【iPad vs Air vs Pro】コスパ最高はどれ?5つの重要な点を徹底比較!

iPadが気になる・・・でもiPadの種類多すぎて自分にはどれが良いのか?分からない。というアナタ!

そんなあなたの為に、あなたに本当に合ったコスパ最高のiPadを紹介させて頂きます。

もちろん高けりゃ高いほど、性能が良くなっていくので「価格は気にしないぜ!」とうセレブな人は黙ってiPadProで良いと思います。

しかし!私のような一般ピープルであれば、ただただ高いiPadを購入しても、無駄に高い買い物をしてしまうだけになります。

宝の持ち腐れとは言いませんが、あなたの使う用途によっては低価格のiPadでも十分満足できます。

っというわけでiPad歴2年の私がアナタにあったiPadを重要な5つの点を比較しながら解説していきます!

iPad vs Air vs Proの基本スペック比較

モデル iPad Pro 11 iPad Air 10,5 ipad(第6世代)
画面サイズ 11インチ 10,5 10,2
内蔵チップ A12X
(A10の約2,5倍向上)
A12
(A10の1,9倍向上)
A10
スピーカー数 4 2 2
ApplePencil Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil(第1世代) Apple Pencil(第1世代)
価格 Wi-Fiモデル
64GB 89,800円(税別)
256GB 106,800円(税別)
512GB 128,800円(税別)
1TB 172,800円(税別)
Wi-Fiモデル
64GB54,800円(税別)
256GB71,800円(税別)
Wi-Fiモデル
32GB34,800円(税別)
128GB44,800円(税別)

私が特に重要だ!っと思うスペックを記載してみました。厳密に言うと他にも細々と違いはあるものの、この辺りを抑えておけばOK。

っというわけで比較していきましょう。

1、チップの比較

まずはiPadの頭脳とも言えるCPUを比較。当然価格が高いiPadほど性能が良くなっていく傾向がありますね。

iPadに搭載されているA10チップよりもiPadProの方が2,5倍性能が高いし、Airでも2倍くらいは高い性能を誇っています。

「え~!2倍くらい違うって事は使い物になんないんじゃ?」

っと思う人もいるかと思いますが、ぶっちゃけ通常使用ではそれほど大きな差は無いです(汗)

以下の動画は私が所持してるiPadPro9,7(A10チップよりも性能が低いA9Xチップ)とiPadPro11の動作を比較しているものです↓

まあ、流石に最新のiPadPro11と比較しちゃうと、ややアプリの起動時間が遅い感じはありますが、まっっったくストレス無く使えます。

っというか今でも11と9,7をリアルタイムで使っていますが、「くそっ9,7はモッサリだぜ」っと思った事は本当にたったの1度も無いんです(汗)

そして、更に差が少ないのがiPadProとAir!

コチラの海外のYou TubeさんがiPadProとAirを比較されていますが、重いグラフィックのゲームでもProとAirの違いは分からなかったっと結論づけています。

動作が早いに越した事は無いけれど、動画の編集でもしないのであればProもAirも体感差は感じないのは間違いないでしょう。

性能面で言うなら、もしあなたがサクサク感重視ならAir、価格重視ならiPadを選択するのが良いかと!

ここまでのまとめ
・通常使用ならiPadProもAirも対して変わらない
・iPadのみチップがA10なのでややモッサリ
・ゲームやサクサク感重視ならAir。WEBブラウジング、電子書籍メインならiPadで十分



2,音質の比較

はっきり言って音質はぜんっぜん違います。笑

たかがスピーカーの数が2つ増えただけでしょ?っと思うかもしれませんが、音質に関してはぶっちぎりでProの方が上。

その辺の安いBluetoothスピーカーよりも音質良いです。

何というか今までは音楽が”聞ける”レベルだったものが、音楽を”楽しめる”レベルの違いがあります。

誰もスマホのスピーカーで音楽を楽しもうとしないように、iPadPro以外は音質はそこまで良くないです。これは実際にAppleStoreで聴き比べて見てほしいです。

