【2021年Amazon初売りセール】無線イヤホンおすすめ11選はコレ!50万円分買った私がガチ紹介!

今回はAmazonプライムデーで安くなっている無線イヤホンのみに絞って紹介。

私は一時期、無線イヤホン沼にハマって今まで50万円分くらいの無線イヤホンを自腹で買い漁ってきました・・・

もし、あなたが無線イヤホンを探しているなら参考になるはず!

と前置きはこれくらいにして、本当にアマプラセールで買うべきイヤホンを紹介してきます!

※セールは途中で終了する場合もあるので、セールが終了してたらスイマセンm(_ _)m


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

殆ど自腹レビューなので参考になるはず!↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

音質、コスパのバランスが良いイヤホンはこちら↓
1万~2万円の無線イヤホン12選!33万円分買った私のオススメはコレだ!
コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

5,000円以下部門

1,EarFun Air

製品名 EarFun Air
連続使用可能時間 最大7時間(ケースと併用した場合は最大35時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX7等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

5,000円以下で良いのか?!っとメーカーに問い合わせたくなるほど、超高機能な無線イヤホンがコレ。

もしあなたが「5,000円以下で良いイヤホンはどれかなぁ?」と迷っていたらコレ買っとけ!っと言いたくなるくらい優秀なんです。

見た目に関してはまあまあと言った感じ。ただ、安っぽさは無いです。

5,000円以下だし音質は微妙だろ~っと思いきや、音の鮮明感も5000円にしては結構良いです。

ほんのすこ~し低音が強めにチューニングされてはいるんですが、自然な低音で聴きやすい音質です。

で、このイヤホンが凄いのが2万円するAirPodsとほぼ同じ機能があるんですよ。
性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します!

・イヤホン着脱で再生ON-OFF機能付き
・ワイヤレス充電対応
・充電端子USB-C
・IPX7

AirPodsよりはさすがに音の鮮明感は劣るものの、音楽が楽しめるくらいの音質はあるし、ワイヤレス充電やイヤホン着脱で再生ON-OFF機能もアリ。

更にAirPodsにはなかった、IPX7 の完全防水機能付き。1つくらいは弱点を見つけてやりたい!っと思ってたんですが、特に弱点が見当たりません。笑

この価格でこの機能、音質はイカれてます。笑(良い意味で)

EarFun Air 現在の価格&セール詳細はコチラ!

2,SOUNDPEATS Truengine 3SE

製品名 SOUNDPEATS Truengine 3SE
連続使用可能時間 最大約6.5時間(ケースと併用した場合は最大30時間)
対応コーデック AAC、SBC、aptX
防水性能 IPX5等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0

もし、あなたが音質にも少しコダワリたいならこれ買っとけばOK。

機能的には上記のイヤホンよりも劣るんですが、イヤホン内にスピーカーが2つ内蔵されている『デュアルドライバー』採用

っというのもあって、音の鮮明感や低音の強さはこっちのが上。

デザイン的にも結構カッコいいですし、これで5,000円以下は明らかにコスパ良すぎっ!

サウンドピーツ Truengine 3SE 現在の価格&セール詳細はコチラ!

より詳しいレビューはコチラ↓
音質は微妙?SOUNDPEATS Truengine 3SEを自腹レビュー!7つ特徴&短所を解説します!

3,SOUNDPEATS Truefree 2

製品名 SOUNDPEATS Truefree 2
連続使用可能時間 最大4時間(ケースと併用した場合は最大20時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX7等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

もしあなたが、「無線イヤホン使ってみたいけどまずは安いものから使ってみたい」

と言うのであれば、コレ。なんと言っても安い。あまりにも安すぎる。笑

執筆時点で3,000円切ってます。安すぎて意味がわかりません。

そんなに安いんだからデザインや質感も安っぽいんでしょ?っと思いそうですが、デザインや質感もかなりイイんですよコレが。

マットな質感になり、以前のようなプラスティッキーっぽさが、かなり無くなっているんですよね。

イヤホン自体もかなり良い感じっ!これで3000円代なのは明らかにコスパ最強レベル。

デザインがパワーアップしているのはもちろんなんですが、新たに追加されているイヤーウィング的なものがついてるので、フィット感がとにかく良いんです。

なんというか、耳にガチっとハマってくれるので、耳からポロッと落ちる気がまったくしません。笑

肝心の音質に関してもこの価格にしては、”まあ良し”(謎の上から目線)

3000円代だし、めちゃくちゃ音悪いんだろうなぁ・・・

と思っちゃうところですが、やや低音強めではあるものの、中~高音域が埋もれまくるってこともなく、音楽が楽しめるくらいの音質は保たれている印象。

もし、あなたが「無線イヤホン使ってみたけど、なるべくお金を掛けたくない」

っというのであれば、まずはコレから試してみるのはアリ!

