【2020モデル】HP Spectre x360とENVYx360の15インチはどっちが買い?7つの特徴を比較!

HP Spectre x360とENVYx360の15インチが発表された!

結論を言うと、ほとんど人はENVYx360の15インチでも十分満足できるスペックだッ!ってのが本音。

どちらも同じ15インチではあるものの、方向性とターゲットはぜんっっぜん違うので、適当に買うと失敗する可能性があります・・・

では一体あなたはどっちが買いなのか?!何が違うのか?!7つの特徴を比較していこうと思います。

あなた向きHPノートPCはどれ?

【2020モデル】HP Spectre x360とENVYx360の15インチ基本スペック

HP Spectre x360 HP ENVY x360
(Ryzen版)
HP ENVY x360
(intel版)
CPU  Core™ i7-10750H Ryzen™ 5 4500U

Ryzen™ 7 4700U

Core™ i5-1035G1

Core™ i7-1065G7

メモリ 16GB 16GB 8~16GB
ストレージ 512GB~1TB 512GB 256GB~1TB
ディスプレイ UHD(4K)IPS or OLED
(3840×2160)
フルHD
(1920×1080)
フルHD
(1920×1080)
カラー アッシュブラック ナイトフォールブラック ナチュラルシルバー
通常価格(税抜) 227,800~ 109800~ 109800~

⇛【2020年版】HP Spectre x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

⇛【インテル版】HP ENVY x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

⇛【Ryzen版】最大3万5千OFF!HP ENVY x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

1,デザインは?

まずは重要なデザインの違い。私は勝手に性能以上に重要だと思っているのがこのデザインです。

いくら性能が高かろうとも自分でカッコイイっと思えるPCじゃないと、愛着が持てないし、愛着が持てなければモチベも上がりません・・・

私だけかもしれませんが。笑

で、デザインについてはSpectreはUSB-C端子部分がエメラルドカットになっていたり

※13インチの写真です。15インチとデザインはほぼ一緒。

ヒンジ部分がゴールドっぽく装飾されていたり・・・

HPが輝いていたりと

私は13インチのSpectreと購入したのですが、デザイン的には15インチとほぼ一緒なので参考までになるはず。
【2019版】Spectre x360 13インチを自腹レビュー!7つの長所&短所を正直に解説!

全ノートPCの中でもトップクラスにカッコいいんじゃないか?!ってくらい高級感あるデザインです。

あんまりにもカッコええので、無駄にPCに触りたくなる⇛仕事したくなるっという仕事のモチベが上がります。笑

また、旧モデルと違ってディスプレイサイズはそのままに、ボディサイズが小さくなり、ベゼルが薄くなっているのも特徴。

ベゼルが薄くなっただけじゃなく、従来モデルから奥域が249mm⇛226mmと小さくなっているので携帯性もUP!

携帯性がアップしているってだけじゃなく、小さいデザインだとデカイPCよりなんかカッコいいです。笑

特にベゼルが薄くなっているのが、新機種っぽくて良い。

一方、ENVYもSpectreほど主張は激しくないものの、アルミニウムボディで高級感は結構あります。

Spectreを買うか?!ENVYを買うか?!家電量販店に10回くらい通いましたが、「本当にこの価格でいいの?」ってくらい質感高かったです。

で、更にそれだけじゃなく2020モデルはSpectreと同様にボデぇサイズが小さくなっているんですよね。

旧モデル↓

2020モデル↓

ボディサイズが小さいのはSpectreの特権だったのにっと勝手に思い込んでいたんですが、ついにENVYも小型化へ・・・嬉しいような悲しいような。

ただ、Spectreとの差別化ができなくなるからか?公式サイトだと、あんまりボディサイズ小さくなっている点はアピールされてませんね。

ともあれ、ボディサイズが小さいまま15インチを保っているということは、ベゼルも薄くなっているのは確実。

シンプルながら、ノートPCとしてのデザイン性はかなり高い!っと言って良いかと思います。

2,CPU性能の違いは?

かなり大きな違いがCPU性能。同じ15インチのノートPCでもSpectreはハイエンドPC用のCPUが採用され、ENVYは13インチでも採用されるCPUが使われています。

CPUは基本的にコア数が多く、クロック周波数の数値が高い方が性能が良いです。

で、まずはSpectre15インチのCPUの性能がコチラ↓

HP Spectre x360  Core™ i7-10750H
CPUコア数 6コア
スレッド数 12スレッド
基本クロック 2.6GHz
最大ブースト・クロック 5.0GHz

通常の13インチのノートCPUに使われるCPUよりも性能が高い、ハイエンド15インチノートPC向きCPUが採用されております。

一方、ENVYに採用されているCPUがコチラ↓

性能比較 Ryzen 5 4500U Ryzen 7 4700U i5-1035G1  i7-1065G7
CPUコア数 6コア 8コア 4コア 4コア
スレッド数 6スレッド 8スレッド 8スレッド 8スレッド
基本クロック 2.3GHz 2.7 GHz 1.00 GHz 1.30 GHz
最大ブースト・クロック 4.0GHz 4.1GHz 3.20 GHz 3.90 GHz

ENVYはRyzen版とintel版があるのでちょっと複雑ではあるんですが、どちらも13インチのノートに使われているCPUと同じものです。

ここで注目すべきはENVYのRyzen版。

ぬぁんと!13インチにも使われるCPUでありながら6コア、8コアとintelのCPUよりもコア数が多いです・・・

クロック周波数に関してもRyzenの方が上。

パフォーマンス版に採用されてる、Ryzen 7 4700Uに関してはコア数はSpectreよりも上です。

さすがはブーストクロック(高負荷時)は劣ってますが、20万超えのPCに迫るCPU性能ってのはヤヴァイでしょっ!

