【こんな人は買うな】RAVPower(RP-PC105)をレビュー!5つの良い点&悪い点とは?

今回は『RAVPower USB-C急速充電器 61W(RP-PC105)』を購入!

充電器といえばAnker!っという風潮になりつつありますが、このRAVPowerも充電器メーカーとしてジワジワ人気で出てきてますね。

今回の61W(RP-PC105)もかなり良充電器!なのは間違いないんですが、実は使う人はかなり選ぶんです(汗)

っというわけで、61W(RP-PC105)がどんな人向きなのか?と5つのメリット&デメリットを全力で書き綴っていきます!


コスパ最高の急速USB充電器を探しているあなたへ・・・

もし、あなたがUSB急速充電器を探しているなら絶対に以下の記事だけでも見て欲しいです↓
結局どれが買い?窒化ガリウムUSB充電器のおすすめ13種と選び方を解説!

【2020年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?

【2020】RAVPowerのオススメ小型急速充電器5選!あなた向きはコレ!

【急速充電器vsApple純正】iPhone充電速度を検証!2倍近く爆速でした…

超分かりにくいAnkerの充電器の違いと選び方を解説しているので、絶対に参考になるはずっ!

RAVPower USB-C急速充電器 61W(RP-PC105)

製品名 RAVPower 61W(RP-PC105)
最大充電W数 60W(2ポート使用時は45W+12W)
対応機種 MacBook /MacBook Pro 15インチ (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約151g

MacBook Pro 13 純正充電器と比較!

製品名 RAVPower 61W(RP-PC105) MacBook Pro 13 純正
充電W数 60W
(2ポート使用時は45W+12W)
61W
価格 約4300円 7480円(税込)
重量 約151g 約195g

MacBook Pro13の純正充電器と充電速度は一緒。にも関わらす50gほどの軽量化に成功している点とUSB-Aのポートも兼ねているのが特徴。

しかも!価格が純正品よりも3000円弱安いというコス最高な充電器!

5つのメリットとは?

1、超々小型

やはり一番最初に挙げられるメリットが小型!という点。iPhone6を隣に並べてみるとこんな感じ。

大体iPhone6の縦サイズの半分くらい、横幅は同じくらいのサイズ感しか無いです。

ただ、暑さは3,5cm位あるので激薄ってわけじゃないですけどね・・・

特に私が感じたのが軽さ!「本当にMacBook Proクラス充電できるのか?」っと疑わしくなるほど軽い!

純正品と比べると50gほど軽いくらいなのですが、実際に手に持ってみるとPCの充電器としては軽っ!っと呟いてしまうほど軽いです。笑

もし、あなたが「出張が多い」「外でのPC作業が多い!」っというならこの軽さはかなり魅力的なんじゃないかと。

2、高速充電対応!(最大60W)

小型化に成功しつつも、最大で60wの高出力まで耐えられるので、MacBook ProクラスのPCでも充電できちゃいます。

私自身は残念ながらMacBook Proを持っていないので計測できないのですが、Amazonレビューを観る感じ何も問題なく充電できるって声がかなり多いですね。

それに比べるとこのRAVPower 61W USB-C急速充電器は3,899円でありながら、15 インチの MacBookProも問題なく充電が可能です。
MacbookProの純正電源アダプターに変わる互換製品としては最高です。
引用:Amazon

MacBookProを試しに充電してみました。いつもより早く充電出来ています。
引用:Amazon

MacBook Pro 13 2019の外出用に購入しました。
注意点は、PDのみ使用する場合は61W対応ですが、USB-Aを併用する場合のPD出力は45Wになります。
純正品が61Wなので気になりましたが、本製品のPD+USB-A併用時のPD45W出力時でもCPU負荷のかかる4K書き出し時でも給電および充電できることが判明しました。
引用:Amazon

純正品よりも早く充電できる!という声や純正品より若干遅く感じるなどややばらつきはあるものの、充電できるのは間違いないみたい。

私もiPadPro11を充電して充電速度を図ってみたところ・・・

23W!もの高速充電が出来ました。ビミョーに変動はありますが、大体20W~25Wくらいなので爆速充電なのは間違いないかと!

iPadProの純正充電器だと18W前後なので、大体1,2倍~1,5倍くらい早くなっている感じ。

3、USB-Aポートもある

大抵の60W USB-C充電器ってポートが1つのものが多いんです。

しかぁし!今回のRAVPower60WはUSB-Aポートもついています。

iPhoneの充電ケーブルって未だにUSB-A⇛Lightning端子なので、iPhone使いの人だったら、MacBook を充電しながらiPhoneも充電出来てしまう!って事ですね。

これはメチャ便利。ポートが2つあるので充電する端末が少ない人は、外出用とお家での据え置き用どちらでも使用できます。

ただし!詳しくは後述しますが、2ポート同時に使用すると1ポート辺りの給電能力が落ちます(涙)

4、安い!

