【9ヵ月レビュー】iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

iPadPro11が発表されそのカッコよさに一目惚れし、普段何か購入するのに1ヵ月は悩みに悩みまくる私が即購入してしまったiPadPro11。

購入して全く後悔はしていませんし、むしろこれからも使っていこう!っと心の底から感じられる”神の板”なのは間違いないです。

しかし!あえてiPadProの良い面では無く、iPadを愛しているがゆえ心を鬼にし、9ヵ月間毎日、毎日iPadに触り続けて分かった7つデメリットをあなたに語らせて頂こうと思います。

もし、あなたが私のようにiPadProが欲しい!っと興奮しているなら、まだ待って欲しいです。なぜなら「欲しい!」っと興奮している時は、商品の良い面しか見ようとしないからです。

当記事で紹介する強烈なデメリットを見て、再度購入を検討してただければ!と思います。

iPadPro11の7つのデメリットとは?

1,指紋が付きまくる

とにかくストレスが溜まりまくるのがコレ!!私が画面にフィルムを貼らない派なのもあるかもしれませんが、とにかくとにかく指紋が付きまくります。

油取り板か?!ってくらい指紋がベチャベチャ付いてしまい、折角の高画質なディスプレイがどんどん汚れてくるんです↓

Appleの公式サイトによると『耐指紋性撥油コーティング』がディスプレイに施されているようなのですが、私の手汗はそのコーティング力を上回ってしまう模様。

かと言って指紋を拭き取る為にクリーニングクロスで拭き上げても、指紋がヌチャァぁっと伸びるだけで全然拭き取れないし・・・これは結構ストレスが溜まります。

フィルム貼れよ!っと思うかもしれめませんが、スマホよりも大画面なiPadのディスプレイにフィルムを貼るのって凄く難しいんです。

特に不器用な私にはかなり難易度が高く、以前使っていたiPadPro9,7用のフィルムを3枚ムダにした事があります(1枚2000円弱)

フィルムを貼った所で指紋が付きづらいとは限らないし、指紋が付き難いアンチグレアだと画面の繊細さが失われるし、、、うわわぁぁあっと沼に陥った末、フィルムを貼るのは諦めました。笑

もし、あなたがグレア液晶の指紋が付き難いiPad用のフィルムを知っていましたらコッソリ教えて欲しいです。

※結局、指紋が付きにくそうなフィルムを買ってみました。笑 微妙に指紋が付きにくくなったかも
【レビュー】iPadPro11ガラスフィルムはコレ!コスパ最高だが弱点も・・・

2,顔認証してくれない・・・

コレも地味にストレスが溜まります。iPadPro11からは指紋認証が完全に廃止され、画面上部に顔認識するカメラが搭載されているんです。

が、これが結構厄介な時が多くて自分の指や手の甲が自然にカメラを塞いでしまって、認識してくれない時がかなり多い。

iPhoneXなどのスマホなんかだったらほぼ縦持ちなので、カメラを塞ぐ事ってあまり無いと思いますが、タブレットは横持ちも結構多いんですよね。

横持ちしようとするとなると画面には触れたく無いから、ベゼル付近を持とうとするのですがこんな感じでカメラを塞いでしまってiPadに「カメラが覆われてしまっています」と怒られる事が多い。

例えエラーになっても、「すいませんっ!iPadさん!(チッ!とっとと認証してくれや)」っと手を横にスライドさせれば、即認証してくれはします。

ただ、この一瞬の認証の遅れが何度も続くとこれがなかなかのストレス。

iPadの上部にカメラを設置するんじゃなく、この辺りに設置していれば横持ちでも縦持ちでもエラーが出にくいような気がするのですが・・・

Apple的にはカッコ悪いのかもしれませんね。もしくは指紋認証も付けるとか、、、うーんでもそれはそれでカッコ悪いのかも(汗)