ただ、ちょっと良い音質が良いなぁという人はちょっと奮発して先程のTruengine 3SEを選んだ方が良いような気もする。

SOUNDPEATS Truefree 2現在の価格&セール等の詳細はコチラ!

より詳しいレビュー↓
SOUNDPEATS Truefree 2を自腹レビュー!コスパ最強?7つの特徴&短所を正直に語ります。

4,EarFun Free 2020

製品名 EarFun Free 2020
連続使用可能時間 6 時間(充電ケース込約30時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX7等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0

またもやEarFunのイヤホンが安くなってます。これだけEarFunのイヤホンをオススメしていると、「案件か?!」と思われそうですが1円も貰ってません。笑

特徴としては3000円台のイヤホンなのにワイヤレス充電、USB-C充電端子、防水IPX7まであるという、コスパ破壊イヤホンです。

ケースデザインは5000円相応と言った感じ。プラスチックではあるものの、マットな質感なので安っぽくは無いです。逆に高級感も無いです。

そして、なによりイヤホン自体のデザインがカッコイいぃ!本当にこれ5000円以下なのか?!っと問いたくなるくらい質も良し!

この価格でワイヤレス充電に対応しているとか、ホント意味がわかりません。良い意味で。笑

機能が豊富の分音質が犠牲になっているかと思いきや、音質も結構良いです。

やや高音よりの音質で全体的にフラットな音質なので、低音ドゥンドゥン系が嫌いな人にはかなりオススメなイヤホン

【2020最新進化版】 EarFun Free現在の価格&詳細はコチラ!

より詳しいレビューはコチラ↓
コスパ最強か?EarFun Freeを本音レビュー!7つの特徴&短所を正直に解説します。

5,SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueAir2

製品名 SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueAir2
連続使用可能時間 最大5時間(ケースと併用した場合は最大25時間)
対応コーデック SBC、apt-X
防水性能 無し
Bluetooth規格 Bluetooth5.2
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

インナーイヤー型のイヤホンなので、圧迫感が皆無に近いのがこのイヤホン。

耳にシリコンを突っ込むタイプじゃないので、疲れにくいのがメリット。

そしてなんと言っても軽量&小型!

重さなんてたった32gしかありません。笑

デザインもそこそこカッコいいし、音質もそこそこ良し。

SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueAir2 現在の価格&セール詳細はコチラ!

より詳しいレビュー↓
SOUNDPEATS TrueAir2を自腹レビュー!6つの特徴&短所を正直に解説します!

6,第二世代 (JPRiDE) TWS-520

製品名 第二世代 (JPRiDE) TWS-520
連続使用可能時間 6 時間(充電ケース込約40時間)
対応コーデック AAC/SBC
防水性能 IPX5等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0

某家電批評雑誌で一時上位に君臨していたのがこのイヤホン。なぜか人気があるんですが、個人的には低音がドゥンドゥンしまくっているので聴くに耐えません・・・

デザインは結構カッコいいですけどね~

とにかく低音が強いイヤホンなので、私は好きじゃないんですがあなたが低音スキーなら逆にドハマリするかも。

このイヤホンが安くなることもあまりないので、低音好きな人は要チェック、

第二世代 (JPRiDE) TWS-520の現在の価格&詳細はコチラ!

より詳しいレビューはコチラ↓
ホントに買い?JPRiDE TWS-520を自腹レビュー!6つの特徴&短所を解説します。

7,SOUNDPEATS Sonic

製品名 SOUNDPEATS Sonic
連続使用可能時間 最大15時間(ケースと併用した場合は最大35時間)
対応コーデック AAC、SBC、aptx adaptive
防水性能 IPX5等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.2
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
無し

もし、あなたが低音強めの音質が好き、バッテリー持ち重視ならハッキリ言います。

黙ってコレ買えっ!(偉そうに言ってすいません…)

というのも3,000円台という激安価格にも関わらず、デザイン、質感すんんんんんごく良いんですよ。コレが。笑

どっからどう見ても3,000円台に見えません。というか知人に「コレ1万円くらいだよ」と言ってもわからないんじゃないか?ってくらい質感、デザインとも良いです。

箱開けた瞬間あまりにもデザインが良かったので衝撃受けました。笑

他にも画像あるのですが、このイヤホンの画像だけで当記事が埋まってしまうので、コチラのレビュー記事も参考にしてみてください↓
【自腹レビュー】SOUNDPEATS Sonicの7つの特徴&短所とは?最強クラスのコスパでした。

デザインがあまりにもいいので音質が犠牲になっているのか?と思いきや音質も中々良し!

