まだ買うな!iPadProはPCの代わりになる?私が感じた9つのストレスとは?

私がiPadPro11を購入して9ヵ月が経過した。

どうにか頑張ってノートPCの変わりにならないか?カフェでドヤれないか?もがいて、もがいてもがきましたが、、、「iPadはノートPCの変わりにはならない!」という結論に達しました。

っというのもストレスが貯まりまくり!で結局、iPadに気を使うことが多いので「だったら無理してiPadをじゃなくてノートPCをで良いじゃん」っと思っちゃいました。

ここでは私が感じたiPadProの9つのストレスを書き綴っていこうと思います。

私が感じた9つのストレスとは?

ノートPCの代わりにならない!っと言っても普段の環境と作業内容によって、ストレスは全然変わってくると思います。

で、私がiPadでしたかった作業はブログ運営、簡単なエクセルなどでの表管理。っと言った感じの執筆作業メインのかるーい作業しかありません。

そして、普段のPCはMACではなくWindow。ここもストレスを感じてしまう1つの要因かもしれませんね・・・

1,画面サイズが小さい

私が購入したiPadProは11インチ。ノートPCでも11インチのサイズは販売されているので、「執筆作業くらいなら余裕でしょ!」っと思っていました。

11インチと13インチじゃたったの2インチだからね!っと思っていた。

が、、普段13インチのノートPCを使う私には狭すぎた・・・あまりにも狭すぎた。どのくらい小さいのか13インチのノートPCと重ねてみるとこんな感じ↓

 

まずWordPressの執筆画面の表示領域が狭いので、文章全体の流れを見たい時に一々スクロールさせるのがヒジョーに面倒!

1段落の流れくらいなら全部表示されるんですが、全体の流れに違和感が無いか?を見たい時は11インチだと表示領域が狭すぎます。

やはり本格的に作業するのであれば、画面がデカイは正義。

2,キーーーボーード!

やはり執筆作業メインの人にとって超絶重要なのがコレ。人類史上最強の入力デバイスとも言える、キーボードが無い。

無いので別途無線キーボードを持っていくことになるのですが、、、やはり持ち運び用のBluetoothキーボードってノートPCと違って打ちづらくてストレス溜まります(汗)

1000文字程度かる~く、下書きするコメントを返信する程度ならアリですが、「うおっしゃ!3000文字~の記事を1記事書くぞ!」っという気にはまっったくならないです(´;ω;`)

かと言って、私が普段使っているHHKBのような本格無線キーボードを持ち歩くとなると、デカイし重いし・・・

だったら、ある程度打ちやすいキーボードが付いているノートPCでええわぁぁ!っとなりました。

3、結局重い。

iPadProのレビュー記事を読むと「iPadは軽いからノートPCよりも取り回しが良い!」的な記事をよく見かけます。が、果たして本当にそうだろうか?

確かにiPadPro11単体の重さは437gと一般的なノートPCの重さ1,3kgと比べるとメチャ軽いです。

しかぁし!ノートPCのように使おうとなると、iPadが立てられるケース、ApplePencil+無線キーボードも持ちかないといけないわけです。

まさか本体だけ裸で持ち歩く人はいないであろうし・・・

これを全部持っていこうとすると、ノートPCまでは行かなくともかなりの重量になってきます。

iPadが立てられるケース+ApplePencilだけでも771g

更に持ち運び用の無線キーボードを持っていこうと思ったら+277g

この時点で合計1048g!!確かに、、、確かに一般的なノートPCより軽いけど、300gくらいしか変わらないなら「画面がデカくてキーボードも使いやすいノートPC持っていくわ!」ってなります。

ガッツリ執筆作業しようと、HHKBを持っていこうと思ったら更に重くなる。合計1356gなりもはやノートPCと全く変わらないですね(汗)ガッツリ作業しようと思ったら、どんどん重くなっていくので結局使いやすいノートPCが良い!ってなります。

4、高い!

やはり何と言っても価格!iPadPro11本体価格だけで、89000円(税別)更にiPadのポテンシャルを引き出すために、ApplePencilが14500円(税別)

これだけで、合計103500円もの大金がかかります。私のような一般ピープルには勇気が必要な金額設定です。(涙)

更にiPadを立てる&保護するためのケースが2000円弱。ちなみに私が購入したのがコレ↓

そして、絶っっ対に必要なのがキーボード!折りたたみの私が購入したキーボードが大体5000円くらい↓

っとこれだけ揃えると結局11万くらいのコストがかかっちゃいます。

流石にハイエンドPCは購入できませんが、執筆作業や軽い画像編集くらい余裕でできるミドルクラスのノートPCは買えちゃう価格ですね・・・

5、WordPressの操作性

コレ!とにかく私が最も使うのがWordPressですが、執筆画面が使いにくい!

っというのも、PCであれば執筆内容の上に記事装飾ボタンが表示されたまま、スクロールできるのですがなぜかiPadだと装飾ボタンが付いてきてくれないんですよね(汗)

なので「ココ赤文字にしたい!」っと思ったら一々、下にスクロールして画面に手を伸ばして装飾したい文章をタップして、上にスクロールして装飾ボタンおして・・・っとしないといけません。

これが最高に面倒くさすぎます。ただこれは私が知らないだけで、何かやり方があるのかもしれません(誰かいい方法があれば教えてくれ~)

現時点では「iPadでは下書きまでしかしたくない。」というのが本音ですね。

6,ソフトの互換性

普段の作業はWindowでしている私からすると普段使っているソフトが使えないのが、かなりメンドクサイ。

iPadもアプリの種類は豊富なので探せば似たようなアプリはあると思うのですが、微妙に使用感が違ったり、Windowでは無料で出来るような物が何故か有料だったり・・・(特に有料の物がかなり多い気がする)

っとこれだったら「WindowのノートPCでええわぁぁ!」っとなります。

7,マウスが使えない!

