音質は微妙?SoundLiberty 97を自腹レビュー!7つの特徴&短所を解説します!

タオトロニクスの無線イヤホン『SoundLiberty 97』を購入してみたので自腹レビュー!

この価格でこの音質、デザイン、携帯性はコスパ良すぎっ!です。笑

あんまりコスパ良いコスパ良い言いたくないんですけどね・・・このイヤホンはかなりコスパ良いと言い切れます。


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

殆ど自腹レビューなので参考になるはず!↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

音質、コスパのバランスが良いイヤホンはこちら↓
1万~2万円の無線イヤホン12選!33万円分買った私のオススメはコレだ!
コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

SoundLiberty 97

製品名 SoundLiberty 97
連続使用可能時間 最大9時間(ケースと併用した場合は最大36時間)
対応コーデック apt-X、SBC
防水性能 IPX8等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

SoundLiberty 97 現在の価格&セールなど詳細はコチラ!

SoundLiberty 97 7つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザインをチェック。いくら音質が良かろうとも、デザインがかっこ悪かったら使いたくないです。

ただ、SoundLiberty 97はデザインも質感も中々良しっ!外箱はタオトロニクスさんいつも全く同じデザイン。

外箱が全部ほぼ一緒なので、ちょっとイヤホンによってデザイン変えて欲しい・・・パット見どれがどれだか分からなくなります。笑

付属品はUSB-Cケーブルとイヤーピースと説明書くらい。

イヤホンのデザイン普通。マットな質感ではありますが、デザインはシンプルで結構良い感じ。

プラスチック製ではあるんですが、テッカテカなデザインじゃないので、案外安っぽさ無し。

USB-C充電端子なのも○

イヤホン本体もマットな質感で、タオトロニクスさんのロゴが中々カッコヨス。ダサく無いですよね?!

スンゴイ高級感があるってわけじゃないですが、この価格でこの質感&デザインはアリなのでは?!

5,000円以下と考えるとかなり良い感じなデザインかなと思います。凄くカッコいいぃぃ!とまではいかないですが、無難にシンプルでGOOD!

2、サイズや重さは?

デザインが良いのはもちろんなんですが、サイズ感もかなりグーーッド!です。笑

超小型イヤホンの代名詞であるAirPodsと比べても、そこまで大きさは変わらないですね~。

厚みもかなり薄いです。AirPodsと比べちゃうとほんの少し厚みありますが、無線イヤホンとしては十分薄いデザイン。

重さも41gしかないので、ポッケに入れて持ち歩いてもまっっったくストレス無し。

というような感じで携帯性は他の無線イヤホンと比べてもかなりイイ!と思います。

薄型デザインなので、ズボンのポッケに適当に入れてもモッコリしないし、この価格なのでちょっとラフに扱っても良いのが○

3、接続がメチャ簡単。

接続もメチャ簡単。ケースから取り出すと以下のようにランプがピコピコ光ってペアリングモードになるので↓

スマホ側に表示されたイヤホン名をタップすれば接続完了。

一旦接続すれば、次回からはケースから取り出すだけで接続できますのでメチャラク。

4、音質はどうなの?【重要】

イヤホンで最も重要なのが音質!

どんな音質なのか?!を検証する為に現時点で音楽配信サービスの中でぶっちぎりで音質が良い『Amazon MUSIC HD』であらゆるジャンルの曲を聴きまくりまるっ!
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

高音部分はバイオリンや管楽器などが多めのクラシック系のジャンル。ボーカルや中音域はJPOP等の歌もの系のジャンル。

低音域はEDMなどのクラブ系ミュージックやら、ベース音強めのジャズ系ジャンルを複数聴きまくりました。

価格が価格なだけに音質はあんまり期待してなかったんですが、コレが結構良いんです。

タオトロニクスの初期の無線イヤホンは「とにかく低音をブォンブォン鳴らしまくって、音質が悪いのを誤魔化す」ようなのが多かったんですよね。

しかし!今回のイヤホンは低~高音までフラットな音質で大体どんなジャンルでも、そこそこ音楽が楽しめるクオリティの音質になってます。

ちょっと前までは5,000円のイヤホンなんて、ホントにボワボワしてる音質がほとんどだったのになぁ・・・

あえて言うのであれば、この価格にしては音の解像度は高いんですが、低~高音ともあまり深みが無くノッペリした印象です。

良く言えばどんなジャンルでも選ばず聞ける万能型の音質ではありますが、悪く言えば聴いてて面白みはあんまり無い音質とも言えます。

とは言え、そこそこ音楽が楽しめればOK!という人なら、かなり満足できる音質かと思いますよ。

5、ノイズキャンセリング機能はどうなの?

