【プロには不要】iPhone11Pro&MAXの4つのダメな点をひたすら挙げてみる。

ついに・・・ついにAppleの公式イベントで最新のiPhoneが発表された!

しかし、今年のAppleの発表会は非常に残念と言わざるおえないです・・・

Androiderな私もこの時期になると、一体どんなiPhoneが発表されるのか?!っとワクワクドキドキ楽しみになり、毎回、毎回物欲が揺さぶられてきました。(去年は物欲に負けてiPadPro11を購入した)

新型が発表されるたびに「ああぁ!ついにiPhoneに乗り換えようなかな」っと1ヵ月くらいは悩まされてきたんです。

しかし!今年の新型iPhoneに関してはまっっったく物欲が1ミリも揺さぶられなかったです(汗)

むしろ、Appleが心配になるレベル。

という事で、今回はiPhone11ProとProMAXのダメだと思った点を、私の完全な独断と偏見で列挙しまくってみます。

iPhone11ProとProMAXの4つのデメリット

1,デザイン

コレコレコレコレ!!

コレッ!!

なぜ、、、なぜ3眼カメラを搭載してしまったのかっ!!

これは、iPhone史上最もダサい・・・と言うよりも”気持ち悪さ”を感じてしまった。何かコチラを覗いているような感じがする。

今までのiPhoneは持っているだけで、所有欲が満たされるほどのうっとりする美しいデザインでした。

事実、5年前に発売されたiPhone6でも性能は劣っているとはいえ、美しさの面では今のスマホと比べても遜色無いです。

美しい。

Beautiful!!

流石に性能面ではモッサリ感があるのは否めないですが、部屋に飾っておきたいほど美しいデザインです。

普段はAndroidスマホを愛用している私も「ああiPhoneってカッコええな・・・乗り換えようなかな・・・」っと何度も何度もデザインに誘惑されてきたんです。

しかし!今回のiPhone11Pro&MAXはまっったく美しいとは思えませんでした(汗)

もうスマホの性能で差別化するのが難しく、中国製のスマホもデザインや性能が高いものが多くなってきているので、カメラ性能で差別化を図ると言うのは分かります。(正直カメラ機能も大差無くなってきているけど)

分かるけど、、、”iPhoneの美しさ”を捨ててまで3眼カメラを搭載する必要はあったのでしょうか?!

本当にみんなそんなにキレイな写真が撮りたいっと思っているでしょうか?!「そこそこキレイな写真が撮れるならいいや!」っと思っているのは私だけなのでしょうか?!

確かにキレイな写真が撮れればそりゃ嬉しいけど、カッコ悪い(失礼!)スマホを持ち歩くくらいなら、多少カメラ機能が劣っていてもXSやXSMAXのような美しいデザインのiPhoneに魅力を感じます。

(実際、物欲が暴走してAndroidから乗り換えようか本気で検討した)

30年近くApple製品のデザインし続けてきたジョナサン・アイブ氏が退社したというニュースがあり「えっ?iPhoneのデザイン大丈夫か?」っと不安を覚えましたが・・・

やはり今回のiPhone11はジョナサン・アイブ氏は関わっていないそうで、不安は的中してしまった(汗)

これは完全に私の妄想話ではありますが、

Appleの技術者「これからは3眼カメラなんだよ!」っという主張と、ジョナサン・アイブ氏の「いやいや、3眼カメラなんて搭載したらAppleのシンプルなデザインが失われてしまう」

と言った内部争いの末、ジョナサン・アイブ氏が去ってしまったのでは?!っと勘ぐってしまった。

いずれにしても、この今までのiPhoneと違ってデザイン性の高さで「所有欲が満たされる」、「他の人に自慢したい!」と思うことは無さそう。

2,ネーミング

「え?スマホでPro?!」私が新型iPhoneの名称を聞いた時に一番最初に感じたのはコレ。

いくらなんでもスマートフォンで”Pro”は無いでしょう(汗)

カメラ性能がアップしたと言っても、一眼レフには足元にも及ばないだろうし、いくら画面がデカイと言ってもPCには及ばないです。全くっと言っていいほどに。

スマホの中ではトップクラスの性能なのだろうけど、Proが使う機材にはどの性能も及びません。それはAppleが一番わかっているはず。

そして、Proと銘打っているのにストレージ容量64GBモデルが販売されているのもブレてる気がします。Proが64GBで足りるわけ無いでしょっ!