低音が結構強めのチューニングで次に高音が強いのでいわゆる”ドンシャリ”よりの楽しい味付けですね。

ただ、安物のドンシャリイヤホンってドゥンドゥンしまくって、曲が破綻するものも多いんですがほんとに絶妙なバランスでドンシャリなので、聴いててかなり楽しい音質でした。笑

もしあなたが低音強めの音質が好きなら間違いなく候補に入れるべきイヤホンです。

SOUNDPEATS Sonic 現在の価格&セール等詳細はコチラ!

番外編 サウンドピーツ イヤホン福袋

今年はサウンドピーツの福袋が登場。

7,000円ちょっとで3種類の無線イヤホンが同梱されているようなので、2つ以上無線イヤホンが欲しい!という人は買ってみるのもアリかも。

【福袋2021】 SOUNDPEATS サウンドピーツ 2021年新春福袋 現在の価格&詳細はコチラ!

ただ、、、大外れこそないものの、組み合わせによっては「う~ん・・・」という場合もあるので、検討してる人は以下の記事も参考にしてみてほしいです↓
【2021】SOUNDPEATSの福袋は買い?ほぼ全てのイヤホンを買った私が解説!

5,000円以上部門

1,EarFun Free Pro

製品名 EarFun Free Pro
連続使用可能時間 最大7時間(ケースと併用した場合は最大32時間)

ANCモードは約6時間(ケースと併用した場合は最大27時間)

対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX5等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.2
ノイズキャンセリング
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
ワイヤレス充電

もし、あなたが無線イヤホンで迷っているならコレ買えばOK!

お世辞でもなんでもなく、もし私が1万円以下のイヤホンで1つ選べ!と言われたらこのイヤホンを選びます。

というのも6,000円台という安価ながら、ノイキャン&アンビエントモードが搭載され、音質もそこそこ良し!なんです。

デザインに関してもかなり質感良いです。

側面がアルミっぽい質感になっていて、やはりこれもMacBook的な質感。まぁ、触るとプラスチックではあるんですが、見た目は高級感あります。

イヤホン自体も縁部分がアルミニウムっぽい質感になってて良い感じ。

音質に関してはやや低音強めのチューニングですが、上記のSOUNDPEATS Sonicほどではないです。

フラット音質に+ちょっと低音が強めにしている感じなので、低音強すぎだと聴き疲れるという人にもオススメ。

で、肝心のノイキャン性能なんですが、ガッツリノイキャンが効く2万~とかのイヤホンに比べてしまうと弱いんですが、「おっちゃんとノイキャン効いてる」とわかるくらいには効いてて実用性は○

アンビエントモードに関しては2万以上のイヤホンよりも、自然な音を拾ってくれてホワイトノイズがぜんっっぜん無し!これが本当にスゲェぇぇぇ!です。笑

殆どのイヤホンはアンビエントモードとかONにすると、「サ~」とノイズ乗っちゃうんですが、このイヤホンはノイズが全然出ないのが神。

”テレワークとかで音楽を聴きつつ外の音も聞こえるようにしておきたい”という場合にメチャ便利。

というか今もこの記事執筆しながらこのイヤホン使ってます。

EarFun Free Pro 現在の価格&セール等詳細はコチラ!

より詳しいレビュー↓
ノイキャンは微妙?EarFun Free Proを本音レビュー!9の特徴&短所を正直に解説します!

2,AVIOT TE-D01d mk2

製品名 AVIOT TE-D01d mk2
連続使用可能時間 最大11時間(ケースと併用した場合は最大120時間)
対応コーデック AAC、SBC、aptX
防水性能 IPX5等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)

めっっったに安くならないアビオットさんのイヤホンが安くなっているぅぅ!セールで安くなっているの見たことありません。笑

特徴としては、デザインの高級感が最強クラス。音質もフラットで透明感高い。

論より証拠、見てくだせぇ!このカッコいいデザインをっ!

