【購入レビュー】PS5は本当に買い?プレイして分かった5つの長所&短所を正直に書きます!

キターーー!PS5の抽選に奇跡的当選したので、遊んでみて分かった5つの長所&短所をレビューしていきたいと思います。

購入した直後はうおっしゃあ!っと興奮してたんですが、冷静に考えると短所的な面もありました。

ここでは正直に良いところ、悪いところをレビューしてみようと思います。

後述しますが、一番残念なのはPS4のゲームは爆速ロードにならないかも・・・って点です(涙)

PS5基本スペック

プレイステーション 基本5スペック
CPU x86-64-AMD Ryzen™ "Zen 2" 8コア / 16 スレッド
CPU周波数 最大 3.5GHz まで可変
GPU AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine
GPU周波数 最大 2.23GHz まで可変(10.3 TFLOPS)
システムメモリ GDDR6 16GB バンド幅:448GB/s
SSD 825GB 読み込み速度:5.5GB/s(Raw)
PS5 ゲームディスク Ultra HD Blu-ray™(100GBまで)
映像出力 4K 120Hz TV、 8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による)
オーディオ "Tempest" 3Dオーディオ技術
重さ 4.5kg

PlayStation5の現在の在庫&価格はコチラ!

箱化からしてデカイっ!PS4の外箱を遥かに凌駕する大きさです。そして重い(汗)

近所のツタヤで当選したのですが、歩いて持ち帰ったら腕が千切れそうになりました。笑

PS5本体だけでも4.5kgくらいあるので、コントローラーなど入れたら余裕で5kg超えていると思われます。

そしてやっぱり本体デカイ!!「デカ!」っと10回くらいは呟いてしまうほどにデカイ。コンパクトなPCくらい大きさがあるような・・・

PS4が子供のように見える。PS4Proも購入した当初は「デカッ!」っと思ったんだけど次元が違いました。笑

付属品はPS5用の土台、HDMIケーブル、USB-Cケーブル、充電ケーブルとコントローラー

コントローラーもPS4と比べるとちょっとデカイ。

ただ、そんなにデカ重って感じはしないですね。プレイしてて重くて嫌になる感じではないです。

っと開封の儀はこのくらいにしておき、遊んでみて分かった5つの長所と短所を語っていこうと思います!

【PS5 vs PS4 Pro】ロード時間や画質は変わる?3つの検証結果はコチラ!

PS5で遊んで感じた5つの長所とは?

1,画質がキレイキレイキレイっ!!

もうね。圧倒的に画質がキレイです。キレイすぎます。そんなの分かってるわ!っと言われそうですが、やっぱりメッっっちゃキレイです。笑

鎧の質感や模様など「一体誰がこんな細かいところまで見るの?!」と思うほどスンゴイ細かいところまで描写されてます。

適当にスクショ撮っても、それなりにカッコよくなります。笑

歯の質感とか頭のメッキみたいのが剥がれているような質感凄くないですか?

「PS5をプレイするまではPS4で十分じゃない?」っと思ってましたが、PS5のグラに慣れるとPS4のソフトはどうしてものっぺりした印象に感じちゃいます。

グラフィックが綺麗なのはもちろんなんですが、空気感、光の表現とにかくスンゲェぇぇキレイです。

そして、もう1つはフレームレートですね。PS4のソフトは殆ど30fpsでフレームレートが高いソフトでも40~50fpsくらいが多いです。

が、PS5は専用ソフトでも60fpsが殆どみたい。画面がヌルッヌル動いてグラフィックもメチャ綺麗なので、マップを探索しているだけでもなんか楽しいです。

2,PS5専用ソフトは爆速ロードで遊べる

よくPS5は爆速ロード!っと言われているんですが、PS4(HDD)と比べると100倍読み込み速度が速いみたい。

確かにデモンズソウルをプレイして、YOU DEADになっても即復帰するし、マップを切り替えても5秒くらいで切り替わるくらいには速い。

デモンズソウルのような死にゲーなんかはロード時間がかなり多いので、これはかなり嬉しいポイント。

ただし!詳しくは短所の項目で記載しますが、PS4Pro SSDと比較すると微妙にPS5の方が遅いっぽいんですよね(汗)

もしかすると最適化の問題などあるのかも。

3,PS4のソフトでも画質向上やフレームレート安定が期待できる!

