【2020】iPad Pro11とiPad Air第4世代の重要な8つの違いとは?

iPadの新型キタ-!!っということで、今回はiPadProと大幅にバージョンアップされたiPadAir第4世代はどっちが買いなのか?!重要な7つを比較していこうと思います。

結論から言うとiPadAirが買い。間違いなく、殆どの人はコッチでOK。

iPadProを購入した私からするとかなり悔しいんですが、iPadAirはもはやiPadProじゃんっ!っと言いたくなるほどパワーアップしているんですよ。

ただ、気になる弱点的な面もいくつかあるので、その点についても正直に解説していこうと思います。

iPad Pro11 第2世代とiPad Air 第4世代基本スペックを比較

  iPad Pro(第2世代) iPad Air(第4世代)
ディスプレイサイズ 11インチ
10,9インチ
ProMotionディスプレイ 無し
ロック方式 Face ID Touch ID
CPU A12Z Bionic A14 Bionic
ストレージ 128GB~1TB 64GB~256GB
カメラ 12MP広角カメラ

10MP超広角カメラ

12MP広角カメラ
対応Apple Pencil 第2世代 第2世代
スピーカー 4スピーカー 2スピーカー(ステレオ)
センサー LiDARスキャナ
Face ID

3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
価格(税別) Wi-Fiモデル
128GB 84,800円
256GB 95,800円
512GB 117,800円
1TB 139,800円Wi-Fi + Cellularモデル

128GB 101,800円
256GB 112,800円
512GB 134,800円
1TB 156,800円

Wi-Fiモデル

64GB 62,800円
256GB 79,800円

Wi-Fi + Cellularモデル

64GB77,800円
256GB94,800円

Apple iPadAir第4世代の価格や詳細はコチラ!

Apple iPadProの現在の価格や詳細はコチラ!

1,ディスプレイ

まずはディスプレイ。パット見は同じ11インチに見えるんですが、実はAirの方がビミョーにディスプレイサイズが小さくなっているんですよね。

ただ、本体のサイズは厚み以外まったく一緒で、よーーーく見るとAirの方がややベゼルが厚くなっています。

Proと差別化する為に0,1インチ小さくしている?のかもしれませんが、使用感はほぼ体感差無いと言っていいかと。

それよりも大きな違いがpromotionディスプレイです。Proはリフレッシュレート120hzに対応しているので、より画面がヌルヌル動きます。

ただ、私もこのpromotionディスプレイに対応しているiPadProを2年くらい使い続けているんですが、正直無くてもいいかなぁと(汗)

いや、あったらあったで画面がヌルヌル動いて綺麗には見えるんですが、目って1週間もすれば慣れます。

そして、いくら画面がヌルヌルに動くと言ってもWEBサイトや電子書籍閲覧する時ってそんなに恩恵無いんですよ。

画面スクロール(promotionディスプレイ発動)

画面停止(文字や画像を見る)

画面スクロール(promotionディスプレイ発動)

画面停止(文字や画像を見る)

っといった具合に画面を見ている時って基本的に画面は停止しています。つまり、通常のネット閲覧ではスクロールする時くらいしかヌルヌル感は無いんですよね。

よくYahooニュースの画面をヌルヌル動かして比較しているような動画もありますが、特にこれで生活の質が向上するってことは無いです。

そして、動画に関しても私が知っている限り、すべての動画サイトは最高60fpsまでの対応です。

今後120hzのスマホが増えるので、対応する可能性はあるんですが、120fpsの動画に需要があるか?・・・は謎。多分無いです。

高リフレッシュレート90~120hzは意味無し?4つの短所と長所を解説!

promotionディスプレイが必要な人は、コンマ1秒の差で勝敗が別れるようなガチでゲームをやるような人、もしくはペンシルでイラストを描くようなお仕事をされている方くらいか。



2,性能、内蔵チップの違い

もっとも大きな違いとも言えるのがコレ!4世代のAirでは恐らくiPhone12に搭載されるであろう、A14 Bionicチップという最新のチップが搭載されてます。

でどのくらいProと性能差があるのか?!ですが、有名なリーカーの情報によると2020版Proとほぼ同等くらいの性能というのが濃厚みたい。

iPadProのベンチマーク数値↓

iPadAirに搭載されるA14のベンチマーク↓

引用元:https://www.oyazi.site/entry/2020/07/28/190000

引用元:http://www.macotakara.jp/blog/category-51/entry-39523.html

マルチスコアではProの方がやや数値が高いものの、シングルスコアではA14の方が上回っちゃっています・・・

Proが販売された当初はBAKEMONOスペックと言われてた程、高スペックだったんですがそれと同等の性能です。笑

もはやAirじゃなくてProじゃんっ!

ただ、2年使ってきて分かったんですがいくら性能が高くても、やはりiPadはiPad。

ノートPCの代わりにはぜっったいならないってのが私の結論です↓
【iPad Pro歴2年が語る】iPadで出来る6つの事&PCには及ばない理由とは?

iPadでマウス操作する方法と4つの不満点とは?やはりPCには敵いません・・・

3,セキュリティセンサー

ProはフェイスIDを搭載しているので、画面に顔を向けるだけでロックが解除されます。これがスンゴォォォく便利。

一々、電源ボタンをタップしないでも顔認証で爆速でロックが解除されるんですよね。

「あっiPad使いたい」っと思ったら瞬時に使えるというのがProの最高の強みですね。

Airは電源ボタンにタッチIDが搭載されているのみなので、「あiPad使いたい」っと思ったら一々電源ボタンを押さないとロック解除できないです。

これはちょっと面倒な予感。あくまでもProと比べたら・・・ですが(汗)

タッチIDの押しやすさ的には正面にボタンがある通常のiPadの方が押しやすそうです。

4,スピーカー

Proは本当に本当にスピーカーの音質が良いっ!4つのスピーカーが搭載されていて、簡易的なBluetoothスピーカー的に使えるほど音質良き!

