【2020】新型iPadProとAirはどっちが買い?iPadPro歴2年が本音で比較!

デデデター!ついにiPadProのニューモデルがデター!残念ながら、殆ど2018年版のiPadProとほぼ変わりないマイナーチェンジでした。

ではiPadAirと2020年のiPadProはどっちが買いなのか?!iPadPro11を2年使い続けている私が全力で解説します。

結論から言うと、「ほぼ全ての人はiPadAirで十分だッ!」っというのが私の持論。

iPadProとiPadAir基本スペック比較

 

  iPad Pro(第2世代) iPad Air(第3世代)
デイスプレイサイズ 11インチ
12,9インチ
10,5インチ
ロック方式 Face ID Touch ID
CPU A12Z Bionic A12 Bionic
対応Apple Pencil 第2世代 第1世代
スピーカー 4スピーカー 2スピーカー
センサー LiDARスキャナ
Face ID

3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計

⇛Apple iPad Pro 11インチ 現在の価格&詳細はコチラ!

Apple iPad Pro 12.9インチ 現在の価格&詳細はコチラ!

Apple iPad Air 10.5インチ 現在の価格&詳細はコチラ!

1,価格を比較

まずは当ブログとして最も重要な価格から比較。

端末
(Wi-Fiモデル)
iPad Pro11インチ iPad Pro12,9インチ iPad Air
64GB 54,800円(税別)
128GB 84,800円(税別) 104,800 (税別)
256GB 95,600円(税別) 115,800 (税別) 71,800円(税別)
512GB 117,800円(税別) 137,800 (税別)
1TB 139,800円(税別) 159,800 (税別)

Pro11モデルとAirでは、最安モデルの価格差は3万円になっています。12,9インチだとぬなんと!4万円。

ストレージ量が64GBから128GBと倍増するものの、3万円の価格差はかなりデカイ。でかすぎる!

私は新型iPadProとほぼ同等性能のiPadPro11(2018)の64GBモデルを2年ほど使い続けてますが、ストレージ量が足りないと困ったことはたったの1度もありません(汗)
【9ヵ月レビュー】iPadPro11の強烈な7つのデメリットとは?

当然、あなたがどんな用途にiPadを使うのか?!にもよるんですが、私のように

・ちょっと動画を観る(保存はほぼしない)
・電子書籍を読みまくる(保存する)
・カメラで写真はほぼ取らない
・PDF等で資料を保存する

この程度の使い方であれば64GBでも余裕で足りると思います。

AmazonPrimeなんかのVODでガンガン動画を保存するような人は128GBあってもいいと思いますが、別に64GBでもどーにでもなります。笑

Googleドライブやらクラウドストレージ等使えば容量がパンパンになりまくる事はほぼ無し。

スマホと違って写真や動画を取る機会がほぼ無いので、それほどストレージ容量って気にしなくていいかなぁと。

続いて、ApplePencilの価格を比較。Proモデルは第2世代のみが使え、Pro以外はAirやノーマルiPadで使えるPencilになります。

Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil(初代)
対応端末 iPadProのみ iPadPro以外のiPad

・iPad
・iPadAir
・iPadmini

価格 14500円(税別) 10800円(税別)

大体4000円弱の価格差。これほどの価格差があるのか?!は初代も第2世代も持っているので後述します。

ただ、ApplePencilも同時に購入すると考えているなら、更に価格差が開くのは間違いないです。

それぞれの最安モデルとPencilを同時に購入した時の価格がコチラ↓

iPadモデル iPad Pro11 iPad Pro12,9 iPad air(第3世代)
ストレージ 128GB 128GB 64GB
価格 84,800円(税別) 104,800 (税別) 54,800 (税別)
初代ApplePencil
第2世代ApplePencil
本体代+ApplePencil代 99300円 119300円 65600円

ApplePencilも同時に購入すると、iPadProの最安が10万弱。Airなら65000円くらいで買えてしまいます・・・

価格差は33700円!ちなみにコレは税別なので、消費税も考慮したら37000円弱くらいの価格さにまで開いちゃいます(汗)

iPad10,2インチ(第7世代)がもう1台買えちゃいますよ・・・

つまり、iPadもう1台分の価格を払うほどの差があるのか?!が焦点になるわけですね。

ただ、冒頭でも言ったとおりiPadProを2年使ってきて感じているのですが、ぶっちゃけ殆どの人はAirで十分です。間違いなく。

っというわけで、本当に37000円弱の価格差ほど違いがあるのか?!性能や機能などを比較していきます!

