【2020】HP ENVY 15インチとMacBookPro 16インチ7つの特徴を徹底比較してみた!

今回はHPのコスパ最強と噂される15インチPC『HP ENVY 15』とみんな大好きAppleの『MacBook Pro16インチ』はどっちが買いなのか?!

を私個人の主観で比較しまくっていきます。

完全に独断と偏見と好みで批判を承知で言ってしまうと、この両機種であれば

間違いなくENVY 15インチの方が買い!っというのが私の結論です。

では一体性能はどの程度違うのか?!見ていきましょう!

あなた向きHPノートPCはどれ?

【2020】ENVY 15インチMacBookPro 16インチ基本スペック

HP ENVY 15 MacBook Pro 16
CPU i7-10750H

i9-10885H

Core i7-9750H

Core i9-9880H

Core i9-9980HK

GPU GTX 1660 Ti with Max-Q

RTX 2060 with Max-Q

 Radeon Pro 5300M

Radeon Pro 5500M

Radeon Pro 5600M

メモリ 16GB~32GB 16GB~64GB
ストレージ 512GB~2TB 1TB~8TB
ディスプレイ フルHD
(1920×1080)UHD(4K)OLED
(3840×2160)
True Toneを採用
16インチRetinaディスプレイ
(3,072 x 1,920ピクセル)
カラー ナチュラルシルバー スペースグレイ
シルバー
通常価格(税抜) 179,800~ 248,800円~

⇛【7%OFFクーポン付き!】HP ENVY  15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

16インチMacBook Proをカスタマイズ

1,デザインは?

まずはPCにとって超絶重要なデザインを比較。っと言ってもデザインに関してはどちらもそんなに大きな差はないなぁと言うのが本音だったり・・・

どちらもアルミ製の素材で高級感アリな質感、かつシンプルなデザインなのでそんなに特徴とかはないですね。

天板のHPのロゴもカッコいい。

ENVYは正直MacBookのパク・・・いや、リスペクトしているんだろうなぁというデザイン。

ただ、カラーリングが今の所普通のシルバーしかないのはちょっと寂しいかも。

一方MacBook Proはみんなが知っているいつものシャレオツなMacBook Proです。笑

角がまるっこいデザインでかつ、アルミニウムの質感が美しいぃ。

個人的にはMacBook Proのデザインの方が好きかなぁ。何よりスペースグレイのカラーがかなり好み。

2,CPU性能の違いは?

今まではHPのENVYシリーズといえば、ミドルスペックなPCが多かったんです。

が!今回の2020版ENVYはちと違います。

「本当にミドル帯シリーズなのか?!」ってほど高性能で、ハッキリ言ってCPU性能だけでいえば、MacBook Pro16インチより高性能です

っというわけでまずはENVYのCPU性能がコチラ↓

CPU  Core™ i7-10750H Core i9-10885H
PCモデル ・ENVY 15
(パフォーマンスモデル)・ENVY 15
(パフォーマンスプラスモデル)
・ENVY 15
( クリエイターモデル)
CPUコア数 6コア 8コア
スレッド数 12スレッド 16スレッド
基本クロック 2.6GHz 2.40GHz
最大ブースト・クロック 5.0GHz 5.30GHz

ENVYの15インチは最上位のクリエイターモデルのみ、intelの第10世代ノートPC向け最強クラスであるi9-10885Hが選択可能。

他のパフォーマンスモデル、パフォーマンスプラスモデルでも10世代ではあるもののi7なので、性能的にはクリエイターモデルより劣ります。

一方、MacBook Pro16インチに採用されているCPUがコチラ↓

MacBook Pro 16インチ Core i7-9750H Core i9-9880H Core i9-9980HK
CPUコア数 6コア 8コア 8コア
スレッド数 12スレッド 16スレッド 16スレッド
基本クロック 2.6GHz 2.7 GHz 2.4 GHz
最大ブースト・クロック 4.5GHz 4.8GHz 5.0GHz

MacBook Proの場合用意されたモデルを選ぶのではなく、自分で自由にカスタマイズ出来るのでちょっと分かりにくいですが、選べるCPUは以上の3タイプ。

全てのモデルがintelの一個前の世代である、第9世代のCPUが採用されています。

先に販売されているので仕方ないんですが、CPUの世代が1つ前なので性能的には全体的にENVY15より劣るんですよね(汗)

