本当に買い?EarFun Airを本音でレビュー!7つの特徴&短所を正直に解説します。

今回は『EarFun Air』という5000円前後の無線イヤホンをレビュー。実を言うとこのイヤホンをレビューするのはちょっと怖かったんです。

っというのも前回のモデルが音質、性能面でかなりコスパ最高クラスだったんで、「前モデルを超えるのは無理なんじゃないか・・・」っと思っていたのですよ。

しかぁし!私の不安は杞憂に終わりました。今回のEarFun Airは前モデルを超えてます。笑 

※ちなみに前モデルのレビューはこちら↓
EarFun Freeを本音レビュー!7つの特徴&短所を正直に解説します。

とは言っても、ちょっと気になるデメリット的な点もあるので、その辺りも正直に解説してきますね。


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは↓
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?
ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
迷ったらとりあえずこれ↓買っとけばOK。現時点最強のコスパです。
他より2~10倍高音質&6500万曲配信!日本最強の音楽配信サービス↓
最強の音楽配信はどれ?9つのサービスを徹底比較!私のオススメはコレだっ!!

EarFun Airの基本スペック

製品名 EarFun Air
連続使用可能時間 最大7時間(ケースと併用した場合は最大35時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX7等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

EarFun Air 現在の価格&セール詳細はコチラ!

今回は自腹購入ではなく、EarFunさんからイヤホンを提供頂きレビューしていきます。

とは言え、当ブログは完全読者さん至上主義。読者さんに不利益を被らないように以下の条件で、提供レビューさせて頂く事を了承頂いてます。

当ブログでは商品のメリットもデメリットも正直にお伝えする方針です。今回も同様の条件でご了承頂けました。

っというわけで、今回も50万以上無線イヤホンを買い漁った私の本音を書いていきます。

EarFun Air 7つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザインをチェック!外箱は特に高級感があるってわけでもないんですが、作りはしっかりしていて、そこそこ所有欲は満たされる感じ。

蓋を開けると、、、おお!なんかすごいカッコいい。これで5000円なら「当たりキタ!」っと思いますね。笑

内容物は本体とUSB-C充電ケーブル、イヤーピースと説明書などなど。

まずケースのデザインなんですが、マットな質感で丸っこいデザインがなんかオシャ可愛いです。

安っぽさとか微塵もないですね。前のモデルもマットな質感でしたが、今回は更に高級感UPした印象。

個人的にかなり嬉しいのがコレ!充電端子がUSB-C!PCもスマホも殆どUSB-Cなのでこれはかなりありがたい。

ケースを開けるとこんな感じ。5,000円にしてはかなりカッコいいっと思いませんか?!思いますよね?!

イヤホンのデザインは・・・EarFunの社員さんに助走をつけてドロップキックされるのを覚悟で言いますが、ほんのちょぴいぃぃっとだけ、プラスティッキーな質感はあるかな(汗)

ケースはマットだったんですが、イヤホンはつやつやしているんで、好みは別れそう。

ただ、前モデルよりは明らかに質感UPしてます。前モデルはプラスティッキーな質感が結構感じられたんですよね↓

それと比べるとかなり質感デザインは向上しているのは間違いないです。あわよくば、イヤホンもマットな質感だったら、もっと良かったんだけどなぁ。

イヤホンの内側はちょっと大きめだけど、至って普通。かなりテカリ安いのがちょっとデメリットか。

ただ、つけてみてビビったんですが、棒状イヤホンの中ではかなりフィット感が良いです。

某A社の棒状イヤホンよりもフィット感は明らかに上。棒状イヤホンってポロッと落ちやすいやつが多いんですよね(汗)

デザインや質感は5,000円の価格帯にしてはかなりハイレベルだっ!っと感じたのが本音。

イヤホンがマットな質感だったらもっと嬉しいところではありますが、これでダサいという人はまずいないはず。

2、サイズや重さは?

