打鍵感は微妙?ロジクール K380を購入レビュー!4つの特徴&短所を解説します!

今回はロジクールのモバイルキーボード『Logicool K380』を自腹レビュー!

iPad用に新しいキーボード無いかなぁ?っと思って見つけたのがコレ。

普段は3万円くらいのHHKBキーボードを使っている私の感想だと、打鍵感はかなりビミョーってのが本音。

ただ、機能面ではHHKBより正直優れています。笑 これで3000円前後なら、、、まあアリかなぁっと言った感じ。

というわけで今回はK380を使って分かった特徴&短所を正直に書き綴っていきます。

Logicool K380

製品名 Logicool K380
連続使用可能時間 2年
同時接続数 3台まで
Bluetooth規格 Bluetooth5.0

⇛Logicool K380 現在の価格&詳細はコチラ!

Logicool K380 4つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザインをチェック!キーボードにデザインなんて関係ないだろ!って思う人もいるかもしれませんが、これが大アリ。

カッコいい、美しいデザインのデバイスを使ってると常に触っていたくなる⇛仕事の効率がアップするっというのは絶対にあります。

っということで外箱をチェック。別に高級感は無い。

カッコいいデザインというよりかは、カワイイオシャレ系なデザイン。ボタンが丸形なのがシャレオツ。

普段使っているHHKBというキーボードと並べてみた。

流石に3万超えのキーボードに比べると質感は安っぽく感じてはしまいます。あくまでも10倍くらいするキーボードと比べたら!ですが(汗)

ただ、3000円前後の価格と考えるとかなり質感は良い感じ。

プラスチックの安っぽい質感なんかじゃなく、意外に剛性がありそうな出来。

そして、なんと言っても薄いッ!HHKBの半分くらいしか厚さが無いんじゃないか?!ってくらい薄い!

当たり前ではありますが、持ち運びのしやすさはロジクールの『Logicool K380』の方が上。

適当にカバンに突っ込んでも、膨れることがないのが○。HHKBを持ち運ぼうとすると、厚みがあるので結構カバンを専有するんですよね(汗)

総合的に見ると3000円前後にしては、かなり質感は良い!っと思ったのが正直な本音です。

2、接続がメチャ簡単。

接続がメチャラクです。老若男女全ての人が迷わずで接続できるだろっ!ってくらいラク。

キーボード左上にある黄色のボタンを長押しすると、ペアリングモードに移行するので、接続したいデバイスでキーボード名をクリックするだけ↓

しかも!しかも!同時に3台まで接続先を保存でき、左上の3つのボタンを押すだけで接続デバイスを切り替える事が可能。

例えば接続1は「ノートPC」接続2「iPad」接続3「スマホ」

っと言った具合に登録しておけば、自分が使いたいデバイスを割り当てたボタンを押せば、切り替えできちゃうってことです。

この接続切り替え機能はまじでラク。あぁHHKBにもこの接続切り替え機能がついてればなぁ・・・

3、打鍵感はどうなの?【重要】

最も重要とも言えるのが打鍵感。これは正直言ってHHKBの足元にも及びません。

まあ、10倍くらい価格が違うので当たり前田のクラッカーですが。。。

キーストロークは1,5mmと浅く、キーも柔らかい感触なので打鍵している時の爽快感が全くないんですよね。

キーストロークが浅いだけなら良いんですが、なんか押した感触もグニャっって感じで気持ち悪いです(汗)

正直に言ってしまうと、最近購入した『HPSpectre360 13インチ』のキーボードの方がキーが硬くて、打ち心地は全然上です。

【2019版】Spectre x360 13インチを自腹レビュー!7つの長所&短所を正直に解説!

あなたが柔らかい系のキーボードが好きなら、気にならないかもですが、既にHHKBの固めなキーボードに慣れてしまっている私はこのキーの感触がちょっと気に入りません。

ただ、柔らかい感触なだけあって静音性は高めなので、キーボードの音が気になる環境で使うならこのくらいのぐにゃっと感もアリかな・・・

もし、あなたが『Logicool K380』を検討しているなら、ぜっったいに家電屋さんなどで試打した方が良いです。

サブ的に使うならありですが、う~ん、、、このキーボードで1万文字とかは打ちたくないです。

4、最長2年連続再生可能!

