まだ買うな!RP-PB186を自腹レビュー!3つの長所を全力で解説!

キタキタキター!現在時点で最強のモバイルバッテリーと噂されるRAVPowerさんが販売する『RP-PB186』がキター!

10000mhAクラスのモバイルバッテリーとしては、異次元レベルの29Wという高出力(MacBookも充電できる)を実現している唯一のバッテリーがコレ。

本当にそんなに出力できるのか?気になりまくったので、検証レビュー&どんな人向きのバッテリーなのか?!全力で解説していきたいと思います。


コスパ最高のモバイルバッテリーを探しているあなたへ・・・

RAVPower RP-PB186 3つの長所とは?

製品名 RAVPower RP-PB186
最大充電W数 最大28W 2ポート使用時(18W+11W)
充電容量 10000mAh
対応機種 MacBook Air、iPhone 11 / 11Pro / XS等ほぼ全てのスマホ
重量 約 187 g

RAVPower RP-PB186の現在の価格&保証の詳細はコチラ!

※現在リニューアル版が新しく販売されています。ただ、リニューアル版は明らかに劣化版なので、これじゃなくてもいいかも(汗)
RAVPower RP-PB186 リニューアル版の3つの変更点とは?正直劣化版な気が・・・

1、デザイン良しで最軽量クラス。

まずは外箱。至って普通。

正直ガジェットは開封する時が一番興奮します。笑

セット内容はシャレオツ(?)な専用袋とUSB-C⇛USB-Cケーブルと本体。

指紋が付きにくくてサラッとした、質感なのが◎充電インジケーターもカッコヨス。

USB-CポートとUSB-Aポートが搭載。USB-Cは入力と出力の兼用でPD充電に対応しています。つまり、爆速で充電できるって事!(本当に爆速充電出来たのか?は後述)

サイズ感は10000mAhクラスのバッテリーとしてはデカくも小さくもないかなぁ。iPhone6と並べて見るとこんな感じ↓

流石に厚みは全然違うけど、10000mAhならこんなもんかぁという印象。

そして、重さ!10000mAhとしては執筆時点では最軽量クラスで186g!

ライバル機種とも言える『Anker PowerCore 10000 PD Redux』が192gくらいなので、それよりも微妙に軽いです。

数gなのでどっちでも良いですが、どっちにしろ軽い。

iPhone11proが188gなので、大体新しいiPhone1台分くらいの重さくらいに考えればOKかと。

ただ、サイズ自体は小さいのもあって手に持ってみると意外とズッシリ感はありますね。

2、モバイルバッテリーの充電速度が爆速。

まずは入力。つまりモバイルバッテリー自体の充電速度がどのくらいなのか?!を検証してみます。

意外と見落としがちなスペックですが、入力は超重要です。

10000mAhもの大容量があるので、充電速度が遅いとモバイルバッテリーを満タンにするのに1日中充電しないといけない場合も本当にあるんです。

(ちなみにiPhone11は3000mAhくらい)

Amazonの公表スペックによると、PD充電に対応した充電器なら最大18W出ると書かれています。

っというわけで今回は同じRAVPowerさんが販売している、最大61Wまで出力できる充電器『RAVPower 61W(RP-PC112)』で実験。


【まだ買うな!】RAVPower 61W(RP-PC112)を購入レビュー!4つの良い点&悪い点とは?

充電器は61Wまで対応なので、本当に18W対応しているなら、モバイルバッテリーの限界18Wで充電できるはずッ!

・・

・・・

11,8×1,5=17.7W!

数値は常に変動しているものの、大体17,7Wくらいで充電されていますね。

「0,3W足りない!」っと思う人はいないかと思いますが、限界値丁度まで充電すると負荷がかかるので、やや少なめのW数で充電されることはお伝えしておきたいです。

間違いなく、18Wで充電できているっと言っても間違いじゃないでしょう。

ただ、気をつけないといけないのは高速充電に対応している充電器を使わないと、充電速度が遅くなってしまうのは要注意。

3、充電速度も爆速!

最も重要とも言えるのが本当に爆速で充電できるのか?29W出力でるのか?という点です。

30W出力充電まで対応してるiPad Pro11インチで実験してみます。まずは先程の61W出力の充電器でどこまでW数が叩き出せるのかチェック!

60Wクラスの充電器を使っても、30Wまでは流石にいきません。端末側で制限がかかるので大体27W~23Wくらい。

大体このくらいの数値が出せれば、PD対応充電器並に爆速!って事が言えるわけです。

っというわけで、今回のモバイルバッテリーで充電っ!

13,9 ×1,89=26W!!