イヤホン自体もかなりカッコぇぇです。この価格でこの質感、デザインはぶっっちぎりと言っても言い過ぎじゃないかと

そして、音質もかなり良いです。変に低音が強調されたり、高音がシャリシャリしたりすることも無く、フラットな音質で聴き疲れしにくいんです。

更に!バッテリー持ちが120時間、アンビエントモード機能、ワイヤレス充電機能まで付いてる攻守最強級。

AVIOT TE-D01d mk2 現在の価格&詳細はコチラ!

より詳しいレビューはコチラ↓
イマイチな点とは?AVIOT TE-D01d mk2を自腹レビュー!8つの特徴&短所を正直に書き綴ります!

3,EarFun Air Pro

製品名 EarFun Air Pro
連続使用可能時間 最大9時間(ケースと併用した場合は最大32時間)

ノイズキャンセリングON時は連続7時間再生

対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX5等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)
ワイヤレス充電 無し

またEarFunかよ!と思われそうですが、化け物コスパなんです。笑

1万円以下なのにノイキャンの効きがバケモノです。

AirPodsProと同等は言い過ぎかもですが、かなり近いくらいガッツリノイキャンが効くんです。

ケースの質感はちょいプラ感ありますが、まぁ7,000円台なら全然許容範囲でしょ!

ケースはまあまあな質感なんですが、イヤホン自体は表面がやはりアルミっぽい質感になってて、高級感アリ。

ケースはどうせポッケにしまっちゃうし、イヤホンがカッコよければ良いでしょ!という人はかなり満足度の高いデザインかと。

音質に関してはややドンシャリ寄りではありますが、音の解像度&分離感に関しては明らかに上記の EarFun Free Proより上。

そしてノイキャン力は上でも書いたように最高クラス。更にアンビエントモードまで付属。

もし、あなたが「ノイキャンは使ってみたい、けれどイヤホンに2万も3万も出すのはなぁ」

っと考えているのであれば、まずはこのイヤホンを使ってみることをオススメします。これで後悔するようであれば、”ノイキャンは必要なかった”と考えてもOk

EarFun Air Pro 現在の価格&セールなど詳細はコチラ!

ノイキャンはオマケ程度?EarFun Air Proを自腹レビュー!7つの特徴&短所を解説します!

4,AirPods Pro

created by Rinker
Apple(アップル)
製品名 AirPods Pro
連続使用可能時間 4,5時間(充電ケース込約24時間)
対応コーデック AAC / SBC
防水性能 IPX4等級
Bluetooth規格 不明
ワイヤレス充電 対応
ノイズキャンセリング
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)

めっったに安くならない、AirPodsProが安くなっているっ!割引率は低いもの狙っていた人はこの機会に買っておいた方が良いかも。

3万弱と無線イヤホンとしてはバカ高いですが、ノイキャン&外部音取り込み機能はトップクラス。っというかトップ。笑
18万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン9選はコレ!

もし、あなたがApple製品を多く持っていて、ノイキャン力最強クラスのイヤホンを探しているなら買い。

Apple AirPods Proの現在の価格&詳細はコチラ!

より詳細なレビューはコチラ↓
こんな人は買うな!AirPodsProを自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に語ります!

5, MOMENTUM True Wireless

製品名 MOMENTUM True Wireless
連続使用可能時間 4時間(充電ケース込約12時間)
対応コーデック aptX-LL, aptX, AAC
防水性能 IPX4等級
Bluetooth規格 Bluetooth 5.0
ワイヤレス充電 対応
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)

ゼンハイザーの前モデルが7000円も値引きされているっ!

1つ気をつけ無いといけないのが、前モデルはノイズキャンセリング機能が無いです。

外部音取り込み機能はあるので、あなたが「AirPodsよりも音質にコダワたい」「ノイズキャンセリングは無くても良い」っというならアリ。

私はコチラのノイキャン付きモデルを買いましたが、たしかに音質はめっちゃクリアでした。ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2を自腹レビュー!9つの長所&短所とは?

どうせならコッチも安くしてくれればいいのになぁ。笑

MOMENTUM True Wirelessの現在の価格&セール詳細はコチラ!

