どっちが買い?Redmi Note9SとAQUOS sense4の7つの違いを徹底解説!

国産のミドルスペックスマホでジワジワ人気が出ている、AQUOSから新機種が発表されました!

スマホの性能が飛躍的にアップしていて、コスパ最強のミドルスペックスマホと言われている『Redmi Note9S』と全く同じCPUが搭載されているんです。

ちょっと国産のミドルスペックスマホって中国製よりもショボいイメージがあったんですが、これなら十分買いじゃん!っと思ってしまった。笑

ではコスパ最強級と言われるRedmi Note9Sと何が違ってどっちが買いなのか?!見ていきましょう!

格安スマホの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた↓
楽天アンリミットは繋がりにくい?自腹検証した結果と3つの注意点とは?
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

Xiaomi Redmi Note9S vs AQUOS sense4

端末名 Xiaomi Redmi Note9S AQUOS sense4
ディスプレイ 6.67インチ
( 2,400×1,080)
約5.8インチ フルHD+
( 2,280×1,080)
性能 Snapdragon720G Snapdragon720G
カメラ クアッドアウトカメラ
4800万画素(広角)
800万画素(超広角)
500万画素(マクロ)
200万画素(深度センサー)インカメラ
1600万画素
トリプルアウトカメラ
約1200万画素(メイン)約1200万画素(超広角)

約800万画素(光学2倍)

インカメラ
約800万画素

バッテリー量 5,020mAh 約 4,570mAh
メモリ 4GB
6GB
4GB
ストレージ
(データ保存量)
64GB
128GB
microSD最大512GB
64GB
重さ 209g 176g
おサイフケータイ 非対応
防水 非対応 ○(IPX5,8/IP6X)
指紋認証
顔認証
価格 4GBモデル約27000円

6GBモデル3万前後

3~4万円台?

Redmi Note9S OCNモバイルでの現在の価格やキャンペーン詳細はコチラ!

AQUOS sense4の公式サイトはコチラ

1、デザインはどうなの?

Redmi Note9Sは3色展開でホワイト、グレー、黄金虫みたいな色の3色。

カラーに関してはグレーやホワイトが個人的に好みかなぁ。

中華スマホによくあるスマホのひかりの当たり方によってギラギラ光るようなデザインじゃなく、単色に反射するのが○

ディスプレイ面も最近流行りのベゼルレスディスプレイで、先進的なデザインで古臭さも無しっ!っというかむしろデザインに関してはハイエンド機と変わらないくらいカッコいいような。

AQUOS sense4も最近の流行りに載ってついにベゼルディスプレイ採用!AQUOS sense3まではbゼルがあるデザインだったんですが、前モデルに比べるとかなーりベゼルが薄くなってますね。

ただ、Redmi Note9Sと比べると上下左右の黒い縁が多いような(汗)

ベゼルレスなデザインではあるものの、画面専有面積はあんまり高く無さそうですね・・・

完全に私の好みの問題ではありますが、デザインだけで言ったらRedmi Note9Sの方が好き。

2、性能を比較

AQUOS sense4がかなり進化しているのが、このCPUです。Redmi Note9Sと同じくミドルレンジスマホの中だと、かなりハイスペックなCPUになっているんです。

端末名 搭載CPU ベンチマークスコア(Antutu V8 )
Redmi Note 9S Snapdragon720G 28万前後
AQUOS sense4 Snapdragon720G 約28万前後?
AQUOS sense3 plus Snapdragon 636 約15万前後
iPhone6 Apple A8チップ 約10万
iPhone6s Apple A9チップ 約17万前後
iPhone11 Apple
A13 Bionic
55万前後

スマホの性能の指標となるベンチマーク数値を比較するとこのような感じ。

AQUOS sense4はまだ市場にスマホが出ていないですが、Redmi Note 9Sと全く同じチップが使われているので、ほぼ同じくらいの性能になるかと思われます。

