【非提供レビュー】Anker PowerPort Speed 1 PD 60の3つの長所&短所とは?

MacBookProも高速充電できる!っと噂の『Anker PowerPort Speed 1 PD 60』をレビューしていきたいと思います。

純正の充電器よりも軽い&安い!っということで高レビューの充電器ではあります。

ただ、この充電器が本当に必要な人って意外と少ないような・・・

っというのも確かにメリットもありますが、デメリットも無くはないんですよね。

っというわけで、今回は”他の記事では触れられないデメリット”とメリットについてと「今Anker PowerPort Speed 1 PD 60を買うのはありなのか?!」解説していきます。


コスパ最高の急速USB充電器を探しているあなたへ・・・

もし、あなたがUSB急速充電器を探しているなら絶対に以下の記事だけでも見て欲しいです↓
結局どれが買い?窒化ガリウムUSB充電器のおすすめ13種と選び方を解説!

【2020年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?

【2020】RAVPowerのオススメ小型急速充電器5選!あなた向きはコレ!

【急速充電器vsApple純正】iPhone充電速度を検証!2倍近く爆速でした…

超分かりにくいAnkerの充電器の違いと選び方を解説しているので、絶対に参考になるはずっ!

Anker PowerPort Speed 1 PD 60

製品名 Anker PowerPort Speed 1 PD 60
充電W数 60W
対応機種 MacBook Pro 13インチ / MacBook Pro 15インチ
Dell XPS 13
重量 約157g

MacBookPro13インチ純正充電器とスペック比較!

製品名 Anker PowerPort Speed 1 PD 60 MacBook Pro 13 純正
充電W数 60W 61W
価格 約2,799円 7480円(税込)
重量 約157g 約195g

3つのメリットとは?

1,安い!

私が執筆している時点だと、既に窒化ガリウムをという新素材を採用した新モデルが販売されているのもあって、旧版に値する今モデル2800円前後で売られていました。

Apple純正の充電器が7000円前後すると考えると半額以下!これはコスパ重視な当ブログからしてみると、かなりのメリット!

もし、あなたがリンゴマークにコダワラないのであれば、圧倒的にコスパがいいのは間違いはず!

2,高速充電可能!

安いから充電能力がメチャ低いパティーンか?っと思いきや純正とほぼ同等の充電能力60Wです。

60W出力の充電器でこの価格は超絶安いです。

スマホやMacBookAirくらいのPCを高速充電できる30Wの充電器なら3000円以下でも買えるんですが、60W超えでこの価格ってほとんど無いです。笑
(あったらこっそり教えて下さい)

調べると分かりますが、60W超えになると途端に4000円OVERの価格帯に突入しちゃうですよね。

もし、あなたが60W充電器で安いものを探しているならこの充電器は絶対に検討すべきかと。

3、軽い!

MacBookProの純正充電器は約200g弱もあります・・・

しかーし!早い、安い、軽い!がAnkerの特徴ってのもあって、純正よりも50gほど軽い約145gしか無いんです。

w数がデカくなればなるほど重量も大きくなる傾向がありますが、60Wでこの軽さはメリットでしょう。

出張が多い方や外で作業する機会が多い!っという人にとってはかなりメリットかなぁと感じます。

ここまでのまとめ
・MacBookPro純正充電器より、安い、軽い!
・給電能力もMacBookProと同レベルの60W



3つの致命的なデメリットとは?

1,ポートが1つ

一番のデメリットがコレ。ポートがたった1つ!ってとこですね(汗)

外でPC作業する時ってガンガンバッテリーが減っていくので、基本は充電しながら作業することが多いです。

なので、ポート数が1つしかないと「スマホも充電したい!」って場合交互にケーブルを抜き差ししないといけないんですよね・・・

これは正直かなり面倒。

更に外で使う時意外。つまり、家で据えおき用や旅行先に持っていくとなると、ぜっったい1ポートは少なすぎます。

私の場合、スマホ、iPad、スマートウォッチ、モバイルバッテリーをホテルで同時に充電する事が多いです。

仕事用!っと割り切って使うならPCに繋ぐだけなので1ポートでも良いんです。

が、「家では据えおき充電器」「旅行先で複数充電したい」っという使い方には全然向いていないですね・・・

家や旅行先でも使いたい派!の人だったら、最低でも2ポート~の60W充電器を選んだ方が幸せになれるかと。

価格は執筆時点で5000円弱とかなり高めにはなるんですが、PC用と家用で充電器を分けて買うよりは安く済みますし、更に軽いです。笑

2,純正があれば十分?

確かに純正よりも半値以下で買える、重量が50g軽い!

っと言ったメリットはあるものの、1ポートしかない充電器をあえて買い足す必要性はあんまり感じられません(汗)

スマホなんかのように常に手に持って使用する端末なら50gの違いはかなり大きいですが、充電器はそんなに何回も抜き差しして持ち運ぶわけじゃないし・・・

もし、あなたが「純正充電器の予備が欲しい」「純正充電器の調子が悪い」っと言うなら検討するのもあり!だと思います。

ただ、「とにかく軽い充電器が良い!」っというなら窒化ガリウムを採用している100g前後のコチラをオススメします。

Ankerよりも更に50g軽いので、持ち運び重視!って人は絶対にコチラを選んだ方が幸せになれるはず!

3,USB-C端子しか無い。

ポートが1つしか無いのに加えて、端子がUSB-Cなのでそのままだと殆どのスマホやスマートウォッチを充電出来ません(汗)

iPhoneで採用している、端子もまだUSB-A⇛Lightningだし、AndroidスマホもUSB-A⇛USB-C等が多いんですよね。

ノートPCがは徐々にUSB-C給電が広まっている感がありますが、「スマホなども充電したい!」っと言う場合は以下のようなUSB-C変換アダプタも持ち歩く必要があります。

個人的にはアレコレ持ち歩くのはちょっと面倒くさいかな・・・

ここまでのまとめ
・ポートが1つ&USB-Cのみなのは使いにくい
・純正よりは軽い、安いがたった50g軽いだけ
・軽量化の為に買い足すのは勿体ないかも

【結論】Anker PowerPort Speed 1 PD 60を買うべき人とは?

確かに価格、重量、給電能力全てに置いて、PCの純正充電器より勝っているのは間違いなし!

ただ、価格に関しては激安なのは間違いないものの、重量に関しては50g軽いだけなので、あえて買い足すほどじゃない!っというのが私の本音。

こちらの窒化ガリウムを使用した、新しい充電器のように100gくらい軽くなるなら軽量化の為に買うのもアリ!だとは思います。

ただ、50gの為に3000円も出す必要性はあんまりないかなぁと(汗)

もし、あなたが価格重視!で純正充電器の他に予備が欲しい、壊れたので代わりが欲しいというならアリだと思います。

ただ、家や旅行でも使いたい!というならどう考えてもポート数が2つ以上&USB-Aも挿せるものを選んだ方が良いかと。

逆に「ノートPC用に軽量の充電器が欲しいんだ!」っという人はちょっと価格は高くなりますが、これよりも更に50g安いコチラの方が絶対良いです↓

っというわけで充電器選びに迷っている方はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです!

USB急速充電器オススメ記事4選はコチラ↓
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事