AirPods ProはAndroidでも使える?オススメ出来ない5つの理由と接続方法を解説!

AirPodsProが気になるけどAndroidでも使えるのか?!結論から言うと使えます。

が!もし、あなたがAndroid持ちでAirPodsProを検討しているなら、全力でオススメしません・・・

Androidで無線イヤホンを探しているのであれば、あえてAirPodsProを使う理由はないな~っと思ったのが私が使ってみた本音です。

では一体どんなデメリットがあってオススメできないのか?!50個以上自腹で無線イヤホンを買い漁っている私が、接続方法などと一緒に解説します!


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・

AndroidとAirPodsProを接続する方法を解説

AndroidとAirPodsを接続する方法至って簡単。

AirPodsのケース裏にある、ペアリングボタンを長押しすることで、ケースが白に点滅します。

これでペアリングモードになっているので、Androidスマホ側のBluetooth接続画面に表示されたAirPodsProをタップすれば接続完了。

接続自体はスンゴク簡単なんですが、他の無線イヤホンと違って中々AirPodsProが表示されなかったんですよね・・・

もしかしてAndroidと接続するのを嫌がっている?!ってくらい、Bluetooth接続画面にAirPodsProが表示されませんでした(涙)

何回もBluetooth切ったり付けたりして、4回目くらいで接続出来ましたが、やはりAndroidと相性は悪いのかもしれませんね。

iPadと接続するときはケースの蓋を開いた瞬間、爆速で有無を言わさず接続出来たんですが。笑

ノイキャンは本当にスゴイ?AirPodsProを自腹レビュー!7つの特徴&短所を正直に語ります!

AndroidでAirPodsProを使う3つのメリットとは?

1,音質にやや厚みが出る(気がする)

iPadProと接続した際は全体的にフラットな音質で、低音域が弱くやや迫力不足な音質でした。

が、Androidで聴いてみると若干低音域に厚みが出て、iPadで聴いたときより迫力が感じられました。

とは言っても、音質が良くなったわけじゃなく、音がやや低音寄りになっているだけで、音の鮮明度が高くなったわけじゃないんですけどね。

あとは、再生するスマホによって音質は若干変化しそうな気もします。

2,イコライザーで音質を変化できる!

これも使っているスマホによってなんですが、私が使っているZenFone5Zは低音を強くしたり、逆に高音を強くしたり出来る純正のイコライザーがあります。

AirPodsProだとな~んか低音弱いなぁ・・・っと思ってもある程度イコライザーで音質調整できるのは◯

ただ、Appleのスマホでもイコライザー的なアプリはありそうな気がするので、Androidならでは!ってわけじゃないかも。

3,ノイキャン機能やアンビエントモードは余裕で使える!

1番気になるのはコレだと思います。AndroidでもiPhoneのようにノイキャン機能は使えるのか?!

ですが、普通に使えました。笑

試しにYou Tubeで飛行機の離陸動画&機内安全ビデオを爆音で流してみましたが、iPadと繋げたときと同じくらいノイキャンしてくれました。機能的にはほぼ同じ。

ただし!詳しくは後述しますが、iPhoneで使うよりもノイキャン機能に切り替えるんがちょっとメンドウです。



AndroidでAirPodsProをオススメしない5つの理由はコレ!

1,イヤホンのボタン設定ができない

最も致命的に感じるのがコレ。Apple製品などと接続した場合はイヤホンのタップ機能を自分の好きなように変更できるんです。

しかぁし!Androidでは基本的にタップ機能の変更などできません。

今後アプリなんかで変更できるものが出てくるかもですが、なんかね・・・イヤホンの為にアレコレアプリ入れたくないです(汗)

2,Lightningケーブル!

Why?!Apple People?!

