【2020】RAVPowerのオススメ小型急速充電器10選!あなた向きはコレ!

最近いろんなメーカーからいろんな規格の充電器出過ぎぃ!

っという事で、今回は最近ジワジワと人気を集めつつある『RAVPower』の小型充電器の違いと選び方。

本当にあなたに合った充電器はどれなのか?!解説してきます。

充電器といえばAnker!みたいな風潮になりつつありますが、『RAVPower』の方が小型化という点においては実は勝っていたりします。


コスパ最高の急速USB充電器を探しているあなたへ・・・
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で3ヶ月使い放題キャンペーン中↓

もし、あなたがUSB急速充電器を探しているなら絶対に以下の記事だけでも見て欲しいです↓
結局どれが買い?窒化ガリウムUSB充電器のおすすめ13種と選び方を解説!

【2020年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?

【2020】RAVPowerのオススメ小型急速充電器5選!あなた向きはコレ!

【急速充電器vsApple純正】iPhone充電速度を検証!2倍近く爆速でした…

超分かりにくいAnkerの充電器の違いと選び方を解説しているので、絶対に参考になるはずっ!

あなたが充電したい端末は?

まずは充電器選びの前にぜっったいにチェックしておけなければいけないのが「あなたは何を充電したいのか?!」という点です。

いくら出力が高い60Wなどの充電器を購入しても、スマホやタブレットはせいぜい10W~30W以下までしか給電されません(汗)

出力が高くなれば高くなるほど、価格もサイズも大きくなる傾向にあるのでスマホやタブレットしか充電しない人は60W充電器を持っていてもムダになる!ってわけですね。

超簡単ですが、用途別の出力の選び方を書いてみたので、あなたが充電器選びに迷っていればぜひ参考にしてみてほしいです。

給電能力W数選び方目安
別に高速充電出来なくても良い⇛5W
スマホ、タブレットだけ充電したい⇛18W
MacBook Air等ミドルスペックPC充電も充電したい⇛30W~
MacBook Pro等ハイエンドノートPCみ充電したい⇛60W~
っというわけで、『RAVPower』の小型充電器を比較&オススメを解説!

30W以下(スマホやタブレットしか充電しない人向き)

1,RP-UC11 (2ポート 24W)

製品名 RP-UC11
最大充電W数 最大24W(12W+12W)
対応機種 iPhone11 / iPhone11Pro / iPhone11ProMax等
重量 約83g

2ポートついていながら、各ポート12Wまでの高速給電に対応しているのがこの充電器。

83gなので最近の小型充電器よりはやや重め・・・

ではあるものの、1500円前後とかなりリーズナブルな価格なので、スマホくらいしか充電しない!という人ならアリ!

ただし!気をつけなければいけないのが、最大24Wっと書かれていはいますが、各ポートは12Wしか出ないってところ。

スマホの高速充電は10W~15Wくらいのものが多いので、これでも十分高速充電できるのですが、タブレット等はちょっと給電能力不足。(iPadPro11の純正でも15Wくらい)

スマホしか充電しない!という人向け。

RP-UC11 (2ポート 24W)の現在の価格はコチラ!

2,RP-PC026 (4ポート/40W)

製品名 RP-PC026
最大充電W数 最大40W(12W+12W+12W+12W)
対応機種 iPhone11 / iPhone11Pro / iPhone11ProMax等
重量 約123g
上記のポートが2つ増加して合計4ポート。最大40Wまでになっている上位版的な充電器。
ただし!やはり各ポートは12Wまでとタブレット等を充電するにはやや給電能力不足。
もちろん充電出来ないことは無いのですが、高速充電したい!という人はもう少し出力が多いものを選ぶべきです。
正直なところ、今後はもっと高W数に対応したスマホやタブレットが出てくると思われるので、今から購入するのはちょっと微妙な気が・・・

3,RP-PC121 (2ポート 17W アダプター)

製品名 RP-PC121
最大充電W数 最大17W(12W+5W)
対応機種 iPhone11 / iPhone11Pro / iPhone11ProMax等
重量 約63g

2ポートのモデルを更に軽量化したモデルがコレ。ぬぁんと!たったの63g前後!

カルビーのピザポテトが1袋63g。それと同等レベルの重さしか無いってことになります。笑

ただ、軽量化には成功しているものの、最大17Wまでに減ってしまっているので、あなたが「同時に2台のスマホを高速充電したい!」というならオススメ出来ません・・・

基本は1台しか充電しないけど、たま~に2台充電するかな?という人ならアリですが、常に2台充電する人は間違いなく『RP-UC11』がオススメ。

⇛RP-PC121 (2ポート 17W アダプター)の現在の価格はコチラ!