全てのタイトルが対応しているか?は分からないんですが、モンスターハンターをPS5でプレイしてみると、明らかにフレームレートが向上してました。

モンスターハンターではPS4Proでプレイすると、フレームレート優先、画質優先、グラフィック優先の設定が選べます。

フレームレート優先だと40~50fpsくらい体感で出るんですが、マルチなどで処理が重い時は30fpsくらいに落ちる時もあったんですよね。

そして、グラフィック優先にすると30fpsくらいで結構カクカク感じます・・・

しかぁし!PS5でプレイするとグラフィック優先だろうが、解像度優先だろうが常に60fpsくらい出てます。

常にヌッルヌルです。笑

モンハンだけじゃなく、他のタイトルでも画質向上は期待できるタイトルはあるみたいですね↓

全てのタイトルが画質向上するのか?はまだ分からないんですが、モンハンの場合明らかにPS4Proより快適にプレイできました。

PS5でモンハンアイスボーンは快適になる?プレイして分かった5つの事実を解説!

※レッド・デッド・リデンプション2をプレイしてみたところ、このゲームは30fpsが上限みたいです。

4,PlayStation+コレクションでPS4の大型タイトルが遊べる!

これ。知らなかったのでビビりました。PlayStation+に加入している人はPS4のビッグタイトルが遊べるPlayStation+コレクションが利用できちゃいます。

今のところプレイできるのは以下のタイトル↓

PlayStation+コレクション
God of war
Bloodborne
モンスターハンター:ワールド
FF15
Fallout4
モータルコンバット10
アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝
ラチェット&クランク
Days Gone
Until Dawn
デトロイト
バトルフィールド1
インファマス:セカンドサン
バットマン:アーカム・ナイト
人喰いの大鷲トリコ
The Last of Us Remastered
ペルソナ5
バイオハザード7

※あくまで執筆時点なのでタイトル変更する可能性はあります。

PlayStation+に加入さえしていれば、追加料金など不要で18タイトルが遊べちゃうのは凄くないですか?

最初有料サービスかと思ったんですが、無料でDLできちゃってビビりました。笑

5,コントローラーのDualSense (デュアルセンス)が想像以上に

これも想像以上でした。コントローラーの振動がパワーアップしている!っとは聞いていたんですが、正直「ちょっと振動が細かくなったりしているだけじゃない?」っと思ってたんです。

が!実際にプレイしてみるとPS4のコントローラーとはぜんっぜん違いました。

例えば、デモンズソウルの場合剣で敵を攻撃すると、本当に金属で敵を殴っているかのような触感というか感覚が凄い感じられます。

あんまり期待してなかったんですが、コントローラーの性能の違いで、PCゲーやPS4に戻れなくなるかもってくらいに凄いです。

コントローラーの振動だけでまさかココまでゲーム体験が変わるとは・・・



遊んで分かった5つのデメリットとは?

続いて残念なポイント。ぶっちゃけ、良いところは他の雑誌やレビュワーが書いてるのです。

が、残念なポイントはあまり語られないので正直に書き綴っていこうと思います。

1,デカイ、デカイッデカイ!

やっぱりね・・・デカイです。笑 PS4Proを置いてた場所に同じようにおくのはちょっと難しそう。

縦置きなら場所をあんまり取らないけど、倒れたときがちょっと怖いしなぁ・・・

もし、あなたが今後PS5を購入検討するなら、置き場所は必ず確保しておいたほうが良いです。

デスクトップPCまではいかないですが、ミニサイズのデスクトップPCよりちょい小さいくらいのサイズなので(汗)

2,PS4のソフトは爆速ロードにならない(?)

PS4よりも100倍ロード時間が速い!っと言われてたので、PS4Pro(SSD)⇛(PS5)も爆速になるのか?!っと期待したんですが・・・

残念ながら私が検証した限りでは、SSD内蔵のPS4ProとPS5とではロード時間は対して変わりませんでした。

モンハンの場合はむしろPS5の方が数秒遅い結果に(汗)

うーん、、、全てのPS4タイトルがこうなるとは限りませんが、PS4の方がうまく最適化されてるのかもしれませんね。

もしかすると、今後PS4タイトルがPS5の爆速ロードに対応するかもですが、現時点ではSSD内蔵PS4Proとはほぼ差がないというのは間違いなさそう。

※追記 モンスターハンター以外のゲームでもアレコレロード時間を比較してみました!