では実際にどの程度の性能差があるのか?!あくまでも参考ですが、それぞれのベンチマークの数値をみるとこんな感じ↓

性能比較 Cinebench R20 (Single-Core) Cinebench R20 (Multi-Core) PassMark CPU
i7-10750H 484 2732 12813
i9-10885H 514 3516 16784
Core i7-9750H 441 2653 13540
Core i9-9880H 447 3462 16811
Core i9-9980HK 485 3503 17649

引用:https://www.cpu-monkey.com/ja/cpu-intel_core_i7_10750h-1332

まずはENVYのパフォーマンスプラス、パフォーマンスモデルで採用されている『i7-10750H』のスコアをみると、MacBook Proで採用されている下位の『i7-9750H』よりビミョーにスコアが上回っていますね。

同じコア数で、世代的に10750の方が新しいCPUなのに順当に性能アップされているといったことろ。

ただ、この程度のスコア差だったら正直体感差は感じられないと思います(汗)

それよりも、着目したいのがENVY15のクリエイターモデルで採用される『i9-10885H』ですね。

ぬぁんと!MacBook Proの最上位CPUですらシングルスコア、マルチスコア共に上回っちゃっています・・・

もちろんテスト環境によって数値は微妙に変わってくるので、コレが絶対とは言えないですが、MacBook Pro16より若干性能は上。

もしくはそれに迫るほどの性能があるってのは間違いないかと。

3,GPU性能は?

続いて重要なのがGPU性能。この性能が高ければ高いほど、動画のレンダリング速度が速くなったり、3Dなどグラフィック系の処理が高速になります。

私が愛するサイトThe・比較さんのスコア値をみるとこのような感じになっていました↓

性能比較 3DMark Time Spy
 GTX 1660Ti with Max-Q
(ENVY 15 パフォーマンスモデル)
5030
RTX 2060 Max-Q
(ENVY 15 )
5619
Radeon Pro 5500M 3137
Radeon Pro RX 5600M 5911

引用:https://technical.city/ja/video/GeForce-RTX-2060-Max-Q

引用:https://thehikaku.net/pc/apple/19macbookpro16-bootcamp.html

より詳しい数値などを見たい人はぜひぜひ、The・比較さんのサイトを参考に!めちゃ詳しく計測してくださっています↓
MacBook Pro 16のBoot CampでWindowsを起動しベンチマークを計測

この数値をみるとMacBook Pro16で搭載できるミドルスペックなGPU『Radeon Pro 5500M』よりも、ENVYに搭載されているGPUの方が1,5倍以上スペックが高いことが分かります。

また、MacBook Pro最上位のGPU『Radeon Pro RX 5600M』はかなり性能が高いものの、RTX 2060 Max-Qと大差ないので、体感的な性能差は無いと言っても良いかと。

ENVYの一番安価なモデルでさえ、GPU性能だけで言うと勝っているので、如何にENVY15がコスパ良すぎなのか?!がわかるはず!

4,メモリ

ENVYの方は最高32GBまで選択できるようになっています。

32GBあれば4K動画の編集も出来るくらいには快適なので、ノートPCであれば32GBくらいで良いんじゃないか?!ってのが私の結論。

ただもっとメモリが欲しい!っという人はMacBook Proであれば最高64GBまで選択できます。

その分価格も凄いことになりますが、ノートPCで64GBもメモリが積めるのはほぼ無いので、メモリガッツリ使う人はMacBook Pro一択か。

5,ディスプレイの違い

ENVY15インチは一番安価なモデル以外は4K有機ELディスプレイ(3840×2160)を搭載してます。

一方、MacBook Pro16インチはRetinaディスプレイ(3,072 x 1,920ピクセル)なので、数値上の画素数ではENVYより劣ります。

が、正直ここまで繊細だったら、ほぼ差は無いほど美麗です。

有機ELの方が彩度が高くて美しいは美しいけど、バッテリー持ちは悪くなるし、正直有機ELじゃなくても良いような気がしてます。

6、インターフェース

コレ!個人的にMacBook Proで一番残念なポイントがインターフェースです。

USB-C端子しか搭載されてません・・・

HP ENVY 15 16インチMacBook Pro
インターフェース  USB Type-A 5Gbps ×2
HDMI 2.0 出力端子 × 1
Thunderbolt 3×2
microSDカードスロット
Thunderbolt 3ポート x 4

一方、ENVYはmicroSDカードがあるので、ストレージを拡張したり、動画データを取り入れたりするのも簡単。

更に!USB-Aも付いているので、お気に入りのBluetoothマウスを使うことも簡単に出来る!

