【急速充電器vsApple純正】iPhone充電速度を検証!2倍近く爆速でした…

今回は最近多くなっている急速充電器はどのくらい速いのか?!通常の充電器と比較するとどのくらい速いのか?を徹底検証していこうと思います。

結論から言うと、想像以上に爆速すぎました・・・

もし、あなたがスマホの充電器は純正を使っているなら、今すぐこのページを閉じて急速充電器を買っても良いレベルです。笑

では一体どのくらい爆速なのか?!見ていきましょう!


コスパ最高の急速USB充電器を探しているあなたへ・・・

もし、あなたがUSB急速充電器を探しているなら絶対に以下の記事だけでも見て欲しいです↓
【2019年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?

【2019】RAVPowerのオススメ小型急速充電器5選!あなた向きはコレ!

【窒化ガリウムUSB充電器】目的別のおすすめ13種と選び方を解説!

超分かりにくいAnkerの充電器の違いと選び方を解説しているので、絶対に参考になるはずっ!

検証環境

今回検証に使うのはPD充電(急速充電)に対応しているiPhoneXRを使用。

【1週間レビュー】今は買うな!iPhone XRの強烈な6つのデメリットとは?

61Wもの超爆速充電に対応しているRAVPower 61W(RP-PC112)とPD充電に必要な専用のUSB-C⇛Lightningのケーブルを使用。

iPhoneを使っている人は急速充電器の他に、急速充電に対応しているUSB-C⇛Lightningケーブルも必要なので注意。

あぁ、もうめんどくさいからLightning廃止してUSB-Cにしてくれれば良いのに・・・

もう一方はiPhoneに付属している純正充電器(最大5W)で速度を比較。

正確に充電速度を比較出来るように、iPhoneのバッテリーを完全に0にした状態からスタート。

急速充電器 vs 通常充電器の充電速度比較!

10分経過後

まずはiPhoneに付属している充電器の結果がコチラ↓

10分経過時点で0%⇛9%バッテリーが回復しています。

私は普段からPD充電でスマホを充電していて、爆速充電に慣れてしまっているのでハッキリ言ってメチャクチャ遅く感じます・・・

続いて高速充電器&専用ケーブルで10分充電した結果を見てみましょう。

めちゃくちゃ見づらくて、指紋ベタベタで申し訳ないのですが、急速充電器でバッテリー0から10分充電した時点での容量コチラ↓

25%!たった10分で25%も回復しています。。。どう考えても爆速でしょ・・・

単純計算2,5倍も早く充電できちゃっています。

ちなみに急速充電器のW数を計ってみると、18W前後で充電できているので数値的には3倍くらいび速度で充電できているのは間違いないです↓

9,19V×1,90A=約17.4W

通常の充電器は5W弱なので誇張抜きで3倍くらいの速度ですね。笑 もう圧倒的に速度が違います。

30分経過後

続いて30分経過後の通常の充電器のバッテリー容量がコチラ↓

22%になっています。高速充電器だったら、10分で充電できている25%にすら届いていません・・・

いくらなんでも遅すぎぃ!「あれ?付属の充電器ってこんな遅かったけか?」っとビビるくらい遅い。

続いて高速充電器の結果がこちら↓

ッッッ!59%!!もう圧倒的に速い。速すぎるッ!

こんだけ高速で充電できるなら、夜寝る前にケーブル繋がなくても、朝繋いでおけば良いんじゃないか?ってくらい速い。

1時間経過後

続いて1時間後の結果。

まずは通常の付属充電器↓

39%・・・遅い。あまりにも遅すぎる。よく今まで自分これで我慢できてたなってくらい遅い。

もし、前日に充電するのを忘れていたら間違いなく朝充電しても間に合わないだろうってくらい遅い。

続いて高速充電器の結果↓(10分程過ぎていましたが許してください)

94%!!!はえええぇぇぇ!!もう満充電したと言っても言い過ぎじゃないくらい、充電できています。

こんだけ早く充電できているなら夜中に充電し忘れても、朝支度している間ケーブル繋いでおけば1日持つくらい充電できるはず。

もう、こんなん絶対高速充電器買わないなんてありえないでしょ(汗)



100%になるまでにかかった時間は・・・

せっかくなので、100%になるまでどのくらい時間がかかるのか?検証してみました。

まずは通常充電器がコチラぁあ↓

100%になるまでに3時間半!圧倒的に遅いッ!遅すぎる!

