5,000円程度で使えるのはありがたい!
性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します!

ただ、個人的には無かったら無かったで別に良いかなという気もする(汗)

6、防水IPX6等級

完全防水までは行かないんですが、防水性能もかなり高いのが特徴。もし、あなたが突然あらゆる方向から噴流水をぶっかけられてもイヤホンが無事で済む可能性が高い。

IPX6=あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)

とは言え、いつも言っているようにこの規格は真水での耐水性なので、長く使いたいのであればお風呂やプールでの使用は控えた方が無難。

というかIPX対応しているスマホとかでも浸水しますからね(汗)

7、バッテリー持ちがかなりロングに!

ケースがやや大きい分バッテリー持ちがよくなってる!のはメリット。

イヤホン単体でも8時間持つし、ケース込なら40時間も持ちます。

前モデルはイヤホン単体で4時間、ケース込で24時間だったのでこれはかなりの進化。デスクワークで長時間使うというような人でも、充電を挟まず使えるのは良いですねぇ。

ここまでのまとめ
・デザインは無難。質感は値段相応
・防水性能はかなり高め
・音質は普通。そこそこ音楽を楽しめるレベル。
・イヤホンの着脱で自動再生オンオフ機能が付いている!
・うどん型イヤホンにしてはバッテリー持ちは良い



購入して感じた3つの短所

1、ケースはやや大きめ

デメリットぉ!というほどでも無いのですが、ちょいケースが大きめなのが気になるかなぁ・・・

携帯性に悪影響があるほどじゃないので、ここは好みの問題。

2、AACに対応していない?

これがかなり気になった点です。公式ページを見ると、aptXには対応していると書かれているもののAACは書いてないんですよね(汗)

Androidスマホを使っているならaptX対応しているので、低遅延、高音質な再生が楽しめるんですが、いまのところiPhoneはAACまでしか対応してません。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCよりマシ。 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Androidで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

まだまだiPhoneを使っている人はかなり多いし、ここは頑張ってAACにも対応してほしかったところ。

3,タッチセンサーなので装着する時に誤操作しやすい

タッチセンサーの反応すする部分が結構広いので、耳に装着するときに指が触れて誤操作しやすいですね。かなり(汗)

なので、装着するときはこのようにイヤホンの上部分をそ~っと持って装着する必要があります。

個人的にはタッチ式センサーよりも、物理ボタンの方が好き。

ここまでのまとめ
・やや大きめなケース。(デメリットというほどでも無いかも)
AACに対応していない
・タッチセンサーが誤操作性しやすい(慣れの問題かも)

【結論】音質、デザイン全てが無難なイヤホンでした。

このイヤホンを買うべき人
・5,000円前後でそこそこ音質の良い無線イヤホンを探している
・うどん型イヤホンが使いたい
・イヤホン着脱で再生オンオフ機能が使ってみたい
・ロングバッテリーが良い!

安価なうどん型イヤホンとしては価格を考えると、音質もそこそこ良いしイヤホン着脱で再生ON-OFF機能が付いてるのも○

それでいて、バッテリー持ちもイヤホン単体で8時間持つので、コスパは中々良し!だと思います。

ただ、どうしても「うどん型じゃないとだめなんだぁぁ!」という人じゃなければ、同じ価格帯でももっと音質良くてデザイン性も高いイヤホンはあるんですよね↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

このイヤホンも音質やデザインなど無難に良いイヤホンではあるものの「TrueCapsule2」ならでは!ってポイントが特に見受けられませんでした。

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
19万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン11選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓(ほぼ自腹)
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選はコレだっ!

コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事