AUKEYの充電器は化け物か!?PA-Y12本音レビュー!3つの長所&短所を解説します。

今回はAUKEYさんが販売している、AUKEYさんのUSB-C充電器『PA-Y12』を全力でレビュー!

正直言ってね。USB-C搭載の充電器のなかじゃあ、最強クラスのスペックです。笑

充電器というとAnkerさんが有名ではありますが、正直Ankerさんの充電器より断然コッチの方が性能、スペックは上です。

ただ、短所が無いことも無いので充電器を買いまくっている私がPA-Y12の長所&短所を正直に解説していきます。


コスパ最高の急速USB充電器を探しているあなたへ・・・

もし、あなたがUSB急速充電器を探しているなら絶対に以下の記事だけでも見て欲しいです↓
結局どれが買い?窒化ガリウムUSB充電器のおすすめ13種と選び方を解説!

【2020年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?

【2020】RAVPowerのオススメ小型急速充電器5選!あなた向きはコレ!

【急速充電器vsApple純正】iPhone充電速度を検証!2倍近く爆速でした…

超分かりにくいAnkerの充電器の違いと選び方を解説しているので、絶対に参考になるはずっ!

AUKEY PA-Y12

製品名 AUKEY PA-Y12
最大充電W数 総電力72W USB-Cポート60W+USB-A12W
対応機種 MacBook Pro、iPhone 11 / 11Pro / XS等ほぼ全てのスマホ
重量 約218g

⇛PA-Y12の現在の価格&詳細はコチラ!

3つのメリットとは?

1、総電力72W

なんと言っても、最高の長所がコレ。総電力72Wっっ!

現時点でAnkerやらAUKEYさんやらの充電器は20個以上見てきてますが、ここまで化け物みたいなスペックの充電器は他に無いです。笑

最高でも60Wが殆どで、2ポート同時に充電すると45W+15Wみたいに、片方の出力が落ちてしまうことが殆どなんですよ。

しかぁし!PA-Y12は60WでノートPCを充電しつつも、USB-Aの方で12Wで充電出来るので、同時に高速充電が出来ちゃいます。

ここまでコンパクトサイズで、高出力の充電器ってありそうで無いんですよね。

2、MacBook ProクラスのノートPCも充電出来る!

USB-CのPD充電に対応してるので、最低でも60W~必要なMacBookProクラスのハイエンドノートPCも余裕で充電出来ちゃいます。

執筆時点ではありますが、MacBookPro61Wの純正充電器なんて、6800円(税別)もしますからね(汗)1ポートしか無いのに。

MacBookPro純正の充電器よりもぶっちぎりで安価なのに、高速充電できるのは最高すぎる。

3、2ポート同時使用でも、高速充電できる!

上でも書きましたが、殆どの充電器って片方のポートで充電している時”のみ”60W出力出来る事が殆どなんです。

同じくAUKEYさんの超軽量充電器『AUKEY PA-D5』とかも、片方利用時は最大63W出力ですが、同時に2ポート使うと18W+45Wっと最大60Wまで出力できなくなります(汗)

しかぁぁし!今回のPA-Y12は72Wという化け物みたいなスペックなので、ノートPCを高速充電しつつ、スマホも高速充電出来ちゃいます。

USB-A側は最大12Wなので、新しめのスマホだと最高速度では充電できませんが、通常の充電器(5W)よりは高速で充電きちゃいます。

流石に3つのポートを使うと、低速になる可能性が高いですけどね・・・

ここまでのまとめ
・総出力72WなのでMacBookProでも充電出来る!
・USB-CとUSB-Aを同時使用でも、高速充電出来るっ!
・MacBookPro純正充電器(61W)よりも安いっ!



3つのデメリットとは?