丁度撮影したタイミングが数値が大きかったのもあるんですが、常に23~27Wは出ている感じ!ちゃんと爆速充電できていました。笑

ちなみに、もう1つのUSB-A差込口で充電するとこんな感じ↓4,59×1,42=6,5W

う~む・・・激遅くんです。iPad Pro11インチの純正充電器が18W出力なのでUSB-AでiPad Pro11クラスの端末を充電するのは向いていない感じ。

一応、充電はできているみたいですが、ちょっと遅すぎますね(汗)もしかすると、QC対応していないと遅いのか?!っと思ってQC3に対応しているZenFone5Zでリベンジ。

8,27×1,21=10W

っと高速充電はできていました。流石に18W近くまではでませんが、十分高速充電といえるかと。

同時に2つのポートをつなぐと充電能力はどうなるか?も気になったので検証してみると・・・

ちょっと分かりにくいですがiPad ProをUSB-Cポート、ZenFoneをUSB-Aに同時に繋いでます↓

充電結果はiPad Proの結果で11,9×1,40=16,6W

Amazonのスペック表にも同時接続しは18Wまで落ちると書かれているので、スペック表通りの出力が出ていると言えます。

そして気になるのがUSB-Aの出力。

5Wくらいにまで落ちちゃいました・・・激遅くんです。

通常のスマホ純正充電器が5Wくらいの出力なので、まあ通常の充電器くらいの充電速度と考えれば許容範囲ではあるかなぁ。

ただ、一度PD充電充電に慣れてしまうと、通常充電速度がかなり遅く感じてストレスが溜まるレベルなので、普段はPD充電を使う。

端末がいじれない時はカバンの中で2端末同時に充電するというような使い方が良いかも。

ここまでのまとめ
・現時点で最軽量クラス!
・モバイルバッテリー自体の充電速度も爆速
・MacBookAirが充電できるくらい、ちゃんと出力が出ていた。(1ポートのみ使用時)
・2ポート同時使用はUSB-A側はかなり遅い

RP-PB186を検討すべき人とは?

1,ミドルスペックPCを充電したい人

最大29Wなのでなので、MacBookAirなどの純正充電器が30W程度のノートPCなら問題無く充電できるパワーがあります。

なので、あなたが「小型モバイルバッテリーでミドルスペックPCを充電したい!」っというなら、間違いなく買い。

ただし!MacBookproなどのハイスペックPCは純正充電器の出力は60W~。

電源OFF状態やスリープ状態なら充電できるとは思いますが、作業しながら充電するのであれば、更に高出力のバッテリーを選んだ方が余裕はあるかと。

2,PD充電に対応している端末を持っている(今後買う)人

もし、あなたが既にPD充電に対応しているスマホやタブレット、ノートPCを持っているなら買い。

もしくは、「今は持っていないけど、そろそろ新しいスマホ買うかもなぁ~」っという人も検討するべきかなと。

最近はスマホの充電速度もガンガン上がっていて、PD充電に対応している端末も増えてくるのは確実です。

GalaxyS10なんて、25W充電に対応していますからね(汗)(スマホの通常充電は大体5Wくらい)

逆に今持っている端末がPD充電に対応していなくて、今後もしばらく買わない!っというなら、もうちょい安めのバッテリーを選ぶのもアリです。
【初心者OK】モバイルバッテリー正しい選び方とは?オススメ3つも激選して紹介!

ただ、他のバッテリーよりもめちゃくちゃ高いわけでも無いので、最初からPD充電に対応している『RAVPower RP-PB186』を買っておくのがベストな気もします・・・
⇛『RAVPower 61W(RP-PC112)の現在の価格&詳細はコチラ!

3、爆速充電を体験したい人

このバッテリーの最大の特徴は爆速充電ができる!って点です。

逆に言うと「そんなに充電速度は速くなくてもいいわ~」っという人にはメリットが薄いとも言えます。

あくまで私の意見ですが

「モバイルバッテリーは充電速度が速ければ速いほど、ケーブルの拘束から開放されるのでストレスが無くなる!」

っと思っているので絶対充電速度は速い方が良いとは思いますが、そこまで速度は気にしないなら、より安価なモデルを検討するのもアリ。

ここまでのまとめ
・PD対応端末を持っている、今後買うかも
・外でノートPCも充電したい。
・爆速充電を体験してみたい。



【結論】現時点では最高スペックのバッテリーか。

私が知るかぎり、現時点で10,000mAhクラスで29Wものハイパワーのバッテリーはコレしか無いです。

しかも!それでいて同クラス帯で最軽量。

っという点を考慮するとあなたがモバイルバッテリーを検討しているなら間違いなく買いっ!っと断言できるかと。

むしろ、これと同スペック以上のモバイルバッテリーがあるなら教えてこっそり教えてください。笑

少し前までは価格がちょっと高めだったのがネックだったのですが、ジワジワ価格も下がっているのでコスパも最高クラス↓
RAVPower RP-PB186の現在の価格&保証の詳細はコチラ!

もしあなたがモバイルバッテリーを検討しているなら、間違いなく買いだっ!っと言えます。

しかもこれだけスペック高いのに18ヶ月+12ヶ月の保証までついてますからね(汗)どんだけ~って感じです。笑

っというわけで、『RAVPower RP-PB186』を検討してる人はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

※現在リニューアル版が新しく販売されています。ただ、リニューアル版は明らかに劣化版なので、これじゃなくてもいいかも(汗)
RAVPower RP-PB186 リニューアル版の3つの変更点とは?正直劣化版な気が・・・

モバイルバッテリーオススメ記事4選はコチラ↓
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で3ヶ月使い放題キャンペーン中↓
世界最軽レベルなのにMacBookAirも充電できる!↓
迷ったらコレ買っておけばOK↓
モバイルバッテリーを高速充電するには、充電器選びも重要です。
【2020年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事