ノイキャンは微妙?RZ-S50Wを自腹レビュー!8つの特徴&短所を正直に解説します!

パナソニックからノイキャン対応無線イヤホンがデターーー!

っということで、早速購入してみたんですが、、、良いッ!!コレ良いです。笑

正直、「パナソニックが無線イヤホン?無線イヤホン業界はそんなに甘くないぜ!」とか勝手に思っていたんですが、ノイキャン機能付きでこの価格は普通にコスパ良いです。

今まで無線イヤホンを40個くらいは購入してきたのでコレは間違いない!

ただ、、、全ての人におすすめってわけでも無いんです。というわけでRZ-S50Wを使って分かった8つの特徴&短所を正直に語っていこうかと思います!


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
Amazonがまたヤバいキャンペーンを始めました・・・↓
【10月14日迄】たった99円でAmazon Musicが4ヶ月聴き放題に!3つの注意点も。
何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは↓
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?
ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
迷ったらとりあえずこれ↓買っとけばOK。現時点最強のコスパです。
他より2~10倍高音質なAmazon MUSIC HDも90日無料に!
【90日間無料!】Amazon MUSIC HDの現在の価格や詳細はコチラ!【10月18日迄】

パナソニック RZ-S50W

製品名 パナソニック RZ-S50W
連続使用可能時間 6,5時間(充電ケース込約19,5時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX4等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0

⇛RZ-S50W現在の価格&在庫状況など詳細はコチラ!

パナソニック RZ-S50W 8つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはなんと言ってもデザインッ!いくらノイキャンだろうが、アンビエントモード付きだろうが、カッコ悪いイヤホンを耳に付けて出歩くのは辛いです。

まずは外装チェック。

うーむ、、、Panasonic!っとデカデカ書かれて、いかにも”家電”って感じがする(汗)

あんまり外箱はカッコいいとは思えませんね。あれこれ機能が書かれていてTHE・日本の企業って感じ。

内装も微妙。

プラのケースに入れられているので、全然わくわくしません。

Appleのイヤホンとかは外装の時点で「うおおお!キターーー!」っと興奮する高級感のある箱なんですが、このイヤホンは外装のワクワク感0。

イヤホンの性能には直結しないんですが、このワクワク感って超重要だと思うんだけどなぁ。

セット内容は耳のサイズに合わせて、サイズが変えられるイヤーピースとUSB-C充電ケーブル。

いきなり外装をdisってしまいましたが、イヤホン自体の質感は中々良しっ!充電ランプもちゃんと付いているので、残りバッテリー残量も分かるようになっています↓

当たり前だろ!っと思われるかもですが、SONYやAppleの高級イヤホンって実は充電ランプで残りバッテリー量が確認出来ないんですよねぇ・・・

この点においてはPanasonicの方が上手。

ただ、ケース上部にPanasonicっと書かれているのは好き嫌いが別れそう。別にここに刻印しなくても良いような。

イヤホンを置いてみるとこんな感じ↓KAKKOII!

ケースデザインはまあまあ質感が良いくらいって感じなんですが、イヤホン自体は高級感アリよりのアリ!

銀色に装飾されていてこれがなんともカッコええんです。笑

円筒状のイヤホンの中ではそこそこ大きめではありますが、SONYのイヤホンと違って横長じゃないので万人受けしそうなデザイン。

横から見ても中々の美しさ。これが2万円台ならアリでしょっ!

イヤーピース側はこんな感じ↓集合体恐怖症の人はちょっと注意かも。

デザイン的にはシンプルな円筒状であるものの、質感に関しては2万超えってだけあって流石に1万程度のイヤホンより全然上です。笑
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

ゴツくなくシャレオツぅ~なデザインなので、女子でも男子でも違和感なく付けられそうな感じ。

2,サイズや重さは?

サイズはノイキャンイヤホンとしては小さめ。iPhone6と並べ見るとこんな感じ↓

縦長タイプなのでポッケに入れて使うぜ!って人もいけます。ノイキャン付きイヤホンってデカめなサイズのものが多いんですが、これは取り回し良し。

重さも普通の無線イヤホンと同じくらいの重さ。ノイキャン無しイヤホンでも大体60g前後が多いんですが、これはノイキャン無しイヤホンとそんなに変わらない重さですね。

ちなみにSONYのノイキャンイヤホンは90gあるので、ポッケに入れて使おうと思うと重いです(汗)

そう考えるとRZ-S50Wはノイキャン付きイヤホンとしては、取り回し良いッ!っと言えるかなと。

3、接続がメチャ簡単。

これに付いては他のイヤホンでも同様なんですが、接続はメチャ簡単。

イヤホンをケースから取り出したら、ピコピコと接続待機状態になります。

スマホ側のBluetooth設定画面にイヤホン名が表示されますので、コレをタップ。

これだけで接続完了!もちろん、一度接続すれば次回からはケースから取り出すだけで自動接続してくれます。めっちゃラク。

4、音質はどうなの?【重要】

イヤホンで最も重要とも言えるのが音質!

