まだ買うな!ノートPCにも使えるUSB急速充電器14選はこれだ!

最近はノートPCもUSB-C端子で充電できる端末がめっちゃ増えてきました。

純正充電器以外の充電器の方が軽くて安いので、ぜっったいに純正以外の充電器を買うべき!っというのが私の意見です。

ほんとに比べ物にならないほど、激軽なので外に持ち出す機会がある人は今すぐにでも買ったほうがいいレベル。

ただし!間違った充電器を買ってしまうと、ちゃんと充電できない可能性もあるんです(汗)

っというわけで、あなたが「買って失敗したぁ!」っとならないよう、ノートPCに合わせた急速充電器を全力で解説したいと思います!


コスパ最高の急速USB充電器を探しているあなたへ・・・

もし、あなたがUSB急速充電器を探しているなら絶対に以下の記事だけでも見て欲しいです↓
結局どれが買い?窒化ガリウムUSB充電器のおすすめ13種と選び方を解説!

【2020年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?

【2020】RAVPowerのオススメ小型急速充電器5選!あなた向きはコレ!

【急速充電器vsApple純正】iPhone充電速度を検証!2倍近く爆速でした…

超分かりにくいAnkerの充電器の違いと選び方を解説しているので、絶対に参考になるはずっ!

まだ買うな!充電器を購入前あなたがするべきこと。

急速充電器を購入する前にぜっったいに、確認しておくべきなのが、あなたが使っているノートPCの純正充電器はどのくらいのW数なのか?!です。

いくら、ネットでコレ良いッ!っと紹介されている充電器でも、あなたのPCだと給電能力不足の可能性もあるんです(汗)

私が使っているPCは純正充電器が65Wのもの。

このPCに最大30Wの充電器で繋いでました↓

大体30分後にチェックして見ると、全くバッテリーは回復していません(汗)

電源OFFにしていれば、ジワジワ充電されますが純正よりおっそいし、作業しながらだとジワジワバッテリー減ったりするので、やはり60Wは欲しい所。

このように使っているPCと充電器の給電能力があっていないと、十分に充電できない可能性があるので超注意です。

「使っているPC名+純正充電器」などで検索すれば、大体純正充電器のW数が調べられるはず!

充電器を購入する前にぜっったいに、調べましょう!

30W出力のUSB急速充電器(MacBook Air等)

1,Anker PowerPort Atom PD 1

製品名 Anker PowerPort Atom PD 1
受電W数 30W
対応機種 MacBook / MacBook Air (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約53g

みんな大好きAnkerの30W充電器。窒化ガリウムを採用しているので、軽量&小型化に成功している充電器です。

MacBookAirクラスのノートPCなら十分に充電できるほど、ハイパワー。

なのですが・・・何故かプラグ部分が折り畳めません(涙)

後述する他の充電器は当たり前のようにプラグ部分が折り畳めるので、カバンに放り込んでも場所をとらないのですが、これはそれができません。

あなたがPCを持ち運ぶ機会は少ない!っというなら、まあアリかなぁ~というくらい。

⇛Anker PowerPort Atom PD 1の現在の価格や詳細はコチラ!

より詳細なレビューはコチラ↓
【レビュー】私がAnker PowerPort Atom PD1を購入しない3つの理由とは?

2,Anker PowerPort III mini

製品名 Anker PowerPort III mini
受電W数 30W
対応機種 MacBook / MacBook Air (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約63g

窒化ガリウムを採用していないのにも関わらず、超小型化に成功しているモデルがコレ。

上記の窒化ガリウムモデルよりも、10gほど重いのですがサイズ的にはあまり変わりません。

更に!こちらはプラグが折りたためます。笑

正直、Anker PowerPort Atom PD 1を購入するくらいなら、プラグが折り畳めるこっちを買ったほうが絶対に利便性は高いと思います。

あなたが「Ankerブランドにコダワリたい!」かつ、MacBookAirくらいのPC(30W)を使っているなら選択肢に入れるべき充電器なのは間違いないです。

Anker PowerPort III miniの現在の価格や詳細はコチラ!

【レビュー】Anker PowerPort III miniはイマイチ?4つのメリット&デメリットを解説!

