100均のUSB-Cケーブルは使える?1800円のApple純正品と比較した結果…

ダイソーに売っているUSB-Cケーブルは本当に使い物になるのか?気になって夜も眠れないので実際に購入して調べてみました。

私が所持してるスマホもiPadもUSB-Cだし、デスクトップPCもUSB-C端子モリモリ積んでいるので、USB-Cケーブルを追加で欲しくなったんですよね。

ケーブルといえばAnker!なんですが、Amazonで見ると1000円くらいします・・・

100円で同じ用に使えるなら100円均ので良いじゃんっ!ってことで、ダイソーで購入。

使った結果を言うと、正直”今の所”大大大満足!普通に使えます。

っというわけで、今回はApple純正のUSB-Cケーブルと100円均のUSB-Cケーブルを実際に使って比較していきたいと思います!

私が購入したUSB-Cケーブルはコレ!

ちなみに私が購入したケーブルはDAISOで売られている、両面がUSB-Cになっているコレ。

パッと見た感じはiPadProに付属している、純正のAppleUSB-Cケーブルにかなり似ています。もちろん100円。

100円ではありますが、袋から出してもそんなにチープ差は感じません。高級感も無いけど。

比較するのはiPadPro11を購入した時に付属していた、USB-Cケーブル。

Appleブランドということもあって1800円もします・・・正直言って意味が分からないほど高いのですが、本当に18倍の価格差を支払う価値があるのか?検証していきます。

1,見た目の比較

まずは見た目を比較!いくら使えるケーブルだと言っても100円均丸出しの安っぽいケーブルだったら友達に自慢できません。(自慢する友達もいないですが)

流石にApple純正品と比べてしまうと、ケーブル部分がちょっとビニール感はあります。。。

※左がApple純正、右が100円ケーブル

とは言ってもパッと見た感じだと違いは分からないです。

私のようにガジェットオタなら、なんとな~く安っぽいかな?っと感じます。ただたぶん、ほとんどの人はどっちが純正品なのか?分からないんじゃないかなぁ?

続いて先っちょ部分を比較。100円ケーブルの方がややサイズがデカイです。
※左がApple純正、右が100円ケーブル

本当にビミョーではあるものの、100円ケーブルの方がちょっとだけデカく、断線防止の為なのか?丸っこい部分で補強されています。


※左がApple純正、右が100円ケーブル

純正品と隣同士並べてしまうとどうしても、安っぽい感じはしますがケーブルを隣同士で比べることなんてほぼ無いですからね・・・

特に安っぽすぎるっ!ってわけでも無いので、普通に使う分には問題ないかと!

2,充電速度の比較

本題とも言えるのが充電速度。充電環境としてはPD充電が可能な『Anker PowerPort I PD-1』

このモデルは一番上のUSB-C端子部分のみ超高速のPD給電に対応しているタイプになります。

で、充電する端末は同じくPD充電に対応している『ZenFone5Z』を充電していきます。
【購入レビュー】ZenFone5Zを8ヶ月使って分かった!7つの長所&短所とは?

PD充電は通常の充電よりも2倍以上高速で充電出来るので、理論上は10W~くらい出るはず。っというか出てくれ!

まずはApple純正ケーブルで充電してみる。

13W(1,56A×8,47V)出ています。気安く爆速やら高速やら神速やら言いたくないですが、これは正に爆速。

通常のスマホの充電能力は5W程度なので、2倍以上早い速度!

前日に充電し忘れていても、朝に30分くらい充電しておけば50%くらいは充電されるくらい、爆速です。

続いて100円均のケーブル。

ぬおおおお!Apple純正ケーブルと全く同じ13W(1,56A×8,47V)も出ているっ!

どちらのケーブルも数字が減ったり増えたり変動するので、ほぼ同じくらいの充電性能があるのは間違いないです。

もちろん、高速充電が出来ていることを示す、++マークがバッテリーマークの欄に表示されています。

もしかすると、高速充電じゃないんじゃないか?っと不安にかられたので、PD給電が出来ない端子についないで、充電してみました。

一応こちらもPDよりは劣るもののIQ(PowerIQ)対応なので、高速充電は可能。

9W弱っと高速充電ではあるものの、USB-CのPD給電よりは遅くなりました・・・(通常の充電より1,5倍くらい早いけど)

つまり、100円のケーブルでも問題なく超高速充電は出来てしまう!ということですね

充電速度は1800円もするApple純正ケーブルと何も変わらなかったです。

もうこの時点で購入する価値アリ!っと言えるんじゃないかと。

3,転送速度の比較

続いてデータの転送速度。2Gくらいの動画ファイルをUSB-Cでパソコンに移して速度を見ていきます。

まずはApple純正ケーブルで転送速度を見てみる。

大体40MBくらいで、急に速度が落ちたりする感じですね。まあ大体40MBくらいです。

続いて、100円均のケーブルを見ていきます。

数字がでかくなったり急に小さくなったりするので、若干100円の方が遅く見えます。

ただ、やはり大体40MBくらいで推移して、転送速度もほぼ一緒ですね。

Pc自体はUSB3,1に対応しているので、10Gくらいまで出るはずなのですが、どちらも40M止まりなので、USB-2,0 規格なのかと思われます。

う~む。。。充電速度も転送速度速度も一緒ならもう、100円のケーブルで良いじゃん!っと思います。

気になるのは耐久度の差ですが、こればかりはもう少し使ってみないと分かりません。

とは言ってもApple純正ケーブルは1800円なので、100円のケーブルが1年に一回壊れても、18年は持つ計算になります。

いくら天下のAppleさんの純正ケーブルとは言え、18年もケーブルの耐久性が持つとは思えません・・・

半年で交換すると考えても9年ですからね。

18年も経っていたら、新しい規格が出ていると思われるので「今どきUSB-C?www」っと馬鹿にされる可能性すらあります。

っと言ったことを考えると、100円のUSB-Cケーブルは圧倒的にコスパ良い!と言えるんじゃないでしょうか。

私は相当転送速度に差があるケーブルとかじゃなければ、新しくケーブルを買うことは無いかと。

【結論】耐久性は不明だが、普通に使える。圧倒的にコスパ良しっ!

耐久度に関しては1年~とか継続して使っていかないと分からないですが、今の所購入して3ヶ月くらい経っていますが、何も問題なく使えています。

「充電速度も転送速度も全く同じレベル」っと考えたら圧倒的にコストパフォーマンスは高いと言えるんじゃないかと!

正直、使ってみる前は「100均のケーブルとかw」っとちょっとナメていたんですが、100円でこのクオリティなら普通にアリ!ですね。

比較的安価なAnkerのケーブルでもAmazonで1000円以上はしますからね(汗)

10倍以上のケーブル使っても壊れる時は壊れるし、10倍以上耐久性がある!ってわけでもないので、100均ケーブルを使い続けるのも普通に有りより有りだと思いました。

もし、あなたが100円のケーブルってどうなん?!っと気になっているのであれば参考にしてみてください。

ちなみに当記事を執筆している時点で最高にコスパが良い充電器はコチラ↓
【1年使用レビュー】Anker PowerPort I PD-1の充電速度&3つの弱点を解説!

60Wも出力出来て同時に5つも充電でき価格も安い。現時点ではコスパ最強クラスです。

本当に充電速度が爆速になるので、参考にしてみてくださいね。




おすすめの記事