マウサーな私としてはせめてUSB-A1つくらいは欲しいところです・・・

7,価格は?【重要】

そしてコスパ重視の当ブログとして外せないのが価格!

まずはENVYの価格を見ていくとこんな感じ↓

ENVY 15インチ パフォーマンスモデル パフォーマンスプラスモデル クリエイターモデル
価格(税抜) 179,800円~ 239,800円~ 289,800円~
メモリ 16GB 32GB 32GB
ストレージ 512GB SSD 2TB SSD 2TB SSD
GPU  GTX 1660Ti with Max-Q RTX 2060 Max-Q RTX 2060 Max-Q

※価格は変動する可能性があるので、公式サイトでチェックしてくださいね↓
⇛【2020】HP ENVY  15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

最安モデルだとメモリが16GBでGPUが1660Tiにランクダウンしてしまうものの、20万以下でこの性能はかなりコスパ良し!だと思います。

ただ、動画編集などガッツリやるとかCPU性能を限界近くまで使うことが多いというのであれば、パフォーマンスプラスモデル~を選びたいところ。

もしあなたが「4K動画とか編集しまくる!」

っというのであれば、クリエイターモデルも視野に入ってきますが、30万弱は・・・殆どの人がオーバースペックになるような(汗)

この性能で30万弱はどう考えてもコスパ良いですけどね。

一方、MacBook Proは自分で好きなようにオプション設定できるので、この価格!っと提示しにくいんですが、多くの人が選ぶであろう構成はこんな感じ↓

MacBook Pro
16インチ
最安構成 ミドルスペック構成 高スペック構成
価格(税抜) 248,800円 338,800円 498,800円
メモリ 16GB 32GB 64GB
ストレージ 512GB SSD 1TB SSD 2TB SSD
GPU Radeon Pro 5300M
(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
Radeon Pro 5500M
(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
Radeon Pro 5600M
(8GB HBM2メ‍モ‍リ搭載)

最安の構成で組んでみても25万弱と、ENVYのパフォーマンスモデルより高くなっちゃいます。

ただ、このくらいのスペックのPCを探している人であれば、間違いなくメモリ16GBじゃ足りないし、GPUも5500Mくらいは欲しいので現実的なのは真ん中のミドルスペック構成かなぁと。

どうやっても30万超えちゃいますね(汗)

ちなみにMacBook Pro16インチでクリエイターモデルと同じCPU構成だと、40万くらいになります・・・(しかもCPUは1つ前の世代)

16インチMacBook Proをカスタマイズ

OSが違うので単純に比較が出来ないですが、性能を考えるとコスパが良いのはどう考えてもENVY15インチなのは間違いないはずっ!

【結論】今だったら、ENVYパフォーマンスモデルを選びます。

こう書いてしまうとAppleアンチ的に見えるかもですが、iPadも愛用し続けているし、むしろAppleは好きなブランドです。笑

ただ、OS抜きにPCの性能差だけで冷静に比較してみると、ENVYの方がコスパが良いっ!ってのが私の結論です。

どうしても、MacOSじゃないと出来ない作業がある!っというなら、MacBook Proを選択するしかないです。

が!別にMacOSじゃなくてもいいなら、同じような性能で10万以上安いENVYの方が間違いなく幸せになれるはず!

っというわけで、この両機種で迷っている!という人は参考の1つにしていただければ幸いですm(_ _)m

⇛【7%OFFクーポン付き!】HP ENVY  15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

16インチMacBook Proをカスタマイズ - スペースグレイ

またその他の関連記事も参考にしてみてください↓
【2020モデル】HP Spectre x360とENVYx360の15インチはどっちが買い?7つの特徴を比較!

【2020版】本当に買い?HP Spectre x360 15インチの7つの特徴をレビュー!




もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事