普段マウスで作業している私からすると、かなりストレスなのがコレ。

マウスであれば、腕を浮かさなくてもキーボードから数センチ横に手をスライドさせるだけで、画面全体が操作できるマウスに手を伸ばすことが出来ます。

しかし!iPadはマウスが使えない。なので一々画面をタップする為に腕を挙げて指で操作しないといけない。

「そんくらいやれよ!」っとお叱りの声もありそうですが、一回一回の労力は足したことが無くてもこれが10回、20回、、、っと積み重なてくると腕がダルくなります。

最もメンドいのがコピペ作業。私は調べ物をする時に調べたいワードをコピー⇛検索に掛けることが1日100回以上あるので、腕に負担がかかりまくります。

うーむこれも何か他のやり方があるのかもしれませんが、現時点ではマウスの方が圧倒的にラク。

※iPadOSのバージョンアップによってマウスが使えるようになりました!
iPadでマウス操作する方法と4つの不満点とは?やはりPCには敵いません・・・

とは言ってもおまけレベルでした。

8、壊れないか?神経質になる。

薄くて軽い!ので心配性の私は「ああ、かばんの中でiPadが折れていないだろうか・・・」っとドキドキしちゃいます。笑

特に飛行機の中でかばんを座席の下に入れる時とかですね。

一応ケースを被せた上にケースを被せて持ち運んでいるのですが、ノートPCよりも薄いので、街の中ではどんな美人がすれ違っても意識はカバンにしかいきません。

薄いは正義!ではあるものの、これ以上は薄さよりも強度を強化してほしい気もする。

9、モバイルディスプレイが使用できない

ノートPCと違って、入力端子がUSBーC1つしかありません。

が、私は外で作業する時はVAIOZにUSB-Aで接続する、モバイルディスプレイを使って作業しています。

外出先でも13インチ+15インチの広々としたで左画面では執筆画面、右画面では調べ物を表示するという作業できるのが、幸せ過ぎるっ!

のですが、残念ながらiPadではモバイルディスプレイ接続できず。11インチのディスプレイでチビチビと作業するしかありません。

一度デカイディスプレイに慣れてしまうと、11インチはキツイ・・・

ノートPCじゃ出来ない!iPadならではの作業とは?

1、イラスト作成

やはりiPad最強のメリットとも言えるのがApplePencil!

あなたがイラスト作成の作業を本格的にこなすのであれば、軽くて薄くて何時でもどこでも無限にイラストが描けるiPadは最高のキャンパスになりうると思います。

私が使っているVAIOZにもデジなんとかという電子ペンがついてましたが、iPadの使用感には遠く及ばず、2回くらい使ってお蔵入りになりました。笑

やはり、電子ペンの使い心地で言ったらApplePencilにかなうペンは無いはず。ただ、私はまっったく絵心が無く「最強のキャンパスがあるのに何も描けない」というのが非常にもどかしい・・・

2、ハンドライティングによる、アウトプット

コレ!私が一番重用しているのがハンドライティングによるアウトプッツ!マインドマップを書いて自分の脳みその中を視覚化したり、思いついたアイデアを瞬時に書き留めておけるのが、最高。

他にもPDFや資料を写真にとって、Pencilで書き込むというような事も可能。

3、超快適な電子書籍

アウトプットについてはノートPCをの方が優れている面が多々ありますが、インプット面で言うとiPadの快適さの方が数倍優れています。

特に電子書籍!スマホで見ると小ッさくて読みづらいし、書籍読む為にわざわざ椅子に座ってノートPCを開くのもメンドクサイし・・・

と何かしらがデメリットがあるものですが、iPadで電子書籍を読む場合はなにもデメリットが無い。

仕事用の書籍を読む時も旅行先の情報を仕入れたい時も、英語のフレーズを覚えたい時もこの魔法の板1つで全てが吸収できます。

電子書籍100冊で大体5~6GB消費すると考えても、私の64GBモデルなら少なく見積もっても500冊以上は持ち歩ける計算になる。

正に自分だけの移動図書館!

ああ、24時間自分の好きな書籍が好きな時に読めるなんて幸せすぎる・・・



【結論】ノートPCの代用で購入検討は辞めるべき!

結論から言うとあなたが現時点でノートPCをを持っていない、今使っているノートPCをと同じように使おうと思っているならぜっったいに止めておけ!っとお伝えしたい。ネットの片隅で叫びたい。

私自身、なんとか頑張ってiPadをドヤれないか試行錯誤しまくりましたが、結局本格的に作業したいなら”ノートPCを持っていく!”のがベストという結論にたどり着きました。

あなたがイラスト作成ではなく、文章作成作業、動画作成がメインであるならまずはPCを買うべきです。絶対に。

iPadはiPadで便利ではありますが、イラストを描くハンドライティングを多用する、電子書籍を読むのが大好きという人でも無ければノートPCを買ったほうが幸せになれるはず。

⇛【9ヵ月レビュー】実はコスパ悪い?iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

もし、あなたがiPadProをノートPC代わりに買おうと思っているなら、絶対に参考にしてください!




おすすめの記事