【2020】MacBookPro 16インチとHP Spectre x360の7つの特徴を徹底比較!

HP Spectre x360の15インチの新型が販売されるっ!

っということで、競合になりそうなMacBook Pro16インチと性能や価格など7つの特徴を徹底比較。

どっちが買いなのか?!考察してみようと思います。比較してみて分かったのですが、用途は似ているようで全く別の用途って感じ。

では一体あなた向きなのはどっちなのか?!見ていきましょう!

あなた向きHPノートPCはどれ?

【2020モデル】HP Spectre x360 15インチとMacBook Pro16インチ基本スペック

2020年モデル
HP Spectre x360 15インチ
16インチMacBook Pro
CPU  Core™ i7-10750H Core i7-9750H

Core i9-9880H

Core i9-9980HK

メモリ 16GB 16GB~64GB
ストレージ 512GB~1TB 1TB~8TB
ディスプレイ UHD(4K)IPS or OLED
(3840×2160)
True Toneを採用
16インチRetinaディスプレイ
(3,072 x 1,920ピクセル)
カラー アッシュブラック スペースグレイ
シルバー
通常価格(税抜) 227,800円~ 248,800円~

⇛【2020年版】HP Spectre x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

16インチMacBook Pro 公式はコチラ

1,デザインは?

まずは重要なデザインの違い。どんなに性能が良かろうとも、デザインが好きになれないと愛着が持てません・・・

ただ、デザインに関しては両機種とも言うまでもなく、シャレオツ。

まずはSpectrex360ですが、CPUの縁がエメラルドカットになっていたり、カッパーゴールドに装飾されていたりとめちゃカッコヨス。

※13インチの写真です。15インチとデザインはほぼ一緒。

ヒンジ部分がゴールドっぽく装飾されていたり・・・

HPが輝いていたりと

私は13インチのSpectreと購入したのですが、デザイン的には15インチとほぼ一緒なので参考までになるはず。
【2019版】Spectre x360 13インチを自腹レビュー!7つの長所&短所を正直に解説!

「WindowsPCはダサい!」という風潮を過去のものにした!と言っても過言じゃないほど高級感のあるデザインです。

ただ、人によってはちょっと派手めには見えるかも(汗)

そんなにギラギラしているわけじゃないので、イヤらしい金属感ではないんですが好みは分かれるかも?

一方、MacBook Proは言うまでもなくいつものMacBook Proです。笑

美しいアルミニウムの質感にいつもと変わらないリンゴマーク。シンプルで美しい。

MacBookは世代が変わっても、あまりデザインが大幅に変わらないのが良いですね。

世代が変わってデザインが変わってしまうと、やはり古いモデルよりも新しいモデルが欲しくなっちゃいます・・・

が、最近はMacBookのデザインはほぼ同じような感じなので、いつまでも愛着を持ってぶっ壊れるまで使い続けることができるのはメリットと言えそう。

2,CPU性能の違いは?

ノートPCで最も重要とも言えるのが頭脳とも言えるCPU性能。

結論から言うとMacBook Pro16インチの最も安価なCPUと、Spectrex360の15インチのCPUが大体同じくらいの性能になっています。

基本的にはコア数、スレッド数が多くて動作クロックの数値が高いほど高性能。

で、まずはSpectre15インチのCPUの性能がコチラ↓

HP Spectre x360  Core™ i7-10750H
CPUコア数 6コア
スレッド数 12スレッド
基本クロック 2.6GHz
最大ブースト・クロック 5.0GHz

MacBook Pro16の最安価と同程度。っというとちょっとガッカリする人もいるかもですが、ノートPCとしては現時点で最高クラスの性能なのは間違いなし。

6コア12スレッドですからね・・・その辺の13インチノートなんか遥かに凌駕する性能です。

一方、MacBook Pro16インチに採用されているCPUがコチラ↓

MacBook Pro 16インチ Core i7-9750H Core i9-9880H Core i9-9980HK
CPUコア数 6コア 8コア 8コア
スレッド数 12スレッド 16スレッド 16スレッド
基本クロック 2.6GHz 2.7 GHz 2.4 GHz
最大ブースト・クロック 4.5GHz 4.8GHz 5.0GHz

MacBook Pro 16インチに採用されているCPUはintelの第9世代と、Spectrex360のものより1個前の世代。

なんですが、上位モデルだとi9という最強クラスのCPUが搭載でき、コア数も8コアと一世代前のデスクトップCPUと同等クラス!

