どっちが買い?GalaxyA7とAQUOS sense3 liteの重要な7つの特徴を比較!

今回はGalaxy A7とAQUOS sense3 liteはどっちが買いなのか?!スペックや機能はどこが違うのか?!を全力解説。

結論から言ってしまうと私的には『Galaxy A7』が買い(というか買った)

当然人によって求める機能などが違うのでぜっったいにコッチ!とは言えないんですが、殆ど人はGalaxy A7を買ったほうが幸せになれるのは間違いないかと。

っというわけで、重要な7つの特徴を比較していきます!

Galaxy A7 vs AQUOS sense3 lite

端末名 Galaxy A7 AQUOS sense3 lite
ディスプレイ 6インチ有機EL
(2280×1080)
約5.5インチフルHD+
(2,160 × 1,080)
性能 Exynos 7885 Snapdragon 630
カメラ トリプルアウトカメラ
2400万画素
500万画素
800万画素

インカメラ
2400万画素

メインカメラ
約1,200万画素

インカメラ
約800万画素

バッテリー量 3300mAh 約4,000mAh
メモリ 4GB 4GB
ストレージ
(データ保存量)
64GB
microSD最大512GB
64GB
microSD最大512GB
おサイフケータイ 非対応 対応
防水 非対応 IPX5/IPX8/ IP6X
指紋認証
顔認証
イヤホンジャック
価格 17,000円前後 23,619円前後

GalaxyA7がRakutenモバイル同時加入で本体価格1万7千円&15,000ポイント還元↓
【300万人限定で1年無料】GalaxyA7の現在の料金&詳細はコチラ!【Rakutenモバイル

どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。

1、デザインはどうなの?

まずはデザインを比較。いくら性能がカッチョよくてもかっこ悪いデザインのスマホを持ち歩くのはイヤ!です。

まずはGalaxy A7のデザインをチェック。ブルー、ゴールド、ブラックの3色展開

なんか画像だとイマイチかっこよく無いんですが、実物はかなりイイッ!です。笑

全然期待していなかったんですが、画像で見るより数十倍輝いてて、高級感アリ!

 

スンゴク、輝いてます。本当にコレが1万円台でゲットできて良いの?ってくらい輝いてます。

最近流行りのベゼルレスデザインではなく、上下にベゼルがあるデザインなんですが、結構ベゼルは薄めなのであまり野暮ったさは感じませんでした。

左はiPhone6

最近の完全ベゼルレスに比べるとほんのすこーし一世代前感はありますが、1万円台でこれなら十分かっこいいっと感じたのが本音。

一方、AQUOS sense3 liteはシンプルなホワイト、ブラックとライトカッパーの3色展開。

こっちは実物を手にしてないんですが、実物画像を見るとGalaxyA7とは違って背面がサラッとした質感になっている感じですね。

コレはコレでアリ。だとは思いますが高級感って点に関して言えばGalaxy A7の方が上なのは間違い無さそう。

2、性能を比較

続いてスマホで最も重要とも言える性能を比較。あくまでも性能の指標ではありますが、内蔵されていているチップの性能を計るベンチーマークの数値的にはこんな感じ↓

端末名 搭載CPU ベンチマークスコア(Antutu V8 )
GalaxyA7 Exynos 7885 約14万前後
AQUOS sense3 lite Snapdragon 630 約12万前後
iPhone6 Apple A8チップ 約10万
iPhone6s Apple A9チップ 約17万前後
iPhone11 Apple
A13 Bionic
55万前後

あくまで目安なのでコレが絶対だ!とは言えないんですが、性能的にはGalaxyA7の方が微妙に上。

とは言っても2万くらいしかスコア差がないので、ネットサーフィンやら動画視聴やら普通に使う分にはそれほど体感差はないくらいですね。

ちなみにGalaxyA7は比較的重めな3Dゲームも一応遊べはしました↓

ただ、低画質設定になってしまうのでガッツリゲームをやりたい!って人にはちょっと物足りないかも(汗)