ぬぁんと!このキーボード単4電池2個で2年も電池が持つらしい。

流石に2年は盛りすぎだろっ!っと思っちゃいましたが、一体どんな使い方で2年も持つんだろう。

HHKBもBluetoothキーボードで単3電池2本ですが、1週間くらい1万文字~打っていると電池が切れちゃいます。

残りの電池が表示されないので、外出中に電池が切れたらちょっと面倒くさいなぁ。

ここまでのまとめ
・3000円代にしては質が良い。
・接続先切り替え機能がメチャ便利
・キーストロークはかなり浅め
・最長2年電池が持つ・・・らしい。



購入して感じた2つの短所とは?

1、やはり打鍵感はイマイチ・・・

やっぱり一番残念なのが打鍵感。一応、ヨドバシで試打して「まあ、、このくらいなら使えるかな。」

っと思ってAmazonで購入したんですが、やっぱり長文5000文字とか打ったりするにはストレスが溜まります(汗)

慣れの問題もありそうだけれども、HHKBの打ち心地に慣れてしまったHHKB脳の私にはこれで1万文字とか打ち続けるのは耐えられません。

この打鍵感だったら正直ノートPCのキーボードの方が打ち易さは上に感じました。

2、意外に重い

こんだけ薄いんだから、重量はかなり軽いだろ!っと思いきや意外に重量はあります。

413g!!持ち運び用としては結構重いです(汗)

以前当ブログでレビュを書いたMOBOという持ち運び用キーボードは300g以下

⇛【2年使用レビュー】MOBOキーボードは買い?4つの良い点&悪い点とは?

室内で持ち運びする程度なら400g超えでも、全く問題にならないですが毎日持ち歩くとなるとちょっと重いですね。

iPad自体ケースも含めると800gくらい

なので、このキーボードとiPadを外で作業ししようと思ったら、1,2kgくらい。重量的にはノートPCを持ち運ぶのとあんまり変わらないです(汗)

だったら、ノートPC持ち歩くわァァ!っと言うのが私の結論です。笑

まあどちらにしてもiPadはノートPCの変わりにはならないので、室内で文字を打ちたい時ようのキーボードになりそうな予感です。
【iPad Pro歴2年が語る】iPadで出来る6つの事&PCには及ばない理由とは?

ここまでのまとめ
・打鍵感はグニャっとしていて、イマイチ・・・
・400g超えと持ち歩くには重い。

【結論】安価でそこそこの打鍵感のキーボードを探しているならアリか。

最後にこのキーボードを検討するべき人をまとめてみるとこんな感じ↓

このイヤホンを買うべき人
・3000円前後で薄型のキーボードを探している
・浅いキーストロークが好き。
・静音性高めなのが良い。
・複数のデバイスで使いたい

以上の条件に当てはまるなら、購入検討してもアリかなぁ。あなたが柔らかいストロークが好みなら、かなりコスパが良いキーボードだと思います。

が、私のように「底打ち感が欲しい」っという人が使うとちょっとグニャっとした感触がイマイチに感じるかも(汗)

メールの返信やコメントの返信。SNSでちょっと文字を打つくらいなら全くストレス無く使えますが、3000文字とかの記事を書くぜ!とはあんまり思えませんでした。

3000円前後にしてはかなり作りはしっかりしている印象ですが、打鍵感はかなり好みが分かれそう。

もし、あなたがこのキーボードを検討しているならぜったいに試打してください。

そして!私が今執筆している時点ではありますが、家電屋よりもAmazonの方が圧倒的に価格が安かったです。

ヨドバシでは4000円前後だったんですが、Amazonでは3000円切っていましたので、一度Amazonの価格をチェックすることを強くオススメします↓
⇛Logicool K380 現在の価格&詳細はコチラ!

持ち運び用のキーボードを検討しているのであれば、ぜひ以下の記事も参考にして頂ければ幸いです↓
⇛【2年使用レビュー】MOBOキーボードは買い?4つの良い点&悪い点とは?




おすすめの記事