雑誌読み放題サービス 致命的な5つのデメリットとは?まだ契約は待って!

「1冊分の雑誌代で雑誌が毎月読み放題になる!」こんな謳い文句を見て、雑誌読み放題サービスに入ろうと思っているあなた!

まだ、雑誌読み放題サービスに課金するのは待って欲しいです。

っというのも、どこのサイトもあまり言わないんですが、使ってみないと分からない”デメリット”があるんですよ。

焦って登録しなくても、どの読み放題サービスもずーーっと30日無料期間を設けているので、当記事でデメリットを読んでから雑誌読み放題サービスを使うか判断しても遅くはないはずっ!

っというわけで2年間読み放題サービスを使い続けた私が雑誌読み放題のデメリットを解説していきます!

雑誌読み放題 誰も言わない5つのデメリットとは?

1,読めないページがある

まずは何と言ってもコレ!200誌以上のT雑誌読み放題なんだから、全ての雑誌が全てのページガッツリ読めるかと思ったら大間違い!

殆どの雑誌は全部読めません(涙)

雑誌のジャンルや雑誌にもよって読めるページ数はぜんっぜん違います。

例えば私が必ず読む、ガジェット系雑誌なんかだと数十ページくらい読めないくらいなので、それほど気になりません。

アプリの下部にある全ページ数を見ると128ページですが・・・

雑誌のページ数を見ると154ページになっていますね。

26ページ本誌よりもページ数が少ないという事になります。。。

ただし!この省かれたページ数の中には広告ページなどもあるので、実際に読むコンテンツが減っている感じは全然ありません。

しかーし!問題なのがジャンルによっては半分くらいページが削られているってこと。

特に経済系の雑誌なんかは半分くらいに、なっていることも多いですね(汗)

PRESIDENTという雑誌なのですが、ページ数が確認出来るページを電子書籍で見ると77ページ。

 

しかし、実際の本誌のページ数を見ると147ページになっています・・・

 

つまり、半分近い70ページほどが省かれていると事になりますね。

もちろん、こちらも広告ページも含まれているとは思いますが、それにしても70ページ減っているのはしっかり雑誌を読みたい派の人だったら満足できないのは確かかと。

まあ、本誌が700円とかするので、全部読めちゃったら誰も本誌なんか買わなくなっちゃうので仕方ないですけどね。

あなたが「〇〇という雑誌が大好きで、毎月全てのページをくまなく読むぜ!」っと特定雑誌目当てで入会するとガッカリする事はあるかも。

ただ、どの読み放題サービスでも1ヶ月くらいの無料読み放題期間があります。

大体どのサービスも初月は無料で途中解約しても、初月内解約ならお金がかからないんです。

なので、雑誌読み放題を検討しているなら、無料期間中にあなたが目当ての雑誌のページ数を速攻でチェックしておくことを強く、強くオススメします。

2,芸能人は切り抜きされている事も

これも上のページ数が省かれているに近いものがあるのですが、”大人の事情”なのか芸能人が載っているページは省かれている事もあります。

こんな感じでコナンの犯人のように切り抜かれていることも結構あります。

特に多いのはジャ○ーズ系とかですね。。。

私は芸能人目当てでは雑誌を読まないので何も気にならないですが、あなたが芸能人目当てなら、読み放題サービスだとガッカリするかも。

3,スマホだと余白が広く読みづらい

これも結構重要なのですが、どこも教えてくれませんね(汗)

文字が主体の電子書籍と違って、雑誌は画像がメインのコンテンツです。

書籍なら文字数を拡大したり縮小したり自分のスマホサイズに合わせて好みの大きさに調整できます。

が!雑誌の場合は画像データなので、スマホだと上下に変な余白が出てかなり読みにくいです。

雑誌自体、スマホサイズになっていないので仕方ないんですけどね。

雑誌って結構小さい文字も多いので、文章を読もうとすると一々拡大⇛縮小を繰り返す必要があるので、これが結構メンドイ!

一方、タブレットがあると電子書籍の快適性は誇張抜きで10倍以上に跳ね上がります。本当に。笑

以下はiPadPro11インチとPro9,7インチ↓

どっちも変な余白は出ないですし、スマホのように一々拡大しなくても文章がスラッスラ読めちゃいます。

私が3年以上タブレットを使い続けているので、慣れてしまっているのもありますが、雑誌読み放題にタブレット端末は必須!っと言っても言い過ぎじゃないかと。

ただし!電子書籍を読むためだけに、iPadProのようなハイスペックなタブレットは必要ありません。

むしろ、オーバースペック過ぎなのでもっと安価なタブレットで十分快適に読めます。

文字の小ささが気にならないのであれば、iPhone6程度の性能でもサックサク読めます。笑

電子書籍を読むという目的なら、中古のiPadやタブレットでも十分ですね。

4,データ容量は重め。

雑誌って書籍と違って、画像データなので1つの雑誌をDLするだけでも結構データ量を食います。

これは読み放題サービスによってもデータ量は変わってくるのですが、楽天マガジンでGetNaviをDLすると150MBとそこそこでかい容量食います。

1冊くらいなら大したことないんですが、10冊とかDLすると2GBくらい消費。

更にバックナンバーとか読みだしたら、いつの間にか30冊とかDLしていることもあるので10GB弱ストレージを侵食していることもあります。笑

とは言っても、読まなくなった雑誌は削除出来るのでそこまでデメリットには感じません。

私はストレージが64GBのiPadPro11をメインに使っていますが、「データ量食い過ぎ!」っとストレスを感じた事は1度も無いです。

5,突然読んでいた雑誌が取り扱いなくなる事も。

私が読んでいる雑誌は取り扱いが無くなる事はなかったです。

が、マイナー・・・っと言うと失礼かもですが、比較的ニッチな雑誌はいきなり取り扱いがなくなる事もあるみたい。

とは言え、いきなり無くなったりすることもあれば、いきなり新規雑誌が参入することもあるので、私は気にならないかなぁ・・・

雑誌読み放題サービスの正しい3つの選び方とは?

