ノイキャンはどうなの?EP-T18NCを自腹レビュー!7つの特長&短所を正直に書きます!

AUKEYのイヤホンブランドKey Seriesからノイズキャンセリング付きイヤホンが出てました。

え?!この価格でノイキャン付いているけど、本当に使い物になるの?!っと思って買ってみたんですが・・・

結論から言うと、かなり良いッ!です。笑

もし、あなたがコスパ良し!なノイキャン付きイヤホンを検討しているなら、絶対に検討するべきイヤホンの1つなのは間違いないです。

っというわけで使ってみて分かった7つの特長&短所を正直にお伝えしてきますね!


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは↓
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?
ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
迷ったらとりあえずこれ↓買っとけばOK。現時点最強のコスパです。
他より2~10倍高音質&6500万曲配信!日本最強の音楽配信サービス↓
最強の音楽配信はどれ?9つのサービスを徹底比較!私のオススメはコレだっ!!

Key Series EP-T18NC

製品名 Key Series EP-T18NC
連続使用可能時間 最大7時間(ケースと併用した場合は最大24時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX5等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

EP-T18NC 現在の価格&セール等の詳細はコチラ!

Key Series EP-T18NC 7つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザインをチェック。いくらノイキャンが付いてようが、ダサいイヤホンを耳に付けて外出するのは恥ずかしいです・・・私、自意識過剰なので・・・

外箱のデザインをチェック。シンプルでなんとなくAirPodsっぽいような。

外箱に安ぽさは全然ありませんね。外箱がショボいとそれだけで萎えますが、これは結構良い感じ。

というわけでオープンッ!!

ッ!kkかかかっっこいいいいッ!

本当に1万円代のイヤホンなのか?!っと呟いてしまうほど、カッコええェェェ!

コレ言うと某果物メーカーが好きな人に怒られそうですが、正直デザイン的にはあのイヤホンよりカッコいいと思いました。笑

セット内容は耳の大きさに合わせて、変更できるイヤーピースと、USB-C充電ケーブル。そして、AUKEYスペシャルシールが入っているぞ!

本体のデザインは丸っこくてオシャレな感じ。

イヤホンと違ってスゴく高級感があるデザインではないですが、触った感じ安っぽさは無いですね。

なんかコレ見ていたら、大昔に大好きだったバブルガムを思い出した・・・

最近流行りのUSB-C端子が採用されているのが地味に嬉しいポイント。

未だにmicroUSBを採用しているイヤホンとかもありますが、もはや絶滅するのは避けられない運命なので、全てUSB-Cに統一してほしいところ。

ケースの蓋はスライドさせて開ける仕組みなんですが、コレが結構カッコいい。

今まで50個以上は無線イヤホン買ってきましたが、このタイプの開き方のイヤホンは初めてです。

ちゃんと充電ランプが内側に付いてるのも素敵。なぜか高級イヤホンとかって、充電ランプが無いものが多いので、電池残量がわかりにくかったりするんですよね(汗)

そして!メインのイヤホン本体のデザインッ!デザインの好みは人によって違いますが、個人的にはトップクラスにカッコいい!!っと思いました。笑

タップボタンの周りが金属っぽい縁になってて、Keyのブランドロゴもなんかカッコええ。

下の部分も銀色の金属っぽいデザインになってて質感高しっ!

なんかいつまでも見ていられるくらいシャレオツなんですけど。

ボタン部分以外も全体的にマットな質感で高級感アリ。個人的にドストライクなデザインと質感。

同価格帯のイヤホンで言ったら間違いなくトップクラスの高級感&シャレオツデザインだ!っと断言できます。

1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

Keyシリーズのイヤホンは過去にもレビューしてきましたが、全部デザイン性高かったのでかなり期待していたんですが
どれがおすすめ?AUKEY ワイヤレスイヤホン5機種を購入比較してみた!

今回もデザインはめちゃ高くて良い感じ。Keyブランドのロゴがカッコいい。

2、サイズや重さは?

続いて、サイズや重さをチェック。

AirPodsよりは一回り大きいですが、平べったいデザインなのでポッケに入れて持ち歩くのもストレスはそこまで無いです。

ちょぴいと大きめですが、本体重量もイヤホンと合わせて64gと無線イヤホンとしては普通くらいなので、イヤホンの重さでズボンがずり落ちることも無し。

携帯性が高い!とまでは言いませんが、持ち運びしやすい大きさと重さの範囲ではありますね。

3、接続がメチャ簡単

このイヤホンに限った話じゃないですが、接続方法なめちゃ簡単。

蓋を開くとピコピコとペアリングモードになるので↓

スマホ側に表示された、イヤホン名をタップすれば接続完了。

一旦接続したら次回からは蓋を開くだけで接続してくれるので、スンゴク楽。まあ、大抵の無線イヤホンは同じ仕組みなのでこのイヤホンならでは!ってわけじゃないですが。

4、音質はどうなの?【重要】

最も重要とも言えるのが音質!

