どっちが買い?NOBFALCON2とAVIOT TE-BD21jの重要な7つの違いはコレだ!

1万円台のイヤホンの中で最強音質!といわれる2つのイヤホンを自腹購入したので全力比較してみます。

いやぁ・・・今まで3万円超えのイヤホン等も使ってきましたが、もはや音質の面だけで言えば、3万円台の高級機と同等レベルと言っても言い過ぎじゃないほど両機とも神音質です。笑

ただ、どちらもかなり残念な点があるのも事実。

というわけでこの両機種の良い点&悪い点を全力比較していきます!


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

殆ど自腹レビューなので参考になるはず!↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

音質、コスパのバランスが良いイヤホンはこちら↓
1万~2万円の無線イヤホン12選!33万円分買った私のオススメはコレだ!
コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

Noble audio FALCON 2 vs AVIOT TE-BD21j

Noble audio FALCON 2 AVIOT TE-BD21j
連続使用可能時間 最大10時間 最大9時間(ケースと併用した場合は最大36時間)
対応コーデック AAC、SBC、apt-X、apt-XAdaptive
防水性能 IPX7等級  IPX4等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.2
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
無線充電 無し

Noble audio FALCON 2 現在の価格&セール等詳細はコチラ!

AVIOT TE-BD21J 現在の価格&セール等の詳細はコチラ!

より詳しいレビューはコチラ↓
Noble audio FALCON 2を自腹レビュー!9つの特徴&短所を正直に解説します!

AVIOT TE-BD21jを自腹レビュー!8つの特徴&短所はコレだ!

重要な7つを徹底比較!

1,デザインの比較

まずはデザインを比較。いくら音質が良かろうともデザインがかっこ悪かったら外にもって耳につけたく有りません(涙)

まずはFALCON2のケースのデザイン。プラスチック製ではあるんですが、前モデルのケースよりは明らかに質感もデザインもかっこよくなっとります。

NOBFALCON初代はかなりプラスチック感丸出しだったんですが、2の方もプラスチック製ではあるものの、蓋部分がラメっぽくなってたりとデザインは明らかにアップ!

しかぁぁぁし!AVIOT TE-BD21jのケースはハッキリ言って、ぶっちぎりで質感が高いです。

ジェラルミン製でケースに触れるとヒンヤリしてて、金属感がスンゴイ。笑

なんというかiPhoneを手に持っているような高級感があるんですよね。ケースの質感&デザインに関してはAVIOT TE-BD21jの方が確実に上だと思います。

というかAVIOT TE-BD21jのケースが反則レベルなんだよぉ・・・

ケースを開けてみるとこんな感じ↓なかなかカッコいいでしょ。

AVIOT TE-BD21jもカッコいい。ただ、イヤホンがちょっと取り出しにくいのがややデメリットか。

イヤホン自体はFALCON2はボタン部分がサラサラしている金属っぽい質感になってて高級感はありますね。

側面は至って普通のプラステック。ノズルが長めなので、普通のイヤホンよりもちょっと耳の奥に入る感じがあるかも。

AVIOT TE-BD21jはタッチボタンになってて、縁の部分が銀色の装飾があるもののシンプル

側面はなんか凸凹になってて、カッコいい感じ。

デザインに関しては、好みの違いがあるのでこっちが正解だ!とは言いにくいものの、ケースの質感は確実にAVIOT TE-BD21jの方が上です。間違いなく。
NOBFALCON2もカッコいいのは間違いないんですが、TE-BD21jのジェラルミン製ケースは反則でしょ・・・
どっちもカッコいいんだけど・・・やはりAVIOT TE-BD21jの方が上。と私は感じるんですが、あなたはどう思いますか?!

2,音質の比較

最も重要とも言えるのが音質!

本当に良い音質なのか?!を検証するために、今現在唯一ハイレゾ音源が聴き放題の『Amazon MUSIC HD』であらゆるジャンルの曲を聴きまくる!
【Amazon Music HDレビュー】Spotify信者が感じた3つの長所&短所とは?