2,性能の比較

2020年のiPadProに搭載されている、”A12Z Bionicチップ”デザインは2018年のiPadProに搭載されていた”A12X Bionic”とほぼ同性能という結果が既にチラホラ出ています。

もちろん、最新のチップなので多少は性能向上している可能性は高いけど、圧倒的な性能差があるなら、”ほぼ同性能”なんていう結果は出ないはず。

いずれにしても人間が体感できる差は無し!と言っても良いです。

一方、Airに搭載されている”A12 Bionic”はiPhoneXSに搭載されているチップと同じで、決してパワー不足とか古臭いチップが搭載されているってわけじゃありません。

「iPhoneXSモッサリするわ~」っと嘆いている人なんか私は見たことも聞いた事もありません。笑

むしろ、”A12 Bionic”ですら半分の性能も使っている人もいないんじゃないかなぁと。

もし、あなたが「iPadでガンガン本格的に動画編集するぜ!」とか「最新の重いゲームをやるぜ!」っと言うような用途でもなければ、体感差はぜっったいに感じないです。

ただ、以前も当ブログでお伝えしたんですが、iPadをノートPC代わりに仕事で使うのは間違いなくオススメ出来ません↓
まだ買うな!iPadProはPCの代わりになる?私が感じた9つのストレスとは?

確かにiPadで動画編集やらブログ編集もできなくは無いんですが、、、ノートPCの方が圧倒的に快適なので、あくまでもサブ機ですね(汗)

3,機能の比較

続いて機能の比較。最も大きな違いはProモデルの方は顔認証でロック解除できるFACE IDを搭載しているのに対して、Airは指紋認証のtouch IDを搭載している点。

一々、タッチしなくても一瞬で解除してくれるのがメッチャ便利ではあるんです。

ただね・・・FACE IDの場合はカメラを自分の顔面に向けないと行けないので、iPadのように画面を机の上において使うような場合は結構メンドイです(汗)

iPhoneなどのスマホは軽いし、基本は手に持って操作するのでカメラを自分に向けるのも苦じゃないです。

ただ、iPadの場合は本体が重いし、机において使うことがかなり多いので、カメラを覗きこむか一瞬カメラを自分に向ける必要があるんですよね。

正直、touch IDの方が便利なような気もしてます。できればどっちも載せてくれれば最高なんですが・・・

他にも最新のProは3D認識できる(AR)LiDARスキャナが搭載されていたり、2レンズカメラを搭載してます。

 

が!正直今の時点ではARとか全く使いみちが思いつきません。。。AR機能を使ってインテリアを実際に配置しているように見えたりとか出来るらしいけど、、、

イラネッ!別に現時点では必要な機能だとは思えないし、もっとアプリや使いみちが分かってから使うのでも遅くは無いかなと。

広角カメラについては、あれば嬉しいは嬉しいけど・・・いうほどiPadのカメラ使う?っと思ってしまった(汗)

たぶん私がiPadのカメラで写真を撮った回数は10回にも満たないと思います。Airでもノーマルカメラは搭載されているし、資料などを撮影するくらいであれば十分かなぁと。

