本当に買い?SOUNDPEATS Truebudsを自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に書いていきます。

サウンドピーツのオープンイヤー型イヤホンである、『SOUNDPEATS Truebuds』を自腹レビューしていきます。

5000円前後で買えるコスパ最高のイヤホン!っと紹介される事が多いイヤホンなんですが、個人的にはそんなにオススメ!って程でも無いかな(汗)

決してダメイヤホン!ってわけじゃないんですが、サウンドピーツさんだったら他にも使いやすいイヤホンはあるので、私の使い方だったら他のサウンドピーツイヤホンを選びます。

ではどんな特徴があって、どんな人向きのイヤホンなのか?!解説してきます!


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で3ヶ月使い放題キャンペーン中↓

殆ど自腹レビューなので参考になるはず!↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
音質、コスパのバランスが良いイヤホンはこちら↓
1万~2万円の無線イヤホン12選!33万円分買った私のオススメはコレだ!

SOUNDPEATS Truebudsの基本スペック

製品名 SOUNDPEATS Truebuds
連続使用可能時間 最大3.5時間(ケースと併用した場合は最大70時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX4等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

SOUNDPEATS Truebudsの現在の価格やセールの詳細はコチラ!

SOUNDPEATS Truebuds 7つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはイヤホンにおいて最も重要とも言って過言じゃない、デザインをチェック!

サウンドピーツさんのイヤホン外箱は紙製なので、あんまり高級感はないです・・・

っと言っても以前のダンボール紙丸出しの外箱よりかは、デザインがカッコよくはなってますね。

で、付属品はこのような感じ↓インナーイヤー型のイヤホンなので、イヤーピース等は無し!本当に充電ケーブルと説明書くらいしかありません。笑

最近買ってきたイヤホンは殆ど、カナル型のイヤホンだったので、なんかちょっと寂しい気も・・・

まずはケースデザインなんですが、「デカっ!」っと最初に見て感じたのが本音。

このイヤホンは軽量重視じゃなく、バッテリー持ち重視のイヤホンだったんですね(汗)

ちゃんとチェックしないで即ポチしたので、サイズが大きいと思わなかったです。

とはいえ、イヤホンの質感は中々良し!最近流行りのマット系のサラサラした質感で、安っぽさはないです。

充電ランプがケース前面に付いているので、ひと目で残りバッテリーが分かるのもGOOD!

蓋を開けてみるとこんな感じ。5000円前後といえ、ダサさや安っぽさはやっぱり無し。

イヤホン自体の質感やデザインは”まあまあ”といったところか。

最近は5000円前後のイヤホンでもかなり質感が高いイヤホンも出てきているので、凄く質感が高い!ってほどではないかな。
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン11選!14万円分買った私の結論。

最近のレベルが高い5000円イヤホンとかと、同程度のクオリティではありますね。っというか最近のイヤホンクオリティ上がり過ぎなんだよぉぉ。

当然ながらインナーイヤー型なので、シリコン等イヤーピースは無し。

ケースのサイズがデカイって点以外は特にダメ!ってところもなく、カッコいいイヤホンに感じました。

サウンドピーツのロゴである”S”がちょっと好み別れそうではありますが、耳に付けて出かけても全く恥ずかしさ等は無いです。

2、サイズや重さは?

上でも書いたけど、このイヤホンのデメリットとも言えるのがコレ!

iPhone6と並べてみても、かなりデカく感じます・・・

横から見るとこんな感じ、iPhoneと比べるとやや厚く見えますが、無線イヤホンならこんなもんかなぁと。

サウンドピーツの他のイヤホンと比べて見ても、明らかに一回りデカイです。

比較しているのはコチラの3000円前後の無線イヤホン↓
SOUNDPEATS Truefree 2を自腹レビュー!コスパ最強?7つの特徴&短所を正直に語ります。

そして、サイズがデカイ分重量も重いです。ぬぁんと!114g!