本当に良い音質なのか?!を検証するために、今現在唯一ハイレゾ音源が聴き放題の『Amazon MUSIC HD』であらゆるジャンルの曲を聴きまくる!
【Amazon Music HDレビュー】Spotify信者が感じた3つの長所&短所とは?

結論から言うと、音質的には”そこそこ良い”という感じの音質。

1万円くらいのイヤホンというのもあって、音の繊細感は高いし1万以下のものよりは音質は良いです。

ただ、ちょっと高音が強く出すぎている感があってきつい高音が鳴るトランペットとか、高い声の女性ボーカルはすこーーし音のカスレが気になります。

低音はそこそこ出ていて強くも弱くもないんですが、高音が強めにチューニングされているので、人によっては物足りなく感じる可能性はありそう。

また、高音>低音>中音域といった音の量感なので、若干中音域が弱いのも気になるところ。

っとちょっと辛口になってしまったのですが、音質はふっつーに良い部類だし、音楽を楽しみたい!って人でもかなり満足度は高いかと。

さすがに2万~のイヤホンとかと比べちゃうと、音の繊細感は低めですが1万円代のこの音質ならアリ!っというのが本音。

5、ノイズキャンセリング機能はどうなの?

そして!最も気になるのがノイズキャンセリング機能!

「えぇ?!1万円代でノイキャンとか絶対地雷だろ!」っと思ったんですが、実際に試してみました。笑

、私が過去に撮影した飛行機の離陸動画を爆音で再生しノイキャン機能を試してみました。(机が低音でブルブル震えるくらい爆音)

結論を言うと、ちゃんと誤魔化しじゃなくちゃんと良い感じにノイズキャンセリングしてくれました。笑

飛行機の低音「ブォォォンッッ!!!」っというノイズは結構削ってくれて、想像以上にノイズキャンセリングしてくれている感じ。

以前5000円くらいでノイキャンイヤホンがあったんですが、コッチはハッキリ言ってほぼ無意味レベルでした・・・
ノイキャンは微妙?Picun JS-6を自腹レビュー!7つの特長&短所を正直に語ります!

なのでこのEP-T18NCもちょっと心配だったんですが、普通に使えるくらいノイキャンしてくれて、1万台でこの機能はアリよりのアリ。

ただし!さすがに2万~超えのノイキャンイヤホンに比べちゃうと、キャンセリング力は劣ります(汗)

2万円くらいでパナソニックがノイキャンイヤホン出しているんですが、コレに比べるとノイキャン力はかなり劣る感じ↓
ノイキャンは微妙?RZ-S50Wを自腹レビュー!8つの特徴&短所を正直に解説します!

と言ってもRZ-S50Wが価格の割にノイキャン力高すぎ!っていうのもありますが・・・

もし、あなたがそこそこのノイキャン力でもOKというなら普通に使えるレベル。

ただとにかくノイキャン力重視!というなら、RZ-S50Wとかのほうが満足度は高いかもですね。価格も高いですが(涙)

6、防水IPX5等級

こんなにカッチョいいのに防水性能も高い!水没はOUTっぽいけど普通に使っていたらまず大丈夫だろ!ってくらい防水性能は高いです。

IPX5=あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)

耳から噴流水が出ても大丈夫なくらい防水性能は高いので、普通に使っていれば水が原因で壊れることは無いはず。

7、ワイヤレス充電にも対応

ノイキャン機能があるのに、この機能まで付いているのかよっ!っとビビったのがコレ。

最近流行りのワイヤレス充電にも対応!ちょっと置く場所がずれると充電できなかったりするので、ややシビア。

ではあるんですが、意外に2万超えのイヤホンとかでも搭載されていないイヤホンが殆どなんですよね。

私は今の所スマホなどの端末がワイヤレス充電に対応していないので、そこまで必要!って感じでもないですが、iPhone使いの人とかには良いかも。

ここまでのまとめ
・高級感、質感かなり高いデザイン
・防水性能はかなり高い
・音質は値段相応にそこそこ良し!
・ノイズキャンセリング力も結構そこそこ高い。
・ワイヤレス充電機能付き



購入して感じた5つの短所とは?