どちらも何度も、何度も!何度も!!聴き比べまくりました。

音の透明感、分離感は同レベルでどちらもスンゴイ高いです。有線イヤホンレベルと言っても言い過ぎじゃないほど、ほんっっとにどちらも音がクリア。

音の分離感に関してはどちらもほぼ一緒に感じましたね~

何十万円もする高級イヤホンを聴くような達人なら聞き分けられるかもですが、音の透明感に関してはもはやどちらも最強クラスの領域だと思います。笑

ただし!明確に違うのは音の方向性。

NOBFALCON2は全体的にフラットな音質で、原曲の雰囲気そのままに解像度の高い音を奏でてくれます。

逆にTE-BD21jの方は低音~高音がかなり強めで、原音に忠実というよりも”聴いていて楽しい音”悪く言えば”ちょっとわざとらしい音質”という感じ。

NOBFALCON2の音に聞き慣れてたので、最初はちょっと「派手すぎ!」っと思ったんですが聴いてくと楽しいですね。笑

どちらが正解というよりかは、どっちがあなた好みか?という感じですね。

あなたが低音強めな音が好きならTE-BD21jの方がハマるし、フラットな音が好きならNoble audio FALCON 2の方がハマると思います。

3,アプリの使い勝手

上で音質の違いをお伝えしたんですが、どちらも専用の無料のアプリを使うと音質を自分好みに変える事が可能!

ただFALCON2の方は最初からプリセットがあるわけじゃなく、自分で調整する必要があるのでちょっとコレがメンドウかも(汗)

オススメはこんな感じ↓

ちょっと低音をアップさせることで、音の厚みを増やしつつもNOBFALCONらしさが無くならないのがこんな感じの調整でした。

ちなみにこんな感じに階段状にしないと、音のバランスが狂ってめちゃくちゃ音になるので注意。

一方、TE-BD21jは最初からブーストバスやらヴォーカルやら設定があるので、気軽に音の違いを楽しめます。

自分で調整することも可能。私はこんな感じで低音を最低まで下げるのが好み。

「えっ?!そんなに低音下げたらスカスカになるんじゃ?」と思われるかもですが、ココまで下げてもまだFALCON2より低音ドゥンドゥン効きます。笑

デフォルトのままだと、私的には低音が強すぎでややヴォーカルが埋もれ気味に感じるので、このくらいがちょうど良し。

というのも、よく見るとFALCON2は12db上下変更できるのに対して、TE-BD21jは3dbだけですね(汗)

こまか~く自分好みの音質にしたい人はNOBFALCON2の方が楽しめるかもしれません。

4,アンビエントモード(外部音取り込み)の比較

ハッキリ言ってね・・・これに関してはどちらも使い物にならんっ!ってのが本音です(汗)

NOBFALCON2はアンビエントモードONにすると再生が一時停止されちゃいます。

音楽聴きながら外の音が聴きたいのに、一時停止するのはちょっと意味が・・・これだったら一瞬イヤホン外すだけでいいのでは?

一応、アンビエントモードONにした後、再生すればアンビエントモードONのまま音楽再生できるんですが、ホワイトノイズがすんんごく強くなります。

「サ~」くらいのホワイトノイズが「シャー!!」くらいに。笑

TE-BD21jはアンビエントモードONにしても再生したままなんですが、自動で音量が下がる仕組み。

デフォルトだと一気に音量が下がるので、もはや聞こえないレベルなんですが一応アプリでどのくらい音量を減らすのか?設定することはできます。

ただ、残念過ぎるのがアンビエントモードONにした後音量を上げる⇛アンビエントモードOFFにすると最初に下がった音量分、音量が上がる⇛爆音になる

という謎仕様なので、使い勝手はかなり悪いです(汗)

TE-BD21jも結構ホワイトノイズ発生します。

そして、どちらもマイクの性能が悪いのか?中~高音を拾いまくるので、アンビエントモードONにしたままキーボード打ったり、マウス操作しているとカチャカチャかなりうるさく感じます。