4,RP-PC094 (3ポート 30W)

製品名 RP-PC094
最大充電W数 最大30W (12W+12W+12W)
対応機種 iPhone11 / iPhone11Pro / iPhone11ProMax等
重量 約90g

現時点では30W以下の出力の充電器では最上位版とも言えるのがこのモデル。

3ポートまで増えていて、尚且各ポート12Wまで出力できるのでスマホくらいなら問題なく高速充電できる充電器なのが特徴。

ポート数が増えている分、90g前後とやや重くはなっているものの『P-PC121 (2ポート 17W アダプター)』と比較しても30gくらいしか変わらないので、そんなに激重でも無いですね。

持ち運べ無いわけでもないし同時に3つ急速充電できるので、スマホ用途なら私だったらコレを買うかな。

⇛RP-PC094 (3ポート 30W)現在の価格はコチラ!



30Wの充電器(ミドルスペックPCも充電したい人向き)

1,RP-PC104 (45W/PD対応/超薄デザイン)

製品名 RP-PC104
受電W数 45W
対応機種 MacBook / MacBook Air (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約82g

最近流行りの”窒化ガリウム”を採用したことで超薄型を実現しつつ45Wもの高出力を実現しているモデルがコレ。

45WなのでMacBook Proクラスを充電するにはややパワー不足ですが、MacBookAirクラスのミドルスペックPCなら十分充電できるモデルですね。

一応、MacBook Pro13インチなら充電できるというレビューもありますが、やはり純正の充電器よりも充電速度は遅いみたい。(純正充電器は61W出力)

Macbook Pro 13インチで使っています。30Wなので充電は遅くなりますが、十分使えています。
引用:Amazon

恐らくスリープ状態やあまりCPUが稼働していない状態なら、ジワジワ充電できるのだろうけど、動画編集など重めの作業をしながらだとジリジリバッテリーが減っていくと思われます。

作業中にジワジワバッテリーが減る可能性があるなんてストレスでしかないので、やはりMacBook AirくらいのPC向きですね。

ただ薄型なのは素晴らしいんですが、Ankerの薄型充電器の方が更に薄い、軽い、安い!を実現しているので、私だったらAnker製のものを買うかな。

⇛【レビュー】Anker PowerPort Atom III Slimの4つの長所&短所とは?

現時点で2000円くらいAnkerの方が安いので、コスパ重視なら間違いなくAnkerSlim一択です。

RP-PC104 (45W/PD対応/超薄デザイン)現在の価格はコチラ!

2,RP-PC120 (30W 最小クラス PD対応)

製品名 RP-PC120
受電W数 30W
対応機種 MacBook / MacBook Air (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約60g
RAVPower大本命!とも言えるのがコレ!っというのも窒化ガリウムを採用してるのは一緒なのですが、世界最小クラスの小型化に成功しているんです。
重さに関してはぬぁんと!たったの60g!卵一個分くらいの重さしかありません。笑
にも関わらず、MacBookAirクラスなら十分給電できる30W出力を確保!
もし、あなたが「できるだけ小型のノートPC用充電器が欲しい!」っと言うならこれ選んでおけば間違いないです。

60W~充電器(ハイエンドPC充電も充電したい人向き)

1,RAVPower 61W(RP-PC112)

製品名 RAVPower 61W(RP-PC112)
最大充電W数 61W
対応機種 MacBook /MacBook Pro 15インチ (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約105g
こちらもRAVPower本命機種とも言える充電器。
っというのも現時点では60Wクラスの充電器としては、世界最小最軽量クラス。
ライバルメーカーとも言えるAnkerの60W充電器『Anker PowerPort Atom III 60W』でさえ、132gもあります。
にも関わらず、本機種は105g!60Wクラスの小型充電器を探しているなら、間違いなくコレです。
私も物欲に負けて、実際に購入してみたのですが、、、ホントーに軽いし「本当にこの大きさでMacBook Pro充電できるのか!」ってくらい小さかったです。笑
窒化ガリウムを採用して、世界最軽量ということもあってやや価格は高価。
それでもMacBook Pro純正充電器よりは、全然安いので予備用や軽量化目的で買うならコスパ最高かと思います。

2,RAVPower 61W(RP-PC105)

(RP-PC105)

製品名 RAVPower 61W(RP-PC105)
最大充電W数 60W(2ポート使用時は45W+12W)
対応機種 MacBook /MacBook Pro 15インチ (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約151g

上記の60Wモデルの上位版的な充電器がコレ。

USB-Cポートに加えて、USB-Aのポートが追加されているので、MacBook等のノートPCを充電しながら、スマホを高速充電できるのが最高のメリットっ!

