Amazon Music Unlimited HDの9つのデメリットとは?3ヶ月使った私の末路…

最初は軽い気持ちで始めたんです…Amazon Music Unlimited HD…

以前はSpotifyプレミアムこそ至高と思って2年くらい使い続けていたのですが、、、Amazon Music  HDに乗り換えました。

っというのも音質が圧ッッ倒的!に違うんです。使う前は正直対してそんなに変わらないだろ!っと思っていたんですが、文字通り天と地の差があります。笑

ただぁし!3ヶ月使って分かったデメリット的な面もあるので、今回はあえてデメリットのみに焦点を当てて解説していこうと思います。


コスパ最強の音楽配信サービスどれ?

Amazon Music HDを3ヶ月使い続けて分かった9つのデメリットとは?

【30日間無料期間有り】AmazonMUSIC HDの現在の価格や詳細はコチラ!

1、料金が高い!

まあ、まずはなんと言ってもコレですよね・・・他の音楽配信サービスに比べると2倍くらい高いです。

サービス名 Spotifyプレミアム Amazon Music Unlimated Amazon Music HD
料金 月額980円 月額 980円
プライム会員 月額780円
月額1,980円

Amazonプライム会員
月額1,780円

いくら音質が良いとは言え、毎月2000円弱の出費は一般ピーポーな私には正直キツイものがあります(涙)

一応、Amazonプライム会員だと、月額1780円に値引きされ、年額だと17800円と2ヶ月分安くはなります。

つまり、あなたがAmazonプライム会員なら実質、最安で1483円くらいでハイレゾが聴き放題になるってわけです。

ハイレゾ音源って1アルバム購入するだけで3000円とかするので、ハイレゾ音源が1500円弱で聴き放題って考えるとうううむ、、そんなに高い設定ではない・・・かな(汗)

とは言え17800円を一括で払うのはちょっと勇気いりますよねぇ・・・

2、ある程度のイヤホンじゃないと音質の違いは感じられない

いくら音源データがハイレゾ相当だったとしても、5000円以下とかのイヤホンとかだとそれほど大きな違いは感じられないなぁってのが正直な所。

最強の無線イヤホンを求めて現時点で10万円以上、30機種くらい無線イヤホン買ってますが
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン6選!20機買った私のオススメはコレ!

値段だけで音質が決まるわけじゃないので、一概には言えないんですが無線イヤホンだったら最低でも5000円以上のものじゃないとそんなに感動するほど違いは感じません(汗)

ハッキリと音質の違いを感じたいぜ!っというなら、無線なら1万~くらいのイヤホンは絶対に使った方が良いです
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

ホントにホントに毎日毎日、AmazonHDで音楽を聴きまくっているので、これに関しては絶対に信用して欲しいです。

あなたが、「よりハイレゾ音源を堪能したい!」っというなら、有線イヤホンの方がぶっっちぎりでオススメ。

私は3万円くらいの有線イヤホンを愛用してますが、本当に同じ曲でもまっったく音の透明感が違うので、涙が出そうになるほど感動します。
【10年使用レビュー】ER-4の長所&短所とは?原点にして頂点のイヤホンだ!

っというかあいみょんのマリーゴールド聴いて3回くらい泣きました。笑

1万以下のハイレゾ対応イヤホンでも、スンゴイ透明感が高いので「3万も出すのはなぁ・・・」という人は以下のイヤホンがオススメ↓
音質はどうなの?SIMGOT MT3 PROを本音レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します。

1万円以下なので1ミリも期待してませんでしたが、透明感、立体感、音の粒子感が高すぎて、ビビりました。

「本気でハイレゾを堪能したい!」というならDAC内蔵のアンプを1万~くらいで用意するべきなんだろうけど、流石にそこまでするのはめんどくさいです(汗)

ただ、音質が優れているイヤホンならDACとか用意しなくてもAmazonHDは明確に「あっ全然音の透明感ちがう!」っと音質の違いが分かります。

3、中毒性が高すぎるっ!

