【iPadPro11とiPadAir(第3世代)】重要な5つの違いとは?Proは不要かも…

iPadPro11を購入して1年が経とうとしています・・・

1年くらい毎日、毎日使い続けてきて思ったのが、「全然iPadPro11の性能を使いこなせてない」ってことです。笑

Pro11が販売された当初は他のiPadの性能が低かったので、そこそこ優位性が合ったのです。

が、2019年に新型のiPadAirが販売されている今は正直、そこまで大きな違いは無いです(汗)

では一体何が違うのか?どっちを買うべきなのか?!iPadPro11インチを毎日触り続けている私が全力で解説していきます!

iPadPro11とiPadAir(第3世代)を比較!

 

モデル iPad Pro 11 iPad Air 10,5
画面サイズ 11インチ 10,5
内蔵チップ A12X
(A10の約2,5倍向上)
A12
(A10の1,9倍向上)
スピーカー数 4 2
ApplePencil Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil(第1世代)
価格 Wi-Fiモデル
64GB 89,800円(税別)
256GB 106,800円(税別)
512GB 128,800円(税別)
1TB 172,800円(税別)
Wi-Fiモデル
64GB54,800円(税別)
256GB71,800円(税別)

 

1,性能の違い

まずは性能の違いから・・・Pro11インチは現時点では全てのモバイル端末の頂点といってもいいほど、性能が高いA12Xというチップを搭載しています。

A12XはiPhone11に搭載しているA13よりも性能が高いので、現時点ではアップル最強のチップです。

チップの性能が測れるベンチマークソフトを使うと、どこのサイトでもiPhone11は450000前後のスコアですね。

しかーし!iPadPro11は55万くらいスコアがでます。

1年くらい経って入るんですが、2019年11月の時点ではまだ最強の座に君臨しています。笑

一方のiPadAir2019年版は性能が低めとはいえ、iPhoneXSにも搭載されているA12チップが載っています。

大体どこのサイトを見てもベンチマークスコアは320000前後。数字だけみると20万くらいスコア差があるので「スゲー!!かなり差があるっ!」

っとは感じるものの、実際に使ってみるとどちらも性能が高すぎて、まっっったく体感できないレベルです。笑

海外のYou Tuberさんも比較していますが、超ヘビーなゲームでさえ性能差は感じられなかったと結論を出しています。

私自身、iPhoneXSを使ってる人で「なんか動きがモッサリする!」

なんてイラついている人はたったの一人も見たことがないですし、普通に使う分にはほぼ間違いなく体感差は感じないはず。

あなたがiPadの性能をフルに酷使するような作業をするのであれば、体感差は感じるかもですが性能差に関してはほぼ無視して良いです。

正直iPadで仕事ってカッコよく感じて、私もやってみたのですが、圧倒的にPCはの方が仕事しやすいんですよね・・・

iPadで本格的な作業するくらいだったらノートPCはを使うべき!っというのが私の考え。
【iPad Pro歴2年が語る】iPadで出来る6つの事&PCには及ばない理由とは?

性能の差はまっったく気にしなくていいかと。

ここまでのまとめ
・iPadPro11はA12X ベンチスコア55万前後
・iPadAirはA12 ベンチスコア33万前後
・どちらも性能が高いので体感差は感じないレベル。

2,セキュリティの違い

iPadPro11はFACEIDのみに対応しています。FACEIDって顔を向けるだけで解除されるのはラクなんですが、iPadの場合これがデメリットにもなるんですよね・・・

っというのもiPadって倒したまま使う事が結構多いです。

FACEIDの場合は一々、画面を起こして顔認証しないといけないのでこれが結構メンドイ。

一方、iPadAirはタッチIDなので倒して使ってても、そのままタッチすればOK。

古いiPhoneとかだと指紋認証がかなり遅かったり、認証しない事もありましたが今のタッチIDって本当に一瞬で解除してくれるんですよね。

1年くらいFACEID使い続けましたが、ぶっちゃけタッチIDの方が好きかも。笑

っというか両方のセンサーを載せてくれればサイコー!なんですけどね。Appleさんからしたら美しさが損なわれるので、それは出来ないのかもしれません・・・

3,ペンシルの違い

続いてペンシルの違い。iPadPro11はApple Pencil2に対応していますが、iPadAirはApple Pencil1しか使えません。

機能的にはペンシル自体にタッチ機能が付いているのでダブルタップするとペン↔消しゴムっと言った感じに一瞬で機能が切り替えられる↓

あとはわざわざ充電しなくてもiPadにくっつけておけば充電されるのがメリット。一方初代Apple Pencilの場合は充電する時がかなり不格好なのがやや不評。

とは言っても、15秒さしておけば30分は使えるようになるので、別にそこまでストレスに感じた事はないです。

私自身どっちのペンシルもずーーっと使い続けているのですが、正直Apple Pencilでもいいかな・・・とは感じます。

ガチでイラストを書くような人であれば、ちょっとした機能の違いで作用効率が変わってくると思います。

が!私のようにちょっとメモを書く、思いついたアイデアを書く殴るっといった使い方ならぶっちゃけApple Pencil1でも何もストレス無く使えます。笑

人によってはビミョーーにApple Pencil2のほうが書き心地が良く感じられる見たいですが、鈍感な私にはあまり違いが感じられませんでした(汗)

【9ヵ月レビュー】Apple Pencil 初代vs第2世代 重要な5つの違いはコレ!