スコアを見ると大体28万!っとミドルスペックのスマホにしては、めちゃ性能が高いです。笑

iPhoneXが35万程度なので、iPhoneXよりかはちょっと劣るくらいですね。かなりザックリですが。

前モデルのAQUOS sense3 plusと比べると、13万スコアも上昇していてもはや別のスマホと言っても良いくらい圧倒的に性能アップしてます。

こんだけ性能が高ければ、3Dの重いゲームでも快適にプレイ出来るくらいには性能が高いです。(画質設定は中程度くらい)

もちろん、WEB閲覧、You Tube、SNSなんかの普段使いは余裕。

ただし!内部メモリに関してはRedmi Note 9Sは6GBの上位モデルも用意されてます↓

端末名 メモリ
Redmi Note 9S 4GB
6GB
AQUOS sense4 4GB
iPhone6 1GB
iPhone6s 2GB

もし、あなたが「ほんの少しでもサクサク感は高い方が良い!」っというのであればRedmi Note 9Sの上位版を選んだほうが幸せになれるかと。

3、カメラ性能比較

端末名 Redmi Note9S AQUOS sense4
カメラ クアッドアウトカメラ
4800万画素(広角)
800万画素(超広角)
500万画素(マクロ)
200万画素(深度センサー)インカメラ
1600万画素
クアッドアウトカメラ
約1200万画素(メイン)約1200万画素(超広角)
約800万画素(光学2倍)

インカメラ
約800万画素

決定的に違うのがこのカメラ性能の差。

まだAQUOS sense4は実機でどの程度のカメラ性能があるのか?は公表されてませんが、画素数だけみるとRedmi Note 9Sの方が上ではありますね。

深度センサーも付いているので、ボケ味がある写真を撮るのもRedmi Note 9Sの方が有利。

ただ、画素数が多ければ多いほど1つの画素に取り込める光量は少なくなり、画質が低下する場合もあるので、画素数が高い=画質が良いってわけでもないんですよね(汗)
(最新のiPhoneも1200万画素程度)

そして大きな違いはAQUOS sense4は望遠レンズを搭載しているのに対して、Redmi Note 9Sはマクロレンズで全く正反対。笑

遠くの被写体を撮る事が多いなら、望遠レンズの方が良いし、超近接距離から花や料理の写真を撮りたい!っというのであれば、マクロレンズの方が有利。

マクロレンズも面白い写真は撮れるんですが、旅行先などで写真を撮る機会が多いなら、望遠の方が良いかなぁとは思います。

4、ストレージ比較

端末名 Xiaomi Redmi Note9S AQUOS sense4
ストレージ
(データ保存量)
64GB
128GB
microSD最大512GB
64GB

microSDカード対応?

スマホのデータがどれだけ残せるか?が決まるのがストレージ容量。

Redmi Note9Sは上位モデルが128GB、下位モデルが64GBになってて、microSDカードは最大512GBまで対応。

microSDカードがあるので、ぶっちゃけ64GBでも余裕で足ります。ゲームや動画を入れまくっても、256GBのSDカードでも追加すれば大抵は足りちゃいますね。

AQUOS sense4は64GBのみ。で今の所microSDカードに対応しているのかは謎(汗)

公式サイトを見ても、microSDカードの言及が無く、もしかすると対応していない可能性も無きにしろあらず。

ただ、前モデルは最大256GBのmicroSDに対応していたので、今回も対応してくるとは思いますが・・・

もし、microSDに対応しないのであれば、AQUOS sense4はナシですね。さすがに64GBは少なすぎる。

5、ディスプレイ比較

端末名 Xiaomi Redmi Note9S AQUOS sense4
ディスプレイ 6.67インチ
( 2,400×1,080)
約5.8インチ フルHD+
( 2,280×1,080)

