【レビュー】M705mマウスを1年使い続けてわかった3つの長所&短所とは?

私がロジクールのマウスM705mを1年使ってみた感想レビューをアツく語っていこうと思います。

結論から言うと、特にスゴイ!って機能は無いのです。ボタンが7つある所以外は本当に全てが平凡。

が、価格相応に良マウスなのは間違いない!っと言うのが1年間毎日使い続けてきた私の感想。

7つボタンがあり、親指を1cm動かすだけでコピペも一瞬でできてしまうし、ページの前後も中指を0,1mmくらい横にずらすだけで出来るようになるので、WEBブラウジングがめちゃ快適になります。

ただし!たった1つだけイラッとしてしまう短所があるんですよね・・・今回は長所だけで無く、短所についてもお伝えしていこうかと思います。

ロジクールマウス M705m

対応OS Windows、Mac
センサー方式 アドバンス オプティカル トラッキング
電池寿命 (使用環境・状況によって異なります) 3年間
使用電池 単三形乾電池 x2本
総ボタン数 (チルト機能含む) 7
チルト機能
高速スクロールホイール
接続方法 USB Unifyingレシーバー

 

1,電池持ちは良し!

毎日、毎日1年間ヘビーに使い続けている私ですが、本当に電池持ちが良いっ!未だに最初から付属している試用電池が入ったまま。

電池の残量が見れる設定画面を見ると残りのメモリが1になっているので、流石にそろそろ電池切れになる可能性はありますが、1年も持ってくれるなら何も不満ナシ!

流石に毎日使っているので、公式が宣伝している”最大3年の電池持ち”とまではいかないものの、一回の電池切り替えで1年以上持つなら全然アリですね。

2,任意のボタンを割り当てられる

左サイドに2つ。中央にチルトホイール+3つのボタンがあり、この5つのボタンを自分の任意動作に割り当てる事ができるのが最高のメリット。

意外と7つボタンってありそうでなかったりするんですよね(汗)

私の場合ブログ執筆する機会が多いので、コピペと複数タブを開きまくる事が多いです。

なので、左のサイド2つのボタンはコピペボタンに割り当てております。

もうね。これが最高過ぎるっ!

ブラウジング中に気になる単語があったり、自分の過去の記事から「この文章だけ抜き出したいな~」という時は、コピーしたい部分を選択して親指を数cm前後に動かすだけで、コピペができちゃいます。

マウスだけでコピペしようとすると、コピーした部分を選択⇛右クリック⇛コピー⇛貼り付けっと手順が多くどんなに高速で操作しても1,2秒かかっていました。

が、サイドボタンにコピペを割り当てる事で、コピペ作業が誇張表現なしで0,1秒くらいに短縮されます。

単純計算1日100回コピペすると100秒かかっていたものが、10秒に短縮されます。

これが1年続くと、36500秒(10時間)⇛3650秒(1時間)っとぬぁんと!9時間もの時短になるわけです。

これが5年続くと45時間もの差。これが10年続くと90時間、、、これが20年続くと・・・

っとたったコピペという単純な作業だけでも、長い目で見るとかなりの時短になります。

90時間も余裕がでたら、アマプラで40本くらい映画見れちゃうよぉ~。。。

時短ができるというのもメリットですが、コピペする度に右クリックして~という動作から開放されたと言うのが大きいですね。

そして、もう1つがタブ切り替え機能に割当て出来る!という点。

中央のチルトホイールも左右と中央にボタンがあるのですが、これをタブの切り替えに設定しています。これにより高速WEBブラウジングが可能に!

今開いているタブの左のタブを開きたい場合はこのようなショートカットを割り当てる事で、左のタブを開く事ができます。

逆に今開いているタブの右側のタブを開きたい場合は、このようなショートカットを設定すればOK。

更にGoogleブラウザの拡張機能『Link Blanker』を使えば、クリックしたリンク先が別タブで開くようにできます。

Link Blanker

検索エンジンからページをとりあえずクリックしまくって、チルトボタンを左右に動かすだけで、高速ブラウジングすることが可能に!