もう一点気になるのが、iPadをテーブルに置いて使っているとロック解除の為に、一々カメラを自分に傾けるか、覗き込まないと行けないのがちょっと面倒。

もし、あなたがiPadProを購入した場合、何度も何度もカメラを覆われているとiPadに怒られるのは覚悟しておいたほうが良いです。

3、アプリが対応していないことがある

あなたがiPhoneと同じアプリをでかい画面で使いたい!っと思ったらiPadにも対応しているのか?購入前に確認しておいた方が良いです。

っというのもアプリ自体は使えるけどiPadに最適化されていないアプリもあるので、画像のようにデカ黒枠が表示されてしまうものもあるんです↓

私が購入した当初はAmazonPrimeやNetflixなどの、画面表示大きさが重要な動画アプリも最適化されていなかったんですよね。

「せっかく大画面で鑑賞したいのに、黒枠があるんじゃ11インチの意味ないじゃんっ」みたいな。笑

流石にアマプラやNetflix系などのメジャーなアプリは今は11インチにも最適化されていますが、マイナーなアプリは最適化されていない可能性もあります。

普段iPhoneで使っているからと言ってそのままキレイに表示されるとは限らないので、その点は注意。

4,意外とバッテリー持ちは悪い

私はそんなにヘビーな使い方はしないのですが、思ったよりもバッテリーの減る速度が早い!っと感じます。

私がiPadですることと言えば、You Tube、書籍閲覧、WEBブラウジング、Apple Pencilでちょっとしたアウトプットくらい。

恐らくiPadの頭脳を10%も使えていないんじゃないか?ってくらいライトな使い方しかしていないのですが、体感的に3~4日使っているとバッテリーが無くなってくる感じ。

ただ、充電速度に関してはPD(Power Delivery)に対応していて、爆速で充電出来ますのでそこまでストレスを感じる事は少ないです。

5,Apple Pencilが転げ落ちる!

外出時にかなりソワソワするのがApple Pencilが転げ落ちる!という点です。

iPadPro11はApple Pencilをカチッっと磁石で本体に充電しながら、くっつけておけるのでかなり便利。

ではあるのですが、、、家の中ならまだしも外出時にポロンっっと落ちてしまうこともたまーにあるんですよね。

そこそこ磁力が強いので軽く触れただけじゃ、全く取れないのですがスリーブケースから取り出す時にケース内に落ちている事が多々あります。

縦の吸い付きは中々強いのですが、横からの力には弱いらしく横から当たると簡単にポロッと落ちます。

紛失するのが心配だ!という人は外出時には別で持ち歩くなどの工夫が必要かも・・・

6,高すぎるッ!

やはり一番のデメリットはコレでしょう。タブレット端末の中では圧倒的、ぶっちぎりで高い!です(汗)

私はタブレットの中に動画など思いデータを入れないので最も安い64GのWi-Fiモデルを購入しました。

が、最安値のモデルでも89000円(税別)と鬼のように高いっ!更に新型のApple Pencilも同時に購入すると+14500円(税別)

合計すると、103500円(税別)!!10万円を超えちゃいます・・・私のような一般ピーポーには高すぎる!

1つ下のモデルである『iPad air』の64Gなら54800円(税別)と3万5千ほど安い価格で購入できちゃうのですよね・・・

更に旧型のApple Pencilなら10800円(税別)と新型ペンシルよりも安く購入できます。

iPadairと旧型Pencilを購入すると65600円(税別)これでも決して安いとは言えないですが、iPadPro11よりも37900円も安く手に入れる事ができちゃいます。

【iPad vs Air vs Pro】コスパ最高はどれ?5つの重要な点を徹底比較!

