【自腹レビュー】Redmi Note 9Sの7つの長所&短所を解説!コスパはチート級?

コスパ最強スマホ『Redmi Note 9S』をついに、、、遂に買ってしまった・・・

2~3万円代で買えるスマホなのにiPhoneX並の性能で「メチャ高い!」「コスパ最強!」っとガジェット好きの間ではかなり人気のあるスマホ。

自分もこのビッグウェーブに乗りたくなって乗ってしまいました。笑 (若干遅い説もありますが)

で、使ってみた感想としては「ゲームとかしないのであれば、このスマホで生きていけるのでは?」といのが本音。

細かいデメリットはあるものの、この価格でこの性能であれば全てが許せます。笑

格安スマホの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた↓
楽天アンリミットは繋がりにくい?自腹検証した結果と3つの注意点とは?
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

使って分かったRedmi Note 9Sの7つの長所はコレだ!

xiaomi redmi note 9S (Blue ブルー, 128GB 6GB)
Xiaomi
端末名 Redmi Note 9S
ディスプレイ 6.67インチ
(1080x2400)
性能 Snapdragon720G
カメラ シングルアウトカメラ
48MP万画素
8MP
5MP
2MPインカメラ
16MP
バッテリー量 5,020mAh
メモリ 4GB
6GB
ストレージ
(データ保存量)
64GB
128GB
microSD最大512GB
おサイフケータイ 無し
防水
指紋認証
顔認証
通常価格 4GBモデル約27000円

6GBモデル3万前後

Redmi Note9Sが9200円!OCNモバイルでの現在の価格やキャンペーン詳細はコチラ!

1,価格が安い!

やはりこのスマホで一番最初に触れて置かなければいけないのが”価格”

普通にAmazonなどで購入しても2~3万円くらいの価格設定で、この時点でメチャ安いです。

が!OCNモバイルなどで購入する場合、1万円台で買えることもザラにあります。
Redmi Note9Sが9200円!OCNモバイルでの現在の価格やキャンペーン詳細はコチラ!

現在販売されているスマホの中でもトップクラスに安い!ってのが最大の特徴です。

ただ、こんなに安いと「性能がポンコツなのでは?!」っと勘ぐってしまうんですが、性能も同価格帯のスマホに比べてかなり高く、よほど高負荷なゲームでもやらない限りふっっつーーに使えます。

2,必要十分すぎる性能

いくら安くてもガックガクだったりすれば、コスパが良いとは言えないんですが、数年前のハイエンドスマホくらいの性能がある!ってのもRedmi Note 9Sの特徴。

ベンチマークスコア的には2017年に販売されたiPhoneXよりちょい劣るくらいのスペックです。

端末名 搭載CPU ベンチマークスコア(Antutu V8 )
Redmi Note 9S Snapdragon720G 25万前後
iPhone X A11 Bionic 31万前後
iPhone11 A13 Bionic 55万前後
ZenFone7 Snapdragon 865 約60万前後
GalaxyA7(1万~2万円ののスマホ) Exynos 7885 約14万前後

さすがにハイエンドスマホに比べると、かなりスコアは劣るんですけど3年前のハイエンドスマホよりちょい劣るくらいなので、普段使いはヨユーーーです。笑

自分でもベンチマークを計測してみましたが、25万弱くらい。

私が他に計測したスマホがコチラ↓

※左GalaxyA7、中央ZenFone5Z、右ZenFone7

さすがにハイエンド機種には負けますが、1万~2万円のGalaxyA7よりは10万スコアくらい差もついてます。

正直、15万スコアもあればブラウジングやYou Tube視聴など普段使いなら結構普通に使えるんですが、それよりも10万スコアも高いんでさらに余裕があります。

例えばディスプレイのデカさを活かして、画面上ではブログ閲覧しながら、下の画面ではYou Tubeを再生するとかも可能!

少しくらいはモタツクかなぁ?と思ったんですが、全くカクついたりモタツク事も無くサクサク動きました。

ハイエンドスマホとかでも、このように画面分割で使う事はできるんですが、Redmi Note 9Sはサイズが巨大なので分割しても普通に文字が読めるのがGOOD!

3Dゲームを最高画質で楽しみたい!とかだと性能的に厳しいですが”普通にプレイして楽しむ”くらいなら問題なし。

むしろ、このスペックで満足できないのであれば10万円前後にハイエンド機種に手を出すしかないような・・・

これだけじゃなく、サクサク感に影響する内部メモリも4GBと6GBから選べ、どちらもiPhone以上に性能が高い!

端末名 メモリ
Redmi Note 9S 4GB
6GB
iPhone X 3GB
iPhone11 ‎4GB

よくゲームするなら6GB、ゲームしないなら4GBを選べ!とか言われてますね。

ただ、ぶっちゃけガチでゲームするならメモリ云々以前にハイエンドスマホ使うべきなので、Redmi Note 9Sくらいであれば4GBで十分かと思います。

3,十分にカッコいいデザイン

格安スマホながら質感やデザインも十分カッコEEと思ったのがファーストインプレッション。

私はステラグレーを選んだのですがよくある中華スマホのように辺にギラついて無くてシンプルでとても格安とは言えないクオリティです。

なんでこれが2万円台で買えるのか意味不明すぎるんですが。笑

サイドもちゃんと金属っぽい質感で、イイねっ!