4、画面の比較

私が最もProで恩恵を感じられるのがコレ!やはりベゼルレスのタブレットは没入感や、視認性がタケぇぇぇです。笑

注:iPadPro11とiPadPro9,7を比較した写真です。

やはり、一度ベゼルレスに慣れてしまうと、ベゼルアリなiPadを見るとやや野暮ったくは見えてしまいますね。

「ベゼルレスのiPadが出たら絶対に買うっ!」っと2年くらい待ち続けて、ベゼルレスの為だけに買ったと言っても過言じゃないです。笑

ベゼルレスな大画面で電子書籍を読みまくるのが幸せすぎる。

ただ、画面の多きさはAirも10,5インチあるので、正直そこまで操作性や使い勝手は変わりません。

たった0,5インチの差なので画面が見難いという事も無いし、ぶっちゃけ11インチを同時に並べでもしなければ気にならないレベルかと。

10,5インチだろうと、電子書籍は読めるしWEBブラウジングもできるし、You Tubeやアマプラなどの動画も問題なくみれます。

っと考えると別にベゼルレスなんていらないんじゃ?っと思えてくるんですが・・・

ベゼルレスは、、、そうロマン!です。

あなたがロマンの為に3万もの価格差を許容できるか?!が一番重要なポイントかと思います。割と本気で。

5,Apple Pencilの比較

続いてApplePencilの比較。上の方でも書きましたがProモデルは第2世代ApplePencil。その他のiPadは初代ApplePencilが使えます。

Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil(初代)
長さ 166mm 177.5mm
価格 14500円(税別) 10800円(税別)
直径 8.9mm
重量 20.7g

新型の方が価格が4000円弱高い点以外は、大きさなどはそこまで変わりません。

ただ、新型はiPadにカチッと装着するだけで充電できるので、わざわざ充電するという動作が必要なし。

新型Pencil最強のメリットはコレかなぁと思います。第1世代は充電する為に、Lightning端子に繋げる必要があるんですよね。

一応、iPadでも充電できますがちょっとカッコ悪いです(汗)

新型は常にiPadProにくっつけているだけで、充電している状態なので充電切れになることがほぼ無しっ!

更に新型は”タップ機能”が付いているので、画面をタップしなくてもペン⇛消しゴム⇛ペン…っと言った感じに切り替えることが可能!

もし、あなたがイラストを書きまくる!とかメモをずーっと書く!っというなら、この機能があった方が作業効率が上がるのは間違いないかなと。

ただ、正直イラストとかほぼ書かない私的には、新型も1世代も書き心地に差は感じませんでした(汗)

まずはiPadPro9,7+ApplePencilで書いてみたのがコチラ↓(プロモーションテクノロジー非対応)

そしてコチラがiPadPro11+第2世代ApplePencil(プロモーションテクノロジー対応)↓

うーん、、、イラストレーターさんとかであれば、本当に細かい追従性の差を感じるのかもだけど、私のようにちょっとメモを書くくらいであれば、第1世代でも余裕でも良いかなと。

【結論】あなたはiPadの使いみちが決まっていますか?

iPadPro11を2年ほど使い続けましたが「買って失敗したぁあ」とは思いません。っというのも私はProモデルがオーバースペックと分かってて、ベゼルレスタブレットというロマンを求めてiPadProを買ったからです。

ただね、、、iPadProで出来る事はiPadAirでも99,9%出来ちゃいます(汗)

WEBブラウジング⇛Airでも出来る
電子書籍⇛Airでも出来る
動画閲覧⇛Airでも出来る
Pencilを使う⇛Airでも出来る
簡単な動画編集⇛Airでも出来る
執筆作業⇛Airでも出来る
別にProモデルをdisりたいわけじゃないんだけれど、Proじゃないと出来ない!って事が1つも思い浮かびません・・・
逆にAirじゃ出来ないけど、Proなら出来る事があれば優しく教えて頂ければ幸いですm(_ _)m
ただし!絶対にProモデルを買ったほうが良い!っと思うのが
”イラストレーターさん等のPencilを使いまくる人”
新型に搭載されているタッチ機能があるだけで、作業効率が上がるのは間違いないし、ビミョーーなペンの追従性が求められる作業であれば、新型Pencilが使えるPro一択。
更に言うと12,9インチモデルが選択出来るのはProモデルだけ。
作業スペースが広く使える⇛作業効率が上がるっという点を考えるとイラストレーターさん等は12,9インチ+新型Pencilがベストかなと。
その他の人は実用性だけで言えばAirで十分です。私も含めて。笑
っというわけでProとAirで迷っている!っという人は参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m




おすすめの記事