ノイキャンは本当にスゴイ?AirPodsProを自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に語ります!

遂に、、、遂に買ってしまった『AirPodsPro』究極のノイキャン性能を誇る!っという謳い文句に物欲ゲージが振り切れてしまいました・・・

結論から言うと、今まで使ってきたノイキャンイヤホンの中でぶっちぎり、ノイキャン機能はスゴイ!です。

「どーせ、Appleさんだからみんなスゴイスゴイ言っているだけだろ」っと勝手に妄想してましたが、使ってみるとノイキャン機能は圧倒的にAirPodsが優れていてビビりました。笑

ただだからといってAirPodsがオススメだぜ!とは言いません。と言うわけで今回はAirPodsProの特徴&短所購入するべき人を正直に解説してきます!


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは↓
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?
ノイキャン最強のワイヤレスイヤホンはどれ?
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!
迷ったらとりあえずこれ↓買っとけばOK。現時点最強のコスパです。
他より2~10倍高音質&6500万曲配信!日本最強の音楽配信サービス↓
最強の音楽配信はどれ?9つのサービスを徹底比較!私のオススメはコレだっ!!

Apple AirPods Pro

created by Rinker
Apple(アップル)
製品名 AirPods Pro
連続使用可能時間 4,5時間(充電ケース込約24時間)
対応コーデック AAC、SBC
防水性能 IPX 4等級
Bluetooth規格 不明
ちなみにApple公式で買うよりAmazonの方がポイントが1529pt分付くのでお得みたい↓

AirPods Pro 7つの特徴とは?

1、デザインはどうなの?

まずはデザインをチェック。AppleはAirPodsに限らず、外箱にもめっっちゃコダワリが感じられます。

シンプルで良いっ!

なんかこう、外箱の高級感が高いと「良いもの買ったぜ!」っと所有欲が満たされますよねぇ。

イヤホンの性能には直結しないけど、外箱のデザインや質感って超重要です。

そして、Appleと言ったら箱を開ける時のスコスコ感が気持ちィィんですよね。笑

今回届いたAirPodsProちゃんの外箱は中々頑固でスコッと開いてくれませんでした(涙)

しかたないので両手で開封。。。シンプル!で良いっ!

セット内容はUSB-C⇛Lightningケーブルと、耳のサイズに合わせて変えられるイヤーピース。

早速デザインをチェックッ!うーん、ツヤッツヤ、プリップリしていてやっぱり質感は高い。

デザイン自体は超絶シンプルで、最近の安価なイヤホンよりスゴイカッコいいってわけでもないですが、触ると「ああ、、質感高いわ」っと一瞬で分かるほど高級感アリ。

イヤホン本体のデザインはメチャシンプルで、どんな服装にも合いそうだけど、「スゲェカッコいい!」って感動するほどではないかな(汗)

先っちょが銀色になっていて、ちょいオシャレ感あるけど、最近のイヤホンはもっとカッコいいのあるしなぁ・・・

1万台のイヤホンとかでもかなり高級感がある無線イヤホンも出ているので、特にAirPodsProが特別カッコいいデザインとは思えませんでした。
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

良くも悪くもシンプル。

ただ個人的には前回モデルのAirPodsより、うどん部分が短くなってるProの方が好みかなぁ。

性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します!

2、サイズや重さはどうなの?

ノイキャン機能が付いているSONYのイヤホンはめっっちゃ巨大でした(汗)
本当に高音質?WF-1000XM3を1ヶ月レビュー!8つの特徴&短所はコレだ!

っというのもあって「AirPodsProも巨大になっているのでは無いか?」っと思っていたんですが、イヤホンの中でもかなり小さい方でした。

iPhone6とAirPodsと並べてみるとこんな感じ↓

AirPodsが縦長なのに対して、AirPodsProは横長になっているくらいでサイズは別に大きく鳴っている感じはしません。

ビミョーに大きくなっている感じはあるけど、コレくらいの大きさならポッケに入れて持ち歩くのもいけそう。

重さはAirPodsより10gくらい重い57g。無線イヤホンとしては普通な重さ。

ちなみにAirPodsProとよく比較されるSONYのノイキャンイヤホンは92gもあるので、かなりズッシリ感ありました・・・

流石にこれはデカすぎ。カバンに入れて使うとかなら何も不便は無いけど、もう少し軽くしてほしいよなぁ。

AirPodsProは取り回しの良さでは上!っというのが本音ですね。

3、接続が超絶ラク!