っと叫びたくなるのがコレ。

iPhoneが未だにLightningケーブルを採用しているので、仕方ないんですがAirPodsProもやはりLightningケーブル端子採用。

iPadProもMacBookもUSB-Cなんだからそろそろ、、、そろそろUSB-Cに折れても良くない?!っと思うのは私だけなのかな。

当然AndroidスマホはUSB-C端子がほとんどなので、わざわざケーブルをイヤホン用に別途用意する必要があるのはメンドウ。

ワイヤレス充電も対応しているので、スマホがワイヤレス充電に対応していれば、充電パッドだけでもOKではあります。
ワイヤレス充電器は本当に便利?6ヶ月使って分かった5つの長所&短所はコレです。

ただ、ワイヤレス充電ってやっぱり充電速度がUSB-Cより遅いので、ケーブル充電の方が快適なんですよね・・・

3,音質は悪め(価格にしては)

AirPodsProは音質悪い!っと言われますが、”音楽を楽しむ”レベルにはそこそこ音質良しです。

とは言え、同価格帯のイヤホンと比べちゃうと、やはり音に厚みが無く音質はイマイチってのが本音。

よく言われるように音質重視のノイキャンイヤホンであればSONYの方が圧倒的に音質は上だし↓
AirPodsProとSONY WF-1000XM3はどっちが買い?重要な5項目を比較した結果・・・

音質だけで言ったら、2万ちょっとのパナソニックノイキャンイヤホンの方が上でした。
ノイキャンは微妙?RZ-S50Wを自腹レビュー!8つの特徴&短所を正直に解説します!

AirPodsProがスゴく音質悪い!っとデメリットに挙げるほどではないんですが、もしあなたが音質も良いイヤホンが使いたい!っというなら、あえてAirPodsProを使う理由はない!っと言い切ってみます。

4,スマホ側でノイキャン機能の切り替えが出来ない

Apple端末と接続すると、ボリューム調整画面でノイキャン⇛OFF⇛外部音取り込みっとタップで切り替える事ができます

が、Androidでは端末画面でノイキャンなど切り替えが出来ないんですよね。

もちろん、イヤホンをタップする事で切り替える事は出来るんですが、可視化できないので今がどのモードなのか?がちょっと分かりにくいです。

5,個人的にはノイキャン機能の必要性はあまり無かったです

完全に独断と偏見なのを承知で言いますが、私の環境だとそれほどノイキャンが必要!ノイキャンは手放せない!っという状態にはなりませんでした(汗)

ノイズキャンセリングって本当に必要?3ヶ月使って分かった5つの弱点はコレだ!

ノイキャン機能の性能だけで言えばAirPodsProは私が使ってきた中でも、最もノイキャン機能が優れているのは間違いないです。

とは言っても他のノイキャンイヤホンもかなりノイズは削ってくれるし、音楽をかけてしまえばそこまで大きな差には感じませんでした。

まあ、これは私が結構デカい音量で音楽を聞くのもありますが・・・

Android持ちの人がノイキャン目当てに、あえてAirPodsProを選ぶ事も無いかなぁというのが本音。

【結論】Android使いなら、AirPodsProじゃなくても…

確かにAirPodsProの機能は他のノイキャンイヤホンよりも1段階上。

ではあるんですが、かといって他のノイキャンイヤホンが使い物にならないってわけじゃないし、正直ノイキャンイヤホンだったら、パナソニックとかSONYのものでも十分かなぁと感じました。

同時に全てのイヤホンを購入して、使い比べたらAirPodsProの方がノイキャン力は高いけど、同時に比較しなければそこまで気にならない!っというのが本音。

音質的には明らかに他の同価格帯のイヤホンよりは劣るし、Androidだと操作性等も下がるし・・・

っと考えたらわざわざAndroidでAirPodsProを使う事も無い!っというのが私の結論です。

っというわけで、もしあなたが「Androidだけど、AirPodsProはどうなんだろう?」っと疑問に思っていたら参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

あと、「とにかく音質重視のイヤホンが欲しい!」っという人は以下の記事も参考にしてみてください↓
1万~2万円の無線イヤホン9選!30万円分買った私のオススメはコレだ!

「えっ?!同じ無線イヤホンでもこんなに音質違うの?!」っとビビるほど音質が良いイヤホンもありますので。笑

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事