音質イマイチ?SoundLiberty 53を自腹レビュー!5つの特徴&短所を解説します。

今回は『TaoTronics SoundLiberty 53』を自腹購入レビュー!

普段は3万円の有線イヤフォンを使っている私ですが、そろそろ無線に移行しないと時代遅れ感があるので、ネットコスパが良い!っと噂される『TaoTronics SoundLiberty 53』を涙の自腹購入。

で、結論からいうと使い勝手は凄い良いです。が!音質に関しては残念・・・遠回しに言うと私好みでは全く無かったです(汗)

高級機に迫る、高音質!っとレビューされていたのでかなり残念ですが、「この価格ならまあこの程度かぁ~」と思ったのが本音。

というわけで、買って分かった3つの特徴&短所を全力解説していきますね。


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
Amazonがまたヤバいキャンペーンを始めました・・・↓
【10月14日迄】たった99円でAmazon Musicが4ヶ月聴き放題に!3つの注意点も。
何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは↓
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?
ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
迷ったらとりあえずこれ↓買っとけばOK。現時点最強のコスパです。
他より2~10倍高音質なAmazon MUSIC HDも90日無料に!
【90日間無料!】Amazon MUSIC HDの現在の価格や詳細はコチラ!【10月18日迄】

TaoTronics SoundLiberty 53

製品名 TaoTronics SoundLiberty 53
連続使用可能時間 6 時間(充電ケース込約40時間)
対応コーデック AAC(IOSだけ対応) SBC
防水性能 IPX7等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0

SoundLiberty 53の現在の価格詳細はコチラ!

セット内容は本体の他にイヤーピースとマイクロUSBと説明書くらい。

SoundLiberty 53 5つの特徴とは?

1,値段の割にカッコいいぃい

最初に見た時「えっ!?これが5000円以下なのか!」っと言うほど値段の割にカッコいいデザイン。

蓋を開けただけでピカピカ光りだした時は「ワイヤレスイヤホンってここまで進化しているのか!」っとビビりました。笑

ケースはプラ製なので高級感は無いですが、指紋が付きにくくカッコいい。

高級感が感じられる程じゃないですが、デザイン的にはかっこよくて愛着が持てそう。

2、接続がメチャ簡単。

Bluetoothを接続するのってどこかのボタンを長押しして~とかちょっと面倒くさい手順があることが多いです。

が、本当に簡単。蓋から取り出すとピコピコ光りだして、接続待機モードになるので

スマホ側に『TaoTronics SoundLiberty 53』が出現するのでタップすれば接続完了。

一旦接続が完了すれば、次回からはイヤホンを取り出すだけで、自動接続できるので更にラク。

3、最長40時間連続再生可能!

ケース無しでも6時間連続再生できるので、普通に使っていれば外出先でいきなり電池切れになることも無いかと。

あなたが「6時間じゃ不安だ!」っという場合でも、ケース自体がモバイルバッテリーになっていて最長40時間まで連続再生可能!

一体誰が40時間も連続再生するんだ?!っとは思いますが、充電の手間が少ないのはメリットですね。

4、完全防水IPX7等級

IPX7で完全防水なのも特徴。スポーツの汗で壊れる可能性はかなり低くなっていると思われます。

IPX7=外気と水中の温度差が5度未満の環境で、約1mの深さに一時的に30分間沈めても動作に影響がでない機器

とは言ってもこの防水指標ってあくまでも真水という条件なので、お風呂に入りながら使うというのはあんまりオススメしません。

防水性能が高いので、いきなりぶっ壊れる事は少ないと思いますが、40℃のお湯がかかったりすればどう考えても機器に負担はかかります。

たまーに「シャワーに入りながらでも使えます!」みたいに書いている記事もありますが、できるだけ長持ちさせたいなら絶対にオススメしません。

ちなみに私は防水機能があるスマホを調子に乗ってお風呂で使いまくってたら余裕で浸水したので、その時から防水性能を信用していません。笑

5,軽い!小さい!

とにかく軽くて小さいです。iPhone6と並べてみるとこんな感じ↓

イヤホン自体もあまりにも軽いので本当にコレ音なるんか?!っと言いたくなる程。

本体と合わせてもたったの52g

イヤホン単体だとぬぁんと!11gしかありません・・・

1円玉11枚分です。間違って中身入れないで出荷したのか?っと疑いたくなったけど、ちゃんと音もなったので、これが公式スペックなんでしょう。

ここまでのまとめ
・4000円なのにカッコいいデザイン。
・防水性能がかなり高い
・メチャ軽い



購入して感じた4つの短所

1,やや作りが安っぽい。

パッと見たデザインはカッコいいし、材質的な安っぽさはそれほど感じないのですが、”作り”はちょっと安っぽいもあります。

特に感じたのが蓋部分。なんかスゴークパカパカします。

4000円クラスなので許容範囲ですが、高級機に比べるとやや安っぽい部分はありますね。

っと言っても本当に安いので別に文句を言うほどでも無いですが。笑

2,音質はイマイチ・・・

一番気になるのが音質!

