【レビュー】Anker PowerCore 10000 PD Reduxの3つの短所&長所とは?

今回はAnkerが販売しているモバイルバッテリー『Anker PowerCore 10000 PD Redux』の長所&短所と本当に買うべきモバイルバッテリーなのか?!を全力で考察してきます。

販売された当初は世界最小、最軽量!だったのですが・・・

今は更に軽量化&高出力のRAVPower社の『RP-PB186』ってのが売られているので世界最軽量じゃなくなってしまいました(汗)
【本当に買い?】RAVPower RP-PB186 3つの良い点&悪い点を解説!

今回のPowerCore 10000 PD Reduxもこのサイズ感にしてはかなり優れたモバイルバッテリーなのは間違いないです。

が、『RP-PB186』と比較してしまうと劣っている点がかなり見られるのが正直なところ。

では一体どんな特徴があり、どんな人向きのモバイルバッテリーなのか?50種以上のモバイルバッテリーを見てきた私が解説します。


コスパ最高のモバイルバッテリーを探しているあなたへ・・・

Anker PowerCore 10000 PD Redux

製品名 Anker PowerCore 10000 PD Redux
最大充電W数 最大18W 2ポート使用時(18W+12W)
充電容量 10000mAh
対応機種 iPhone 11 / 11Pro / XS等ほぼ全てのスマホ
重量 約192g

⇛Anker PowerCore 10000 PD Reduxの現在の価格&詳細はコチラ!

3つのメリットとは?

1、最大18W!!

1ポート使用時の最大出力はぬぁんと!18W!

通常のスマホの充電器が5W程度なので、高速充電に対応しているスマホであれば、3倍~で充電できるほど、給電能力が高いのが特徴。

大して変わらないでしょ~っと思う人もいるかもですが、本当に笑っちゃうくらい爆速。

iPhone11とかでも30分ほどで50%まで充電されるので、もうモバイルバッテリーは18Wくらい絶対に必須だと思ったほうが良いです。

また、18W出力なのでiPadPro11等のW数が必要なガジェットも充電できちゃいます。

このサイズ感でこの高出力はヤヴァイでしょ・・・

もし、あなたが高速充電に対応しているスマホを使っているなら、ぜっっったいに18Wくらい給電能力があるモバイルバッテリーを購入する事をオススメします。

2、2ポート同時でも充電可!

更にこのモバイルバッテリーの凄いところが、2ポート同時に使用してもどちらもポートでも充電できる!って点ですね。

家族や恋人同士でモバイルバッテリーの取り合いをすることが無いし、充電時間がかなり短縮されるので、いつまでも繋いでおく必要がないのが◎

USB-AとUSB-Cが1ポートずつなので、AndroidスマホとiPhoneスマホを同時に充電するって事も可能。

ただし!このモバイルバッテリーの最大出力は両ポート合わせて18Wしかありません(汗)

つまり、2つ同時に充電すると9W+9W(こんなにキレイに別れるわけではないですが)と言った感じになるので、高速充電が出来ないことになるんです。

9Wでも通常の充電器(大体5Wくらい)よりは速いですが、爆速充電ではなくなっちゃうのがデメリットかな・・・

3、10000mAhもの大容量!

このサイズ感で10000mAhもの容量!

ただ、どのモバイルバッテリーでも言えることなんですが、実は充電する際に30%分くらいの容量はどうしてもロスしてしまうので、実質7000mAh前後の容量と考えた方が良いです。

iPhone11のバッテリー容量が3100mAhくらいなので、iPhone11が2回満充電できるくらいっと考えればOK。

10000mAh使えないのは残念ではあるものの、正直iPhone11を2回満充電できるほおど大容量あれば十分かと思います。

4,USB-CとUSB-Aのポートが搭載されている

USB-AとUSB-Cのポートが搭載されているので、あなたが持っている端末がiPhoneだろうと、USB-C端子のAndroidだろうと充電できるのが◎

最新のiPadProは遂にUSB-C端子になっていますが、未だにiPhoneはUSB-A⇛Lightning端子ですからね・・・

なぜAppleがそこまでLightning端子にコダワルのか?ちょっと意味が分からないですが、USB-Cの方が給電能力も転送速度も早いので、速くUSB-Cに切り替えて欲しい所。

ここまでのまとめ
・MacBookAirクラスもギリ充電できるパワー!
・2つ同時に充電しても、高速充電が可
・世界最小最軽量クラス。



3つのデメリットとは?

っということで次はデメリットを解説。どんなに優れた商品でもデメリットは絶対にあります。

当ブログの方針としてはどんなに良製品でもメリット&デメリットを絶対に解説するのがポリシーなので、私が感じたデメリットを解説!