どんな音質なのか?!を検証する為に、現時点で唯一ハイレゾクラスの音楽が聴き放題の『Amazon MUSIC HD』であらゆるジャンルの曲を聞きまくりました。
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

高音域は管楽器やバイオリン等の高音が多い曲で検証。中音域やボーカルはJPOPなどの歌ものが多い曲。

低音はEDM等のクラブミュージックやベース量が多いジャズ系のジャンル等を聞きまくりました。

※最近ハマっているのがFF7のサウンドトラック。J-O-N-O-V-Aで3回泣きました。

やはりというか当然というか音の鮮明度、分離感はかなり高いです。笑

ただ、高音部分の伸び感というか天井がビミョーーに低めなので、キツイ高音のトランペット音などはややマイルドに表現されている感じ。

全体的に、若干低音が強めの味付けではあるものの、安物イヤホンに良くあるようなブォンブォンと汚い低音がなるのと違い上品な低音の奏で方ですね。

やや低音が強めなのでほんのすこ~~~し、ボーカルが遠めに感じるものの、音質は普通に良いです。

こう言うと「あれ?音質は微妙なのか?」っと思われるかもですが、音質重視のイヤホンやらSONYの3万弱のイヤホンなどと比べたら・・・って話です。

私のように無線イヤホンを30個も40個も買うような人でもなければまず間違いなく、満足できる音質なのは間違いなし!

メチャクチャ音質良い~っと感動するほどではないものの、”値段相応に良い音”というのが私の本音です。

そして、後述しますが専用アプリで自分好みの音質に変えられるのも◎

5、防水IPX4に対応!

IPX4に対応しているので、ちょっと濡れる程度なら大丈夫くらいな防水性能。

IPX4=水の飛まつに対して保護されている

イヤホンしながらシャワー浴びるぜ!って人は無理ですが、軽い運動の汗くらいなら問題なく使える防水性能です。

6、ノイズキャンセリング機能はどうなの?

そして!最も気になるのがノイズキャンセリング機能!一体どんだけノイキャン効果があるのか?!

気になりまくったので、YouTubeにて飛行機の離陸動画とANAの機内安全ビデオを同時に爆音で流してノイキャン機能を試してみました。(机が低音でブルブル震えるくらい爆音)

「流石にSONYのと比べるとイマイチなんだろうな・・・」っと期待してなかったんですが・・・

良い!これ、、、、、良いッ!

Amazonのレビューなんかを見るとSONYとかのと比べるとノイキャンイマイチと書かれていましたが、SONYのと変わらないくらいノイズが消え失せました。笑

正直、実際に使うまでは「やはりSONYには敵いませんね。」と書こうと思っていたのですが、ほぼ同レベルでキャンセリングしてくれました。

飛行機の”ブぉぉぉん”っという低いノイズはかなりバッサリ削られます。音楽かけていたら分からないレベル。

ただ、SONYのノイキャンと同じく低音域をメインにキャンセルするので、高音が強い雑音とか機内アナウンスとかは結構聴こえますね。

流石に完全無音とまではいかないので、あなたが「完璧無音」を期待しているのならちょっとガッカリかも。

とは言えどのノイキャンイヤホンでも、今の所完全無音はありえないし、この価格でこれだけノイキャンされるなら普通にアリ。

7,アンビエントモード(外音取り込み)

もう1つの機能がイヤホンを付けながらでも、外の音が聴こえる!って機能のアンビエントモード。

これもSONYのイヤホンに負けず劣らず、イヤホン付けたままでもかなり外の音聞こえます。笑

ただ、ビミョ~にではありますが他のアンビエントイヤホンと比べると、”自然に外の音が聴こえる”というより、”外の音をマイクで拾った音”的な感じはするかなぁ・・・

あとはほんのすこーーーし、ノイズが乗っているような印象。

低音が少なめな音なので、アナウンスなどは普通に聞こえますし、別にアンビエントモードで自然な外の音を聴くわけでもないので、必要十分な機能性かなとは思いますけどね。

8,アプリで音質変化やイヤホンのアップデートができる。

ここまでSONYに似せてくるのか!っと思ったのがコレ。専用のアプリをDLすることで、ノイキャンの強度を変更したりすることが可能。

更に!イヤホンを無くしたときに探す機能も使えるらすぃぃ。。。

GPSでも入っているのか?!っと一瞬ビビりましたが、あくまでもスマホの位置情報を使用する機能みたい。

なので、当然スマホのGPSがOFFだと使えません(汗)

そして、もう1つが音質を調整するイコライザー的な機能。

デフォルトだとやや低音が強めの音質なんですが、イコライザーで自分好みの音質に変えられます。

更にSONYと同じく音質有線モード、接続有線モードも切り替えられます。一体どれだけSONYの機能をパク、、、リスペクトしているんだ?!ってくらい同じような機能が使えます。笑

ここまでのまとめ
・シンプルでシャレオツなデザイン。
・防水性能あり
・音質はそこそこ良い
・ノイキャン機能はSONYと変わらないくらい効く
・アンビエントはややノイズを感じるものの普通に使えるレベル
・専用アプリで音質やノイキャン強度変更も出来る



購入して感じた4つの短所

1、イヤホンの収まりがイマイチ・・・

なんかこう、イヤホンがスッと収まってくれないんですよね。ちょっとでもずれていると引っかかる感じ。

殆どのイヤホンはテキトーにケースに入れてもカチッとハマるんですが、このイヤホンはちゃんと位置を合わせないとすぐにカチッと収まってくれない感じ。

2、ノイキャン、アンビエントモードって使う機会ある?

