iBasso Audio DC02を自腹レビュー!Amazon MUSIC HDで検証した結果…

ハイレゾ音源が聴き放題のAmazonMUSIC HDを使ってから音質沼にハマりつつあります。

ただ、スマホで再生すると端末の性能の制限で、最高でも24bit/48kHzまでの音質でしか再生できなかったんですよね。

今回のiBasso Audio DC02を使えばAmazon MUSIC HDでも最高24bit/192kHzで聴けるらしいので、購入したのですが結果は・・・


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
もし、あなたが最強のワイヤレスイヤホンを探しているなら絶対に以下の記事だけでも見て欲しいです↓
ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
迷ったらとりあえずこれ↓買っとけばOK。現時点最強のコスパです。
他より2~10倍高音質&6500万曲配信!日本最強の音楽配信サービス↓
【Amazon Music HDレビュー】Spotify信者が感じた3つの長所&短所とは?

iBasso Audio DC02開封レビュー!

カッコイイィ!箱からしてカッコEE!

ドキをムネムネさせながら、箱を開けていく・・・

WOw!なかなかの高級感。

こんな小さいのに本当にDACが載っているのか?!ってほど小さい。

セット内容は説明書とUSB-C⇛USB-Aアダプター、ただし説明書は完全に中国語なので読めまへん。

流石に7000円弱もするアダプタなだけあって、結構高級感はアリアリだと思います。

金メッキがなかなかカッコヨス。電源が入っているのか?分かるランプも付いてます。

全体的に安っぽさとか感じ無かったですし、所有欲はそこそこ満たせそう。

ただ、ケーブルはちょい細めなので乱暴に扱うと断線しそうな予感。

iBasso Audio DC02の現在の価格&詳細はコチラ!

AmazonMUSIC HD×スマホで接続した結果・・・

私が使っているスマホはZenFone5Zという機種で、USB-C端子がついています。

これに繋いで、ハイレゾ音源が聴き放題のAmazonMUSIC HDで最高音質の24bit/192kHzが叩き出せるのか?!検証するというのが今回の趣旨です。
【Amazon Music HDレビュー】Spotify信者が感じた3つの長所&短所とは?

このまま普通にAmazonMUSICHDで再生すると端末性能の制限で24bit/48kHz止まり。。。

本当は24bit/192kHzまで音源ソースがあっても、スマホだけだと最高音質では聴けないのがひっじょーにもどかしかったんです。

しかし!iBasso Audio DC02経由でイヤホンを繋げば、AmazonMUSICHDでも24bit/192kHzで聴くことができる!っと口コミがあったので接続してみました。

が!普通に繋いだときと同じ、24bit/48kHzまでしか再生できません(汗)

iBasso Audio DC02のランプは点灯しているので、認識はされていると思うのですが・・・

あれこれ調べまくっていると、「一度、AmazonMUSICアプリと強制終了して、iBasso Audio DC02を繋いだままにして再起動すれば認識されました」

と言った記事もあったので、試してみたのですが・・・

やはり、24bit/48kHz止まり。

この後も、一度アプリをアンインストール⇛再起動など試してみたのですが、結局最後まで24bit/48kHz止まりでした(涙)

AmazonMUSIC HD自体が現時点では、Androidの外付けDACに対応していないとか何とかみたい。

くぅ~~AmazonMUSICさん、はよ外付けDACに対応してくれぇぇぇ!

もし、あなたがAndroidスマホ&AmazonMUSICでも24bit/48kHzで聴く方法があれば、どうか無知な私にご教授くださいm(_ _)m



iPadPro11に接続してみた結果・・・

もしかしたら、Android端末だからダメなのか?!っと思ってiPadPro11にも繋いでみました。

やはり、Androidと同じで24bit/48kHz止まり。アプリを停止して再起動したりもしたんですが、これもダメ。

「もしかして、これ不良品なんじゃないか?」っと思い始めたのですが・・・

PCに繋いだ結果・・・

最後の手段として、PCに接続。コレでだめなら不良品を掴んだに違いないっ!っと最後の望みを託して繋いでみたんですが・・・

やはり24bit/48kHz・・・くぅ~~!!くやちぃぃ!