「えっえっ?こんなに違うの?」っとビビるはず。

ただし。。。いくら音質が良いとは言っても本格的なBluetoothスピーカーには及びません(汗)

映画やドラマをじっくり楽しみたい!って時にはやはり迫力不足なので、旅行時にiPadを持っていけば好きなBGMを流して癒やされる!くらいに思ったほうが良いかも。

私の場合は必ずiPadを持っていきSpotifyを使ってお手軽スピーカーのように使うようにしています。

ここまでのまとめ
・iPadProのみ音質がぶっちぎりで良い!
・音質が気になる人はAppleStoreで絶対にチェックするべき

3,Promotionテクノロジー対応

iPadProのみPromotionテクノロジーに対応しているので、画面がヌルヌル動きます。笑

リフレッシュレートが60なのですが、Proは2倍の120。

ただ、これもリアルタイムでPromotionテクノロジー非対応のiPadPro9,7と対応しているPro11を使っているので断言できますが、目は慣れます!笑

確かに最初は「うお!ヌルヌルサクサクだぁ!」っと感動と興奮の渦に包まれますが、1週間も使えば目は慣れます。本当に。

非対応の9,7も使いますが、確かに比べてしまえばややカクカク感はあるものの、ストレスになるほどじゃありません。

っというのもブラウジングでも電子書籍でも言えますが、常に画面をスクロールするわけじゃなく、気になる所を読む⇛スクロール⇛読む…

っという感じでコンテンツを消費していくので、そこまでPromotionテクノロジーの恩恵を受けている感じは無いんですよ(汗)

ただ、Pencilの書き心地にはかなり影響があるみたい(私には違いが分からなかったですが)

もし、あなたが本格的にイラストを描くのであれば、Promotionテクノロジー対応に対応しているiPadProを選んだ方が良いですね。

ここまでのまとめ
・iPadProのみ画面がヌルヌル動くPromotionテクノロジー対応
・最初は感動するが目は慣れるっ!
・本格的にイラストを描く人はProを検討するのもあり。

4,ApplePencil比較

iPadProのみ、第2世代のApplePencilに対応しています。

違いとしてはダブルタップで機能切り替えできる点と、書き心地が向上しています。

が、本格的にイラストを描く人だと旧世代と新世代の書き心地の違いが感じとれる見たいですが、私には全く分かりません(汗)

まずはiPadPro9,7+ApplePencilで書いてみたのがコチラ↓(プロモーションテクノロジー非対応)

そしてコチラがiPadPro11+第2世代ApplePencil(プロモーションテクノロジー対応)↓

磁石で充電出来る点が一番利便性が向上しているポイントではありますが、それほど劇的に違う!ってほどでも無いような。

より詳しいApplePencilの比較はコチラも参考にしてみてください↓
【9ヵ月レビュー】Apple Pencil 初代vs第2世代 重要な5つの違いはコレ!

5,価格の比較

やはりコスパを重視する当ブログで最も重要とも言える項目がコレ。価格!

まずはそれぞれの一番安いモデルを比較してみると、こんな感じ

モデル iPad Pro 11 iPad Air 10,5 ipad(第7世代)
Wi-Fiモデル最安値 64GB 89,800円(税別) 64GB54,800円(税別) 32GB34,800円(税別)
本体代+ApplePencil代 104300円 65600円 45600円
Pro+Pencilとの価格差 0円 -38700円 -58700円

丁度、iPadAirとiPadを1台ずつ買ったら、iPadPro11が1台買えちゃう値段設定になってます。

最安のiPadとiPadProを比較すると、、、ぬァンと!5万5千もの価格差!

