どっちが買い?SOUNDPEATS TrueAirとAirPodsを購入比較!8つの違いはコレだっ!

今回はサウンドピーツさんが販売しているAirPodsのパク・・・いや、かなり似ているイヤホン『SOUNDPEATS TrueAir』と本家『第2世代AirPods』を徹底比較していきます!

あちこちのレビュー記事では「AirPodsを超えた!」みたいな記事を見かけますが正直言って、AirPodsの方が上です。

価格差が4倍くらいあるので当然です。笑 とは言え、価格も考慮すると決してTrueAirも侮れないし、人によってはTrueAirの方が良かったりします。

では一体なにが違うのか?!どっちが買いなのか?!全力比較してきます。


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で3ヶ月使い放題キャンペーン中↓

殆ど自腹レビューなので参考になるはず!↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
音質、コスパのバランスが良いイヤホンはこちら↓
1万~2万円の無線イヤホン12選!33万円分買った私のオススメはコレだ!

イヤホンで重要な5つを比較!

製品名 SOUNDPEATS TrueAir 第2世代 AirPods
連続使用可能時間 5時間(充電ケース込約30時間) 5時間(充電ケース込約40時間)
対応コーデック AAC / SBC / aptX AAC / SBC
防水性能
Bluetooth規格 Bluetooth5.0 Bluetooth5.0(?)
ワイヤレス充電 非対応 対応ケースなら○
価格 5000円前後 2万円弱

SOUNDPEATS TrueAir 現在の価格&詳細はコチラ!

第2世代AirPodsの現在の価格&詳細はコチラ!

より詳しいレビューはコチラ↓
音質悪い?SOUNDPEATS TrueAirを自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に解説!

性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します!

1,デザインの違い

イヤホンで2番めくらいに重要なのがデザイン。いくら高音質の音を奏でようとも、イヤホンのデザインがダサかったら外に付けて出掛けたくありません。笑

っということでまずは外装をチェック。

TrueAir
第2世代 AirPods

もう、この時点で圧っっっ倒的!にAirPodsの方が質感は上だし、外箱の蓋を外す時にスコスコ感がワクワクさせてくれます。笑

流石は天下のAppleさん、、、中身だけでなく外箱までも緻密に計算されつくしている・・・

TrueAirはタダの紙箱ですね。サウンドピーツはいつもこの安っぽい紙箱に包装しているので、外装には力をいれないのかも。

外箱が安っぽいのは本当に価格が安いから仕方ないんですが、なんかフィルムと外箱の間に謎の毛が挟まっていました(汗)

新品で買ったのにこれが届くとスンゴク萎えます。。。
っというのは置いておき、まずはケースのデザインを比較!
TrueAirの方が一回りデカくて丸々したデザインになっています。そして、逆三角のボタンが絶妙にダサいです。
AirPodsはもうなんか見慣れてしまったので、今となっては感動するようなデザインでもないですがシンプルで洗礼されているのは間違いないかなと。
なぁ~んかTrueAirは旧世代のAirPods!みたいなデザインで、古臭いんですよね・・・
そして、イヤホン自体の比較。
どっちも軽くて、高級感があるってわけじゃないんですが、実物見るとTrueAirの方が断然安っぽいです(汗)
質感もかなり安っぽいプラスチッキーですし、触った瞬間「あっこれは安っぽいわ・・・」っとすぐわかると思います。
あと、棒の部分がちょっと長いんですがAirPodsに比べると、これがやっぱりちょっとカッコ悪いかなぁ。
大きな違いとしては棒の下部分がAirPodsは銀色になっていますが、TrueAirは装飾無し。
なので、外で付けているとAirPodsを知っている人が見ると「あ!あれはAirPodsのパク、、似ているイヤホンだな」っとバレてしまいます。笑
っとここまでちょっとボロクソに書いていますが、4倍もの価格差があるので質感に違いがあるのは仕方ないですし、あくまでも両機種を見比べたら・・・の話です。
TrueAirの方が安っぽいと言っても、耳につけていたらパッと見それほど安っぽいとか感じ無いですし、この価格なら普通に許容範囲。
ただ、AirPodsに似せているようで、似ていないので「AirPods使っているの?!」っと知人に聞かれたら答えるのが面倒かな(汗)

2,重さの比較

重さはTrueAirの方がおもちゃみたいな質感なだけあって、やや軽いです。

TrueAir
第2世代 AirPods
っと言っても7gくらいしか差は無いので、ほぼ変わりないですが・・・
イヤホン単体の重さはほぼ同じ。
TrueAir
第2世代 AirPods

 

3,充電端子の違い。

ここまではTrueAirが丸っこいデザインって所以外はほぼ一緒。なんですが機能的な面は結構違いがあるんです。

まず1つは充電端子の違い。AirPodsはAppleさんお得意のLightning端子ですが、TrueAirはUSB-C。

TrueAir
第2世代 AirPods

 

 

 

 

あなたがiPhone使いならLightning端子でも邪魔にならないと思うのですが、私のようにAndroid使いだとLightningって邪魔なんですよね(汗)

それに比べてTrueAirは今後主流になるであろうUSB-Cを搭載。

充電端子の面ではTrueAirの方が圧倒的に便利。もうAppleさんLightningやめてUSB-Cに統一してくれぇぇえ!

