3000円のスマートウォッチ『Ganriver sw336』を自腹レビュー!5つの短所&長所を正直に解説!

以前からスマートウォッチを使っていたんですが、私が使っているゼンウォッチ3というスマートウォッチはやや年数が経っているのもあって、心拍数を測ったりする機能が無いのが残念だったんです。

っということで見つけたのが今回スマートウォッチGanriver sw336。ぬぁんと!お値段3000円くらい。笑

「絶対ヤヴァイだろっ!ブログのネタにしたろ!」っと思ってあえて地雷を踏んでみたんですが・・・

これが意外に良いッ!んです。

本当はやっぱり中国製はダメですね(キリッ)っと叩きたいところだったらんですが、3000円でコレならアリ。

っというわけで、使って分かった7つの長所&短所を正直に解説していきます!

Ganriver sw336

製品名 Ganriver sw336
連続使用可能時間 約7日くらい
防水性能 IP68等級
Bluetooth規格 Bluetooth4.0
重さ 23g
機能 通知機能、睡眠、心拍計、活動量計

GanRiver sw336 現在の価格&詳細はコチラ!

Ganriver sw336 7つの長所とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザイン。いくら機能性が優れていてもパット見で分かるほどダサかったら腕に付けるのはムリ!です。

パッケージはちょっと安っぽい箱。振ってみるとちょっとカラカラ音が鳴るので、「やっちまったか?!」っとちょっと心配に。

セット内容は説明書とスマートウォッチ本体くらいで、余計なもんはなにもナシ。包装は見ての通りおもちゃみたいなプラのケースに入っててショボい。

ただ、時計自体のデザインは意外にも良さそう。

私はゴールドカラーを選んで見たんですが、正直パット見良いじゃんっ!っと思いました。笑

いやらしいほどゴールド感があるわけじゃなく、カッパーゴールド?的な色味で結構高級感あります。

手に持ってみるとメチャクチャ軽いので、安物感はありますがそれでも3,000円には見えないかと。

ベルト部分はただのシリコン製。

留め具がゴールドになっているので、そこそこカッコいい。

ちゃんと裏面には静脈センサー的なものが付いてます。ホントにこんなので測られるのかいな・・・

っと疑いまくってましたが正確性は分からないですがちゃんと測っている模様。(詳しくは後述)

腕に付けてみるとこんな感じ。

指紋がベタベタついてて申し訳ないです(汗)

どこがタッチセンサーになっているのか?が最初ちょっと分からなかったんですが、下の◯部分のみタッチセンサーになっているみたい。

かっこ悪かったらどうしよう・・・っと思ってたんですが、意外に良い感じでニヤニヤしてしまった。笑

安っぽかったら外出中は外して、家にいるときだけ付けていようと思ったんですが、外につけていっても恥ずかしくないです。

流石に3~4万くらいしたゼンウォッチと比べると、金属っぽい質感は劣るので安っぽさはあるかもですが

【2年使用レビュー】ZenWatch3の3つ良い点&悪い点とは?今は購入注意かも・・・

ちょっと買い物に行くとか、そんな程度なら十分な質感だなと感じたのが本音。

ただ、画面液晶はかなり表示が荒くて「やっちまったか?!」っと思ってしまいました(汗)

流石に有機ELの画面と比べるとショボいはショボい。

とは言え液晶がショボいおかげでバッテリー持ちはメチャクチャ良いのでこの辺りはトレードOFFと言う感じか。

2、心拍数が測れる!

この時計の目玉機能とも言えるのが心拍数が測れる機能。AppleWatchとかにも搭載されている機能ですね。

ホントに測れるのか?!っと思って使ってみました。一応、測れているみたいです↓

ただ適当に数字表示しているだけなんじゃないのか?!っと思って腕から外してみると・・・

かなりタイムラグがあるものの一応、表示が--になっているので、精度はともかく測れているみたい。

うおっしゃーー腹筋ローラーしまくってちゃんと心拍数が上がっているか?!チェックしてやるわっ!っと思って測ってみました腹筋ローラー前↓

43?!だ・・・と?!くッッししぬ・・・

っと死を覚悟したんですが、ちょっとラグがあるみたいで、少ししたらちゃんと上がってきました。腹筋ローラー前↓

私はこの世でスポーツという単語が一番キライなほど、運動嫌いなので腹筋ローラーなぞしたくなかったんですが、全力で10回くらい腹筋ローラーした結果・・・

おお!ちゃんと心拍数が上がっとる!・・・

っというわけで、一応は測っているみたいです。あくまでも目安ですけどね。

3、アラーム機能が神

専用のアプリを導入することで、何時何分にアラームを設定することが可能。

例えば普通に起床アラームとして使うこともできるし、6時からブログを書く!みたいに自分をスケジュール管理することも可能。

ちょっと日本語が怪しい部分もありますが、機能的には問題なし。

”寢りっ!”