これもかなり大きな違い。Redmi Note9Sは6,67インチなのでかなり巨大です。笑

片手で操作するのはまず無理なので、基本的には両手操作が必要になりますね。

ただ、画面がでかいので文字や動画の没入感が高くなるので、どっちが優れている!とかは無いです。

AQUOS sense4はRedmi Note9Sと比べると約5.8インチとかなり小さく感じるんですが、そんなに小さくは無いです。

サイズ的にはiPhone 11 Pro、iPhoneXSなんかと同じサイズ感なので、画面が見難い!ってことはないですね。

片手でもギリ操作できるくらいのサイズ感なので、あなたが「大きすぎるスマホは嫌だ!」っというのであれば、AQUOS sense4を選ぶのはアリ。

6、その他機能の違い

AQUOS sense4はおサイフケータイ、防水性能まで付いてます。ミドルスペックでここまで付いてていいの?!ってくらいには高機能ですね。

Redmi Note9Sも独自の防水性能がありはするみたいですが、どの程度の防水性能があるのか?は不明。

また、おサイフケータイは付いてません。

7、価格の違い【重要】

端末名 Xiaomi Redmi Note9S AQUOS sense4
価格 4GBモデル約27000円

6GBモデル3万前後

3~4万円台?

一番気になるのが価格!AQUOS sense4は販売前なので、現時点ではいくらで販売されるのか?は不明です(汗)

ただ、AQUOS sense3が販売された当初の価格と同じくらいになるのでは?という、メーカー側の発言もあるんですよね。

たとえば「AQUOS sense4」は、先代モデルになる「AQUOS sense3」とそう変わらない、との見通しを示す。

そしてAQUOS sense3のSIMフリー版は3万円台半ばで発売された。
引用:「AQUOS sense5G/4/4 plus」「AQUOS zero5G basic」の価格帯はどうなる?

恐らくではありますが、3~4万円の間か高くても4万円台後半くらいになるんじゃないかぁと思われます。

性能や機能を考えるとこれでもかなりコスパ良いんですが、Redmi Note9Sは購入するショップによっては1万円台で買えるんですよね。
Redmi Note9S OCNモバイルでの現在の価格やキャンペーン詳細はコチラ!

AQUOS sense4がどの程度安く買えるのか?!がまだ不明ですが、販売した直後はそこまで割引されないだろうし、価格的にはRedmi Note 9Sの方が安く購入できそうな予感。

っというかRedmi Note 9Sが安すぎるんだよぉぉ・・・

【結論】結局どっちが買い?あなたに合っているのは…

最後にどっちが買いなのか?!あなたに合っている方をまとめてみるとこんな感じ↓

Redmi Note 9Sを検討するべき人
・画面が大きいスマホが使いたい
・おサイフケータイは使わない
・メモリ6GB、ストレージ128GBに魅力を感じる
・マクロ撮影をしてみたい
・とにかく安くて高性能なスマホがほしい!
AQUOS sense4を検討するべき人
・大きすぎるスマホは嫌
・望遠レンズを使ってみたい
・おサイフケータイ、防水機能に魅力を感じる

ぶっちゃけスナップドラゴン720Gが使われている時点で、どっちを買っても外れ無しです。笑

10万もするようなハイエンドスマホに比べれば、もちろん性能は劣りますが、普段使いなら余裕だし、ゲームもそこそこ処理が重いものも出来るくらいには優秀。

ただ、価格に関しては現時点ではAQUOS sense4がどのくらい値引きされるか?が不明なので、ハッキリ言いにくいんですがRedmi Note 9Sの方が安く買えるかなぁと思います。

Redmi Note 9Sは本当にキャンペーンで1万代で買えちゃいますからね・・・
Redmi Note9S OCNモバイルでの現在の価格やキャンペーン詳細はコチラ!

っというわけで、この両機種で迷っている方はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです!




格安スマホを検討している人にオススメな記事5選!
楽天モバイルで”ほぼタダ同然”で購入できるGalaxyの使用感は?
どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓
Rakuten UN-LIMITの低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事