【Tマガジンvs dマガジン】両方契約した私が重要な6つの点を比較した結果…

今回は電子書籍歴3年以上の私がTマガジンとdマガジンを全力で比較していきます。

どっちも契約してみて分かったんですが、dマガジンの方が使いやすさ等は上。

なのですが、アダルト系や旅行誌も読めるのはTマガジンのみなので、一概にdマガジンが良い!とも言えないんですよね。。。

では一体何が優れているのか?どっちを契約するべきなのか?重要な6つの点を比較して解説していきます!

Tマガジン vs dマガジン 6つの項目を比較!

サービス名 Tマガジン dマガジン
雑誌数 450誌~ 約250雑誌
価格 400円(税抜) 400円(税抜)
無料お試し期間 30日間 で31日間

【1ヶ月無料】450誌~読み放題のTマガジンはコチラ!

⇛【31日間無料】dマガジンの現在の雑誌数、価格はコチラ

1,料金比較

料金に関してはどちらも全く一緒。月額400円ですね。

楽天マガジンのように年額であればお得になる!っというようなものは両者ともないのは残念。
【楽天マガジン】5つの長所&短所をレビュー!私が2年で解約した理由とは?

ここまでのまとめ
・月額料金はどちらも同じ
・なにも書くことが無いくらい同じ

2,雑誌数

最も大きな違いがコレ!取り扱い雑誌の数!Tマガジンは雑誌読み放題サービスの中でぶっちぎりで多い450誌~もの種類があります。

dマガジンや楽天マガジンが250種類くらいなので、大体200~以上は多いって事になりますね・・・

ただ、これにはカラクリというか、ワケがあってメジャーな雑誌の種類がメチャクチャ多いってわけでもないんです。

Tマガジンは他のサービスで扱っているメジャー雑誌の他に旅行系雑誌の「るるぶ」が100誌以上読めちゃいます。笑

一体どれだけあるんだ?!っと言いたくなるほどるるぶの種類が揃っているんです。

旅行に行く前は変に書店で旅行雑誌を1000円くらいで買うよりも、1月だけTマガジンを契約する方が圧倒的にお得だったりします。

ほとんどのページが読めちゃいますし、読み放題だからといって、古い雑誌だけしか読めないってことも有りませんので。

そして、そして!男性にとって嬉しい(?)のがアダルト系雑誌の取り扱いです。

dマガジンや楽天マガジンはアダルト系の雑誌は一切無いですし、グラビアなど載っていても修正されていて、大事な所が見えなかったりします。

しかし!Tマガジンの場合はモロにアダルトな雑誌が読み放題になっているんです。それも100誌以上。笑


※自主規制

450誌と数だけ見ると、メチャクチャ多いように感じますが、アダルト+旅行誌が200誌~あるので、他の雑誌と合わせて450誌ある!という感じですね。

メジャー系の雑誌が他より多いってわけでもないです。

もし、あなたが普通の雑誌に加えて「旅行系もしくはアダルト系雑誌も読みたいな・・・」っと考えているならTマガジン一択しか選択肢はありません。

他の雑誌読み放題は本当に一切アダルト系無いので(汗)

ただし!メジャー系の雑誌については扱っているものが微妙に違ってくるので、必ず無料期間中にチェックしましょう。

【1ヶ月無料】Tマガジンの取り扱い雑誌を見るにはコチラ!

⇛【31日間無料】dマガジンの現在の取り扱い雑誌を調べるにはコチラ。

たまにネット上の記事で「dマガジン取り扱い記事紹介!」等ありますが、アテになりません・・・

取り扱いが終わっているのに◎っと書かれていたり、取り扱いあるのに☓っと書かれているパターンが結構多いので、必ず自分の目で読みたい雑誌があるのか?チェックしましょう。

どうせ最初の1ヶ月は無料ですし、いつ解約しても料金は発生しないので、読みたい雑誌がなければ2,3日で解約しちゃえばOKですからね。

ここまでのまとめ
・雑誌数はどちらも250誌~なので変わらない
・メジャーな雑誌はどちらもある
・雑誌数は変わらないが、取り扱い雑誌は違う
・ネット上の取り扱い雑誌は更新されていない事が多いので、必ず自分の目でチェックする