サイズ感もポケットに入れてもストレスにならないくらいのサイズ感なのがGOOD!

iPhone6、前モデルと比較してもかなり小さいサイズ。

厚みに関しては無線イヤホンにしては普通くらいな厚みで、ポケットに入れて使っても全く苦じゃないですね。

重さも60g切っていて、無線イヤホンの中では中くらいの重さ。たまに100g超えのイヤホンとかもありますからね(汗)

3、接続がメチャ簡単。

接続もメチャ簡単。ケースからイヤホンを取り出すと、ランプが光って勝手にペアリングモードになるんで↓

スマホ側に表示された、イヤホン名をタップすれば接続完了。

当然一回接続しちゃえば、次回からはケースから取り出すだけで、繋がるのでめっちゃラクです。

4、音質はどうなの?【重要】

続いてイヤホンで最も重要とも言える音質をチェック!

どんな音を奏でるのか?検証する為に現時点で唯一ハイレゾ音源が聴き放題の『Amazon MUSIC HD』であらゆるジャンルの曲を聴きまくります。
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

この価格でこれだけ機能モリモリなら、「音質は犠牲になっているかもなぁ・・・」なんて予想してましたが、見事に予想が裏切られました。笑

音質、、、良いです。音の傾向としては、前モデルと同じくやや低音が強めにはなっています。

が、やはり安物イヤホンと違って、気持ち悪いほど低音が強いわけじゃなく、曲の雰囲気を損なわない程度の強さ。

たまにアホみたいにドゥンドゥン低音を鳴らしまくるイヤホンもあるんですが、そういうイヤホンってヴォーカルが埋もれたり、高音の綺麗な音色が損なわれるんですよね(汗)

ただ、このイヤホンはそんなことも無く本当にやや低音が強めになっている程度なので、女性ヴォーカル多めの曲でも、EDMなど低音ガンガンの曲でも余裕で楽しめます。

音の鮮明感も5,000円にしてはかなり頑張っていて、どの音域でもスカスカってことは無し。

しいて言うのであれば、高音の伸びがちょっと悪い(と言っても1万とかのイヤホンと比べて)のと、音の広がりはやや弱いくらいか・・・

ここまで言うともしかしたらあなたは「やっぱり忖度か!」っと思うかもですが、マジのガチで音良いです。嘘だと思うなら聴いてみてください。笑

この音質で満足出来ないのであれば、1万~のイヤホンを検討するしか無いです。
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

5、イヤホンを外すと自動再生OFF・ON機能

おいおい、マジカヨ!っと思ったのがこの機能。

AirPodsなんかの高級機に搭載されている、イヤホンを外したり付けたりすると自動で再生がON-OFF切り替わる機能です。

イヤホンを付けている時に、駅や空港などでアナウンスが流れている時にパッとイヤホンを外せば、音楽が止まるので聞き逃さないで済むってわけです。

個人的には外の音が聞こえるアンビエントモードよりも、コッチの方が使い勝手は良いと思いです。

というか、、、あの、、、5,000円ですよね?このイヤホン。

この機能がこの価格で付いているの見たことないんですが(汗)

6、完全防水IPX7等級

防水性能に関しても、完全防水であるIPX7に対応。

IPX7=外気と水中の温度差が5度未満の環境で、約1mの深さに一時的に30分間沈めても動作に影響がでない機器

あくまでも真水でも防水性能なので、お風呂やプールでの使用はおすすめ出来ないですが、池ポチャしても大丈夫なのはGOOD。

ただし、ケースは防水機能が無いみたいなので、その点は注意。

7、ワイヤレス充電にも対応

おいおい、マジカヨ!(2回目)っと思ったのがこの機能。ワイヤレス充電に対応しちゃってます。

3万超えのイヤホンでさえ、無線充電に対応していないものが多いというのに・・・
17万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン8選はコレ!

EarFunのイヤホンは化け物かっ?

ここまでのまとめ
・5000円なのにカッコいいデザイン
・音質も同価格帯ではトップクラス(やや低音強め)
・イヤホン着脱で再生ON-OFF機能付き
・ワイヤレス充電対応
・充電端子USB-C
・防水性能がかなり高い
・メチャ軽い



購入して感じた5つの短所とは?