1、高級機に比べるとノイキャンは劣る

上の方でも書きましたが、SONYやらAppleなんかの2万超え高級機に比べるとノイキャン力は劣りますね。

AirPodsProとSONY WF-1000XM3はどっちが買い?重要な5項目を比較した結果・・・

MOMENTUM TWS 2とEAH-AZ70Wはどっちが買い?7つの項目を購入比較してみた!

ただ、だからといって使い物にならない!ってわけでもなく、結構ゴッソリノイズを削ってくれるので個人的にはこの程度でも十分かなぁとは感じます。

音楽をかけながらノイキャンONにしたらそこまで大きな差はない感じ。

2、無料アプリなどは無し

ちょっと残念なのがコレ。最近の無線イヤホンは無料アプリが用意されていて、そこからイヤホンのバージョンアップや音質を変化させたりする事ができるものも多いです。

が、このイヤホンには今の所そういった無料アプリ的なものは無し。

この価格でこれだけ機能があるだけコスパ良いので、私が欲を言い過ぎってのもありますが・・・笑

3、低音強めが好きな人にはやや物足りないか

高音寄りな音質なのであなたが「低音をドゥンドゥン鳴らしたいぜ!」っというならちょっと物足りないかも。

低音もそこそこ出ているんですが、Ankerとかの低音強いイヤホンに比べると量感は少なめ↓
音質イマイチ?Soundcore Liberty 2 Proを自腹レビュー!3つの短所&7つの特徴を解説します。

ただここだけの話、ライバル機に値するAnker Soundcore Liberty Air 2よりは、 EP-T18NCのほうが全然音質は高いです。
音質は微妙?Anker Soundcore Liberty Air 2を自腹レビュー!7つの特徴&短所とは?

低音好きならAnker。そこそこ低音で良いならKeyのイヤホンを選べばいいかなと思います。

4、タッチボタンのミスタッチが多い

このイヤホンに限った事じゃないですが、タッチ式のボタンなのでややミスタッチが気になるかなぁ。

特にイヤホンをつける時にタッチ部分にふっっと触れて音楽が再生されたりするのが、ほんの少しストレス。

5、aptXに対応していない

より低遅延&高音質で音楽が聞ける、apt-Xには非対応。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCよりマシ。 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Androidで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

と言ってもiPhoneなんかはもともとスマホ自体がapt-Xに対応していないし、2万超えのイヤホンとかでも非対応のものは多いです。

実はそこまで大きな影響無いんじゃないか?!って気がしてます。笑

ここまでのまとめ
・高級機に比べるとノイキャン力は弱い
・高音強めなので低音がちょい弱めに感じるかも
・AACとSBCにしか対応していない
・タッチセンサーにふれるとミスタッチがある

【結論】ノイキャン付うどん型イヤホンではコスパ最強クラスか。

最後にこのイヤホンを検討するべき!な人をまとめてみるとこんな感じ↓

このイヤホンを買うべき人
・1万円代で音質そこそこ良い無線イヤホンを探している
・ノイキャン機能を使ってみたい
・けど2万~は高い!
・デザインがカッコいいイヤホンが使いたい!
・ワイヤレス充電使いたい!
と言った感じ。最近は雑誌やらネットの記事で「コスパ最強!」って言葉が溢れかえているので、あんまり使いたくないんですが・・・
ノイキャンイヤホンとしてはコスパ最強レベル!っと断言できます。笑
ノイキャンイヤホンと言ったら安くても2万くらいはしていたんですが、まさか1万円代でこのクオリティのイヤホンが出せるとは(汗)
しかもそれでいてワイヤレス充電なんかの機能もあり、デザインもめちゃカッコいい。
っと考えたらどうネガティブにとっても、コスパ良いとしか言いようが無いです。
正直、同価格帯の某有名メーカーのイヤホンを買うくらいだったら、ぜっっったいコッチの方が良いでしょっ!
っというわけで、もし、あなたがこのイヤホンの購入を検討しているのであれば参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m
その他Keyシリーズのイヤホンレビューも参考にしてみてくださいね。
音質はどうなの?AUKEY EP-T10を自腹レビュー!6つの特徴&短所を解説します。
無線イヤホン好きなら見て欲しい記事7選!

何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは?
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?3つの短所も解説!

無線イヤホンで一番人気のブランド。全部買ってみました↓
どれが買い?Ankerワイヤレスイヤホン7万分購入した私のオススメ8選を本音で解説!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

国内最大クラス6500万曲のAmazonミュージックが1ヶ月聴き放題に!
⇛【即解約でもOK!】Amazon MUSICが無料で聴き放題!現在の条件はコチラ!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事