ただ、カメラ部分がボコッと飛び出ているので、ケース無しだとカメラ部分が傷つきそうなのが心配。

なんですが、付属しているケースはちゃんとカメラを保護するようになっているケースなので、これを付けておけ傷つく心配もなさそう。

こんなに安いくせにケースまで付いているとか・・・チート級です。チート級。

表から見てもベゼルレスデザインで上部にベゼルが無いので、凄く先進的なデザインで良いっ!

デザインの好き嫌いはあれど、このデザインで”ダサい”という人はいないんじゃないかと!

4,カメラ性能もそこそこ良し!

カメラ性能もそこそこ良し!そこそこというか、普通に使う分にキレイに写真撮れます。

撮影した日が同じじゃないので、環境が異なるんですが、8万円くらいするZenFone7と比べてみるとこんな感じ↓

Redmi Note 9S

ZenFone7

ぶっちゃけパット見どっちもそれなりに撮れているし、Redmi Note 9Sでも十分な画質かなと思います。

2万円台ですからね?!こんだけ撮れれば十分でしょっ!と思うのですがいかがでしょ?

続いて超広角レンズでも撮影してみました。Redmi Note 9Sは800万画素のレンズなので、画質悪いかなぁ?と思いきや↓

Redmi Note 9S

ZenFone7

800万画素でありながら、超広角もそこそこキレイに撮れている・・・と思うんですがいかがでしょ?

ZenFone7と比べると全体的にやや赤みがかっている印象ではあるものの「汚い!こんな写真じゃ思い出に残せない!」とはならないハズ。笑

ZenFone7の方が自然な色味で確実にキレイなんですが、スマホで撮影する写真なら十分合格点かなぁと。

左のオブジェ的なのを拡大してみると、さすがにZenFone7の方がきれいなディテールを保っていはいます↓

左がZenFone5Z、右がZenFone7

ただ、ズーム撮影に関しては明らかに汚いですね~。Redmi Note 9Sはズームレンズが搭載されていないので、デジタルズームなんですよね。

一方、ZenFone7を始めとするズームレンズを搭載している機種はズームしても結構キレイに撮れます↓

Redmi Note 9Sで撮影↓(望遠2倍)

ZenFone7で撮影↓(望遠3倍)

明らかにズームレンズが搭載されているZenFone7の方が解像度は上。Redmi Note 9Sは2倍ズームしただけでも、「うはっ汚い!」っと感じてしまうほどの画質劣化しますね~。

最大までズームすると災害レベルに画質が劣化します・・・

Redmi Note 9Sで撮影↓(望遠10倍)

ZenFone7で撮影↓(望遠デジタルズーム12倍)

もし、あなたが遠くの被写体をキレイに撮りたいのであれば、Redmi Note 9Sはかなり微妙だと思います(汗)

動物園とかテーマパークでキャラクターを遠くから撮りたいシチュエーションだと、ハイエンド機の方が確実にキレイに撮れます。

続いて暗所の撮影。これに関してもハイエンド機に比べるとかなり劣りますが、、、うーんこの価格ならこんなもんじゃない?という気もします↓

Redmi Note 9Sで撮影(暗所)

ZenFone7で撮影した写真(暗所)

カメラ性能をウリにしているZenFone7と比べるのは流石に酷か・・・

ちなみに実際の明るさはこのくらいの明るさです。笑

iPhone6で撮影した写真↓

iPhone並のナイトモードを求めるのはキツイですが、そこそこ明るい夜景とかならまあまあ撮れるかなと言った具合ですね。

とにかくきれいな写真が撮りたい!とかであれば、不満点はあるかもですが「そこそこきれいな写真ならOK」「旅行先で思い出をパシャっと撮りたい」とかであれば十分な性能かと思います。

作品を撮りたいとか、かなりの暗所で撮りたい人意外は満足できるはず!

※追記 ポートレートモードも試し撮りしてきました。

Redmi Note 9Sで撮影(ポートレート)

 

ZenFone7で撮影した写真(ポートレート)

ZenFone7と比較すると、やや色味が落ち着いている感じがする。

ボケに関してもZenFone7の方が手前ボケがキレイに写ってるような・・・

と言ってもRedmi Note 9Sも十分キレイに撮れているし、よーく見比べればZenFoneの方が良いかな?というレベル。

ただローアングルはZenFone7のフリップカメラがメチャ使いやすいですね。

5,トリプルスロット搭載なので、楽天モバイル×常用SIMなどで使える

えええ!この価格で?!っとビビったのがトリプルスロットに対応しているという点。

簡単に言うとSIMカードを2つ同時に挿すことができるので、1つのスマホで同時に2つの番号を使ったりデータ通信を使ったりできる!ってわけですね。

例えば、私なんかはOCNの最安プラン1GBをメインの電話番号で契約し、もう1つは月に5GBまで使える楽天モバイルのSIMを挿して使ってます。

データ通信を楽天モバイルの方に選択しておいても、メイン回線に着信があればちゃんとメインの番号でも通話できるしコレがかなり便利すぎます。

今なら楽天モバイルは1年無料&解約料も無料なので、OCNの料金1180円だけで1年間は毎月6GB使えるッ!ってわけですね。
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

私のように毎月5GB以内で足りる!という人なら破壊的にコストパフォーマンス高いと言えるはず!