せっかくなので、通常の音楽配信サービスより10倍音質が良い、AmazonMUSICHDで比較!
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

クラシック(高音が強い曲)とテイラー・スイフトの『Shake It Off』(低音が強い曲)を聴いてみた。

ぶっちゃけ音質はかなりイマイチです。

とにかく低音が無理やり強調されている音質で、ドゥンドゥン響くんですが、とにかく聴いていて疲れます(汗)

元々低音が強い音楽だと、ボォんボゥん低音が響くので大音量では聴けたもんじゃありません。

低音好きの人には良いかもしれないですが、私のようにクラシックを聴いたり、ボーカルの突き抜けた高音ボイスを楽しみたい!という人にはまっったく不向きです。

最終的には好みの問題!って話にはなりますが、高音好きの人にはオススメできません・・・

音質に関してはAnkerワイヤレスイヤホン『Anker Soundcore Liberty』の方が明らかに上に感じました。

とは言え、5,000円以下という価格帯を考えると「まあ無しではないな」と言う感じかなぁ。

もし、あなたが低音が好きでそこそこの音質でOKならアリですが、音質にコダワリたい!というならナシです。

3、aptXに対応していない

高音質イヤフォンというのでaptXに対応しているかと思ったら、AACとSBCにしか対応していません。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCよりマシ。 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Androidで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

最近はAACに対応しているAndroidスマホも増えてはいますが、仕様を見るとIOSにのみAAC対応って書いてありますね(汗)

うーむ、AAC対応ならAndroidでもAAC再生出来そうなもんですが、ちょっと謎。

iPhoneはアップルの開発した規格なのでAACに対応しているのですが、AndroidスマホはAACに対応していない機種も多いんです。(Android 8以降が対応)

つまり、あなたが「Androidスマホでこのイヤフォンを使いたい」と思ったら、イヤフォンの性能が最大限引き出せず低音質、高遅延になる可能性があるってことですね。

4、タッチボタンのミスタッチが多い

イヤホンの表面部分?がタッチボタンになっていて、再生や音量調整ができるようになっているので便利。

ではあるんですが、タッチボタンなので「押せているのか、押せていないのか?」が分かりにくいし、装着時に指が触れまくるので、ミスタッチがかなり多いんですよね・・・

音量をあげようと思ったら、曲が飛ばされたり、再生が止まったりと慣れるまで結構ストレスが溜まります。笑

慣れれば便利機能に化ける感じはするけど、慣れるまでは忍耐力が必要そう。

ここまでのまとめ
・作りはやや安っぽい
・低音がメチャ強く、高音は抜け感弱し。
・AACとSBCにしか対応していない
・操作性はイマイチ(慣れの問題かも)

【結論】音質はやや残念だが、コスパはそこそこ良し。

音質は好みが別れるので私の意見が絶対!とは言いませんが、低音が強すぎ!って感じたのが本音。

3万クラスのイヤホンと比べるのは、アンフェアと分かってはいるけど、やっぱり有線イヤホンには足元にも及ばない感じ。

あなたが、低音強めが好みならアリ!ですが、女性の高音ボーカルやピアノのとにかく美しい旋律に浸りたい・・・っと言うならイマイチかなぁと(汗)

とは言え、4000円代と価格を考えるとあなたが”低音好きでそこそこの音質でいい”ならアリかな。

デザイン的には中々カッコいいし、パッと見た感じだと4000円には見えませんので。笑

っというわけで『 SoundLiberty 53』を検討している人はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです。
SoundLiberty 53の現在の価格詳細はコチラ!

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!

Amazonがまたヤバいキャンペーンを始めました・・・↓
【10月14日迄】たった99円でAmazon Musicが4ヶ月聴き放題に!3つの注意点も。

何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは?
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?3つの短所も解説!

無線イヤホンで一番人気のブランド。全部買ってみました↓
どれが買い?Ankerワイヤレスイヤホン7万分購入した私のオススメ8選を本音で解説!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

Amazon MUSIC HDも90日間無料に!↓
【90日間無料!】Amazon MUSIC HDの現在の価格や詳細はコチラ!【10月18日迄】

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事