検索エンジン⇛記事⇛検索エンジンに戻る⇛別の記事⇛・・・

っと繰り返して一々、検索エンジンに戻って良記事を見つけ出すのが面倒くさかったのですが、一気に記事を別タブで開けばパッパと良さげな記事を見つけて後はタブを閉じるだけ。

もうこの環境になれてしまうと、iPadとかでWEBブラウジングしているとストレスが溜まってきます。笑

3,チルトホイール

高速ブラウジングに必要な機能の1つが一気にページをスクロールできるチルトホイール機能。

M705mは真ん中のボタンを押すことで”高速スクロール”と”低速スクロール”を切り替えることができます。

ネット上で記事を見ていると結論がなかなか書かれていなくて「結局どう言うことなの?!」っという事があります。

そんな時は高速スクロールで一気にページ下までスクロールできるし、ちょっとずつ読み進めたければ、低速スクロールもできるってわけですね。

上記のボタン割り当てで解説したように、左右のチルトボタンを別タブ切り替えに設定すれば、中指だけでWEBページの縦と横の動きをほぼ全て操作できてしまうんです。

もし、あなたが私のように1日100ページ以上はブラウジングする場合はぜひぜひ、当記事で紹介したボタン割当てと『Link Blanker』の組み合わせを体験してみて欲しいです。

間違いなく中毒になるはず!

(もっと中毒性のあるカスタマイズがあれば、こっそりコメント欄で教えてください)

M705mの3つのデメリットとは?

1,作りはややチープか?

私はあまりマウスに高級感を求める派では無いのですが、Amazonのレビュー記事などを見ると「作りがチープ!」っという口コミが結構多いですね。

確かに1万円前後のマウスに比べると、ちょっと安っぽい感じはするかも・・・?

一応、ラバーグリップになっているので握り心地は悪くない。

反対側もラバーになっているので、握っていて疲れる!って事は無いです。

ただ、メチャクチャ安っぽいか?と言われると、酷く安っぽいって感じもしないでもないです。

決して「ああ、これ高級マウスだ」とは思えませんが、1000円とかのマウスに比べれば全然作りはしっかりしているかと。

チープっぽく感じるかどうか?感じ方は個人差があると思いますが、値段相応かなぁと個人的には感じます。

2,やや重い

これもメチャクチャ気になるっ!ってほどじゃないのですが、電池を2個も使用する分そこそこ重いです。

電池を入れた状態の重量が132gくらい。

私が以前愛用していたロジクールのM545という、ほぼ同機能のマウスだと92g

メッチャ重い!ってわけでは決して無いのですが、よく持ち歩く人の場合だとノートPCをが大体1,3kg、電源アダプターが400g、マウスが132gっとどんどん積み重なって意外に重くなってくるんですよね・・・

私の場合iPadProも持ち歩きたくなってしまうので、更に800gくらい重量が加算されちゃいます(汗)
【9ヵ月レビュー】実はコスパ悪い?iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

更にガッツリ仕事したい!って時はモバイルディスプレイも持ち歩きたいので+800g
【2年使用レビュー】ASUS MB168+の5つのメリット&デメリットとは?

っとアレコレ持って歩こうとすると総重量が3kg~になっちゃいます。他にスマホとかもありますし。

3,設定が反映されない時がある【重要】

M705mで最もストレスを感じるのがコレ!

『LogiOption』というロジクールの公式ソフトウェアでボタンの設定等を割り当て出来るのですが、たま~に設定が反映されない時があるんですよね(汗)

恐らく、、、Windowsをスリープ状態から復帰した場合に設定が反映されない事が多い気がします。

そして、過去に1度だけ何をどうしても変更が反映されない時があったんですよね。

アンイストールしたり、何やらいろいろいじったのだけど、結局解決されず・・・

だったのですが、初期設定で「分析データを共有しない」を選択することで、設定が反映されるようになりました。

優良マウスなので分析データくらい共有してあげたい!という所なのですが、設定が反映されないと意味がないので、共有しないをやむを得ず選択したら改善しました。(´;ω;`)

他の方も同じように設定が反映されない場合、共有しないを選択することで改善された!という方もいらっしゃったので、おま環では無いかと思います。思いたい。

M705mを使っていて一番のストレスはこの設定が反映されない点でしたが、今は反映されているので実質デメリット的な面は2つかなぁ。



【結論】コスパ良し!な優良マウスでした。

本当に「他の7つボタンマウスよりすごく優れている!」ってところは、あまり無いのです。が、”無難に使いやすい”と言うのが最大のメリットになるかなぁと。

もし、あなたがボタン割り当て機能付きのマウスを検討していて、それほど高級感が無くても良い!っと言うなら今回のM705mは検討してもOk!

個人的にはデメリットと言うほどまで安っぽさは感じませんでしたが、よりカッコいいマウスが使いたい!と言うのであれば、最上位機種のコチラも検討しても良いかも↓

本当はコチラの最上位機がかっこよすぎるので購入検討していたのですが、「マウスに1万は…」っと妥協してこちらのM705mを買ったんですよね(涙)

特に何の不満も無く快適に使えているので、正解ではありましたが。

ああ、、でもやっぱり も欲しいなぁ・・・でも機能的にはM705mで十分なんだよなぁ・・・

っと物欲との終わらない戦いの中、当記事を締めくくりたいと思います。




おすすめの記事