AACやSBC接続よりも更に高音質&低遅延なapt-Xに対応!

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCより低遅延 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Android、Windows、Macで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

iPhoneなんかに採用されるAACやSBCよりもより高音質&低遅延なapt-Xに対応しているっ!

ただ、apt-Xは現状AndroidスマホとWindowsなどiPhone以外の端末に対応してます。

なので、iPhoneを使ってる人はapt-Xの恩恵が無いのが残念ポイント。あぁiPhoneも速くapt-Xに対応してくれぁぁ!

6、完全防水IPX8等級

防水規格の中でも最強クラスであるIPX8に対応!(イヤホン本体のみ)

IPX8=:等級7より厳しい条件で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。常温で水道水、かつ静水の水深1.5mにおいても継続的に水没しても内部に浸水しない。

あくまでも真水での防水規格なので、お風呂やプールなどで使うと破壊される可能性があるのでその点は注意。

7、フィット感はかなり良し!

イヤホンの中にはポロッと落ちそうなものもあるんですが、SoundLiberty 97は割とかっちり耳にハマるのでフィット感よし。

イヤーウィングが付いているイヤホンに比べると、フィット感は劣りますがイヤーウィング無しの中ではフィット感良しだと思います。

ちなみにイヤーウィングというのは、こういうやつ↓耳に引っ掛けるので全く耳から落ちる気がしません。笑

【自腹レビュー】Mpow M30の6つの特徴&短所とは?3,000円台でこの音質はアリ!

ここまでのまとめ
・4000円なのにカッコいいデザイン。
・防水性能がかなり高い
・携帯性かなり良し
・音の解像度はこの値段にしては良い。ただ、低音&高音はノッペリ
・フィット感も良好



購入して感じた3つの短所

1、AACに対応していない

上の方で記載したようにapt-Xには対応しているんですが、AACには対応していないっぽいんですよね(汗)

iPhoneを使っている人はAACとSBCにしか対応していないので、このイヤホンを使う場合強制的にSBCで接続することになります。

まぁ正直SBCでも強烈に音が悪くなるとかじゃないんですが、頑張ってAACには対応してほしかった!ってのは本音。

2、音質はややのっぺり気味

この価格のイヤホンに文句いうのもどうなんだ?!って気もしますが、音の解像度は高い反面のっぺりしている音質なので低音が強いイヤホンと比べると面白みにかける音かも。

もし、あなたが「低音が強めの方が好み」というのであれば、サウンドピーツの方がハマる音質かとは思われます↓
どっちが買い?SOUNDPEATS SonicとTruengine 3SEの重要な5つの違いを解説します!

ここまでのまとめ
・AACに対応してない
・音質自体はこの価格ではGOOD!だがやや面白みにかける音の鳴り方

【結論】全てにおいてバランスが取れたコスパ良し!なイヤホン

このイヤホンを買うべき人
・5,000円以下で音質の良い無線イヤホンを探している
・シンプルなデザインが好み
・携帯性重視
・軽いランニングやジム等にも使いたい

5,000円のイヤホンでこのクオリティが気軽に買える時代がくるとは・・・

特にコレっ!と言った弱点もないし、むしろこの価格でこの音質、デザイン、質感で文句言う人はいないのでは?!と思える完成度です。笑

あえて言うのであれば、やや面白みにかける音質って点とAACには非対応ってくらい。

良く言えばだれが使っても満足できる万能型イヤホンなので、もしあなたが「無線イヤホン初めて買うので迷っている」のであれば、このイヤホンは候補に入れるべきだ!っと思います。

低音強めが好き!とかワイヤレス充電など多機能イヤホンが欲しかったらコチラも候補に入れるべき!↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

ですが、ベーシックなイヤホンで良いならSoundLiberty 97もアリですね~。

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
19万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン11選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓(ほぼ自腹)
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選はコレだっ!

コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事