まさにBAKEMONOです。笑

周波数だけでは性能は分からない!ってことで、性能の指標を示すベンチマーク数値もみていくとこんな感じ↓

性能比較 Cinebench R20 (Single-Core) Cinebench R20 (Multi-Core) PassMark CPU
i7-10750H 484 2732 12813
Core i7-9750H 441 2653 13540
Core i9-9880H 447 3462 16811
Core i9-9980HK 485 3503 17649
Core i7-9700K
(デスクトップ用)
466 3656 17726

引用:https://www.cpu-monkey.com/ja/cpu-intel_core_i7_10750h-1332

あくまでも性能の指標だし、環境によって数値は多少変動します。

が!やっぱり異常レベルに性能が高いのが、MacBook Pro16インチの上位CPUですね。

Core i9-9880HとCore i9-9980HKとではそんなに差はないんですが、i7-9750Hと比較すると圧倒的な差があります。

デスクトップ用のミドルハイクラスCPUである、Core i7-9700Kに追いつくんじゃねぇか?!ってくらいスコアが高いですね(汗)

正確に言うと、PCの冷却性能やらメモリやらも加味されてスコアが決まるので、一概にスコア通りとも言えないんですが、ノートPCでは間違いなく最強クラス。というか最強。笑

3,GPU性能は?

CPU性能だけでも結構差があるのですが、より差がデカイのがGPU。

MacBook Proに積めるのはAMD製のGPUでオプションによってグレードアップさせることが可能。

一方、SpectreはGPUメーカーと言ったらエヌビディア!っと言われるほど知名度が高いエヌビディア製のGTX 1650Ti with MAX-Q固定。

具体的なスコアはこんな感じ↓

性能比較 3DMark Ice Storm GPU
GTX 1650Ti with MAX-Q
(Spectre x360)
372613
AMD Radeon Pro 5500M
(8GB)
364184

引用:https://www.cpu-monkey.com/ja/cpu-intel_core_i7_10750h-1332

この他にもMacBook ProはRadeon Pro 5500M(4GB)という下位グレードや、Radeon Pro 5600Mという上位グレードも積めるんですが、これらのスコアが見つかりませんでした(汗)

ただ、多くの人が選択するであろうRadeon Pro 5500M(8GB)に関しては、GTX1650 Tiとそんなに変わらないという感じみたい。

ベンチマークを計測しているサイトさんによっては、数字がやや上回ったり逆に下回ったりしているので性能的には拮抗している感じ。

ではMacBook Pro16インチ内のGPU同士ではどの程度性能差があるのか?!海外のYouTuberさんが比較してくださってました↓

※上記のベンチマークとは違うソフトなので数値の互換性はありません。

MacBook ProのGPUオプションで一番高いグレードが『5600M』なんですがぶっっっちぎりで性能が高いです。笑

これもスコアを図っているサイトなどによって、微妙に異なるんですが性能的には5500Mの1,6倍くらいの性能みたい。

より詳しいGPUのレビューは以下のYouTuberさんも見てほしいです↓

5500Mより5600Mの方が1,6倍くらい性能が高いということは、Spectrex360よりも1,6倍性能のアップグレードができると言ってもいいかと。

まさにBAKEMONO!

4,メモリ

これもかなり大きな違い。Spectrex360は16GBで固定。

なんで16GBなんだ・・・って感じですね(涙)このスペックだったら32GBも選択できるようにしてほしいところ。

一方、MacBook Proは16GB~最高64GBまで選択できるようになっています。

フルHD動画を重いエフェクトをガンガン使わなければ16GBでも、問題なく使えちゃいます。

が、重いエフェクトを多様したり、4K動画をガッツリ編集するなら最低でも32GBはほしいところ。

私は16GBのデスクトップPCを使っているのですが、フルHDの動画をPremiereProでエフェクト重ねまくると結構メモリ食いまくります。

3分程度の動画でも5GBくらい消費しているので、これ以上にエフェクト多様したり動画が長くなればよりメモリ食いまくります・・・

フルHDの動画でもそれほどエフェクトなど多様しなければ16GBでも普通に編集できますが、ガッツリ編集する人とかであれば32GB~はほしいですね。私もほしいです。

5,ディスプレイの違い

これも結構デカイ違い。Spectreはディスプレイ解像度がすべてのモデルで4K。

私は4K13インチモデルを購入しましたが、4Kはガチのマジでディスプレイ美しいぃぃぃい!です。笑

※13インチSpectreのディスプレイをスマホで直撮りした画像

「ノートPCに4Kなんぞいらんだろっ!WQHDくらいで十分だろ!」っと購入するまで思っていたんですが、実際に使ってみると戻れません。笑

フルHD
WQHD
4K

13インチでさえこんなに解像度の違いが感じられるので、よりディスプレイが大きい15インチだったら4Kの恩恵は更に大きいはず。

とはいえ、MacBook ProもRetinaディスプレイという一般的なノートPCよりも解像度が高いディスプレイなので、正直そこまで差はないと思います。

どっちも実用性で言えば十分キレイだし、よほどディスプレイの美しさにコダワル人でもなければそれほど差は感じないかと。

6、インターフェース

コレ!MacBook Proで一番残念なポイントがインターフェースですね。

USB-C端子しか搭載されてません・・・

HP Spectre x360 16インチMacBook Pro
インターフェース Thunderbolt 3ポート x 2
HDMI 2.0 出力端子 × 1
USB Type-A ×1
microSDカードスロット
Thunderbolt 3ポート x 4

4つもポートがあるので、SDカードとか使いたい人は別売りのアダプタ等購入する必要があります。

問題ないといえば問題ないですが、まだUSB-Aは結構使うし1つくらいはUSB-A乗っけといてほしいよなぁ・・・

7,価格は?【重要】

そしてコスパ重視の当ブログとして外せないのが価格!