もうね、なんと言ってもコレです。ぶっちゃけ「AmazonHDの無料期間だけ音楽聴いて、Spotifyプレミアムに戻ればいいやぁ~」っと思ってたのですが・・・

もう戻れないッ!

あまりにも音質に圧倒的な差があるので、改めてSpotifyで音楽聴くと同じ曲でもなんかザラザラしているように感じらちゃうんですよね(汗)

ハイレゾ音質(AmazonMUSICHDの最高音質)>>HD音質(AmazonMUSICHDの普通音質)>>>>>>SD音質(Spotifyプレミアム等の最高音質)

と言った感じ。Spotify信者だったので、無料期間が終わったらすぐに戻るぜ!っと思っていたのですが、あまりにも音の透明感に雲泥の差があるので、戻れなくなりました。。。

音質の違いを文章で表現するのは超絶難しいのですが、AmazonHDの音質が透明なガラスというなら、Spotifyプレミアム等は磨りガラスみたいな感じ。

なんか音に奥行き感や繊細感が無いんですよね。

4、イヤホン沼にハマる

一旦音質の沼にハマってしまうと「えっ?!このイヤホンでこんなに音質良いなら、ポタアンとか付けたらどこまで音質良くなっちゃうの?」っとどんどん沼にハマっていきます。笑

っというか私が沼にハマりつつあります。

無線イヤホンに関しては30万円以上つぎ込んでしまいました・・・
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

この記事を書きながら、FiiO Q1 MarkⅡ FIO-Q1MK2というハイレゾ対応したポタアンをポチるかポチらないか?!で迷いまくっています。

まだ理性が物欲を制御できていますが、恐らく物欲に負けるのも時間の問題です。

どうせポタアンなんか買っちゃったら、またイヤホンやらヘッドフォンやらも欲しくなるんだろうなぁ・・・

ホントにオーディオは沼にハマると、ズブズブハマっていく可能性があるので注意。

結局、USB-C DACという高ビットレートで再生できるアイテムを買ってしまいました・・・
iBasso Audio DC02を自腹レビュー!Amazon MUSIC HDで検証した結果…

5、曲によって音質の違いがある。

ハイレゾと一言で言っても、24-bit/44.1KHzの物もあれば↓

24bit/192KHzのものまであります↓

当然、数字が大きい方が音質は良いです。

24-bit/44.1KHzでもSD音質に比べるとぶっっちぎりで音質良いですが、同じハイレゾでも音質に違いがあるのは、オーディオガチな人からするとストレスに感じる・・・のかも。

6、全ての曲がハイレゾ相当なわけじゃない

全部の曲がハイレゾ相当の音源ってわけじゃなく、ハイレゾ相当の曲は現時点で数百万曲になっています。

現在のハイレゾ対応曲数はコチラを参照

大体の曲はCDクラスの音源であるHD止まり。6500万曲の多くはHD音質です。

サービス名 Spotify Amazon Music HD
楽曲数 5,000 万曲~ HD
6,500万曲ULTRA HD
数百万曲
音質 最大 320 kbps 「HD」
最大850kbps
(
CD品質)「ULTRA HD」
最大3,730kbps
(
ハイレゾ音質)

ただ、HD音源の曲でもSpotifyプレミアムの最高音質より圧ッッ倒的に音がクリアです。ホント最初聴いた時は「今まではこれで高音質だと思っていたのか・・・」っとビビりましたもん。笑

7、アプリのバグがたまにある

3ヶ月毎日使い続けて分かったのですが、正直アプリの使いやすさに関してはSpotifyの上ってのが本音。

っというのも本当にたま~になんですが、お気に入りの曲をプレイリストに入れたと思ったら入って無かったり、中々再生が始まらない時があるんですよね。

致命的とまでは行きませんがアプリに関しては、今後改善を期待かなぁ。

8、データの消費量がデカイッ!