上のSOUNDPEATS Truefree 2は50g以下なので、倍以上重いです(汗)

うーむ、、、個人的には無線イヤホンは気軽に持ち運びたいので、100gはちょっとキツイです。

ただし、詳しくは後述しますが単にデカイってわけじゃなく、バッテリー持ち重視のモデルの為、巨大なバッテリーがケース内に内蔵されているので、ここまで大きいんですね。

なので、あなたがサイズ感を重視するか?軽さを重視するか?で、このイヤホンに感じる価値は大きく変わってきます。

3、接続がメチャ簡単。

このイヤホンに限った事じゃないですが、イヤホンの接続は超絶簡単です。

イヤホンをケースから取り出すと、ランプがピコピコ光って勝手にペアリングモードになるので

スマホ側のBluetooth画面で、イヤホン名をタップすればOk

これでもうイヤホンが使えるようになります。もちろん一度接続すれば、次回からはケースから取り出すだけで接続してくれるのでメチャラク。

4、音質はどうなの?【重要】

イヤホンで最も重要とも言えるのが音質!

どんな音を奏でるのか?検証する為に現時点で唯一ハイレゾ音源が聴き放題の『Amazon MUSIC HD』であらゆるジャンルの曲を聴きまくります。
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

まず結論から言うと「この価格にしてはそこそこ良い音」っというのが私の本音。

高音部分はマイルドでありながら、そこそこ伸びてくれますがインナーイヤー型というのもあって、低音は弱く感じるかも。

フラットな音質で、低音をドゥンドゥン鳴らしまくって誤魔化す安物イヤホンよりは、ヴォーカルや楽器の音など聞き取りやすいです。

ただ、以前当ブログでもレビューした、SOUNDPEATS TrueAirと比べるとほんのすこーしですが音が軽く感じます(汗)

音質悪い?SOUNDPEATS TrueAirを自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に解説!

恐らく、、、ですがSOUNDPEATS TrueAirはより高音質なコーデック規格である、apt-xに対応してるんです

今回のTruebudsはAACまでの対応なので、ビミョーーーにですが音が軽めに感じるのかと思われます。

と言っても、2つのイヤホンを同時に聴き比べたらやっと分かるくらいの違いですが(汗)

あと、みんな大好きAirPodsとも聴き比べましたが、これはやはりAirPodsの方に軍配があがりますね。

性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します!

まぁ、、1万超えのイヤホンと比べるのもどうかとは思いますが、音の繊細感や低音の効きはAirPodsの方がちゃんと(?)上でした。笑

ちょっと辛口っぽくってしまったんですが「音楽を楽しめる」レベルの音質ですし、音質にコダワリたまくりたい!

って人でもなければ、満足度はかなり高い音質かと。

あなたが「低音強いイヤホンはあまり好きじゃない」「ヴォーカル多めな曲を多く聴く」っというならアリですね。

5、バッテリー持ち

このイヤホンの最強のメリットとも言えるのが、このバッテリー持ち。

ケース込みの連続再生時間は70時間!こんなに長時間音楽聞く人いないでしょ!っとか思っちゃいますが、充電の手間が減るのは嬉しいポイント。

ただし!よく見ると、イヤホン単体の連続再生は3,5時間とかなり短いんですよね(汗)

6、防水IPX4等級

完全防水とまではいかないんですが、そこそこの防水性は高いです。

IPX4=水の飛まつに対して保護されている

水没したらOUTではありますが、水しぶきがかかったくらいなら問題なし。

7、モバイルバッテリー機能付き

オマケ機能的な感じではありますが、ケースとスマホ等を繋ぐとモバイルバッテリーとして使うことも可能なんです。

どのくらいの速度で充電できるのか?!計ってみたんですが

大体2W前後の出力でかなり遅いっ!(見えにくくてすみません・・・)

スマホに付属しているような、充電器でも5W~くらいは出てくれるので、あくまで緊急用ですね。

モバイルバッテリーを常用するのであれば、モバイルバッテリーを買っちゃった方が100%幸せに慣れると思います
【2020】あなた向きはどれ?コスパ最強のモバイルバッテリー9選はコレだっ!