1,最大18W

「えっメリットでも同じ事18Wって書いているじゃん!」っと思うかもしれませんが、あなたの使用用途によっては18Wってちょっと中途半端だったりします・・・

例えばMacBookAirなどのミドルスペックノートPCを充電するなら、最低でも30Wくらいの給電能力が無いとパワー不足。

iPadPro11インチは問題なく充電できますが、実はiPadPro11インチも最大30Wまでの高速充電に対応しているので、最大18Wだと通常充電しかできません(汗)

スマホを爆速充電したい!ってだけなら、全く問題無いんです。

が、あなたが「ノートPCも充電したい」「iPadProも爆速充電したい」というなら、RAVPower社の『RP-PB186』を全力でオススメします。

【本当に買い?】RAVPower RP-PB186 3つの良い点&悪い点を解説!

コッチは今回の『PowerCore 10000 PD Redux』よりも更に軽量なのに、1ポート使用時の最大W数が29W!

ギリMacBookAirが充電でき、更にiPadPro11クラスも爆速充電できるほど高性能なモバイルバッテリーなんです。

2,iPhoneの高速充電を活かすには別売りケーブルが必要。

iPhoneは8世代~からPD充電(18W)という高速充電機能に対応しています。

しかし、PD充電に対応しているのはUSB-C側だけ。

つまり、このモバイルバッテリーを使ってiPhoneの充電能力を最大限まで活かすなら18W出力できるUSB-C側で充電しないとダメって事です。

USB-C⇛Lightning端子のケーブルを購入する必要があるんですよね(汗)

まあ、それほど高い価格ではないものの、一々別途購入するのがかなり面倒くさいかな・・・

もし、あなたが「ほどほどの高速充電で良い!」

っというならUSB-A側を使うのもアリですが、折角最大18Wもの爆速充電能力があるなら、やはりここはUSB-C側で充電したい所。

3、やや高い。

世界最小の座は後発機である、RAVPower社の『RP-PB186』に譲ってしまいましたがそれでも現時点で超軽量小型サイズのモバイルバッテリーなのは間違いないです。

っというのもあってか、ちょっと価格は高め。

ちょいちょいタイムセールやっているので、15%OFFになっていたりしますが、定価だと4000円以上しますね・・・

⇛Anker PowerCore 10000 PD Reduxの現在の価格&クーポンはコチラ!

高速充電にそこまでコダワラない!っと言うのであれば、前モデルである『PowerCore 10000 Redux』なら1000円くらい安く購入できます。

個人的にはPD充電(18W)があまりにも爆速すぎるので、今から購入するならPD充電に対応している今モデルをオススメします。

ただ、あなたがPD充電に対応してる端末を持っていない、買う予定がないなら上記の旧モデルでもそこそこ高速充電できるし、安いのでオススメです。

ここまでのまとめ
・ノートPCには給電能力不足
・iPhoneで最大能力を活かすなら、PD充電対応ケーブルが必要。
・PD対応端末を持っていないと力が発揮できない。

【結論】買うべき人、止めておくべき人とは?

最後にこの『Anker PowerCore 10000 PD Redux』を買うべき人を考察してみます。

・PD充電に対応したスマホを持っている、今後買うかも。
・2つ同時にスマホを充電する機会が多い
・ノートPCは充電しない。
・Ankerブランドが好き。
以上に当てはまるぜ!って人は購入するのはアリ!かと思います。
ただね、、、Ankerにコダワラないのであれば、更に出力が高くノートPCも充電できるRAVPower社の『RP-PB186』の方が絶対に良いかと。
ビミョーに軽量化されているし、ノートPCも充電でき、更に価格もビミョーに安いです。笑
更にあなたが「Ankerブランドにはコダワラない」ッと言うなら今回のモデルよりも2,000円くらい安いのにほぼ同性能があるコチラをオススメします。(私はコッチ買いました 笑)
本当に『Anker PowerCore 10000 PD Redux』と同じくらい高性能、小型なのに2000円代で購入できるのでメッチャコスパが高いです。
もし、あなたがモバイルバッテリー探しまくっているようであれば、ぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m
モバイルバッテリーオススメ記事4選はコチラ↓
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で3ヶ月使い放題キャンペーン中↓
世界最軽レベルなのにMacBookAirも充電できる!↓
迷ったらコレ買っておけばOK↓
モバイルバッテリーを高速充電するには、充電器選びも重要です。
【2020年】Anker製小型USB充電器を全10種比較!正しい選び方とは?
もし、あなたが当記事を読んで0.1%くらい役に立ったと思ったら「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事