「そういや、Windowsってスピーカーの設定で色々変えられたよな・・・」

っと思いつき、スピーカーの設定⇛プロパティから音質が変更出来るのを発見。

設定を最高設定に変えてみたところ、32bit/384Khzという異次元レベルの設定に変わっていました。笑

AmazonMUSIC HDは最高でも24bit/192kHzまでなので、32bit/384Khzの恩恵は受けられないですが(汗)

そんなことはさておき、24bit/192kHzと24bit/48kHzを聴き比べて見まくったのですが・・・

24bit/192kHzの音質はどうなの?

私が愛用しているのはER-4という解像度がメチャ高いイヤホン↓
【10年使用レビュー】ER-4の長所&短所とは?原点にして頂点のイヤホンだ!

10万超えのイヤホンを何個も使っている、猛者でも解像度の高さから最終的にER-4に戻るらしい。

私は流石に10万超えのイヤホンまでは手がでないのですが、たしかに音の分離感、透明感はメチャ高いです。

もう1つは低音が欲しい時に使うハイレゾ対応のイヤホンEM2を使用↓
音質は良い?SIMGOT EM2を本音レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します。

今回はのイヤホンを使って、同じ曲を24bit/192kHzと24bit/48kHzで聴き比べて見ました。

聴き比べて見たのですが、、、

たしかに24bit/48kHzよりも24bit/192kHzの方が音の鮮明感が上がって、キツイ高音でもカスれる事無くなっているような・・・気がする・・・

低音部分もより重厚感が増して、音場も広くなった・・・気がする・・・

う~む、確かに聴き比べれば24bit/48kHzよりも更に音が繊細に、立体感が強く鳴っている気はします。

ただ、SD音質からHD音質を聴いたときほどの感動は無いかなぁ(汗)

SpotifyプレミアムからAmazonMUSIC HDを聴いた時は涙が出るほど音質のよさに感動したんです。笑
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

が、24bit/48kHz⇛24bit/192kHzは聴き比べれば確かに音質良くなってるかな?ってくらいの違いに感じました。

私の耳の性能が24bit/192kHzに対応していない説もありますが、正直感動するほどではないかな・・・

もっと高価なイヤホンやらDAPやら使えば違いがはっきり感じられるのかもしれないですけどね。

流石にそこまでする元気が無いので、私は24bit/48kHz~24bit/192kHz辺りで満足しておこうかと思います。

【結論】AmazonMUSIC HDのみならオススメしません・・・

一応PCでなら24bit/192kHzの最高設定で聴けましたし、違うスマホなら問題なく使えるのかもしれません。

Amazonのレビュー見るとiPadPro11でも問題なく使えました!みたいなレビューはあるので。

iBasso Audio DC02のレビューや現在の価格はコチラ!

ただ、そもそもなんですがAmazonMUSIC HDってハイレゾ音源の曲は多いんですが、大体の曲が24bit/48kHz止まりなんですよね(汗)

24bit/192kHzの曲が聴きてぇぇ!っと思って探しまくったのですが、私が聴くジャンルだとスターウォーズとかくらいしか見つかりませんでした・・・

なので、AmazonMUSICHD&Androidスマホ24bit/192kHz目当てだけで、iBasso Audio DC02を購入するのは今の所ビミョーな気がします。

あなたが聴くジャンルの曲に24bit/192kHzが多いなら、アリかもですがスマホで使えるかどうか?!は分かりません。なんかやり方があるのかなぁ・・・

もし、あなたがAndroidスマホ&AmazonMUSICHDでも使える方法を知っているのであれば、優しく当記事のコメント欄で教えて下さいm(_ _)m

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事5選!

配信曲数、音質、料金が最も優れているのは”意外なあのサービス”でした↓
最強の音楽配信はどれ?9つのサービスを徹底比較!私のオススメはコレだっ!!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

【30日間無料期間有り】AmazonMUSIC HDの現在の価格や詳細はコチラ!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事