ただーし!2ポート同時に使用すると、45Wまで給電能力が落ちてしまうのがデメリット。

MacBook ProクラスのPCを”使いながら”給電するとジワジワバッテリーが減っていく可能性が高いです(汗)

なので、基本的に作業中はノートPCのみ使い、バッテリーに余裕があるならスマホも同時に充電すると言った使い方が◎

ポートが2つあるので、外出用でも家用でも使えるのが良いですね。
1ポートの『RP-PC112』と比べても50gくらいしか変わらないので、どちらかと言えばコチラの方がオススメ。
サイズ的にも一回り大きいは大きいですが、これでも十分ミニサイズですし。
価格に関しても1ポートのものと比較しても数百円しか変わらないので、RAVPowerで最もコスパが良いのは実はコレ!っと当ブログでは叫ばせていただきたいです。

3,RAVPower RP-PC133

製品名 RAVPower RP-PC133
最大充電W数 65W

2ポート使用時
USB-Cポートの出力が45W以上なら、60Wと5W

USB-Cポートの出力が45W以下なら、45Wと18W

対応機種 MacBook Pro、iPhone 11 / 11Pro / XS等ほぼ全てのスマホ
重量 約120g

上記の(RP-PC105)の完全上位互換版と言えるのがコレ。

RP-PC105の場合は2ポート使用時に、合計最大出力が45Wまで落ちてしまうのがネックだったんですよね。

しかぁし!こちらは2ポート使用時でも合計出力が63W~っと同時充電時の出力がよりハイパワーに。

更に重さも30g前後軽くなっていると、全ての面でRP-PC105より優れています。

価格に関しては今の所500円前後こちらの方が高め。ではあるんですが、新しいモデルだしこのくらいの価格差だったら絶対にコッチが買い。

もし、あなたが「13インチのノートPCとスマホを同時に充電したい」「出張など多いので良く充電器を外に持ち出す」

というなら、黙ってコレを買えばOK!

っと言って言い切っていいほど、現時点では最強クラスのスペックを誇る充電器です。笑

RAVPower RP-PC133の現在の価格&詳細はコチラ!

4,RAVPower RP-PC128

製品名 RP-PC128
最大充電W数 90W 2ポート使用時(45W+45W)
対応機種 ほぼ全てのスマホとノートPC
MacBook Pro、iPhone 11 / 11Pro / XS等
重量 約195g

たった190gくらいで90W出力というバケモノクラスの充電器がコレ。MacBook Pro15インチの充電器でも85W300gなのにそれを軽く凌駕しちゃっています。笑

しかも、2ポート搭載しているのでノートPCを充電しながらスマホを爆速で充電することも可能。

それどころか2台同時にノートPCを充電できちゃうくらいハイパワーです。笑

それでいて、MacBook Pro充電器よりも3000円くらい安いなんて、、、RAVPowerの充電器はバケモノかっ!

もし、あなたが15インチなどのハイスペックノートPCを使用している、使用予定があるならコレ一択。

詳細なレビューはコチラ↓
どんな人向き?RAVPower RP-PC128を本音レビュー!4つの長所&短所はコレだ!

【結論】結局どれが買い?私があなたにオススメするのはコレ!

結局どれが良いのか?!分からないかもしれないので、独断と偏見で私がオススメの充電器をチョイス。
もし、私が『RAVPower』の携帯充電器を買うならこんな感じ↓
私が買うならコレ!

スマホやタブレットくらいしか充電しない人RP-UC11 (2ポート 24W)

MacBook Air等のミドルPCも充電したい人RP-PC120

MacBook Pro等ハイエンドノートPCも充電したい人RP-PC133

MacBook Pro15インチ等ハイエンドノートPCを爆速で充電したい人RP-PC128

スマホやタブレットを充電する人だったら、RP-UC11 (2ポート 24W)で十分ですね。

価格的にも1500円以下ですし、12Wまでしか無いのだったら3つもポートは要らないかなぁ・・・

3ポート以上あるのだったら30W~は欲しい所。

続いて30Wクラスの充電器ですが、これは間違いなく世界最小クラスの『RP-PC120』でしょう。

最後の60Wモデルが一番むずかしいのですが、これはあなたが軽量化を重視するか?汎用性を重視するか?で変わってきます。

が!執筆時点では、2ポート&USB-Aも搭載しているRP-PC133の方が個人的にはオススメ。

このサイズ感でノートPCもスマホを同時に充電出来るのはどう考えても神すぎる。

ただ、あなたが15インチのノートPCを使っていたり、「ノートPCを充電しながらスマホも最高速度で充電したい!」

っと言うなら、RP-PC128一択。

この中では200g弱とやや重めではあるんですが、ぶっちゃけカバンに入れちゃえば、そこまで体感差はないです。

更に!普通に買うと1000円ぐらいする、USB-Cケーブルも付属しているので意外にもコスパは最強クラスだったりします。
【購入レビュー】RAVPower 90W充電器はコスパ最強でした!3つの理由はコレ!

っというわけでもし、あなたが『RAVPower』の小型充電器選びに迷っていたら参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

結局どれが買い?窒化ガリウムUSB充電器のおすすめ13種と選び方を解説!

USB急速充電器オススメ記事4選はコチラ↓
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事