超小型だが音質は?AUKEY EP-T16Sを自腹レビュー!6つの特徴&短所を正直に解説!

今回はAUKEYさんが販売している『EP-T16S』を自腹レビュー!

ハッキリ言ってしまうと、このイヤホンはかなり人を選びます(汗)

軽量&超小型ってのが特徴なんですが、音質やその他の機能に関しては、正直同価格帯のイヤホンより劣ります・・・

では一体どんな特徴があり、どんな短所があるのか?!全力で解説します!


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
※6月16日まで期間限定でAmazonMUSICが3ヶ月無料!↓
もし、あなたが最強のワイヤレスイヤホンを探しているなら絶対に以下の記事だけでも見て欲しいです↓
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!
迷ったらとりあえずこれ↓買っとけばOK。現時点最強のコスパです。
他より2~10倍高音質&6500万曲配信!日本最強の音楽配信サービス↓

AUKEY EP-T16S

製品名 EP-T16S
連続使用可能時間 3時間(充電ケース込約11時間)
対応コーデック SBC/AAC
防水性能 IPX5等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0

⇛AUKEY EP-T16S 現在の価格&詳細はコチラ!

EP-T16S 5つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザインをチェーック!外箱は、超シンプルでなかなかカッコいいデザイン。

いざ!オープンッ!!

セット内容はマイクロUSBとイヤピースで他のイヤホンと変わりなし。

ツヤ感があるケースなんですが、安っぽさは感じないです。この価格帯だとTHE・プラ!みたいな質感のケースも多いんですが、そこまでプラスチッキーな感じでも無いです。

そして!蓋部分と底部分の質感が違うのでこれがまたちょっとシャレオツ。

イヤホン自体のデザインもボタン部分がマットでザラっとした質感になっていて、これがちょっとカッコいい。

他のイヤホンに比べて特別スンゴクカッコいいとかじゃないですが、5000円以下のイヤホンとしては、中々デザインも質感も◎

で一番ビビったのがサイズの小ささっ!「まじでこんなに小さくて大丈夫なのか?!」ってくらいケースが小さいんです。笑

2、サイズ感や重さはどうなの?

私も20機以上は自腹でイヤホンを買い漁ってますが、トップクラスに小さいです。

iPhone6と並べてみても半分以下ッ!

他のイヤホンと比べてもんめっちゃ小さいです。画像だとわかりにくいんですが、圧倒的小型感。

くぅ~!画像だとこの小型感が100%伝わらないのがもどかしぃぃ・・

もし、あなたがとにかく小さいイヤホンを求めている!ってなら、間違いなくこのイヤホンは候補にあがります。

ケースとイヤホンの重量合わせても、40g切ってます。笑

カルビー ポテトチップス うすしお味よりも圧倒的に軽いッ!

イヤホン単体の重量は2つ合わせて9gなので、他のイヤホンよりめちゃ軽いってほどでも無いですね。

耳に付けていたらあんまり差は感じませんが、軽量&小型感に関してはワイヤレスイヤホン界トップクラスなのは間違いないかと。

3、接続がメチャ簡単。

このイヤホンに限らず・・・ですが、最近のワイヤレスイヤホンは接続もメッチャラク。

ケースから取り出すと、ペアリングモードに移行するので↓

スマホ側に表示された、イヤホン名をタップすれば登録完了。

一度接続してしまえば次回からは自動的にペアリングされるので、ホントラク。

4、音質はどうなの?【重要】

イヤホンで最も重要とも言えるのが音質!

どんな音質なのか?!を検証する為に、現時点で唯一ハイレゾクラスの音楽が聴き放題の『Amazon MUSIC HD』であらゆるジャンルの曲を聞きまくりました。
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

高音域は管楽器やバイオリン等の高音が多い曲で検証。中音域やボーカルはJPOPなどの歌ものが多い曲。

低音はEDM等のクラブミュージックやベース量が多いジャズ系のジャンル等を聞きまくりました。

高音域は伸び感、ツヤ感はあんまり無いです・・・音質が悪い!とまでは言いませんが、バイオリン等の強めの高音はかなりマイルドに表現されています。

高音強めが好きな私からするとちょっと物足りないです。

そしてボーカルや中音域、ボーカルはクッキリ表現されていますが、やっぱり鮮明度が低いのでややザラつきを感じます。

低音は若干強めな味付けですが、気持ち悪いほどしつこい低音じゃなくマイルドな部類。

たま~に「なんでこんなに低音強いんだ?!」ってほど不自然なバランスのイヤホンもありますが、コレはそれほど不自然さが無く、ちょい低音が強調されている程度ですね。

総合的に価格相応の音質ってのが私の本音です。

音質が悪いってわけじゃないですが、特に音質が良い!ってわけでもなく、「まあ普通に聴けるな」って感じ。

音質重視だったら、他にも同価格帯でもっと音質が良いイヤホンはあります↓
10万円分買って分かった!5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

5、最長11時間連続再生可能!