3,AUKEY PA-Y19

製品名 AUKEY PA-Y19
最大充電W数 30W
対応機種 MacBook、iPhone 11 / 11Pro / XS等ほぼ全てのスマホ
重量 約45g

Ankerとかなり社名が似ているAUKEYの世界最小クラスの充電器がコレ。

「Ankerのパクリ?」っと思われるかもしれませんが、実はAUKEYの方が先に会社を立ち上げているんですよね。

で、充電器の特徴としてはとにかく小さい!軽量!ってのが最大の特徴。執筆時点では最軽量です。

iPhoneの純正充電器より、若干大きいくらいなのに30Wも出力できるなんてバケモノです。笑(iPhoneの純正は5Wまで)

更に!小型ってだけじゃなくプラグも折り畳めるので、カバンに放り込んでもボコッと膨れる事はありません。

四角型の30W充電器なら、ぶっっちぎりでこれがオススメ。

ちなみに、この充電器で私のノートPC(MacBookProクラス)を充電してみたんですが、やはり給電能力不足なのか?充電速度は遅かったです(汗)

当たり前といえば当たり前なんですが、「MacBookProも充電できる!」っと解説している記事も多く見かけるので、要注意。

⇛AUKEY PA-Y19の現在の価格&詳細はコチラ!

より詳しいレビューはコチラ↓
こんな人は買うな!AUKEY PA-Y19を自腹レビュー!3つの長所&短所を解説します。

4,RP-PC104 (45W/PD対応/超薄デザイン)

製品名 RP-PC104
受電W数 45W
対応機種 MacBook / MacBook Air (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約82g

四角型じゃなく、薄型カード状になっている窒化ガリウム採用の充電器がコレ。

カード型になっているので、カバンやポッケに入れておいても膨らみにくいのが特徴。

しかも!ただ、カード型で持ち運びやすいだけじゃなく、最大出力が45W!!

MacBookProクラスのハイエンドPCでも、充電できてしまうくらいハイパワー。

ただ、MacBookProクラスを充電するなら、余裕をもって60W~は欲しいのでちょっと中途半端な感じ。

更に45Wっと出力が高いのもあって、82gと他のモデルより重めですし、長方形なので場合によってはプラグ差込口に干渉してしまうのが気になるところ。

⇛RP-PC104の現在の価格や詳細はコチラ!

5,Anker PowerPort Atom III Slim

製品名 Anker PowerPort Atom III Slim
受電W数 30W
対応機種 MacBook / MacBook Air (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約57g

上記のRP-PC104と同じくコチラも薄型なのが特徴のモデル。出力が最大30Wと15Wほど低いものの、MacBookAirクラスなら問題なく充電できるほどのハイパワーモデル。

特徴的にはなんと言っても、カード型なのにたった57gしかない!

更に!更に!厚さも1,6cmと執筆時点では世界最薄クラス!

薄型でプラグも折り畳めるので、四角形の充電器よりも収納しやすいのが◎

ただし!いくら薄型&軽量とはいえやはり長方形型なので、他の充電差込口に干渉しやすいのはネックかな・・・

もし、あなたが「薄型の充電器を探し求めている!」っというなら、現時点ではこの充電器は絶対に選択肢に入れるべき!だとネットの片隅で叫ばせて頂きます。

Anker PowerPort Atom III Slimの現在の価格や詳細はコチラ!

⇛【レビュー】Anker PowerPort Atom III Slimの4つの長所&短所とは?

6,RP-PC120 (30W 最小クラス PD対応)

製品名 RP-PC120
受電W数 30W
対応機種 MacBook / MacBook Air (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約60g

RAVPower社の四角型超軽量クラス30W充電器がこれ。

前述したAUKEYの『AUKEY PA-Y19』が販売される前までは、この充電器が世界最小の座に君臨していたくらい、超小型。

プラグも折り畳めるので、持ち運びにも超便利ではあるものの、価格、サイズ、重量の点でPA-Y19より下回っているので、クーポンで安売りしているわけでもなければあえてこれじゃなくても・・・

⇛RP-PC120の現在の価格や詳細はコチラ!

7,Anker PowerPort Atom III (Two Ports)

製品名 Anker PowerPort Atom III (Two Ports)
充電W数 USB-C 45W+USB-A 15W
対応機種 MacBook / MacBook Air (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約150g

2ポートタイプの充電器がコレ。USB-CとUSB-A差込口が付いていてUSB-Cの差込口は最大45Wまで出力できるハイパワーモデル。

USB-Aの方は15Wまでと30Wまで届かないものの、iPhoneやAndroidスマホは爆速で充電できるほど出力は高いです。(スマホの通常充電W数は5Wくらい)

MacBookAirクラスのPCを充電しながら、スマホも高速充電できるっ!ってのが最高のメリットかな。

ただ、2ポートになっているので当然サイズも重さも大きくなっているのがデメリット。

とは言っても、150gくらいなんでカバンに放り込めばこのくらいの重量差は気にならないだろ!とは思います。笑

「PCで作業しながら、スマホも充電したい」「重さよりもパワーや利便性重視」の人はコレ買っとけば間違いないです。

⇛Anker PowerPort Atom III (Two Ports)の現在の価格や詳細はコチラ!