3,ポイント支払い

TマガジンはTUTAYAが運営しているだけあって、Tポイントで支払うことが可能。

私の用にTポイントの使いみちがあまりない!って人にはかなり嬉しい制度。

正直最近はTUTAYAでレンタルする事があまりないし、ローソン派なのであまりTポイント貯まらなんですけどね(汗)

一方、dマガジンはdポイントで支払う事が出来ません。

dポイントは貯まるんですが、雑誌代をdポイントで支払うことは出来ないのでその点は要注意。

ここまでのまとめ
・dマガジンは月額料金分、dポイントが貯まる
・dポイントでdマガジン代を支払うことは出来ない
・楽天マガジンは楽天ポイントが貯まり、支払いに充てる事も可

4,使いやすさ比較

かなり重要な違いがコレ!正直読みたい雑誌があっても、アプリが見難かったらストレスで段々読みたくなくなってきます・・・

で、この2つのアプリですが、どっちも使った感想としては一長一短と言った感じ。

まずは一番良く見るトップページを比較していきます。

トップページの比較

dマガジンは1つ1つの雑誌の表紙が一々拡大表示されるので、ぶっちゃけかなり見辛いです(汗)

※dマガジントップページ

上下にスライドすると、雑誌のジャンルが切り替わるようになっているのですが、なぜかかなりデカく表示されるので、一度に2雑誌くらいしか表示されません。

大した違いじゃないと思うかもですが、実際に使ってみると自分が読みたい雑誌にたどり着くまで、かなり時間がかかるのでコレ結構ストレスです・・・

そして、Tマガジン。こちら基本的なトップページの表示機能は一緒なんですが、一々拡大とかしないので、雑誌がかなり探しやすいです。


※Tマガジントップページ

一度に6雑誌×4ジャンル=24雑誌くらい表示されるので、読みたい雑誌がかなり探しやすいんですよね。

楽天マガジンに近い方式で、トップページの読みやすさで言えば、Tマガジンのほうが圧勝。

記事の見つけやすさ比較

そして、記事から選ぶ機能。dマガジンは良く読まれている記事から雑誌を探すことが可能。

※dマガジン記事から選ぶ画面

やっぱり一々デカくなるのがちょっと忌々しいのですが、読まれている記事から雑誌を探せるのは結構便利。

ただ、ジャンル切り替える毎に表示がデカくなるので、いきなりグラビアのお姉さんがバイ~ンっ!っと出てくる可能性があるのは注意。

グラビア系の記事って読まれるらしく大体、人気記事ページ開くと不意に出てくるので(汗)

一人で読んでいる時は良いんだけど、家族の前とか人前だとちょっと気を使うかも。笑

そしてTマガジンの方は、残念ながら記事から探すという機能自体がありません・・・

※Tマガジントップページ下

記事から選ぶ機能の変わりにランキング機能と自分がお気に入りに入れた雑誌が表示される機能しか無いんです。

ランキング機能は良く読まれている雑誌が雑誌単位で表示されるので、便利といえば便利ですがコレってトップページにも表示されているんですよね。

あえて、下の機能欄に追加されている意味がちょっと良く分かりません(汗)

できればオススメ記事的な機能があれば良いんですけどねぇ・・・この辺りは今後のバージョンアップに期待。

ここまでのまとめ
・dマガジンは画像がデカく雑誌が探しにくい
・Tマガジンマガジンは一度に表示される雑誌が多く見やすい
・機能はdマガジンが上だが、見やすさはTマガジンが上。

5,ページの読みやすさ

次にページの読みやすさを比較。正直、どちらもサイズは一緒なので、雑誌自体の読みやすさは全く変わりません。

ページの大きさもほぼ一緒ですね。


※dマガジン


※楽天マガジン

ちなみにいずれもiPadPro11インチで表示
【9ヵ月レビュー】iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

ただし!ページ下部に表示される一覧表示機能的が、dマガジンは画像で表示されるんです。

一々、ページを開かなくてもどんなページなのか?がわかるので、「このページ面白そう!」っと思った所だけ読むことも可能。

ただ、dマガジンはこの一覧表示もややデカイのがちょっとデメリットですね・・・

やはりグラビアお姉さんがいきなり出てくる可能性があるので、周りに人がいる時は注意か。

そして、Tマガジンはこの一覧表示機能がありません(汗)