ケース込で最長11時間連続で再生が可能なのも特徴。ただ、これはあくまでも公称値なので、実際には8~9時間くらいが良いところ。

音量を上げればそれだけ、バッテリーの減りは速くなるし公称値は一番良い数字なので、7,8割くらいを見といた方が良いです。

そして、イヤホン単体だと3時間しか連続再生できません。う~む、、、これはちょっと短すぎですね(汗)

6、防水IPX5等級

防水性能はIPX5まで対応。水没してしまうと、OUTではあるものの、噴流水を浴びても大丈夫なくらい防水能力は高いです。

IPX5=あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)

誤って耳から噴流水を噴出しても大丈夫!

ただし!IPXはあくまでも真水での規格なので、お湯やプールで使用するとぶっ壊れる可能性は高いです。

すぐに壊れなくとも確実に寿命は縮むので、積極的に水がかかる環境での使用は止めておいたほう良いですね。

ここまでのまとめ
・質感&デザインはそこそこ良し。
・防水性能は高い。
・トップクラスの軽さ!&小型サイズ
・音質は若干低音強いが、バランスは良い。ただ、鮮明度は高く無い



購入して感じた4つの短所とは?

1、連続再生時間は短い・・・

上の方でも書きましたが、連続再生時間がケース込で11時間ってのは、最近のイヤホンとしてはかなり短め。

小型&軽量化の為に内蔵バッテリーが小さくなっているので、この辺りはサイズ感重視か電池持ち重視か?で評価は変わってきます。

ただ、イヤホン単体で連続3時間はちょっと短すぎですね・・・

連続再生時間が短いAirPodsでさえ4時間連続再生時間はあります。
性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します。

通勤や通学中にしか使わないぜ!って人は3時間でも十分ですが、ジムやジョギングで使う人だとちょっと短すぎ感はありますね。

2、aptXに対応していない

AACという高音質&低遅延の規格には対応してるんですが、それよりも更に高音質&低遅延なaptXには対応していなのが残念。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCよりマシ。 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Androidで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

ただ、iPhoneは元々aptXに対応していないので、あなたがiPhone使いであればAAC対応のイヤホンでも問題ナシ。

私はAndroid派なのでちょっと残念。

3、充電端子がマイクロUSB

充電端子がほぼ確実に滅び去っていくであろう、マイクロUSB端子なのも残念ポイント。

スマホやノートPCの等の端末はどんどんUSB-Cに移行していて、恐らく全てUSB-Cに移行すると思われるので、ここは頑張ってUSB-Cにしてほしかった・・・

マイクロUSBでも悪くはないんですが、用意するケーブルが増えるのが面倒くさいんですよね(汗)

4、ボタンがタッチ式なので、誤操作しやすい

イヤホンの横の部分をタップすることで、再生停止や音量の調整ができます。

ただ、物理ボタンじゃなくタッチ式なのでイヤホンを付ける等、ちょっと触れた時に誤タッチしちゃうんですよね。

個人的には物理ボタンの方がぜっったい操作性は高いと思います。

ここまでのまとめ
・連続再生時間は同価格帯と比べてもかなり短い
・AACとSBCにしか対応していない
・充電端子がマイクロUSB
・操作性はイマイチ(慣れの問題かも)

【結論】音質はそこそこで、軽量小型のイヤホンを探している人向き!

最後にこのイヤホンを検討するべき!って人をまとめるとこんな感じ↓

このイヤホンを買うべき人
・5000円以下で無線イヤホンを探している
・とにかく持ち歩きしやすい、サイズ軽さを求めている
・あんまり連続再生時間は長くない
・音質はそこそこでOK

上の表に当てはまる人はこのイヤホンを検討するのもアリ!

特にとにかく小型のイヤホンを探しているって人は、まずこのイヤホンはぜっったいに検討するべき機種かと。
⇛EP-T16S 現在の価格&詳細はコチラ!

20機以上は無線イヤホンを購入しまくっていますが、執筆時点でこれ以上小さいのは無いだろっ!ってくらい小さい。笑

ただ、軽量な分再生時間は短いので、この辺りはあなたが「再生時間とサイズのどっちを重視するのか?!」が基準にはなってきます。

再生時間が長くなればなるほど、バッテリーの容量がデカくなるのでその分、重量も重くなってしまいますので。

逆にあなたが「そこまで小型じゃなくても良いし、ちょっと音質も重視したい!」というなら以下の記事も参考にしてみてください↓
10万円分買って分かった!5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

同価格帯でも音質、性能ぶっちぎりで優れているイヤホンを選りすぐったので、絶対に参考になるはずっ!

AUKEYのイヤホンを全力で比較しまくった結果…↓
どれがおすすめ?AUKEY ワイヤレスイヤホン5機種を購入比較してみた!

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事5選!
※6月16日まで期間限定でAmazonMUSICが3ヶ月無料!↓

配信曲数、音質、料金が最も優れているのは”意外なあのサービス”でした↓
最強の音楽配信はどれ?9つのサービスを徹底比較!私のオススメはコレだっ!!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

【30日間無料期間有り】AmazonMUSIC HDの現在の価格や詳細はコチラ!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事