ツムツムとかパズルゲーム的なものであれば、どちらのスマホでも遊べるので、ちょっとゲームやるくらいなら問題なし。

動作のサクサク感に影響する内部メモリもどちらも4GBとiPhone6sの倍。

端末名 メモリ
AQUOS sense3 lite 4GB
GalaxyA7 4GB
iPhone6 1GB
iPhone6s 2GB

AndroidとiPhoneでは一概に比較はできないんですが、2倍もメモリ差があったらさすがにiPhone6sよりは動作が軽いと思われます。

3、カメラ性能比較

これはもう圧ッッ倒的!にGalaxyA7の方が上。間違いなく。笑

GalaxyA7はトリプルカメラ搭載で画素数が2400万画素あり、超広角カメラも搭載してます。

画素数が多けりゃ良い!ってわけでもないんですが、広角カメラが使えるって点や画素数を考えるとGalaxyA7の方が撮影の幅が広いのは間違いなし!

一方、AQUOS sense3 liteはメインカメラは約1,200万画素で最近のスマホの中では画素数は低め。

とは言っても普通に撮影する分には何も問題なく撮れるので、たまにしかカメラを使わないという人はコレでも十分な気がする。

4、ストレージ比較

スマホ内部にどのくらいデータ容量が入るのか?を示すのがこのストレージ。

これはどちらも内部ストレージ64GB。

ゲームや写真、動画をあまり保存しない人なら64GBでも結構足りちゃいますが、ガンガン写真撮る!って人は64GBだとちょっと厳しいですね・・・

ただ、どっちもmicroSDカード最大512GBまで対応しているので、「容量が足りない!」っと感じたら後から128GBくらいのSDカードでも買って拡張すれば良いだけです。

なのでそんなにデメリットではないですね。

5、ディスプレイ比較

これもGalaxyA7の方が上。人によってはディスプレイサイズが大きいよりサイズが小さい方が良い!って人もいると思いますが、やっぱり画面はデカイ方が快適です。笑

更に!GalaxyA7はこの価格なのに有機ELディスプレイを搭載しているので、めっっちゃ綺麗です。

画像だとまっったく伝わらないかもですが、液晶のiPhone6と比べると発色が段違いに良いっ!

とは言ってもAQUOS sense3 liteも液晶ディスプレイではありますが、フルHD+なのでかなり綺麗です。

一応、SHARP独自のIGZOディスプレイを採用しているらしいけど、、、うーん液晶は液晶だからなぁ(汗)

液晶の美麗度ではGalaxyA7の方が上なのは間違い無いと思います。

6、その他機能の違い

ここまでのスペックは基本的にはGalaxyA7の方が全部上。

なんですが、大きな違いがおサイフケータイの有無!残念ながらGalaxyA7はおサイフケータイが使えません・・・

AQUOS sense3 liteはおサイフケータイ機能が付いているのは国内メーカーの強みですね。

更に!AQUOS sense3 liteは完全防水とも言えるIPX5/IPX8に対応。

ただお風呂対応とは書かれているんですが、IPXの規格って基本的には真水の常温水の防水性能です。

一応、お風呂対応とは言っていますが公式の下の方に書かれているように、お湯がかかるとOUTの可能性があるのは注意。

お風呂場での利用について
・湯船や温泉、石けん、洗剤、入浴剤の入った水には浸けないでください。
・風呂場では、浴室温度40℃以下、湿度99%以下で連続使用2時間以内の範囲でご使用ください。
・その後必ず水抜き・自然乾燥を行ってください。なお、全ての機能の連続動作を保証するものではありません。
・急激な温度変化は、結露の原因となりますので本体が常温になってから風呂場に持ち込んでください。
・高温のお湯をかけたり、温まった本製品に冷たい水をかけないでください。
・風呂場で、イヤホンや外部接続機器を接続して使用しないでください。
・風呂場では絶対に充電を行わないでください。
・防水・防塵性能を維持するため、異常の有無にかかわらず2年に1回部品の交換をおすすめします(有料)。
・浴室内では充電を行わないでください。
引用:AQUOS sense3 lite 公式サイト