AirとProは体感的な使用感はほぼ変わらないのに、3万5千円もの価格差がありますね・・・

そして、ApplePencilも揃えると更に価格差は広がっていきます(汗)

1年くらいiPadPro11を触り続けていますがぶっちゃけ、これだけの価格差ほど利便性に差があるとは思えません。

あなたがよほど重いゲームをしたり、動画編集を本格的にやるならProの性能も活かせますが、私のようにブラウジングや電子書籍メインだと間違いなくProは持て余します。

サクサク感重視の人はAirでも十分ですし、38700円の差額分はiPhone代に貯金しておく方が絶対に良いかと。

ストレージ容量についてはあなたの使い方によるので「何GBあれば正解!」っというのはありませんが、32GBというストレージ容量はあまりにも少なすぎます。

iPadを検討するなら現実的には1万円高い128GB44,800円(税別)を検討するべきですね。

iPadProの場合はUSB-Cに対応しているので、外部SSDにデータを写せますし、AirだってGoogleDriveと言ったクラウドストレージに繋げばそれほどパンパンになるって事は無いかと。

ProかAirの場合は64GBで十分と言うのが私の意見です。

PDFなどのデータはクラウドストレージにぶっこんでおけば、Wi-Fiモデルでもスマホのテザリング使えば必要な時にDLできますし、私は64GBモデルでストレージ容量でストレスを感じた事はたったの1度もありません。

あなたが動画を入れまくる!っというわけでも無ければ多くても、256GBで十分っというのが私の考えです。

ここまでのまとめ
・ProはPencilも高い
・最安iPadとProの価格差は58700円
・性能がほぼ変わらないAirとProでも38700円もの差がある。

【最重要】あなたはiPadの用途は?

ぶっちゃけ、iPadのスペックを調べまくるよりも重要なのがコレです。

あなたがiPadで何をするのか?!これがハッキリしていないと、無駄に高いiPadを買ってしまったり、逆にスペック不足で後で後悔する可能性があります。

もし、あなたが

・WEBブラウジング
・普通のアプリ
・電子書籍を読む
・SNSに使う
・軽くメモ
・動画鑑賞

これくらいであれば間違いなくiPadで満足できます。

更に加えて「3Dの重いゲームもやりたい」「ちょっと動画編集もする」「サクサク感重視」と言うならiPadAir。

「本格的にイラストを描く」「かなり重い作業をiPadでする」「とにかく最新好き」っという人はiPadProを選ぶのが良いかと。

正直、iPadProでしかできない重い作業というのがまったく思いつかないです(汗)

動画編集とかガチでやるなら絶対ノートPCの方がいいしなぁ・・・
まだ買うな!iPadProはPCの代わりになる?私が感じた9つのストレスとは?

ただ、Pencilの利便性とProのみ12,9インチというデカイキャンパスを使える点から、やはりイラストレーターさんはPro一択かなぁと。

ここまでのまとめ
・仕事に使わないならiPadで十分
・重いゲーム、動画編集もAirでこなせる
・イラスト描く人はPro一択

【結論】iPadPro11を使い続けた私がオススメのiPadはコレだ!

結論から言うと、私が執筆している現時点で一番オススメのiPadはAirの64GBです。間違いなく。

Proと体感的には変わらない使用感、そこそこのストレージ容量、iPadよりも性能が高いA12チップ搭載。

それでいて、Proよりも約35000円くらい安い価格設定。もう間違いなくぶっちぎりでAirがコスパ良いでしょう。笑

iPadPro11を毎日毎日使い続けたから言えるのですが、正直持て余している感がかなりあります。

私は「ベゼルレスのiPadが出たら絶対に即購入する!」

っと神に誓っていたので決して後悔はしていませんが、家族や友人にオススメできるか?というと手放しにオススメ!とも言えません。。。

正直、仕事で使うのであれば圧倒的にPCの方が作業しやすいですし、インプットがメインであればProは必要無いですね(汗)

Proだからといって全ての機能が勝っているか?というとそういうわけでもありませんので↓
【9ヵ月レビュー】iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

っというわけでもしあなたがiPadを選びに迷っていられたら、参考の1つにして頂ければ幸いです。

ここまでのまとめ
・余程重い作業でも無い限りAirでOK
・コスパ重視ならiPadもアリ。
・イラストレーターさん、新しいもの好き以外はProの必要性は感じない。




おすすめの記事