最近、モンハンにハマって夜2時位までゲームを続けてしまう、私のような怠惰な人間には最高な機能。

「モンハンやりたいっ!でもブログも書かないと!」って時にアラームが鳴ってくれれば、誘惑に打ち勝ちことができる!・・・はず。

ぶっちゃけ、心拍機能とかよりもこれがメイン機能だと勝手に思い込んでます。笑

4、睡眠トラッキングの精度はそこそこ

睡眠中につけっぱにすることで、どの程度睡眠時間が取れてているのか?睡眠は浅いのか?を可視化することが可能。

ちゃんと睡眠時間測れるのか?!も気になったんですが、意外に精度高いです。

この日はモンハンを3時半までやったのですが、表示上は睡眠開始が3時50分になっているのでだいたいあってますね。

起床時間はもうちょっと早かった気もしますが、大体あってます。

はぁ・・・今度から1時には寝るようにアラームセットしておこう・・・

5、7日間バッテリーが持つ。

液晶画面がショボいっというのもあって、バッテリーの持ちが半端無いです。笑

有機ELのZenFone3だとどう頑張っても1日くらいしか持ちませんが、これ一回充電したら7日くらいふつーに持ちます。

私があんまり機能を使ってないってのもありますが、少なくとも4,5日は持つかと。

ただし!後述しますが、充電方法がメチャメンドウです(汗)

6、完全防水IPX8等級

ぬぁんと!防水規格の中で最も防水性能が高いIPX8に対応。

IPX8=:等級7より厳しい条件で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。常温で水道水、かつ静水の水深1.5mにおいても継続的に水没しても内部に浸水しない。

あくまでも常温での環境下ではありますが、プールなどに入っても大丈夫みたい。

お風呂などお湯には対応していないのでその点は注意。

7、軽い!小さい!

コレ!とにかくかなりメリットに感じたのがコレ。スンゴイ軽いので、1日中付けていてもいらっとしません。

 

私はタイピングする際は絶対に時計を外さないと気持ち悪くて仕方ない派だったんですが、全く重量感がないので付けっぱでも問題ないくらい軽い。

ここまでのまとめ
・3000円代なのにシンプルでカッコいいデザイン。
・防水性能がかなり高い
・メチャ軽い
・バッテリー持ちが1週間くらい持つ
・通知機能や健康管理機能はちゃんと使える



購入して感じた5つの短所とは?

1、スマホのアプリ等は使えない

スマートウォッチではあるんですが、スマホのアプリが使えるわけじゃなく、機能としては健康管理、LINEやSNSのの通知、時計の機能くらい。

このくらい機能があれば十分だろ!とは思いますが、あなたがお気に入りのアプリをこのスマートウォッチで使うとかは出来ない点は注意。

2、バンドが固い

充電する為にバンドを外す必要があるんですが、このバンドが結構固い。

まさか筋トレ機能まで対応しているとは・・・

3、充電がメンドクサイ

バンドを外すと以下のような端子がでてくるのでこの部分をUSB充電機に挿すことで充電が出来ます。

この部分をUSB充電機に挿すんですが、方向を間違えると充電出来ません。

ランプがついていれば充電できているんですが、ランプが付かない側でも普通にサクッと挿せちゃうんですよね。

いちいちちゃんと充電できるか?チェックするのがめんどい・・・っというかバンドを外す作業だけでもメンドイ・・・

更に問題なのが、他の充電端子に干渉するので場所によっては、2つくらい端子が使えなくなります(汗)

メチャクチャバッテリー持ちがいいので、それほどデメリットでもないですが、もうちょい簡単に充電できたらうれぴぃ。

4、歩数のカウント正確性は・・・?

GPSは搭載されていないので、歩数カウントはやや曖昧な感じ。

スマホの歩数計だと3000歩弱だったんですが↓

このスマートウォッチだと5000歩超え↓

スマホと違って家でもずーっと付けっぱなしなので、1000歩くらいは変わりそうですが、GPSよりは精度が低い感じはします。

5、画面が暗め

一応、スマホアプリを使うことで明るさ設定を調整することができるんですが、マックスにしても日中の外では画面がまったく見えない(汗)

日陰などであれば見えるんですが、メチャ晴天の日だと時計としての機能も果たせなくなるのがちょっと残念。

ここまでのまとめ
・充電するのがメンドクサイ
・スマホアプリを使えない
・画面は暗めなので、日中は見えない
・歩数計の精度はイマイチか?

【結論】これで3000円代ならコスパ良いッ!

最後にこのスマートウォッチを検討するべき人をまとめてみるとこんな感じ↓

このイヤホンを買うべき人
・自分にスマートウォッチが合っているのか?ちょっと使ってみたい。
・傷ついた!とか気にせずラフに扱いたい
・お家やちょっと外出する用のスマートウォッチが欲しい。
・健康管理機能やアラーム機能を使ってみたい

以上の当てはまる人なら満足度は高いかと。

実際に使ってみるまでは「ぜったい罠でしょ!」っとか思ってたんですが思いの外普通に機能性、デザイン性とも価格以上に良い感じで勝手正解でした。笑

3000円くらいなので、いちいち傷とか気にせずややラフに扱っても良いのがストレス無くていいですね。

そりゃ5万も6万もするApple Watchとかの方が高級感も機能も上だけど、私のような小心者はちょっと画面が傷ついただけで心拍数が上がっちゃいそうです。

なので、遠出したい時やなにかイベントがある時はAppleWatchなどの高めのスマートウォッチ。

家にいる時や会社など別に他人の目が気にならない!って時はラフに扱える3000円くらいのスマートウォッチを付けるのが正解な気がしてます。

あとは気になるのが耐久度。1年持てば

っというわけで、もしあなたが安価なスマートウォッチってどうなの?!っと気になっていたら参考にしてみてくださいm(_ _)m




おすすめの記事