無線イヤホン自体、そんなに接続するのは難しくないんですが、AirPodsProは接続が他の無線イヤホンより更に超絶ラク!

私が愛用しているiPadPro11と接続してみたんですが、本当に”ケースを開けるだけ”です。笑

接続したいApple製品の近くで蓋を開けると画面上でAirPodsProが踊りだすので、”接続”をタップするだけ。

流石Appleさん。Apple製品同士の連携は素晴らしすぎるっ!

4、音質はどうなの?【重要】

問題は音質。よく「AirPodsProは音質がイマイチ」「AirPodsProはノイキャンは良いけど音質は微妙」「SONYの方が音質では上」

っと音質はイマイチ!ってレビューが多い印象。本当に音質はイマイチなのか?を検証する為、現時点で最強音質の『AmazonMUSIC HD』という音楽配信サービスで音楽を聴きまくる!
【Amazon Music HD vs Spotify】本当に音質違う?7日間比較した結果・・・

あんまり知名度が無いんですが、現時点で”唯一CD音質以上の高音質”でMUSICが楽しめる音楽配信サービスだったりします。

高音域はクラシック等の曲、中音域やボーカル部分の鮮明度はJPOP等の歌声中心の曲。低音域に関してはEDMなどのドゥンドゥン系MUSICで検証。

ビリー・アイリッチュさんもAirPodsProに思わずニンマリ。

で、結論なんですが”この価格にしては”音質は確かにイマイチ!ってのが、今まで30万以上自腹で無線イヤホンレビューしてきた私の結論。

凄く音質が悪いってわけでもないし、「イヤホン好きで、いろんなイヤホンを使ってきたぜ!」って人でもなければ普通に音楽を楽しめるレベルの音質ではあります。

あちこちで、音質はビミョ~と言われているのもあって、かなりハードルが下がっていたので最初聴いた時は「意外に音質良いじゃんっ!」っと思ったのが本音だったり。笑

ただ、3万弱のイヤホンって考えると、、、うーむ。音質がスゴく良いとは言えないかなぁ(汗)

音質が悪い!と言われる割には、全体的に音の鮮明度は結構高めで1万以下のイヤホンに比べると、全然コッチの方が上。
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

ただフラットな音質で聴きやすいんですが、低音部分が結構音量少なめなので、音に厚みが感じられないんですよね。

特にEDMなどのクラブミュージック系やら、低音強めなオーケストラ、ジャズなど低音が主人公的な曲だと、スカスカとまではいかなくとも明らかに迫力不足。

かと言って高音の伸びがスゴイ良いってわけでもなく、まあ普通と言った感じ。

音質に関してはよくライバル機種に挙げられる、SONYのノイキャンイヤホンの方が圧倒的に上なのは間違いないかと↓
本当に高音質?WF-1000XM3を1ヶ月レビュー!8つの特徴&短所はコレだ!

あと、つい最近販売されたパナソニックのノイキャンイヤホンもAirPodsProより音質は良かったです↓
ノイキャンは微妙?RZ-S50Wを自腹レビュー!8つの特徴&短所を正直に解説します!

っとここまでちょっとDISってしまいましたが、普通に音楽を楽しむ分には不満ないレベルではあります。

5、ノイズキャンセリング機能はどうなの?

とにかく1番気になったのがコレぇぇぇ!これも雑誌やネット上の記事なんかでは「ノイキャン機能はAirPodsProが1番ですね」っと評価されることが多い感じ。

性格が絶望的に悪い私は「ふんっ!どうせAppleにこびうっているだけだろッ!」っと対して期待してませんでした。笑

流石にノイキャンの為だけに飛行機に乗るわけにはいかないので、YouTubeの離陸動画&機内安全ビデオを同時に爆音で再生。

飛行機搭乗状況をリアルに再現することに成功しました。
(机が低音でブルブル震えるくらい爆音)

で、結論から言うと・・・

AirPodsProのノイキャンスゲェぇぇぇぇ!