なのに、、、ProとかMAXとか安直なネーミングを付けてしまったのが、ちょっと悲しい。

最近のAppleは迷走している!っと指摘する方もおられますが、ネーミングについてもXRと付けてみたり、次にはXRという名称が無くなって11になったりProとかMAXと付けてみたり・・・っとかなり迷走している気がする。

3,価格

毎回毎回のことなんですが、やっぱり今回も価格が高い!とにかく高い!

XSやXSMAXと比べると大体2万ぐらい安い価格設定にはなっているみたいですが、それでも全てのモデルで10万超え。

iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone11
64GB 106,800円 119,800円 74,800
128GB 79,800
256GB 122,800円 135,800円 90,800
512GB 144,800円 157,800円

iPhone11ProMAXの64GBなんて12万!13インチのMacBookair128GBが買えちゃいます・・・

使用用途が全く違うので単純に比較できるわけでもないけど、本当に仕事に使うのであればiPhone11Proの代金をPCに充てて、iPhoneは旧型のものを使い続ける方が間違いなく、仕事効率は上がるはず。

もしくはどうしても今使っているiPhoneがモッサリしているなら、同じチップを搭載しているのに3万円も安く買えるiPhone11を選択するのがベストだと言い切れます。

結局10万以上支払っても、スマホでやる重い作業と言えば”ゲーム””動画撮影”くらいなんだからそれだったら、スマホ代金を本当にプロが使用する機材である一眼レフやPC代に充てる方が幸せになれるかと。

4,重さ

ジミ~に痛いのがコレ。重さです。普段165gのスマホを使っている私がそれよりも30gほど重いiPhoneXRを持った時でさえ「うおっ!重!」っと感じました。
【1週間レビュー】今は買うな!iPhone XRの強烈な6つのデメリットとは?

しかし、、、新型iPhoneはサイズの小さいPhone11Proでさえ188g。ProMAXに至っては226gッ!鉄アレイかな?

iPhone XR iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
ディスプレイ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
大きさ 高さ150.9mm, 幅75.7mm, 厚さ8.3mm 高さ144mm, 幅71.4mm, 厚さ8.1mm 高さ158.0mm, 幅77.8mm, 厚さ8.1mm
重さ 194g 188g 226g

私がiPhoneXRを1週間使った感じでは、ズッシリ感はあったもののガマンは出来るレベル。

なのでiPhone11Proは許容内かと思います。ただし、MAX、、、キミはダメだ、重すぎる・・・

スマホの利点はサッと取り出してパパっと片手で華麗にメッセージを打つ、貴重な場面をカメラで瞬時に抑えると言った点だと思うのですが、226gはあまりにも重すぎる。(iPhoneXSMAXより18gも重い)

【結論】本当のプロはiPhone11Proを買わないような気がします・・・

今年は一体どんな製品を見せてくれるのか?っとドキがムネムネしましたが、今年は本当に残念。

というか心配になってしまった。(汗)

私自身はApple信者でもAndroid信者でも無いですが、iPaderな私からすると今後のAppleが心配です。「このデザイン、ネーミングでGOだしちゃうのか!」っと。

そしてやっぱり触れないといけないのが価格ですね。

チップ性能やカメラが3眼になっているなど確かにハイエンドモデルスマホなのは間違いないですが、全てのモデルが10万超えはあまりにも高すぎるっ!

本当に仕事に使うような写真家さんや動画クリエイターのようなプロであれば、一眼レフなどを購入するだろうし、動画編集だって結局は編集ソフトや操作面ではPCに遠く及びません。

お金があまり余っていると言うなら購入検討しても良いのだろうけど、少しでも経費削減したいというプロの方はiPhone11+カメラやPCを購入した方がよりクオリティの高いコンテンツが作れるのは間違いないはず!

本当にその道のプロであるなら、iPhoneだけでコンテンツを作るはずないっというのはAppleだってわかっているはずなのに、安易に”Pro”とネーミングしてしまったのが只々悲しい。

新しいiPhoneが欲しいと言うのであれば間違いなくiPhoneXRの正当進化版である、iPhone11(74,800~)を購入した方が間違いなくぶっちぎりでコスパは良いと思います。

iPhoneXRでさえ、iPhone6と比べるとぶっちぎりでサクッサク、カメラも超絶キレイに撮れるしで、全く不満点も無かったので!
【購入レビュー】iPhone6 vs iPhoneXRこんなに違うの?!5つの違いを解説!




おすすめの記事