モデル iPad Pro 11(2019) iPad Air 10,5 iPad(第7世代)
Wi-Fiモデル最安値 64GB
89,800円(税別)
64GB
54,800円(税別)
32GB
34,800円(税別)
本体代+ApplePencil代 104300円 65600円 45600円
Pro+Pencilとの価格差 0円 -38700円 -58700円

※2020年モデルiPadPro11は128GB、84800円になっています。

丁度、iPadAirとiPadを1台ずつ買ったら、iPadPro11が1台買えちゃう値段設定。

うーむ、、4万弱もあればノートPCやらスマホやらに充てられるし、iPadPro9,7も持っている私からすると「4万円もの価格差を払うほど利便性は変わらない」と言うのが正直なところ。

確かに性能やらPencilの書き心地は本当に微妙~に違います。

ただ、旧型のiPadでも十分WEBブラウジングや動画閲覧程度なら、スペック不足は全く感じません。
【2020年レビュー】iPadPro9,7は今でも買い?3つの長所&短所を解説します。

むしろ、私の使い方だと旧式のiPadですら持て余している感があります。笑

もし、あなたが非常に重いデータ処理をするつもりなら、新型のiPadPro11を検討しても良いと思います。

とは言っても以前書いたようにタブレット端末はノートPCの”完全下位互換”のガジェットなので、本格的な作業をしたいならノートPC代に予算充てた方が確実に幸せになれるのは間違いないです。

【タブレット歴5年が解説】本当に必要?タブレットを薦めない5つの理由とは?

私のようにWEBブラウジング、動画、書籍閲覧やイラスト作成くらいであれば、現在iPadPro11の1つ下のモデルである、iPad airで十分。

むしろ、画面の小ささが気にならないのであれば、更に安い通常のiPadでも十分満足できるかと。

コストパフォーマンスで言ったら、絶対にiPadairの方が優れていると断言できます。

7,サファリ!

私はWEBブラウジングの際に「調べたいワードをコピー⇛ネットで検索」という機能をよく使うのですが、iPadでこれをするとSafariで表示されるんですよね。

これがちょっとストレスです。ブラウザを設定で変更出来るのかと思いきや、Safariしか使えないみたい。

iPhoneユーザーの方で普段からSafariに使い慣れている人は良いかもですが、私のようにスマホはAndroid、タブレットはiOSという人にとっては微妙な使いづらさがありますね。

自分で使うブラウザくらい、自分で選ばせてくれ!っと叫びたくなりますが、Apple製品を使いたければAppleに従うしか無い(´;ω;`)

【結論】性能は最高だが、コスパは悪いかも・・・

ここまでiPadPro11をボロクソに書いてしまいました。しかし、これは決してiPadが憎くて書いているわけじゃなく、私がiPadを愛しているが故、心を鬼にして記事を執筆していることはご理解頂ければ幸いです。

結局iPadPro11を買って良かったのか?というと、全く後悔はしていません。が、iPadPro9,7インチから買い換える必要はあったのか?というとコレは絶対にNO!!!

確かに画面が大きくなったり内蔵しているチップの性能が何倍も凄くなっていたり、進化している部分は多々あります。

ありますけど、私の使い方だと旧型iPadPro9,7でもモタツキは一切感じませんでしたし、やることは全く一緒。

iPadPro11だから出来るようになった!っという使い方は何1つ無いんです。

私の場合「無駄遣いとは分かってはいる!だがベゼルレスのiPadが出たら即買う!」っと自己洗脳していたので全く後悔はありません。

ただ、純粋にiPadが使いたい!と言う友人や知人がProかairで迷っていたら、間っっ違いなくairをオススメすると思います。笑

iPadが欲しいという人の99%は4万円くらい安いiPad airで十分満足できるはず。

iPadProで出来ることはiPadairでほぼ全て出来るのだから、コストパフォーマンス的にはiPad airの方が断然高い!

っとネットの片隅で叫んで当記事を締めくくりたいと思います。

【2020】新型iPadProとAirはどっちが買い?iPadPro歴2年が本音で比較!

【iPadPro11とiPadAir(第3世代)】重要な5つの違いとは?Proは不要かも…




おすすめの記事