正直、使う前は「SONYやパナソニックのと変わりませんね(キリッ」っと執筆する予定だったんですが、AirPodsのノイキャンは次元が違いました。笑

飛行機のブォぉぉぉンというノイズがSONYやパナソニックのものより、更に除去されます。

流石に無音とまではいかず、主に低音部分のノイズを除去するので、高めのノイズは聴こえるものの音楽をちょっとでも流していたら、もはやエンジン音など気にならないレベル。

パナソニックとかSONYのも、「結構ノイズ除去してくれるじゃんっ!」っと興奮したのですが、AirPodsProはそれを上回りました。余裕で。

ただ、どのノイキャンイヤホンでも言えるんですが、低音部分のノイズを除去するものなので、高音が強いノイズは結構聴こえてきます。

完全無音を期待している人は、その辺りちょっとガッカリするかもなので、その点は注意。

6、アンビエントモード(外音取り込み)

もう1つの機能がイヤホンを付けたままでも、外の音が聴こえるアンビエントモード(外音取り込み)ですね。

これに関してもAirPodsProがぶっっっちぎりで、綺麗に自然に聞こえました。笑

よくネット記事で言われるように「あれ?自分イヤホン付けてなかったっけ?」っと混乱するレベルで綺麗に外の音が聴こえるんです。

私も今までアンビエントモード(外音取り込み)機能付きイヤホンを5つくらいは使ってきましたが、自然に聴こえるって点ではこれが1番なのは間違なし。

他のアンビエントモード付きイヤホンは、若干マイクから音を集音してスピーカーで再生しているって感じの音質なんですよね。

流石はApple!スゴイぞApple!

7、防水IPX4に対応!

以前のAirPodsは防水機能に対応してませんでしたが、ProはIPX4の防水機能まで対応。

IPX4=水の飛まつに対して保護されている

運動しながら使うのには全く向いてないイヤホンだとは思いますが、ちょっとした汗や雨くらいなら問題ないくらいの防水性はありますね。

IPXはあくまでも、常温水での耐水規格なので間違ってもお風呂で使おうとは思わないように!

ここまでのまとめ
・音質はそこそこ良い
・防水性能は高い
・ノイキャン、外部音取り込み機能は他社より圧ッッ倒的に上!



購入して感じた4つの短所

1、高いッ!

コスパ重視のとブログとしては外せないのがコレ。やっぱりね、いくらAppleさんの高機能イヤホンだと言っても3万弱は冷静に考えて、、、高いッッ!

いやね、ノイキャンとか外部音取り込み機能はぶっちぎりでスゴイですよ?ただ、無線イヤホンって消耗品です。
【無線イヤホンvs有線イヤホン】長所&短所を比較!30個以上買った私のオススメは…

どんなに大切に扱っても、有線イヤホンと違ってパーツ数が多いので壊れやすいし、バッテリー内蔵なので寿命は来ます。

っと考えると、どうしてもノイキャン機能が使いたい!って人意外には高すぎる気もします(汗)

2、音質はイマイチ・・・

あくまでも3万弱の価格帯にしては、、、という前提条件付きですが、音質は良く言われるように”まあ良いかな”くらいの音質。

流石に1万前後のイヤホンよりは、音の鮮明度は高いですがあなたが音質をとにかく求める!っというなら、ガッカリする可能性は高いかなと。

ノイキャン機能アリで音質重視だったら、SONYやパナソニックの方に軍配があがるし↓
本当に高音質?WF-1000XM3を1ヶ月レビュー!8つの特徴&短所はコレだ!

ノイキャンは微妙?RZ-S50Wを自腹レビュー!8つの特徴&短所を正直に解説します!

ノイキャン機能なくても良い!ってなら1万~2万でめちゃくちゃ音質が良い無線イヤホンもありますので↓
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

3、Lightning端子!

iPhone使いの人には気にならないと思いますが、やっぱり充電端子はLightning。

iPadProもUSB-Cにしているし、MacBookなどもUSB-CなのでそろそろAppleさんもUSB-Cにしてほしぃぃ・・・

4、ノイキャン、外部音取り込み機能はそもそもいるのか?!