3,PS5のソフトがまだ少なすぎる

これはあくまでも執筆時点だし、販売直後なので仕方ないのですがPS5タイトルはまだかなり少ないです。

PS5ローンチタイトル
アストロプレイルーム
デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション
デモンズソウル
スパイダーマン: マイルズ・モラレス
リビッツ!ビッグ・アドベンチャー
NBA 2K21
Godfall(ゴッドフォール)
アサシン クリード ヴァルハラ
フォートナイト
ノーマンズスカイ
Bugsnax
The Pathless
Warhammer Chaosbane Slayer Edition
ウォッチドッグス レギオン
オーバークック 王国のフルコース
グーニャファイター ぷるぷる触感エディション
Dead by Daylight
Planet Coaster
ボーダーランズ3

ローンチタイトルと言ってもPS4版のアップグレードが殆どだし、PS5専用ソフトって実はあんまり無いんですよね(汗)

どうしてもこの中でやりたいゲームがある!っというのであれば、即購入するのもアリだけど正直まだタイトルは少なすぎます。

ちなみに私はデモンズソウルがやりたくて購入したんですが、難しすぎて心が折れそうです・・・

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

PS3版はクリアしたんだけど、こんなに難しかったっけ。

4,SSDが825GBのみ。拡張はできるが、現時点では曖昧。

なぜか、、、なぜかストレージ容量が1TBじゃなく825GBと微妙に減っています。

しかも、実際にゲームデータに使えるのは670GB弱しかないんですよね。

更にPS5専用タイトルは内蔵SSDのみでしかゲームが起動できないので、複数のゲームを同時にたくさんやる!って人は間違いなく容量が足りなくなりそうな予感。

PS4の場合は外部ストレージにゲームを保存してプレイすることも可能だったんですが、PS5の専用タイトルは内蔵SSDのみ。

今後たくさんゲームタイトルが出た場合は、少しずつやらなくなったゲームを消したりする必要がありそう。

ただ、PS5でもPS4のタイトルであれば、外部ストレージに接続してプレイすることが可能みたい。

なので、容量が多くなったらPS4のゲームは外部ストレージに移行し、内蔵SSDはPS5タイトル専用のストレージにするのが良さそう。

5,ストレージ拡張はできるが、現時点では曖昧。

一応、今後ストレージ拡張について発表があるみたいで、ストレージ拡張自体今後のアップデートで対応予定。

ただ、SSDの条件が以下のSSDのみが対応なんですよね。

・PCIe 4.0
・5.5GB/sより高速
・M.2 SSD

一体いくらぐらいするの?っと思ってAmazon調べてみたんですが、そもそもこのスペックを満たすSSDって殆ど無いです(汗)

PCIe 4.0、M.2 SSDはあるんですが、5.5GB/sより高速なSSDってところで殆どのSSDが引っかかります。

私が見かけた限り、以下のサムスン製のSSDは条件に合っているっぽいですが容量が500GBで15,980円とかなり高い・・・

1TB版もあるんですが2万5千円とメチャ高いですし。今後SSDが安くなるまでは複数のゲームを同時にやるのは難しそうな予感。

【結論】明らかにPS4Proよりパワーアップしていました。

PS4ソフトのロード時間は爆速にならなかったのが残念・・・

ただ、フレームレートは明らかに安定しているので、PS4のゲームをやっててPS4Proでもフレームレートが安定しない!っという人であればPS5を買う価値はありそうです。

あとはPS5の在庫が安定すれば良いんだけどなぁ。

いくらPS5の性能が良くったってPS4のフレンドがPS5をゲット出来なければ一緒に遊ぶことも出来ないので、速く在庫が安定してほしいところ。

Amazonや楽天なんかではいきなり在庫が復活したりすることもあるみたいです。先日も一瞬在庫が復活して、一瞬で無くなったそうな。
PlayStation5の現在の在庫&価格はコチラ!

※その後また在庫が復活してたので、試しに購入してみたら普通に買えてしまいました。タイミング次第では買えるのかも?

ちなみにPS5は家族が欲しがってたので定価で譲ろうと思います。

PS5でモンハンアイスボーンは快適になる?プレイして分かった5つの事実を解説!

その他のソフトの検証結果等はコチラ↓

【PS5 vs PS4 Pro】ロード時間や画質は変わる?3つの検証結果はコチラ!




おすすめの記事