周波数だけでは性能は分からない!ってことで、性能の指標を示すベンチマーク数値もみていくとこんな感じ↓

性能比較 Cinebench R20 (Single-Core) Cinebench R20 (Multi-Core) PassMark CPU
i7-10750H 484 2732 12813
Ryzen 5 4500U
AMD スタンダード
448 1921 11006
Ryzen 7 4700U
AMD パフォーマンス
464 2424 13837
i5-1035G1
intel スタンダード
420 1545 8950
i7-1065G7
intel パフォーマンス
448 1639 8970

引用:https://www.cpu-monkey.com/ja/cpu-intel_core_i7_10750h-1332

あくまでも性能の指標だし、環境によって数値は多少変動しますがやっぱり異常レベルに性能が高いのがENVYのRyzen版ですね。

ベンチマークソフトによっては、Spectreのi7-10750Hよりスコアが上回っちゃっているものもあります(汗)

一体どれだけバケモンなんだ?!ってくらい性能高いです。

正直、ここまでスコアが近いと性能差はほぼ無いと言っても言い過ぎじゃないです。

それにしてもENVYのintel版は・・・(´;ω;`)

3,GPU性能は?

CPU性能だけ見ると「もうこれならENVYでいいじゃん!」っとなりますが、大きく違うのはGPU性能です。(グラフィック描写性能)

Spectreの方はCPUとは別にGTX 1650Ti with MAX-Qという、GPUを積んでいるのでノートCPUとしてはかなり高いGPU性能を誇ります。

一方ENVYはRyzen版もintel版もCPUに内蔵されているGPUなので、別途GPUを積んでいるSpectreには劣ります。

具体的なスコアはこんな感じ↓

性能比較 3DMark Ice Storm GPU
GTX 1650Ti with MAX-Q
(Spectre x360)
372613
Ryzen 5 4500U
AMD スタンダード
94451
Ryzen 7 4700U
AMD パフォーマンス
167874
i5-1035G1
intel スタンダード
105592
i7-1065G7
intel パフォーマンス
146308

引用:https://www.cpu-monkey.com/ja/cpu-intel_core_i7_10750h-1332

これについてもあくまでも目安ではあるんですが、やはり別途GPUを積んでいるSpectrex360がぶっちぎりでトップ。

とは言ってもここでも驚異的なのがRyzen 7 4700Uです。

CPUに内蔵のGPUなのにスコアはかなり高い。グラフィック性能が強化された!っと言われている10世代のintelよりもやっぱり上。

AMDはとんでもないものを生み出してしまったようです(´;ω;`)

グラフィック性能はぶっちぎりでSpectrex360が高いので、あなたが動画編集や画像編集Blenderなんかの3Dソフトなどでクリエィティブなことをするなら間違いなく快適。

逆にネットサーフィンやら軽めの動画編集くらいなら、Ryzen版でも問題なく作業できるくらいの性能はありますね。

私はi7-1065G7搭載のSpectrex360 13インチで動画編集してみたりしたんですが、フルHDの動画くらいならギリ編集できるくらいの性能って感じでした。

頻繁に動画作成とかするなら間違いなく、Spectrex360 15インチ一択。

4,メモリ

メモリ量が多ければそれだけ同時に作業できるスペースが広い!っと言われ、サクサク感が向上するんですが、これはどちらも16GBが最大。

うーん、、、Spectreくらいの性能があるなら、そろそろ32GBに対応しても良いような気がするんだけどなぁ(汗)

5,ディスプレイの違い

これも結構デカイ違い。Spectreはディスプレイ解像度がすべてのモデルで4K。

一方ENVYは一番高いモデルでもフルHDしか選べないので、この点はちょっと残念ポイントかなぁ。

私は4K13インチモデルを購入しましたが、4Kはガチのマジでディスプレイ美しいぃぃぃい!です。笑

※13インチSpectreのディスプレイをスマホで直撮りした画像

「ノートPCに4Kなんぞいらんだろっ!WQHDくらいで十分だろ!」っと購入するまで思っていたんですが、実際に使ってみると戻れません。笑

フルHD
WQHD
4K

13インチでさえこんなに解像度の違いが感じられるので、よりディスプレイが大きい15インチだったら4Kの恩恵は更に大きいはず。

実務的にはそこまで大差ないといえば無いんですが、やはり動画編集や画像編集などクリエィティブなことをするなら解像度が高いSpectre一択。

6、その他変更点

Spectrex36015インチは新型のペンが付属しているみたい。なんかすごくカッチョ良いです。笑

 