あともう1点は細かいんですが、GalaxyA7は充電端子がmicroUSBなんですよね(汗)

一方AQUOS sense3 liteは意外にもUSB-C端子が採用されています。

最近はスマホやノートPC、タブレットや無線イヤホンなどもUSB-Cに移行してきているので、USB-Cの方が嬉しいところ。

7、価格の違い【重要】

コスパ重視の当ブログとして外せないのが価格の違い!通常価格に関してはちょいGalaxyA7の方が高いくらい。

端末名 Galaxy A7 AQUOS sense3 lite
価格Rakutenモバイル調べ 17,000円 約23,619円

【Rakutenモバイル】GalaxyA7とAQUOS sense3 liteの現在の価格はコチラ!

通常価格であれば、正直どっちも大差ない価格なのであなたが「おサイフケータイや防水性能の有無」を重視するならAQUOS sense3 lite。

「カメラ性能、ディスプレイの大きさ」を重視するならGalaxyA7を選べばOK。

個人的にはお風呂ではスマホを使わないので防水性能はあんまり必要ないのと、カメラを使いまくるのでGalaxyA7の方がオススメ。おサイフケータイはちょっと欲しいけど・・・

ただし!これはあくまでも”通常価格で購入する場合”の話。

執筆時点ではありますが、Rakutenモバイルを同時に加入するとぬぁんと!GalaxyA7は本体価格31500円⇛17000円で買えちゃいます。

更に!Rakutenモバイルと一緒に購入するセットプランだと、最大で15,000ポイント還元されるという、異次元とも言えるお得なキャンペーンをやっているんですよね(汗)

本体価格より多くのポイントが貰えるので、実質2000円くらいでGalaxyA7が手に入るってわけです。もはや意味不明レベルにお得。

しかも!!Rakutenモバイルは1年間無料で通信し放題&解約無料という、理解が追いつかないほどお得なキャンペーンまでやっています↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

つまり、GalaxyA7が実質タダで手に入って、更に1年無料で通信し放題ってわけです。

これに釣られて私はGalaxyA7を購入したんですけどね。笑

【結論】結局どっちが買い?あなたに合っているのは…

最後にどっちが買いなのか?!あなたに合っている方をまとめてみるとこんな感じ↓

GalaxyA7を検討するべき人
・メインスマホとして使いたい
・きれいな写真が撮りたい
・ゲームもちょっとする
・動画やネットブラウジングをスマホでもしたい
AQUOS sense3 liteを検討するべき人
・スマホは小さいサイズが良い
・カメラはあまり使わない
・おサイフケータイが使いたい
・防水性能がほしい

本体のスペックだけで見るとGalaxyA7なんですが、おサイフケータイや防水性能AQUOS sense3 liteの方が上。

なのであなたほしい機能によってどっちが買い!なのかは変わってきます。

ただ、上の方でも書いたように私だったらGalaxyA7を選びます。ディスプレイがキレイってのと微妙にスペックが高い点が良い!

あとクレカ派なのでそこまでおサイフケータイ使わないってのもありますね。

そして、なんと言っても期間限定ですが実質2000円でスマホ本体が貰えるのはデカイ。

もし、あなたが両機種で迷っている!っというなら、とりあえずRakutenモバイルで購入しておくことをオススメします。

どうせ1年無料で解約料無料なので、最悪の場合あとで回線だけ変更するのもアリですので。笑

【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

罠か?神か?1年間無料Rakuten UN-LIMITの申し込み方法&3つの注意点を解説!




格安スマホを検討している人にオススメな記事5選!
楽天モバイルで”ほぼタダ同然”で購入できるGalaxyの使用感は?
どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓
Rakuten UN-LIMITの低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事