60W出力の急速充電器(MacBook Pro等)

1、Anker PowerPort Atom III 60W

製品名 Anker PowerPort Atom III 60W
充電W数 60W
対応機種 MacBook Pro 13インチ / MacBook Pro 15インチ
Dell XPS 13
重量 約132g

Ankerの窒化ガリウムを採用した、60W出力充電器がコレ。MacBookProクラスのハイエンドPCでも充電できちゃうほどハイパワーなモデルでうsね。

それでいて132gくらいと超軽量なのが、最高ぅ!なメリット。MacBookProの純正充電器は約200gほどなので、それよりも70gくらい軽い計算になります。

しかも、安い。圧倒的に安い。MacBookProの61W純正充電器は執筆時点で6800円(税別)

なんですがコチラは、4000円弱と大体3000円くらい安価です。

純正が壊れた!という人や充電器の予備が欲しいという人は買い。

ただしっ!後述する充電器に比べると、これでもまだ重い方なんですよね(汗)

純正よりも圧倒的に軽い・安いですが、より軽量モデルがあるのでコレじゃなくても・・・感はあります。正直。

Anker PowerPort Atom III 60Wの現在の価格や詳細はコチラ!

2,RAVPower 61W(RP-PC112)

製品名 RAVPower 61W(RP-PC112)
最大充電W数 61W
対応機種 MacBook /MacBook Pro 15インチ (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約105g
もし、あなたがMacBookProクラスの充電器で迷っているなら、コレが正解。
現状60Wクラスの1ポート充電器で最強クラスのスペックを誇ります。
っというのも上記のAnkerの60Wクラス充電器よりも更に30gほど軽量化していて、現時点では世界最軽量。
(もっと軽いのあるのがあればこっそり教えて下さい)
60W級で100gちょっとは異常レベルです。笑
更にサイズ感に関してもかなり小さいです。iPhone6と並べてみても半分以下の大きさしかありません・・・
本当にこんな小さくて60Wも出るのか!っと思ったですが、愛用のSpectre360で充電してみたらしっかり60W叩き出せていました。
1ポート60Wクラスの充電器だったら、現時点でコレ買っとけば間違いないです。むしろ、これ以上優れた充電器があれば教えてくれぇい!ってくらいです。笑

RAVPower 61W(RP-PC112)の現在価格や詳細はコチラ!

より詳細なレビューはコチラ↓
【まだ買うな!】RAVPower 61W(RP-PC112)を購入レビュー!4つの良い点&悪い点とは?

3、AUKEY PA-D4

製品名 AUKEY PA-D4
最大充電W数 60W
対応機種 MacBook /MacBook Pro 15インチ (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約122g

AUKEY社の60Wクラス充電器がコレ。Ankerのものより、ビミョーに軽量化に成功しています。

10g前後の違いなのでほとんど誤差のレベルだけど、少しでも軽いモデルが使いたい!って人はコッチもありかな。

とは言っても、上記のRP-PC112よりは重いのであなたがAUKEY社が好き!ってわけでもなければ、あえてこの充電器を選ぶ理由もない・・・

っと言いたいところなんですが、AUKEY社は時折クーポンをばら撒いている事があるんです。

私が執筆している時も20%OFFクーポンが・・・!

必ずクーポンがあるとは限らないですが、軽量の60Wクラス充電器の中では、かなり安価。

できるだけ安く充電器が買いたいぜ!って人は、クーポンが発行されていなか?チェックしてみるのはアリだと思いますよ↓
⇛AUKEY PA-D4の現在の価格や詳細はコチラ!

4、Anker PowerPort Atom PD 2

製品名 Anker PowerPort Atom PD 2
充電W数 60W(2ポート使用時30W+30W)
対応機種 MacBook Pro 13インチ / MacBook Pro 15インチ
Dell XPS 13
重量 約178g

60W出力なのにポート数が2つある『Anker PowerPort Atom III 60W』の上位版的なモデル。

2ポートあるので、その分重量も178gとかなり重くなっているんですが、1ポート使用時なら60Wまで出力できるのでMacBookProでも充電できるくらいハイパワー。

ただし!2ポート同時に使用すると最大30W+30Wっと1ポート辺りの出力が半減してしまうんですよね(汗)

ハイエンドPCで作業しながら、スマホを充電とかしているとPCのバッテリーがジワジワ減る可能性があるのは注意。

Anker PowerPort Atom PD 2の現在や詳細はコチラ!