ちなみに楽天モバイル使い倒してますが、今の所特に不満なく使えてます。これで1年無料も意味がわからないほどコスパ良し。
楽天モバイルの致命的な6つのデメリット&メリットを正直に解説します!

7、バッテリー持ちが超良いッ!

バッテリー持ちはかなり良い。本当に良い。超絶良い!

音楽を再生しながら画面表示つけっぱなし(輝度は真ん中)にしていて3時間くらい経過しても17%しか減ってないんですが。笑

100%の状態↓

3時間10分くらいで残り83%↓

更に3時間で残り66%

バッテリー容量が5,020mAhと大容量なんですが、同じ5,000mAhのZenFone7よりも明らかに電池持ちが良いような気がする・・・

もしかするとZenFone7はディスプレイが有機ELな分、バッテリー持ちが劣るのかもしれませんね。

5つのデメリットとは?

1,Uiがなんか使いにくい・・・

なんか初期のUIが凄く使いにくいです(汗)意味不明なほどに。

Androidスマホと言ったら、アプリのドロワー表示が初期のままでも使えるんですが↓

Redmi Note 9Sだは初期のままだと、このアプリ一覧みたいなのが使えません・・・これは本当に意味不明。

とは言え無料で利用できるNOVAランチャーなどをグーグルストアでインストールすれば、普通に使えるようになるのでそこまでデメリットでも無いかも。

2,パンチホールカメラは好みが分かれるかも

しいて言うのであれば、画面上部のインカメラがパンチホール式なので、この点はデザインにコダワル人は好みが分かれそう。

私はパンチホールなぞ使いたくないッ!と思ってたんですが、使ってみるとそんなに気にならないですね。笑

3,デカイ=重い

ディスプレイサイズが6.67インチと巨大なので仕方ないんですが、通常の6インチくらいのスマホに比べると重い。

ただ、私は超ヘビィ級スマホのZenFone7を使っているので、正直「え?Redmi Note 9S」軽っ!っと思ってしまった。

サイズはほぼ一緒なんですけど、ZenFone7は250gくらいでRedmi Note 9は210gなので40gくらい軽いんですよね~。

とは言え、iPhone12など標準的な大きさのスマホは160g前後が多いのでそれと比べたらRedmi Note 9Sもかなり重く感じるのは間違いないかと。

4,スピーカーの音質はイマイチ・・・

スピーカーの音質はイマイチ。そもそもスピーカーがスマホ下部にしか設置されてないので、横向きで動画観ても片方からしか音声が流れないのがちょっと不自然です。

と言っても音が割れまくるとかじゃないし、You Tubeで動画みるとかゲームするくらいなら特に不満は無いかなと思います。

5,お財布ケータイは無し。防水性はそこそこ(らしい)

残念ながらお財布ケータイ機能は無し。防水性能に関しては、多く普及している防水IPXには対応してません。

ただ、独自のP2i防水加工というコーティングがしてあり、多少防水性能はあるみたいなんですが、生活防水(水しぶきが当たっても多少耐えられる)くらいに考えた方が良さそう。



【結論】この価格でこのスペックはバケモノ級のコスパでしょ!

このスペックでこの価格は狂ってます(褒め言葉)1~2万円台ですぜ?!コレ。

私のようにスマホでゲームなどほぼしない人であれば、ほぼ間違いなく満足できるハズ。

カメラ性能もそこそこキレイに撮れるし、モッサリ感もなし。むしろ弱点を探すほうが難しいです。笑

これで4万円とかだったら、ちょっとキツイですが1,2万円でコレはチート級のコスパでしょ!

更に言うと楽天モバイルの1年無料使い放題と組み合わせれば、あなたが普段使っているSIMとは別に毎月5GB以上データ通信もできちゃいます。

※Redmi Note 9Sは楽天モバイルに正式対応

もし、あなたが大きいスマホを探していて「ゲームやカメラはそこそこ使うくらい」であれば、間違いなく検討するべきスマホだっ!っと言うのが私の結論です。

Redmi Note9Sが9200円!OCNモバイルでの現在の価格やキャンペーン詳細はコチラ!




格安スマホを検討している人にオススメな記事5選!
楽天モバイルで”ほぼタダ同然”で購入できるGalaxyの使用感は?
どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓
Rakuten UN-LIMITの低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事