旧モデルのペンシルは単6電池という入手難易度が高い電池が採用されていましたが、これはUSB-Cで充電できるのが特徴。

しかも、充電しながらでもペンシルが使えるので、ガッツリペン使う人にはかなり嬉しい進化ポインツ。

ENVYの方はintel版の方にだけ標準でペンシルが付属するみたいなんですよね。

Ryzen版とintel版の詳細ページを見るとintel版の方にだけアクティブペンと書かれてました(汗)

Ryzen版の方の詳細ページを見てみると・・・

ペンが無いッ!おそらく旧モデル同様1万前後で、別売りペンをオプションで購入すれば使えるので、特に問題はないかなぁ。

7,価格は?【重要】

そしてコスパ重視の当ブログとして外せないのが価格!

まずSpectrex360 15インチはパフォーマンスモデルとパフォーマンス+モデルの2つがあり、執筆時点の価格はこんな感じ↓

Spectrex360 15インチ パフォーマンス パフォーマンス+
価格(税抜) 227,800~ 249,800~
ディスプレイ UHD(4K)・IPSタッチディスプレイ UHD(4K)OLED・タッチディスプレイ
ストレージ 512GB SSD 1TB SSD
バッテリー持ち 約15時間 約8時間30分

なにもオプションなどを付けない場合の最低価格差は2万2千円。

くッ!やはりHPのハイエンドPCというだけあって高いっ!パフォーマンス+だとディスプレイが有機ELになり、ストレージが1TBになっていて25万いえぇぇん・・・

しかもただ高いだけじゃなく、有機ELのせいでバッテリー持ちが半分くらいにまで落ちてしまっている弱点も抱えているので、ほとんどの人はパフォーマンスモデル一択。

ストレージはMicroSDやら外部SSDやら、クラウドサービスでどうにでもなりますしね。

そしてENVYがこんな感じ↓

ENVYx360 15インチ Ryzen版
スタンダード
Ryzen版
パフォーマンス
intel版
スタンダード
intel版
パフォーマンス
価格(税抜) 109,800円~ 129,800円~ 109,800円~ 139,800円~
メモリ 16GB 16GB 8GB 16GB
ストレージ 512GB SSD 512GB SSD 256GB~512SSD 512GB~1TB SSD
バッテリー持ち 約 17 時間 約 17 時間 約 17 時間 約 17 時間

やっぱり価格の面でもコスパ良いのがRyzen版ですね。スタンダードモデルでも16GBで更にSSDも512GBなのに11万弱。

Ryzenのパフォーマンス版なら13万前後。Spectrex360に迫るくらい性能が高いPCが手に入ると考えたらコスパ良すぎっ!

一方、intel版のスタンダードはたった8GB・・・ただでさえ、この中ではCPUスペックが一番低いのにストレージも256GBでメモリも8GBしかないです。

この時点でENVYのintelスタンダード版はまず選択肢に入らないですね(汗)

Spectrex360よりも10万以上安いですが、動画編集などGPUを酷使しないなら体感差はほぼ無いと言ってもいいです。

なのであなたがガッツリ動画編集などGPU性能に直結する作業をするなら、Spectrex360。

それ以外ならRyzen版のいずれかを選ぶのがオススメ。

※今、チェックしてみたらキャンペーン価格でほぼ全てのENVY x360が2万以上安くなっていました↓
⇛【キャンペーン割引】最大3万5千OFF!HP ENVY x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

通常価格でも安いのに、コスパ最強すぎぃぃ!

【結論】私だったらENVYのRyzen版買います。

結局どれが買いなのか?!ですが、私でしたらENVYのRyzenパフォーマンス版を買います。

まずこの価格でこの性能は異次元すぎです。笑

見た目がSpectreの方がカッコいいとかGPU積んでいるとか、4Kディスプレイとかメリットはありますが、10万もの価格差はデカイ。あまりにもでかすぎるッ!

っというか20万もあれば、デスクトップならもっとぶっちぎり性能が高いPC買えちゃいます(汗)

もし、あなたが出張や外でどうしても作業する必要があって、なおかつ重い動画編集などするならSpectrex360 15インチを選ぶのもアリ。

逆にそれ以外の作業だったら、10万円くらい安いENVYの15インチでも十分満足度は高いはずです。

っというわけでSpectrex360とENVYで迷っている!って人は参考にしてみてくださな。

⇛【Ryzen版】最大3万5千OFF!HP ENVY x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

⇛【2020年版】HP Spectre x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

⇛【インテル版】HP ENVY x360 15インチ現在の価格&詳細はコチラ!

またその他の関連記事も参考にしてみてください↓
【2020モデル】HP ENVY x360 15インチ Ryzenとintelの特徴5つを比較!どっちが買い?

【2020版】本当に買い?HP Spectre x360 15インチの7つの特徴をレビュー!




もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓
おすすめの記事