ここまでのまとめ
・5000円前後では、質感やデザインは良い
・防水性能がやや高め
・重量は重くサイズもデカイがバッテリー持ちは良い
・音質はそこそこ良し。低音控えめが好きな人向き
・モバイルバッテリー機能はあくまで緊急時用か



購入して感じた4つの短所

1、フィット感はイマイチ

このイヤホンに限らずインナーイヤー型の宿命なんですが、やっぱりイヤーピースが付いているイヤホンに比べると、フィット感はイマイチです。

イヤーピースが付いているイヤホンだと、耳の穴にシリコンがギュッとハマるんで落ちにくいんですよね。

インナーイヤー型はなんかこう・・・装着しても「コレで良いのか?」落ちそうで不安になります。

2、無線イヤホンにしては大きめ

やっぱりいちばん気になるのがコレ。無線イヤホンは小さい方が使いやすいです。

バッテリー持ちがその分良いですが、他の重さが半分以下のイヤホンとかでも、そこそこバッテリー持ちは良いんですよね。

例えば、SOUNDPEATS TrueAirなんかは40gくらいなのに、ケース込のバッテリー持ちは30時間くらい

製品名 SOUNDPEATS TrueAir
連続使用可能時間 5時間(充電ケース込約30時間)

他のサウンドピーツイヤホンでも、多くのイヤホンが30時間くらいはバッテリー持ちます↓
【2020】どれが買い?SoundPEATSの無線イヤホン9機種を自腹購入&比較!

個人的にはバッテリー持ちは30時間も持てば十分なので、その分サイズを小さくしてほしいところ。

3、aptXに対応していない

より低遅延&高音質なapt-Xには非対応。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCより低遅延 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Android、Windows、Macで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

SoundPEATSの無線イヤホンは殆どが、apt-Xに対応しているんですが残念ながらこのイヤホンは対応してないんですよね。

バッテリーにコストを掛けている分、この辺りはコストダウンしているのかもですね。

4、音漏れしまくる

これもインナーイヤー型のデメリットなんですが、耳に密封されてないので音漏れしまくります(汗)

ただ、このイヤホンに限らずインナーイヤー型はかなり音漏れしやすいです。AirPodsとかでもちょっと大きめな音量にしただけで、音が漏れしまくります。

私はビビリなので、常に音漏れしていなか?気になってしまうので、外ではインナーイヤー型イヤホンはあまり使いたくないです・・・

ここまでのまとめ
・フィット感はイマイチ
・AACとSBCにしか対応していない
・apt-X非対応
・音漏れが酷い

【結論】バッテリー持ち重視ならアリ。

このイヤホンを買うべき人
・バッテリー持ち重視!
・低音強めだと、疲れる
・5,000円前後のイヤホンを探している
・モバイルバッテリー機能が気になる

SOUNDPEATS Truebudsの現在の価格やセールの詳細はコチラ!

このイヤホンを検討するべき人はズバリ!バッテリー持ち重視!っという人。

サイズがデカイのがデメリットではあるものの、70時間という超ロングバッテリーなので、充電するのがメンドクサイ人や、長時間充電出来ない環境ならアリか。

ただ、イヤホン単体のバッテリー持ちがたった3,5時間という点、サイズがかなり大きめな点を考えると、私だったらインナーイヤー型だったらTrueAirをぜったいに選びます↓
SOUNDPEATS TrueAir 現在の価格&詳細はコチラ!

インナーイヤー型にコダワリが無いのであればコッチ↓価格、音質、デザイン全てのバランスが最高クラスです。笑
サウンドピーツ Truengine 3SE 現在の価格&詳細はコチラ!

っというわけで、もしあなたがTruebudsの購入を迷っていたらぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです。

※サウンドピーツのイヤホンはほぼ全て購入レビューしてます↓

【2020】どれが買い?SoundPEATSの無線イヤホン9機種を自腹購入&比較!

SOUNDPEATS Truefree 2を自腹レビュー!コスパ最強?7つの特徴&短所を正直に語ります。

SOUNDPEATS Truengine 3SEを自腹レビュー!7つ特徴&短所を解説します!

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で3ヶ月使い放題キャンペーン中↓

無線イヤホンで一番人気のブランド。全部買ってみました↓
どれが買い?Ankerワイヤレスイヤホン7万分購入した私のオススメ8選を本音で解説!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓(ほぼ自腹)
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選はコレだっ!

何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは?
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?3つの短所も解説!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事