旅行に行った時なんかはお気に入りの曲を流したり、”音楽を楽しめる”レベルの音質です。

Airの方は過去のモデルは画面下部からしか音声が出なかったモノラル仕様だったんですが、第4世代では画面を横にするとちゃんとステレオになる用にパワーアップしてます。

恐らく音質的にはProの方が上でしょうが、普通に使う分にはAirでも十分な気はします。

5,ストレージの比較

  iPad Pro(第2世代) iPad Air(第4世代)
価格(税別) Wi-Fiモデル

128GB 84,800円
256GB 95,800円
512GB 117,800円
1TB 139,800円

Wi-Fi + Cellularモデル

128GB 101,800円
256GB 112,800円
512GB 134,800円
1TB 156,800円

Wi-Fiモデル

64GB 62,800円
256GB 79,800円

Wi-Fi + Cellularモデル

64GB77,800円
256GB94,800円

これもかなり大きな違い。Pro版は最大1TBまでストレージが選べるんですが、Airは最大256GBまで。

とは言っても1TBを使い切るなんて動画編集する人など本当にProの人くらいで、私のような一般ピポーには使いきれません(汗)

多けりゃ多いほうが良いのは間違いないですが、その分価格も139,800円と跳ね上がりますからね。

私はiPadPro64GBですが、そこまでゲームや動画をDLしないので十分足りてます。

256GBもあれば大抵の人は十分だし、Proユースで使うとしてもあとからUSB-C端子⇢SDカードなどで別ストレージも使えるので個人的には256GBで良いかなと。

6,カラーデザイン

今ままでiPadはスペースグレーか、シルバーくらいしかなかったんですが、Airはグリーンやブルーなんかも追加されている!

これ、、、めっちゃシャレオツじゃないですかっ!Proの方が高額なんだから、Pro専用のカラーとかあったら良いのになぁ。

7、カメラの違い

  iPad Pro(第2世代) iPad Air(第4世代)
カメラ 12MP広角カメラ

10MP超広角カメラ

12MP広角カメラ

Proは2眼レンズで超広角カメラも搭載されてますので、広大な風景など撮りたい時に有利!

ではあるものの、iPadでいうほど撮影したいか?っというと・・・私はしたくないかな(汗)

今までiPadで撮影している人をたったの1回も見たことないし、私も近くにスマホが無い時に仕方なくカメラを使ったくらいしか記憶がないです。

8,価格【重要】

やはり当ブログとして一番外せないのが価格。

  iPad Pro(第2世代) iPad Air(第4世代)
価格(税別) Wi-Fiモデル

128GB 84,800円
256GB 95,800円
512GB 117,800円
1TB 139,800円

Wi-Fi + Cellularモデル

128GB 101,800円
256GB 112,800円
512GB 134,800円
1TB 156,800円

Wi-Fiモデル

64GB 62,800円
256GB 79,800円

Wi-Fi + Cellularモデル

64GB77,800円
256GB94,800円

ほとんどが容量が違うので単純な比較はできないですが、256GBだけは両モデルで用意されてます。

価格差を見るとWi-Fi版がAirの方が16,000円安く、セルラーモデルは18,000円安くなっていますね。

つまり!あなたが16,000円ちょっと払う価値を感じるか?によってProを選ぶべきか否か?が変わってくるわけです。

私が感じる大きな違いは以下の部分↓

  iPad Pro(第2世代) iPad Air(第4世代)
ディスプレイサイズ 11インチ
10,9インチ
ProMotionディスプレイ 無し
ロック方式 Face ID Touch ID
CPU A12Z Bionic A14 Bionic
カメラ 12MP広角カメラ

10MP超広角カメラ

12MP広角カメラ
スピーカー 4スピーカー 2スピーカー(ステレオ)

チップ性能以外はすべてProの方が優れてはいますが、16,000円プラスする価値があるかというと・・・

うーん、、難しい。笑

個人的にはpromotionディスプレイやスピーカー、カメラは我慢できるんですが、フェイスIDの便利さが失われるのがちょっと痛い気がします。

とは言ってもチップ性能は同等クラスだしなぁ。どちらか1つだけ選べ!っと言われたら・・・

【結論】iPadPro所持している私が1つ選ぶなら・・・

かなり難しい選択ですが、どっちが1つ選べ!っと言われたらiPadAirを選びます。

フェイスIDが無いのが惜しいですが、16,000円の差はデカイ・・・

スピーカーやカメラ、promotionディスプレイの有無もありますが正直この辺りがあっても”生活の質”は変わらないです。(私の使い方では)

であれば、おしゃれなカラーが用意されていて、ベゼルレスディスプレイで安価なAirを選びます。

もし、あなたがどちらか検討しているならぜひぜひ参考に!

【iPad Pro歴2年が語る】iPadで出来る6つの事&PCには及ばない理由とは?

【9ヵ月レビュー】iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

【2020年版】まだiPadPro9,7でゲームは快適?Pro11と比較した結果・・・

iPadにオススメな充電器7選はコレだ!iPad歴3年が目的別に紹介します!




おすすめの記事