私が既にPD充電に慣れてしまっているのもありますが、3時間半は流石に遅すぎでしょ・・・

そして、急速充電器の方がコチラ↓

「あれ?1時間10分で94%まで回復していたのに、100%まで1時間40分ってなんか遅くない?」っと感じた人もいるかもしれません。

94%⇛100%になるまでに30分もかかっています。

そうなんです。実は高速充電って最初の50%くらいまでは超爆速で充電できるんですが、50%を超えた辺りで徐々に充電速度が落ちてくるんです。

充電速度見るとこの通り↓

5V×0,63=3Wっと激遅になっています。

これは過剰にバッテリーに負荷を与えない為なので仕方ないんですけどね。

とは言っても100%になるまで通常充電器では3時間半かかっていたのが、急速充電器なら1時間40分くらいなので2倍以上の速度で充電できる!と言って間違いないでしょ。

充電速度が1時間以上も短縮されるなら、それだけでケーブルに高速される時間から開放される時間も長くなるってわけです。

充電速度高速化によって1日30分早くケーブルから開放されるとすると、それが1年で10950分。ぬぁんと!182時間です。

182時間もあれば映画が91本くらい見れちゃいますよ・・・

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、充電器とケーブルを変えるだけで自分の時間が数百時間買えるなら決して高い買い物じゃないはず。

まあ、そんなめんどくさい話より、本当に爆速で充電できるので「充電するの忘れたぁあ!」っていうストレスから開放されるのでこれがかなり大きいです。笑

ここまでのまとめ
・純正充電器は100%になるまでに3時間半かかる
・高速充電器は100%になるまでに1時間40分
・0⇛50%までは爆速だが、100%に近づくにつれ充電速度は遅くなる。

スマホに適した高速充電器とは?

あなたが使っているスマホによって、適している高速充電器は変わってきます。

今回の実験では最大61Wの超ハイパワーの充電器を使っていますが、ぶっちゃけスマホを高速充電するくらいならここまでハイパワーじゃなくてもOK。

充電器がいくら高速対応でもスマホ側に制限がかかるので、大体18Wくらいまでです。

もし、あなたが「スマホくらいしか充電しないぜ!」っというなら、わざわざ高価な60Wの充電器じゃなく、最大30Wくらいの充電器を買っておけばOKです。

据え置きならコレが最強↓

【1年使用レビュー】Anker PowerPort I PD-1の充電速度&3つの弱点を解説!

外に持ち運ぶ機会が多い!っというなら、コチラが現時点で世界最小なのでオススメです↓

こんな人は買うな!AUKEY PA-Y19を自腹レビュー!3つの長所&短所を解説します。

私自身、意味もなく充電器をアレコレ買い漁っていますが、この2つを買っておけばOK。

将来的にノートPCも充電するかもなぁっと人は以下の記事も参考にしてみてくだせぇ↓
【窒化ガリウムUSB充電器】目的別のおすすめ13種と選び方を解説!

【結論】急速充電器&ケーブルは今すぐにでも買うべき。

あまり当ブログは買え、買えっとセールスする方針じゃないんですが、高速充電器は今すぐにでも買うべき!っと強く言いたい。叫びたい!

充電器なんて一回買えばそうそう壊れるものでも無いですし、何しろ本当に爆速で充電できるので、「充電し忘れたぁ!」というストレスから開放されるのが本当に最高すぎます。

私自身「高速充電って言ってもそこまで変わらないだろ」っと思っていたんですが、もうぜんっっぜん速度が違うので怒りすらこみ上げきました。笑

「なんでもっと早く買わなかったのかッ!!」っと。

ネット上のガジェット系記事はムダに買わそうとする、べた褒め記事が多いですが高速充電器は今すぐページを閉じて買ってもいいレベルだっ!っと断言できます。

っというわけで、もしあなたが高速充電器の購入を迷っているならぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

USB急速充電器オススメ3選はコチラ↓
世界最薄レベルなのにMacBookAirも充電できる!↓
スマホやタブレットが爆速充電可!なのに世界最小クラス。
Anker PowerPort III mini】4つのメリット&デメリットを解説!
MacBook Proクラスも充電でき、同時にスマホが充電できる最上位機種はコチラ↓
【Anker PowerPort Atom PD2】4つのメリット&デメリットとは?
USB充電器の違いが分からんっ!って人はコチラも参考に↓
【2020年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?

もし、あなたが最後まで記事を読んで頂けたなら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事