最近イヤホン業界でノイキャンやら、アンビエントが流行ってはいます。

確しかにスゴイ。イヤホンの概念を破壊するほどスゴイ機能ではあるんですが、そんなに使う機会が思いつきません(汗)

あなたがしょっちゅう飛行機に乗るとか、常にノイズがあるような環境であるなら”革命”的な機能なのは間違いない。

ただ継続的にノイズがブォぉぉんっと鳴り続ける環境なんて、飛行機や電車くらいしか思いつかないし、絶対に必要か?!っと言われると・・・

う~む、、個人的には無くても良いかも。

アンビエントモードに関しても重要なアナウンスを聞き逃さなくてすむのは確かだけど、一時的に音量0にするとかイヤホン外せばいいだけだし、そこまで必要性を感じません。

イヤホン付けたまま会話するってのも、なんだか失礼な感じするしなぁ・・・

もし、あなたが「こんな使い方が便利でっせ!」と言うのがあれば、コメント欄などで無知な私に教えていただければ幸いですm(_ _)m

3、aptXに対応していない

Android使いの私がかなり残念なのがコレ!AACよりもより低遅延&高音質と言われるapt-Xに非対応なんです・・・

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCよりマシ。 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Androidで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

この価格だったらせめてapt-Xくらいは対応してくれぇぇ!

っと思うんですが、SONYもAppleのAirPodsも対応していないので、大手企業的にはAACで十分って判断なのか・・・

いずれにしてもApple製品はAACまでしか対応していないので、AndroidやWindowsで使う人くらいしか恩恵は無いけど、どうせならapt-X対応して欲しいよなぁ。

4,無線充電が使えない

最近流行りの無線充電には非対応。

まだ私が持っているスマホ等の端末は無線充電に対応していないので、今は別にいらないのですが家にある端末が無線充電対応品が増えたら使ってみたいかも。

ここまでのまとめ
・イヤホンの収まりはイマイチ
・ノイキャンモードとか使う機会があまり無い
・AACとSBCにしか対応していない
・無線充電は非対応

【結論】ノイキャン搭載イヤホンならコスパ最強クラスか。

っというわけで、最後にこのイヤホンを検討するべきな人をまとめるとこんな感じ↓

このイヤホンを買うべき人
・2万台でノイキャン無線イヤホンを探している
・音質はそこそこ良ければ良し!
・やっぱり国内ブランド!
・ゴツいイヤホンより、おしゃれぇなイヤホンが好み。

欲しくてもすぐに在庫切れになるので、買えないかもしれません(涙)↓
⇛RZ-S50W現在の価格&在庫状況など詳細はコチラ!

あなたが「ノイキャンイヤホンを使ってみたい!」と言うなら有り!この価格でこの機能はどう考えてもコスパ良すぎぃぃ!です。

ノイキャン、アンビエント搭載のイヤホンって3万弱くらいはしますからね・・・

個人的にはノイキャン機能などの使いみちが飛行機とか、交通機関くらいしか思いつかなかったので、それほど必要性を感じませんでしたが「無音の方が集中する!」という人は使ってみるのは有りかも
(完全無音にはなりませんが)

正直3万弱もするSONYのものと比べても、ブォぉぉんという飛行機の低音除去力は変わらなかったので。

音質に関しても「むちゃくちゃ高音質なイヤホンが使いたい!」ってわけでもなければ、普通に音楽を楽しめるくらい音質良いので後悔することは無いはずっ!

逆に言うとノイキャンにそこまでこだわらないなら、もっと低価格で音質が良いイヤホンはあるので、あなたが機能性重視か?音質重視か?!でこのイヤホンを買うべきなのか?は変わってきますね↓
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

っというわけで、パナソニックのイヤホンが気になる!って人は参考にして頂ければ幸いです!

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!

Amazonがまたヤバいキャンペーンを始めました・・・↓
【10月14日迄】たった99円でAmazon Musicが4ヶ月聴き放題に!3つの注意点も。

何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは?
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?3つの短所も解説!

無線イヤホンで一番人気のブランド。全部買ってみました↓
どれが買い?Ankerワイヤレスイヤホン7万分購入した私のオススメ8選を本音で解説!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

Amazon MUSIC HDも90日間無料に!↓
【90日間無料!】Amazon MUSIC HDの現在の価格や詳細はコチラ!【10月18日迄】

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事