1、指紋が付きやすい

イヤホンがツヤっツヤ、テカテカなデザインなので指紋がペタペタ付くのが気になります・・・

タッチボタン式なので、操作したい時はかならずイヤホンに触れないといけないので、必ず指紋が付きます。

特に私のように手汗かきやすい人は、指紋が付きやすいと思います。うーむ、、やはりイヤホンこそマットで指紋が目立ちにくいデザインの方が良かったなぁ。

2、自動再生OFF機能の精度はやや低い?

イヤホンと付けたり外したりすると、再生されたり止まったりするんですが、某A社の1万超えのイヤホンよりはやや精度が低い・・・かな?っと感じました↓
性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します!

ただ、イヤホンをちゃんとギュッと奥まで差し込めば、ちゃんとON-OFFになっているので、慣れの問題もありそう。

3、aptXに対応していない

AACなどより高音質&低遅延の規格である、apt-Xには非対応。

コーデック 音質 遅延 特徴
SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。
AAC SBCより高音質。 SBCよりマシ。 Apple製品に採用
Android 8以降も対応
aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Androidで採用される
aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。
LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。

※黄色部分が当機種の対応コーデック

とは言っても、3万超えのイヤホンとかでも対応していない機種はあるし、動画を見まくったんですが遅延は全然感じませんでした。

音ゲーなんかの音ズレに超シビアなゲームだと、厳しいかもですが、普段使いであれば問題無さそう。

4,残りバッテリー表示が分かりにくい

ケース表面にランプが1つしかないので、残りのバッテリーが分かりにくいかな。

前のモデルではちゃんとランプが4つくらいあったので、ひと目で残りバッテリーがわかったんですよね

機能が増えた分、少しでもコストを削っているのかもですね~

5,音量の調整がややシビア

左右のイヤホンを長押しタップすることで音量の上げ下げが出来るようになってます。

ただ、音量が上がった際などに「ピッ」とか「ポッ」とか効果音がならないので、操作出来ているのか?ちょっと分かりにくいです。

結構急に音がデカくなるので、ちょっとだけ操作性に難アリかな。

ここまでのまとめ
・指紋が付きにくい
・高級機に比べると自動再生OFF機能の精度はやや低い(慣れの問題?)
・AACとSBCにしか対応していない
・充電ランプが1つなので残りバッテリーが分かりにくい
・音量操作がやや分かりにくい

【結論】忖度抜きでコスパ最強クラスです。

このイヤホンを買うべき人
・5000円前後でイヤホンを探している
・やや低音が強めが好み。音質もそこそこコダワリたい
・無線充電や、自動再生ON-OFF機能が使ってみたい!
・初めて無線イヤホンを買う人
5,000円くらいで音質良し、デザイン良し、機能も1万超えのイヤホン以上。もはやコレをコスパ最強と言わず何をコスパ最強というか?!
今まで80個以上は無線イヤホンをレビューしてきましたが、ハッキリ言ってこの価格帯だったら間違いなくコレが買い。
1万もするA社のイヤホンを買うなら、私なら絶対にコッチ買います。笑
ここまで言うと、提供だから気を使っているとか思われそうなんですが、ホントにコレと言ったデメリット無いんですよね・・・
「むしろこれ以上のイヤホンがあるなら教えてくれ!」っと言いたいほどです。笑 あまりコスパ最強とか言いたくないんですが、これは間違いなくコスパ最強。
っというわけで、もしあなたが5,000円帯の無線イヤホンを探しているのであれば、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。
無線イヤホン好きなら見て欲しい記事7選!

何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは?
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?3つの短所も解説!

無線イヤホンで一番人気のブランド。全部買ってみました↓
どれが買い?Ankerワイヤレスイヤホン7万分購入した私のオススメ8選を本音で解説!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

国内最大クラス6500万曲のAmazonミュージックが1ヶ月聴き放題に!
⇛【即解約でもOK!】Amazon MUSICが無料で聴き放題!現在の条件はコチラ!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事