コスパ重視の当ブログとして外せないのが安さ!純正品よりも3000円弱安い価格設定になっています。

通常価格は4800円くらいになっていますが私が見ている時は大抵、500円OFFクーポンが常にあるので、恐らく4200円くらいで変えるんじゃないかなと。

絶対にクーポンがある!とは断言出来ないので、必ずあなたの目でチェックして欲しいですが
RAVPower 61W(RP-PC105)の現在の価格はコチラ!

通常価格でも純正品よりかなり安いのは間違いなし!

5,プラグが折り畳める!

地味~に嬉しいのがこれ。プラグが折りたためます。

「当たり前じゃん!」っと思われるかもしれないですが、ライバル機でもあるAnkerの充電器は折り畳めない、機種もあったりします(汗)

【レビュー】私がAnker PowerPort Atom PD1を購入しない3つの理由とは?

いくら小型、軽量化してもプラグが出ているとカバンに入れた時にボコッと膨らんだりするので携帯性は落ちるんですよね・・・

小型サイズながら、プラグが折り畳めるのはGOOD!

ここまでのまとめ
・純正品よりも安価、小型、ポート数が多い!
・充電能力も純正品並
・大体、クーポン配っている(要確認)



2つのデメリットとは?

1,60Wでもスマホの充電速度は早くならない・・・

最大60Wなので「最大30W出力の充電器よりも、更に高速充電が可能なのでは?!」

っとロマンを感じたくなるんですが、スマホやタブレットの最大充電能力は端末によって上限が決まっています(当然ではありますが )

例えば!iPadPro11を本機で充電すると、前述した通り20W前後の充電速度までしかなりません。

別の最大30Wまで充電できるAnker製の充電器『Anker PowerPort I PD-1』で充電してみると・・・

【1年使用レビュー】Anker PowerPort I PD-1の充電速度&3つの弱点を解説!

ほぼ一緒っ!の20W前後!そう!そうなんです!

いくら充電器が60Wでも最大30Wでも充電端末が60Wに対応していなければ、30Wの充電器でも充電速度は変わらないんです。

あなたが「スマホやタブレット用の高速充電器が欲しいな~」っと思ったら、60W出力の充電器はオーバースペックっということになります。

当記事を執筆している時点ではどんな最新機種のスマホでも、大体15W前後までしか給電能力は無いし、iPadPro11でさえ20Wくらい。

つまり、ノートPCを充電しない!っという人は60Wの恩恵は全く受けないってことですね(汗)

 

2,2ポート同時使用だと、最大45Wまで落ちる

USB-CとUSB-Aのポートが1つずつあるので、同時にMacBookとスマホを充電したりも出来ます。

が、残念ながら同時に充電した場合は、USB-Cの60W出力が45Wまで落ちちゃいます。

Amazonレビュー見ると、同時充電でも問題なく充電出来た!という人もいますが、公式にも45Wまで落ちると書かれているので、少なくとも充電速度が遅くなるのは間違いないかと。

とは言っても、MacBook Proを高速充電して、バッテリーがMAX近くなったら同時にスマホも充電するという感じで使えば良いだけなので言うほどデメリットでも無いような気もする。

ここまでのまとめ
・最大60Wでもスマホやタブレットは30W充電器と変わらない
・2ポート同時使用すると、60W⇛45Wまで落ちる
・ノートPCを使わない人は恩恵を感じられない。

【結論】RP-PC105を買うべき人、やめるべき人とは?

結論から言うと買うべき人は「ノートPCを充電しつつ、スマホもたまに充電したい」「出張や外でPC作業することが多い」「純正品の予備が欲しい」

っという人ですね。

逆に買わなくても良い!っという人は「スマホやタブレットしか充電しない」「1ポートしか使わない」「あまり充電器を持ち出す機会はない」

このような人は、RP-PC105を買ってもあまり満足度は高く無いんじゃないかと・・・

特にぜっったいに買う必要が無い人は「ノートPCを充電しない人」ですね。いくら最大60Wでも30Wのものと充電速度は変わりないです。

だったら、30Wのもっと安価で小型な充電器を購入したほうが絶対に満足度は高いはずっ!
【2019年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?

30W~以下なら半値くらいで更に小型の充電器も普通に買えちゃうので、割高な60W充電器買うのはもったいない!っというのが私の本音です。

っというわけで、もしあなたがRP-PC105の購入を検討しているならぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

※その他、小型充電器のレビューはコチラも参考にして見てください!
【非提供レビュー】Anker PowerPort Speed 1 PD 60の3つの長所&短所とは?

【非提供レビュー】私がRAVPower(窒化ガリウム)30Wの購入を止めた3つの理由とは?

【レビュー】私がAnker PowerPort Atom PD1を購入しない3つの理由とは?

USB急速充電器オススメ記事4選はコチラ↓
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事