もちろんページを飛ばす機能はあるんですが、ページ数しか表示されないので、どんなページなのか?わからないんですよね。

これは正直結構不便です。ページ数しか表示されていないので、面白そうな記事に出会える可能性が激減するので・・・

っとうか画像が表示されなかったら、ページ飛ばす機能あっても意味がないような。

小さい画面すら表示されないので、テキト-に飛ばした先がグラビアのお姉さんページだったら1ページデカデカと表示されるので、やっぱりちょっと危険。

この機能があるのと無いのとじゃ、かなり利便性が変わるので一刻も早く導入して頂きたいところです。

ここまでのまとめ
・ページ一覧表示はdマガジンの方が便利
・Tマガジンは画像が表示されないので不便。

6,読めるページ数の違い【重要】

超絶重要な項目がコレ!実は取り扱っている雑誌が同じでも、読み放題サービスによって、読めるページ数は違ってくるんです。

なので、「おお!この雑誌読める!」っとあなたのお気に入り雑誌があっても、実はページ数が少ないってこともありえます。

っというわけで、私がよく読むガジェット、家電系雑誌『家電批評』を見比べてみます。

※dマガジン家電批評

dマガジンは本誌ページ数が172ページになっていますね。

そして、Tマガジンの方をチェック!

※Tマガジン家電批評

171ページ!本誌のページ数は1ページしか変わりませんでした。逆に何が削られているのか気になる・・・

ただし!『家電批評』の場合、dマガジンの方は別冊子も読めちゃうんです。

本誌とは別のカメラ特集冊子が読めるので合計すると、全部で260ページ!!ぬぁんと!100ページくらい差があります。

とは言っても、雑誌によってはTマガジンの方がページ数が多いこともあります。

例えば『DIME』というガジェット系の雑誌。dマガジンで見ると、114ページ。

※dマガジンDIME

Tマガジンの方で見ると、126ページと12ページの差があります。


※TマガジンDIME

雑誌によってどっちかが多かったり、少なかったりするのであなたが読みたい雑誌はどちらがページ数が多いのか?必ずチェックしましょう。

【1ヶ月無料】Tマガジンの雑誌のページ数がを見るにはコチラ!

⇛【31日間無料】dマガジン雑誌のページ数を調べるにはコチラ。

ここまでのまとめ
・雑誌によって読めるページ数は違う
・dマガジンの方が別冊子が読める場合が多い気がする
・Tマガジンの方がページ数が多い場合もある
・あなたが読みたい雑誌は無料期間中に必ずチェックする!【重要】

【結論】旅行誌、アダルトならTマガジン。ページ数によってはdマガジン。

結局どっちが良いのか?!ですが、あなたが読みたい雑誌がある前提で言えば、アダルト+旅行誌も読みたいならTマガジン一択。

あなたの読みたい雑誌のページ数が多いならdマガジン。っと言った感じで選ぶのが最善の選び方かと。

特にアダルト系の雑誌は執筆している時点では、Tマガジン”のみ”なので選択の余地はありません。笑

【1ヶ月無料】450誌~読み放題のTマガジンはコチラ!

⇛【31日間無料】dマガジンの現在の雑誌数、価格はコチラ

一応、AmazonKindleUnlimitedでもアダルト系は読めたりするんですが、アプリがメチャ使いにくいのと価格が980円と2倍以上高いので、雑誌目的ではオススメできませんね・・・
【2年使用レビュー】Kindle Unlimitedと楽天マガジン 3つの長所&短所とは?

使いやすさに関してはdマガジンの方が上ではありますが、dマガジンだったら正直楽天マガジンの方がオススメです。

っというのも価格が年額1200円も安い&アプリの使い勝手は更に楽天マガジンの方が上だからです。

【楽天マガジンvs dマガジン】両方契約した私が重要な6つの点を比較した結果…

もちろん、あなたが読みたい雑誌がある!というのが前提ですが、どちらにも読みたい雑誌があるなら楽天マガジンをゴリ推しします。笑

あくまでも私の意見ではありますが

あなたが契約するべき雑誌サービス
・アダルトや旅行誌も読みたい⇛Tマガジン
コスパ重視楽天マガジン
・読みたい雑誌のページ数が多い⇛dマガジン

っという感じで選べばOK!です。

最近はどの読み放題雑誌も無料期間が必ずあるので、とりあえず契約してみて合わなければ即効解約するってほがベストな気がします。




おすすめの記事