1,ちょい高め。

殆どのノートPCの純正充電器よりは全然安いですが、USB-C充電器の中ではやや高め。

私が執筆している時点だと5000円弱くらいですね。たまーにクーポンとかバラ撒いている時もあるので、ちょっと安くなる時もありますが。

純正充電器を買うよりは圧倒的に安いですが、コスパ重視!っとうなら、もうちょい安めの充電器を選ぶのもアリかも↓
まだ買うな!ノートPCにも使えるUSB急速充電器13選はこれだ!

ポート数は減りますが、3000円台の充電器なんかもあるので、「3つもポートは使わないわ!」という人はここまで高スペックじゃなくて良いかも。

2,USB-Cポートが1つのみ

今後はUSB-A端子がどんどん淘汰され、USB-C端子に移行していくのは確実です。

私もスマホ、ノートPC、モバイルバッテリー、iPadは全てUSB-C端子です。

まだまだ、USB-Aを使っているデバイスも多いんですが、できればUSB-C端子を2つくらい用意してくれた方が嬉しいかなぁ・・・

合計出力は落ちますが、USB-Cを2ポート搭載しているモデルも出ているので、個人的にはコッチの方が良いかな↓
AUKEY PA-D5の現在の価格や詳細はコチラ!

【レビュー】AUKEY PA-D5は買い?3つのメリット&デメリットを解説!

もし、あなたが今後新しいスマホやら端末を買う予定があるなら、USB-Cが多めの充電器を選んだ方が良いかも。

3、重い、デカイ、巨大

最もデメリットと言えるのがコレ。実はMacBookPro61Wの純正充電器よりも、やや大きめのサイズで重量もコッチの方が重いんです。

MacBookPro61Wの純正充電器が大体190gなので、コチラの方が20~30g重いって感じ。

あんまり変わらないだろ!っと思うかもしれませんが、MacBookProの充電器自体が元々巨大なので、あんまり持ち運びに適しているってわけじゃないんですよね(汗)

最近は100gくらいでMacBookPro61Wと同等クラスの充電器もありますので↓
RAVPower 61W(RP-PC112)の現在価格や詳細はコチラ!

【まだ買うな!】RAVPower 61W(RP-PC112)を購入レビュー!4つの良い点&悪い点とは?

まあ、ポートが3つもあるし72Wもの化け物出力なので、トレードオフって感じですがあなたが「持ち運び用に充電器が欲しい!」っというなら、もっと軽量の充電器を選んだ方が幸せになれるかと。

最近は窒化ガリウムという、小型軽量化している充電器が増えているので、持ち運ぶ機会が多いなら窒化ガリウム充電器がオススメ↓
【窒化ガリウムUSB充電器】目的別のおすすめ13種と選び方を解説!

ここまでのまとめ
・USB-C充電器の中ではちょっと高め。
・USB-Cポートは1つしか無い。
・MacBookPro純正よりも巨大なので、持ち運びには適さない。

【結論】スペックは化け物だが、据え置き用か。

最大充電W数が72Wなのはどう考えても化け物!なんですが全ての人にオススメ!ってわけでも無いです。

最後に購入を検討するべき!な人を独断と偏見でまとめるとこんな感じ↓

・どうしてもUSB-CとUSB-Aで同時に高速充電したい
・外に持っていく機会はあまり無い
・MacBookProなどのハイエンドノートPCを使っている
・ノートPCの予備の充電器が欲しい
充電スペックに関して言えば最強クラスではありますが、最近の窒化ガリウムを使った軽量モデルの充電器よりは重めなのがちょっと気になるかな・・・
もし、あなたが「出張や外でノートPCを使う機会が多い!」っというなら、もっと軽量のモデルの方がオススメ↓
【窒化ガリウムUSB充電器】目的別のおすすめ13種と選び方を解説!
逆に外に持っていく機会はそこまで多くないなら、『PA-Y12』はアリ!ですね。ここまでスペックが高く、5000円切っている充電器なんてあんまりないので。笑
っというわけでUSB-C充電器選びに迷っているぜ!って人は参考1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m
USB急速充電器オススメ記事4選はコチラ↓
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事