4,ワイヤレス充電可否

ただ、AirPodsは専用のケースならワイヤレス充電に対応してます。

便利便利と騒がれているので、使ってみましたが・・・個人的には無くてもいいかな。
ちゃんと真ん中に置いてないと、たまーにですが充電出来ていない時もあるし、充電パッドが場所とるのでそこまでスンゴク便利には感じませんでした。

5,aptXの対応

Appleの製品はAACというコーデックを主流なので、AirPodsもAACまでしか対応してません。

TrueAirはaptXというより、低遅延&高音質のコーデックに対応。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCより低遅延 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Android、Windows、Macで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

iPhoneを使っている場合はAACまでしか意味が無いですが、Androidを使っているならaptX対応のものを選んだほうが良いですね。

それにしてもなぜAppleは頑なにaptXに対応しないのか?謎。

6,充電インジゲーター

結構多きな違いが充電インジゲーターの場所。
TrueAir
第2世代 AirPods

AirPodsはケースの正面にピカピカ光るインジゲーターが設置されているので、電池切れや接続状態が分かりやすいです。

しかぁぁし!TrueAirはなぜか蓋の内側にインジゲーターを設置してしまった!

なぜ・・・なぜ蓋の内側?!これは本当に意味が分かりません(汗)

一々、蓋を開けないとランプが見えないなんて、絶対に使いにくいって分かりそうなもんですが・・・

7,音質比較!

イヤホンの中でも最も重要とも言えるのが音質の違い!

一体どれだけ音質が違うんだ?!っと思って、唯一ハイレゾ音源でMUSICが聴き放題の『AmazonMUSIC HD』であらゆるジャンルを聴き比べまくってみました。
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

高音域は管楽器やバイオリン等の多いクラシックやオーケストラ系のジャンル。

中音域はボーカルメインのJPOP等歌がメインの曲。低音域はEDM等のクラブミュージックやベースが強いジャズ等を聴きまくってみました。

TrueAir
第2世代 AirPods

 

 

 

 

「4倍も価格差があるんだから、圧倒的にAirPodsの方が上だろっ!」っと予想していたんですが・・・

以外にもTrueAirも頑張っています。っというか音質に関してもかなり、かなりAirPodsに似せてきてますね。これ。笑

流石に聴き比べてしまうと、AirPodsの方が音の鮮明度、高音の伸びなどは上。

ではありますが、TrueAirの方も5000円以下イヤホンの中ならかなりクリアな音質で、ボーカルなんかも鮮明に聞こえます。

高音域はやや伸びが悪いし、AirPodsと比べちゃうと音のカスレも感じますが、4分の1の価格でこの音質なら全然アリ。

どちらのイヤホンも最近のイヤホンとしては低音がマイルドなので、フラットな音を楽しみたい人向きですね。

8,価格を比較!

もう、比べるまでもないですが、4倍もの価格差があります。

サウンドピーツさんは結構頻繁に商品の値段が変動するので、まずはリアルタイムでの価格をチェックして欲しいです↓

SOUNDPEATS TrueAir 現在の価格&詳細はコチラ!

第2世代AirPodsの現在の価格&詳細はコチラ!

執筆時点ではTrueAirが4000~5000円くらい。一方AirPodsはワイヤレス充電ケース付きのものだと2万円弱もします(汗)

Appleブランド代が上乗せされているとは言え、2万超えはちょっと・・・高すぎぃ!!

TrueAirが4つくらい買えちゃいますよ(汗)4人家族全員に配れるくらい価格差があります。

確かにAirPodsの方が質や音質は上だけど、正直4倍もの価格差だったらTrueAirもアリだなぁ。

【結論】結局どっちが買いなの?!私が1つ選ぶなら・・・

最後に結論。本当に難しい判断が迫られていますが、どっちか1つを選べ!っと言われたら・・・

私だったら『TrueAir』を選びます。

こんな人はコッチを選べばOK!
・そこそこ良い音質&コスパ重視『TrueAir』
・Appleブランドにコダワリたい『AirPods』

当然Appleさんが販売しているとだけあって、AirPodsの方が全ての方に置いて上。

ではあるものの4倍もの価格差ほど、性能差があるか?!っと言われると・・・うーん微妙。

音質が良いとは言え有線イヤホンに比べると音質は劣るし、TrueAirでも十分曲は楽しめるほど音質は良いです。

流石に音楽を堪能するとまではいきませんが、4分の1の価格でこれなら十分アリ!

微妙にAirPodsに似ているので、Apple信者の人に見つかったら「あ~!それAirPodsのパ○リ?!」っと指摘されそうなのが唯一の懸念点ではありますが。笑

っというわけでTrueAirとAirPodsを迷っている人は参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

より詳しいレビューはコチラ↓
音質悪い?SOUNDPEATS TrueAirを自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に解説!

性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します!

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で3ヶ月使い放題キャンペーン中↓

無線イヤホンで一番人気のブランド。全部買ってみました↓
どれが買い?Ankerワイヤレスイヤホン7万分購入した私のオススメ8選を本音で解説!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓(ほぼ自腹)
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選はコレだっ!

何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは?
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?3つの短所も解説!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事