5,RAVPower 61W(RP-PC105)

製品名 RAVPower 61W(RP-PC105)
最大充電W数 60W(2ポート使用時は45W+12W)
対応機種 MacBook /MacBook Pro 15インチ (2018) 他, iPhone 11 / 11 Pro / 11Pro等
重量 約151g

RAVPowerの60W2ポート充電器がコレ。USB-CとUSB-A端子を搭載しているので、PCで作業しながら、スマホを充電できるのが◎

更に、2ポート同時に使用してもUSB-C側は最大45Wと高出力を維持してくれるので、よほど重い作業をするわけでも無ければPCとスマホを同時に充電できちゃうほど超ハイパワー。

それでいて、Ankerの2ポート充電器よりも軽い。

もし、あなたがUSB-Cと同時にUSB-A差込口も使いたい!っというなら、現状はコレ一択。

⇛RAVPower 61W(RP-PC105)の現在の価格や詳細はコチラ!

より詳細なレビューはコチラ↓
【こんな人は買うな】RAVPower(RP-PC105)をレビュー!5つの良い点&悪い点とは?

6,AUKEY PA-D5

製品名 AUKEY PA-D5
最大充電W数 63W 2ポート使用時(18W+45W)
対応機種 MacBook Pro、iPhone 11 / 11Pro / XS等ほぼ全てのスマホ
重量 約148g

USB-Cが2つなのはAnkerと変わらないのですが、2ポート使用時の給電量が18W+45Wと変則的なのが特徴。

更に63WとビミョーにW数が高いので、15Wでは微妙に出力が足りなかったiPadPro11(純正充電器は18W)でさえPCと同時に充電できちゃいます。

一体どれだけハイパワーなんだッ!ってくらいハイパワーです。笑

デメリットとしては、どっちもUSB-C差込口なので、スマホを充電するときは専用のケーブルを用意する必要があるくらいかな。

iPhoneの場合USB-A⇛Lightning端子なので、USB-C⇛Lightning端子のケーブルを別に購入する必要が出てきます。

通常のケーブルで充電するよりも圧倒的に高速充電できるし、今後はどんどんUSB-Cに移行していくはずなので、買って損はないですけどね。

現時点で最強クラスの充電器にも関わらず、価格も他の充電器よりも安い。

もし、あなたがUSB-C端子をメインで使っているなら、コレ一択。間違いなくコレ一択。

90WW出力の急速充電器(MacBook Pro15インチ等)

RAVPower RP-PC128

製品名 RP-PC128
最大充電W数 90W 2ポート使用時(45W+45W)
対応機種 ほぼ全てのスマホとノートPC
MacBook Pro、iPhone 11 / 11Pro / XS等
重量 約195g


MacBook Pro15インチの純正充電器85Wよりも出力が高いくせに、価格が安い、小型、2ポート搭載しているというバケモノみたいな充電器がコレ。笑

2ポート同時にしようしてもそれぞれ45W出力できるので、ミドルスペックノートなら同時に2台充電できるし、MacBook Pro15インチなどのハイエンドノートでも最高速度で充電出来ちゃいます。

ただ、あまりにも出力が高いのでここまでのスペックが必要な人は15インチのハイスペックPCを充電する人くらいかなぁ・・・

もしくは2台同時にPCなどを充電するならアリ!

スペックだけで言うなら現時点で最強の充電器なのは間違いないです。

より詳細なレビューはコチラ↓
どんな人向き?RAVPower RP-PC128を本音レビュー!4つの長所&短所はコレだ!

RP-PC128の現在の価格&詳細はコチラ!

【結論】結局どれがオススメ?私があなたにオススメするのはコレ!

「色々あるのは分かったけど、結局どれが”買い”なのか分からない!」という人の為に最後に買うべき充電器をまとめてみるとこんな感じ↓

私が買うならコレ!

30Wで1ポート⇛RP-PC104

もしくは薄型なら⇛Anker PowerPort Atom III Slim

60Wで1ポートRAVPower 61W(RP-PC112)

もしくは2ポートでUSB-CメインAUKEY PA-D5

2ポートでUSB-Aも使いたいAUKEY PA-D5

執筆している時点ではあなたの持っているPCに応じて以上の充電器から選べば失敗は無い!と言い切れます。

アレコレ充電器でまくっていて、どれが本当に良いのか?分からない!という人はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

USB急速充電器オススメ記事4選はコチラ↓
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事