これを言ってしまうと、元も子もないぜ!って感じなのですが、そもそもイヤホンにノイキャン機能とか外部音取り込み機能って必要なのか?!て思い始めてきた(汗)

「ノイキャンって一体どのくらいスゴイんだ?!」という好奇心と物欲に負けてAirPodsProを買ってはみたものの、あまり有効に使えそうな場面が無い事に気づいてしまった。

確かに飛行機の轟音はスンゴイノイズ除去されるけど、飛行機に乗るなんて年に数回くらいだし、即寝ちゃうし、エンジン音が聴こえないくらい爆音で音楽聴くしなぁ。

家や会社の近くで工事していたら、かなり活躍しそうだけど私の用途だと、そんなにノイキャンいらないかも・・・ってのが今の所の結論。

あと、使ってみて分かったのですが私の場合ちょっと雑音が無いと、逆に圧迫感みたいな感じがあって集中できなかったです。

アンビエントモードは自然に会話が出来るレベルではありますが、イヤホン付けたまま会話するのはちょっと失礼な感じもするし、レジとかでは外したい派だしなぁ。

もし、あなたが「ノイキャンはこうやって使うと便利!」っというのがあれば教えてくださいm(_ _)m

ここまでのまとめ
・イヤホンに3万は高い!
・充電端子はLightning
・3万円弱にしては、イマイチな音質
・AACとSBCにしか対応していない
・ノイキャン、外部音取り込み機能はスゴイが使い所が見つからない

【結論】ノイキャン、外部音取り込みは今の所最強。

最後にこのイヤホンを検討するべき!な人をまとめてみるとこんな感じ↓

このイヤホンを買うべき人
・ノイキャン、外部音取り込み機能が使いたい!
・公共交通機関を良く使う、且つエンジン音などが気になる
・無音に近い方が集中できる
・音質はそこそこで良し!
・Apple大好き
ちなみにApple公式で買うよりAmazonの方がポイントが1529pt分付くのでお得みたい↓

「ノイキャン機能最強!とべた褒めされてますが、SONYのとそんなに変わりませんでした!」

っとややネガティブな記事になる事が予想されたんですが、実際に使ってみるとノイキャン性能は圧倒的でビビりました。笑

とは言え、SONYやパナソニックのノイキャンイヤホンもAirPodsProよりも劣るものの、かなりノイズキャンセリングしてくれるので、コスパ的にはコッチの方が良いかなぁというのも本音だったり・・・

私の環境だとそれほど使いみちが思いつかないですが、もしあなたがノイキャン機能を使いまくりたい!っと言うならAirPodsProは絶対に検討するべき!っと言えるかと。

逆に「ノイキャン使うか分からない」「音質重視でもっと安めなものが良い!」っというなら以下の記事も参考にしてみてください↓
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

イヤホンが違うだけで、こんなに音質変わるのかッ!っと感動を覚えるほど音質が良いイヤホンもありますので。笑

っというわけでAirPodsPro買おうか悩んでいる!っと言う人は参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

created by Rinker
Apple(アップル)

前モデルのレビューはコチラ↓
性能は微妙?第2世代AirPodsを自腹レビュー!5つの特徴&短所を正直に解説します!

iPadPro11を2年くらい使い続けた結果・・・
【9ヵ月レビュー】iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事7選!

何時でもAmazonでイヤホンが1000円引きで買える方法とは?
Amazonギフト券チャージで1000円分無料で貰う5つの手順とは?3つの短所も解説!

無線イヤホンで一番人気のブランド。全部買ってみました↓
どれが買い?Ankerワイヤレスイヤホン7万分購入した私のオススメ8選を本音で解説!

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
16万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン7選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選はコレだっ!

国内最大クラス6500万曲のAmazonミュージックが1ヶ月聴き放題に!
⇛【即解約でもOK!】Amazon MUSICが無料で聴き放題!現在の条件はコチラ!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事