読み放題だからといって、適当に契約すると段々使わなくなって、解約するのも忘れて無駄な出費になる可能性もあります。

なので、3年以上は雑誌定額サービスを使ってきた私が正しい雑誌読み放題サービスの選び方を解説!

1,あなたが読みたい雑誌があるのか?!

いっっちばん重要なのがコレです。いくら雑誌取扱数が200誌以上あろうが、1000詩あろうが、100万詩あろうがあなたが読みたい雑誌がなければ無意味です。

なので、まずは検討している雑誌読み放題サービスにあなたが読みたい雑誌があるのか?絶対チェックしましょう!

よく、ネット上で「楽天マガジンの取り扱い雑誌を紹介します!」的な記事はありますが、あれ駄目です。笑

大抵、更新されていませんので、取り扱っていない雑誌が紹介されていたり、取り扱っているのに☓になっている事が殆どです。

絶対に自分でチェックしましょう。

大抵の雑誌読み放題サービスは初月31日間は無料になっているので、その期間中に自分が読みたい雑誌があるのか?即効で検索すればOK。

⇛【31日間無料】楽天マガジン取り扱い雑誌をチェックするにはコチラ!

【30日間無料】AmazonKindle Unlimitedで読める雑誌をチェックするにはコチラ!

【1ヶ月無料】450誌~読み放題のTマガジンはコチラ!

ただ、楽天マガジンは入会前でも取り扱い雑誌が検索できるようになっているので、読みたい雑誌があるか?チェックできます。

⇛【楽天マガジン公式】参加雑誌一覧

っていうか、雑誌読み放題サービスなんだから、どんな雑誌があるのか?事前に分かるようにするのは当然だと思うんですけどね・・・

2,読みたい雑誌のページ数をチェック!

上記の方でお伝えしたように雑誌によってページ数が削減度合いが全然違います。

「おっしゃ!読みたい雑誌があったZE!」っと喜んでも、実際にDLしてみるとメチャページ数が省かれている事もあります(涙)

読みたい雑誌のページ数はどの程度省かれているのか?!絶対に無料期間中にチェックしましょう!

3,解約日前にアラームをセット!

私がこの手のサブスクサービスを契約する時に絶対にしているのが、解約日前にアラームのセット。

あなたが使っているカレンダーでも良いし、スマホに入っているGoogleカレンダーやApple純正カレンダーアプリでもOK。

とにかく、入会したら継続するか否か?に関わらずぜっったいに解約日、2,3日前に「〇〇解約」っと予定を書き込んでおきましょう。

入会した日は「大丈夫!絶対忘れない!」っと思っていても1ヶ月もあるので、まず間違いなく忘れます。笑

4、雑誌を読みまくる!

あとは雑誌を読みまくるだけ。読み放題なので、今まで自分が読まなかったジャンルの雑誌を読むと、意外にドハマリすることもあるので結構重要。

あとは、電子書籍の使用感などもチェックしたほうが良いですね。

今はほぼ機能的な面はどの読み放題サービスも変わらないですが、ビミョーに使い勝手が違うとストレスに感じたりもするので。



【結論】いろんな雑誌を流し読みしたい人には神サービス。

どのくらいページ数が省かれているか?にもよりますが、1つの雑誌のファンで1ページも余すこと無く読みたい!って人には向いていないです。

ただ、私のように「色んな雑誌をザーッと読みまくりたい!」っという人に神サービス。

今まで楽天マガジン、dマガジンU-ネクスト、AmazonKindleUnlimitedの読み放題を使ってきましたが、この中でもぶっちぎりで使いやすいのが楽天マガジン。

dマガジンも使いやすかったのですが、私が読みたい雑誌がなかったので解約。

U-ネクストは雑誌数が絶望的に少なく、KindleUnlimitedは絶望的にアプリが使いにくいです(汗)

あなたが読みたい雑誌があるか?にもよりますが、楽天マガジンが最も安価ですしアプリの使いやすさもダントツ。

もし、あなたが雑誌読み放題サービスで迷っているなら、楽天マガジンをゴリ推しします。笑

⇛【31日間無料】楽天マガジン現在の価格や取り扱い雑誌をチェック。

まあ、1ヶ月は無料でいつ解約しても初月はお金がかからないので、解約日さえ忘れなければどれ使っても損はしないですけどね。

っというわけで、雑誌読み放題サービスが気になっている方はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

【楽天マガジン】5つの長所&短所をレビュー!私が2年で解約した理由とは?

【2年使用レビュー】Kindle Unlimitedと楽天マガジン 3つの長所&短所とは?

Tマガジンを使って分かった5つのメリット&致命的なデメリットとは?




おすすめの記事