音質が良いと言うことはそれだけ、多くのデータ量を消費するともいえます。今風に言うならギガをたくさん消費するって言い方いいのかな(汗)

ぬぁんと!他の音楽配信SD音質よりも10倍以上のデータを消費します。

データ消費量の違い
3分半の長さの曲の最大限の音質でのファイルサイズの例
SD(ロッシー圧縮):9MB
HD(ロスレス、44.1 kHzサンプルレート):51MB
Ultra HD(ロスレス、最大192 kHzサンプルレート):153MB
つまり、最高音質の曲を10曲聴いたらもうそれだけで1,5GB消費する事になります。ヤバいでしょ。
ストリーミングで最高音質の曲を再生しまくっていたら、余裕で10Gとか消費します・・・
とは言ってもHD相当の曲が多いのでここまで消耗する可能性は低いですが、それでもSD音質より5倍くらいデータ消費するからなぁ。
私は予め聴きたい曲を家のWi-Fiで端末にDLしてから、聴くようにしてます。

9、サウンドバーとの連携が神すぎるが・・・

サウンドバーにもよると思うのですが、私が使っているサウンドバーはAmazonMUSICに対応しています。
音質は良い?ソニー HT-Z9Fを1年半使用レビュー!5つの長所&短所はコレ!

なので、なにか曲を流したいなぁ~っと思ったら家のどこからでも、スマホのアプリをタップする事でサウンドバーから再生する事が可能。

コレが本当に便利すぎ。家にいれば好きな曲を好きなだけ、超高音質なMUSICに包まれる・・・

あぁ、、考えただけで脳汁が出そうになります。

ただ、デメリットと言うほどでもないんですが、これもちょぉぉっぴりモッサリな動作なんですよね。

再生ボタンをタップしても、数秒間再生されない時があったりするので、あれ?タップ出来てなかった?て時がたま~にあります。

【結論】音質にもコダワルならAmazonMUSIC HD一択です。

あんまり褒めまくると、逆に胡散臭え!っと思われそうですが、執筆時点でAmazonMUSIC HD以上と同レベルに高音質な音楽配信サービスって無いんですよね。

一応、SONYからモーラなんちゃらとか言う、全くやる気の感じられないハイレゾ聴き放題サービスもありますが、完全に相手になってません(汗)
【全力比較】mora qualitasとAmazon Music HD 致命的な6つの違いとは?

現時点で音質にコダワル人で音楽再生サービス探しているなら、間違いなくAmazonMUSICHD一択かと。

「もっといいサービスあるよ!」っと言うのがあれば、コメント欄などで優しく教えてください。笑

ただ、逆に言えばあなたが「音楽はそこそこの音質なら良い」「イヤホンに5000円以上出したくない!」というならSpotifyや、通常のAmazonMUSICでも良いかなと。

「音質の違いが感じられなかったらどうしよう?」っという人は30日間は無料で、無料期間内に解約すれば一切お金がかからないので、一度試してみることを強くオススメします。
【30日間無料期間有り】AmazonMUSIC HDの現在の価格や詳細はコチラ!

ただ、私のようにAmazonMUSIC HD中毒になり戻れなくなる可能性があるので、その点は覚悟しといた方が良いです。笑

【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

もし,あなたがどの音楽配信が最高なのか迷っているなら…
私が主要な音楽配信サービスを実際に契約&比較してみました!
最強の音楽配信はどれ?9つのサービスを徹底比較!私のオススメはコレだっ!!
コスパ重視!という人はAmazonMUSICが一番安いです。
どれが得?3つのAmazon Music(Prime・Unlimited・HD)比較&短所を解説!
音質最強の無線イヤホンはどれ?結論はコチラ↓
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
”国内最強”だったSpotifyとAmazonMUSIC  HDを比較した結果はコチラ↓
【Amazon Music HDレビュー】Spotify信者が感じた3つの長所&短所とは?

もし、あなたが最後まで記事を読んで頂けたなら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事