6,SoundLiberty 94

製品名 TaoTronics SoundLiberty 94
連続使用可能時間 最大8時間(ケースと併用した場合は32最大時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX4等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
ノイズキャンセリング
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)

こちらも1万円以下で購入できるノイキャンイヤホン。ノイキャンだけじゃなく、外部音取り込み機能まで付いているのが特徴。

この価格帯なので、質感やデザインはそれなり↓(頑張ってカッコよく撮ってみました)

音質も2万円とかするイヤホンに比べちゃうとやや劣りますが、音楽を楽しめるレベルの音質だしよほど音質にコダワリたい!って人意外は満足できるかと!

なにしろ、ここまで高機能で8,000円前後はどう考えてもコスパ良すぎる。

SoundLiberty 94 現在の価格&セール詳細はコチラ!

ノイキャンは微妙?SoundLiberty 94の7つの特徴&短所を自腹レビュー!

7,AVIOT TE-BD21j【現時点最強音質】

製品名 AVIOT TE-BD21j
連続使用可能時間 最大9時間(ケースと併用した場合は最大36時間)
対応コーデック AAC、SBC、apt-X、apt-XAdaptive
防水性能  IPX4等級
Bluetooth規格 Bluetooth5.2
ノイズキャンセリング 無し
外部音取り込み機能
(アンビエントモード)

もしあなたが、AVIOTイヤホンで探していて音質にコダワルのであればコレ買っとけっ!と強い言いたいイヤホンです。

もうね、音質、デザイン、機能全ての面で劇的にパワーアップしとります。笑

デザインは全体がジェラルミン製になってて更に質感アップ!メチャ高級感あります。

デザインの高級感がとにかく高い!

そして音質。ちょっとドンシャリ気味ではあるものの、音の鮮明度は2,3万のイヤホンと同レベルくらいでとにかく音質が高いです。

私自身、今まで無線イヤホンを50万円分以上は買ってきましたが言い過ぎでもなんでもなく、音質においては最強クラス。

更にぃ!アンビエントモードや高音質&低遅延のapt-XAdaptiveにまで対応しちゃってます。

そして付属品もコレでもかっ!ってほど豪華。いやぁ・・・1万円代でこのクオリティは高すぎでしょ・・・

無線イヤホン最高音質を体験してみたいなら、確実に検討するべきイヤホンの1つ。

AVIOT TE-BD21J 現在の価格&セール等の詳細はコチラ!

本当に音質は最強?AVIOT TE-BD21jを自腹レビュー!8つの特徴&短所はコレだ!



Amazon MUSICも期間限定で3ヶ月無料に!

イヤホンが安くなっているだけじゃなく、国内最大曲数7000万曲が聴き放題のAmazonMUSICが3ヶ月無料で使えるキャンペーンも実施中!!

無料で7000万曲の音楽が3ヶ月聴き放題はどう考えても入るべき↓
⇛【2021年1月11日迄】Amazon MUSICが無料で3ヶ月聴き放題!現在の条件はコチラ!

3ヶ月ですよ?!今から加入したら来年の2月まで7000万曲が無料で音楽が聴き放題ってことです。当たり前だけど。笑

もしあなたが「解約し忘れて、課金されるのが怖い」と言うのであれば加入して即解約してもOK。

実は即解約しても3ヶ月間は無料でAmazonMUSICが使い続けられるんです。しかも解約も数タップするだけで出来ちゃいます↓
【1月11日迄】Amazon Musicが無料で3ヶ月聴き放題!実は即解約しても使えます。

ちなみに私もリアルタイムで使ってますが、音楽アプリなのに音質変化できるイコライザー機能があったりとかなり使いやすいです。

ぶっちゃけSpotifyよりこちらの方が私は使いやすかったですね。笑

⇛【2021年1月11日迄】Amazon MUSICが無料で3ヶ月聴き放題!現在の条件はコチラ!

今回紹介したイヤホンを試すのに最高の環境をAmazonが用意してくれているっ!といっても言い過ぎじゃないでしょう。

ワイヤレスイヤホン意外のオススメセール品もチェックしてみてくだせぇ↓
【2020年Amazonブラックフライデー】本当に買い!なガジェット等21個まとめ!

が、私が気づかない間にセールになっていることもあるし、他にも安くなっているイヤホンはかなりありますのでコチラの記事も要チェック!

コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

18万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン9選はコレ!

1万~2万円の無線イヤホン11選!31万円分買った私のオススメはコレだ!

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
19万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン11選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓(ほぼ自腹)
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選はコレだっ!

コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事