テレワークとかでアンビエントモードONのまま使いたい!とい人にはどちらも向いて無いですね・・・

5,付属品の比較

これは明らかにTE-BD21jの方が豪華。

NOBFALCON2も巾着袋的なやつが付いてるんで、他のイヤホンよりは充実してます↓

が!AVIOT TE-BD21jは巾着袋的なやつに加えて、ネックバンド、低反発イヤーピースまでも付属してます。

私が今まで購入してきたイヤホンの中でもトップクラスに豪華です。笑

特にネックバンドなんかは満員電車とか、ランニングで使いたい人にはかなりGOOD!アイテムなんじゃないかと!

個人的にはこの低反発イヤーピースがかなり良いっ!遮音性が結構アップするので、オススメ。

というようにNOBFALCON2が悪いわけではないんですが、AVIOT TE-BD21jがあまりにも豪華すぎました・・・

6,その他機能の違い

改めて機能の違いを比較。

Noble audio FALCON 2 AVIOT TE-BD21j
連続使用可能時間 最大10時間 最大9時間(ケースと併用した場合は最大36時間)
対応コーデック AAC、SBC、apt-X、apt-XAdaptive
防水性能 IPX7等級  IPX4等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.2
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
無線充電 無し

どちらも最新のapt-XAdaptiveに対応してるのは同じ。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCより低遅延 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Android、Windows、Macで採用される
aptX Adaptive 通信状態によって、ビットレートが可変。

最大ではハイレゾ級の音質

abt-Xと同等の遅延 基本的にSnapdragon 865以降に対応
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

ただNOBFALCON2はIPX7の完全防水に対応しているのに対して、AVIOT TE-BD21jはIPX4までなのでちょっと水しぶきに耐えられる程度。

私は水回りで使うことはほぼ無いので、あまり気にしないですが水まわりで使うことが多い人はNOBFALCON2の方が良いかも。

あとは、ワイヤレス充電に対応しているのはNOBFALCON2の方だけですね。これも私はスマホがワイヤレス充電対応してないので、どちらでも良いですが(汗)

というようにNOBFALCON2の方が若干機能的には優れている点は多い印象ですね~。

7,価格の比較

Noble audio FALCON 2 AVIOT TE-BD21j
Amazon価格 16,990円 16,280円

執筆時点ではあるもの、価格はほぼ一緒。なんですが、Amazonの商品ページを見るとどちらも基礎合うように10%OFFとか、ポイント還元とかやってたりします。笑

Noble audio FALCON 2 現在の価格&セール等詳細はコチラ!

AVIOT TE-BD21J 現在の価格&セール等の詳細はコチラ!

価格が近いのでどちらも意識しているんでしょうかね~?

価格的にはどちらもあまり差がないと言っていいかと思います。



【結論】結局どっちが買い?あなたにオススメなのはこっち!

ここまでのまとめ
・音質はどちらも同じくらい透明度高い
・低音強いのが好きならTE-BD21J 
・原音に忠実な音が好きならFALCON2
・アンビエントモードはどちらもオマケ程度
・付属品はTE-BD21jの方が豪華
・FALCON2はワイヤレス充電に対応し、防水性は更に高い
どちらも最強クラスの音質で、価格も機能も近いので悩むかもですが、選び方は意外にシンプル。
あなたが低音強めが好きならTE-BD21j。逆に低音強めよりフラットな音質が好きならFALCON2を選べばOK!!
FALCON2でも結構、低音強めに調整することはできるんですが、それでもTE-BD21jの方が明らかに低音は強いです。
とはいえ低音が強い=音質が良いというわけでもなく、私はTE-BD21jくらい低音が強いとちょっと聴き疲れします(汗)聴いていて楽しいんですけどね。
もはやここまで来ると好みの問題です。笑
というわけで、この2つで迷いまくっている人は参考にしてみてくださいー!
無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
19万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン11選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓(ほぼ自腹)
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選はコレだっ!

コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事