ここまでのまとめ
・Pro11はApple Pencil2のみ対応
・Airは初代Apple Pencilのみ対応
・機能的にはApple Pencil2の方が上
・本当にビミョーな差なので、イラストレーターさんでもなければ気にならないかも。

4,ディスプレイの違い

結構違うのがコレ!歴代のProシリーズは10,5インチ以降から『プロモーションテクノロジー』という画面がヌルサクの機能があります。

画面のリフレッシュレート(1秒に描写する枚数)が120hzなので、ほんっとーにヌルっサク。

iPadAirは普通のスマホやPCは画面と同じ60hzなので、同時に比較しちゃうとややカクついているように感じちゃいます。

ただし!あくまでも同時に比較したらカクついているように感じるだけであって、単体で使っていれば別に気になりません。笑

事実、プロモーションテクノロジーに対応していない、iPadPro9,7を今でも使っているのですが、カクつきが気になった事は一度もなし。

どっちも併用していて気にならないのだから、片方持ちの場合だったら絶対に気にならないかと思います。

確かにヌルヌル動くので気持ち良いんですが、画面がずーっと動いている事ってほぼありません。

WEBブラウジングする時もスクロール⇛読む⇛スクロール⇛読む

っと画面が止まっている時間のほうが圧倒的に長いので、プロモーションテクノロジーってそんなに意味ないです(汗)

ただ、やはりココでも差が感じられるのがイラストレーターの方。

私はどっちを使っても大した差を感じませんが、ガチでイラストを書く人にとってはこの機能が重要な人もいるみたい。

あなたがイラストをガチで書くのか?否か?でこの機能の必要性を決めれば良いかと。

ここまでのまとめ
・iPadPro11は120Hzなので画面がヌルサク
・とは言ってもiPadAirもストレス無く使える
・私はどっちも使っているが差は気にならない
・イラストをガチで描く人は気になるかも

5,価格の違い

コスパを重視する当ブログとしては外せないのがやっぱりコレ!

言われなくても分かっている!っと言われそうですが、一番安いモデルで比較すると3万5千円もの価格差があります。

しかもApple Pencilも第2世代の方が価格が高いので、ペンシルまで揃えると更に価格差は開いていくんですよね・・・

モデル iPad Pro 11 iPad Air 10,5
Wi-Fiモデル最安値 64GB 89,800円(税別) 64GB54,800円(税別)
本体代+ApplePencil代 104300円 65600円
Pro+Pencilとの価格差 0円 -38700円

3万9千円弱の価格差にもなっちゃいます。新型iPadもう一台買えちゃいます。

今だったらAirPodsProも買えちゃいます。AppleWatch3も買えます。

果たして、3万9千弱もの価格さを払うほどの価値はあるのか?!っと言われるとちょっとむずかしいところがあります。笑

iPadAirよりもかなり性能が劣るiPadPro9,7を今でも使っていますが、

「WEBブラウジング、電子書籍を読む、動画鑑賞メモを書く」

と言った使い方と言った使い方だとあんまり性能差を感じません。
【2019年レビュー】iPadPro9,7は今でも買い?3つの長所&短所を解説します。

であれば、これよりも性能がパワーアップしているiPadAirで十分なんじゃないかなぁと言うのが私の意見ですね。

ここまでのまとめ
・本体代の価格差は3万5千円ほど
・ペンシルを合わせると3万8千円

【結論】どっちを買えばいいの?あなたに合ったiPadはコレ!

結論を言うと殆どの人はiPadAirで十分!これは間違いないです。

私のようにベンチマークの数字を見てニヤニヤしたり、ベゼルレスにロマンを感じるならProもアリだと思います。

ただ、ガッツリイラストを描くような人でも無い限り、実用差は全く感じません。

もし、あなたがどうしても「FACEIDが使いたい!」「最高スペックのものが使いたい!」っというわけでも無ければ間違いなくiPadAirを選ぶ事をオススメします。

私はベゼルレスのiPadがでたらぜっっったいに買うッ!

っとロマンを感じていたので、Pro11を買いましたが、圧倒的に性能が劣るPro9,7でも私の使い方だと全く不満が無い!というのも事実。

正直、11インチでやっている事は全て9,7インチでも全く問題無く同じように出来るので、11インチ買わなくても良かったんじゃないか?疑惑が出ています。笑

満足はしていますが、なかったらなかったで別に生活は不便しないかなぁと。

実用性&コスパ重視ならiPadAir、ロマン&とにかくハイスペックなiPadが欲しい!ならiPadProという基準で選べば間違いないです。

価格が高いけど、iPadPro11に不満が全くないか?と言ったら嘘になりますので、以下の記事も参考にして頂ければ幸いです↓
【9ヵ月レビュー】iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?




おすすめの記事