まずSpectrex360 15インチはパフォーマンスモデルとパフォーマンス+モデルの2つがあり、執筆時点の価格はこんな感じ↓

Spectrex360 15インチ パフォーマンス パフォーマンス+
価格(税抜) 227,800~ 249,800~
ディスプレイ UHD(4K)・IPSタッチディスプレイ UHD(4K)OLED・タッチディスプレイ
ストレージ 512GB SSD 1TB SSD
バッテリー持ち 約15時間 約8時間30分

なにもオプションなどを付けない場合の最低価格差は2万2千円。

パフォーマンス+だとディスプレイが有機ELになり、ストレージが1TBになっていて25万!

くっ!私のような一般ピーポーにはかなり厳しい価格設定。

HPのPCは販売後しばらくすると、価格が少し下がるのでもう少し下がりそうな気はしますが、安くはないですね。

ただ、MacBook Proはもっと高い。鬼のように高い。悪魔的に高い。

MacBook Proは自分で好きなようにオプション設定できるので、この価格!っと提示しにくいんですが、多くの人が選ぶであろう構成はこんな感じ↓

MacBook Pro
16インチ
最安構成 ミドルスペック構成 高スペック構成
価格(税抜) 248,800円 338,800円 498,800円
メモリ 16GB 32GB 64GB
ストレージ 512GB SSD 1TB SSD 2TB SSD
GPU Radeon Pro 5300M(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載) Radeon Pro 5500M
(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
Radeon Pro 5600M
(8GB HBM2メ‍モ‍リ搭載)

最も最安の構成であればSpectrex360と5000円程度しか変わらない価格に!

ただ、ストレージは512GBだしGPUも、5300Mなので明らかにSpectrex360よりも低スペックです。

どうしてもMAC OSじゃないとダメなんだ!って人は引き止めはしませんが、最低構成だったら正直コスパはかなり悪いです(汗)

スペックだけで言うなら最小構成ならMacBook Proを選ぶ理由は無いッ!っと言ってもいいかと。

ただし!Spectrex360は16GBしかメモリが詰めない、GPUもグレードアップできないので、一概にSpectrex360が勝ち!とも言えません。

価格こそ鬼のように高いですが、MacBook Proは32GB以上メモリが積めますし、GPUも必要に応じてSpectrex360よりも1,6倍くらいは性能が高いものも選べます。

もし、あなたが「普通のノートPCの性能じゃまったく物足りない!」っというなら選択の余地はありません。

MacBook Pro一択です。高いケド・・・

とはいえ、Spectrex360やMacBook Proの最低構成でも、ノートPCとしては最高クラスのスペックなので、ほとんど人はこれでも十分満足できるスペックかと。

【結論】結局どっちが買い?あなた向きのPCは・・・

結局どれが買いなのか?!ですが、私でしたらSpectrex360を買いますっ!

「ハァ?Appleアンチが!」っと思われる人もいるかもですが、ちょっと待って!これには明確な理由があります。

私の場合、外ではそれほど重いGPUを使うような作業はしないし、GPUを積んでいるデスクトップPCもあります。

なので、動画を編集する際はデスクトップを使い、外出する際に軽い作業をSpectrex360でしておき、帰ってきてからガッツリ重い作業をするという、使い方が出来ます。

でSpectrex360と同じくらいの性能のMacBook Proの構成と比べたら、コスパ的には明らかにSpectrex360の方が上。

っということを考えると、私の用途であれば間違いなくSpectrex360が適してます。

ただ、あなたが「Spectrex360程度の性能では物足りんわ!(4K動画とかもガッツリ)」「家にデスクトップとか置きたくない」

っというのであればMacBook Proのミドルスペック構成で運用するのもアリ!だと思います。

あとは出張とかが多く外でも動画、画像、グラフィックを使う作業が多い人とかですね。

この辺りの人は16GBしかメモリが無いと発狂する恐れがあるので32GB~のMacBook Proを選ぶんだ方が幸せになれるはず。

っというわけで、PC選びの参考にしていただければ幸いですm(_ _)m

⇛【2020年版】HP Spectre x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

16インチMacBook Pro 公式はコチラ

またその他の関連記事も参考にしてみてください↓
【2020モデル】HP ENVY x360 15インチ Ryzenとintelの特徴5つを比較!どっちが買い?

【2020版】本当に買い?HP Spectre x360 15インチの7つの特徴をレビュー!




もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事