100均の低反発イヤーピースは買い?1,000円~と比較して分かった3つの短所を解説!

先日100均ぶらついてたら見つけたのが、低反発イヤーピース!

「ぇぇええ?!100均に低反発イヤーピース売ってるの?!」と興奮してつい買ってしまいました。笑

低反発イヤーピースってAmazonとかで買うと1,000円するようなものもあるので、これが使えるならコスパ最強じゃん!

と思ったのですが、やはり1,000円とかのものに比べるとイマイチ。とはいえ100円にして中々優秀なので、低反発イヤーピース初めて使うとかならアリかも。


コスパ最高のワイヤレスイヤホンを探しているあなたへ・・・
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

殆ど自腹レビューなので参考になるはず!↓
コスパ最強はどれ?5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選!15万円分買った私の結論。

音質、コスパのバランスが良いイヤホンはこちら↓
1万~2万円の無線イヤホン12選!33万円分買った私のオススメはコレだ!
コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

100均(セリア)の低反発イヤーピースをレビュー!

ちなみに私が購入したのはセリアというちょいオシャレ(?)な100円均一。小さめサイズと普通サイズがあったような気がします。

今回は小さめサイズを購入。5,5mm~6mmに対応のイヤホンに対応なので一般的な無線イヤホンとかならだいたい付けられます。

多少小さくても付けられるので、このくらいのサイズ買っておけば問題無し。

さっそく使ってみたんですが、シリコン系のイヤーピースよりは明らかに段違いに遮音性が高いっ!これは間違いないです。

あと低音が強くなるという方もいらっしゃるのですが、私にはあまり低音の強さが変わったようには思いませんでした。

強くなるというかやや温かみのある低音に変化するしたような気はしますが、劇的に低音がブォンブォン鳴るとかはないです。笑

ただ、フィット感は反発力が強いのか?質の高いイヤーピースと比べるとちょっと悪いですね~。

というわけでイヤーピースの反発力をチェック。

この手の低反発イヤーピースってギュッっと押しつぶした時に一瞬で戻るものもあるんですが、戻るのが早すぎると上手く耳にフィットしにくいです。

そして、低反発のくせに反発力が強いと耳が疲れやすく密封度も低くなるので、遮音性も悪かったりします。

比較したのは以下のイヤーピース↓

コンプライのイヤーピースはコチラの無線イヤホンに付いてきたオマケのやつ↓
音質は微妙?SOUNDPEATS Truengine 3SEを自腹レビュー!7つ特徴&短所を解説します!

コンプライのイヤーピースは普通に買うと2,000~3,000円もする高級品なんですが、5,000円前後の無線イヤホンにオマケで付いてきました。笑

動画を見ていただくと分かるのですが、1000円くらいのA-Focus 低反発 ウレタン製 イヤーピースより低反発でフィット感良し!

A-Focusは100均より高いくせに、潰してから1瞬でイヤーピースがもとに戻っちゃいます。なんじゃこれ・・・

反発力が強くて形状記憶力が高いので、耳の穴をピチッと密封しにくい⇛疲れやすいです。

まさか100均よりダメなイヤーピースだとは(汗)

続いてコンプライのウレタンイヤーピースと比較。流石に有名ブランドと比べちゃうと、柔らかさは劣りますね~。

おもっきしギュッと潰してもコンプライはいつまでも潰れたままです。

じわ~っと戻っていきますが反発力が弱いので耳の穴の形にそって無理なく密封してくれるので疲れにくいというわけですね。

さすがに100均とは比べ物にならないほどしっかりしてます。

コンプライは普通に買うと2000~3,000円とかするので当然といえば当然ですが・・・(汗)

私がオススメしているコスパ良し!なのがFEYCHのイヤーピース。これと比べてもやや柔らかさは劣ります。

これ1,000円くらいで6セットと量も多い割に”ふにゃん”と柔らかいので耳の穴にフィットしやすくオススメ。

イヤーピースに2000円~とか出すのはなぁ・・・という人は迷わず、FEYCHのイヤーピース買って良いです。

ちょっと話はそれましたが、反発力に関しては1,000円程度のものと比べると劣ります。

が、質の悪いイヤーピースよりは使い勝手良し!というのが結論です。近くに同じ100均があるなら使ってみるのはアリ!だと思いますよ!

ここまでのまとめ
・シリコンイヤーピースよりも明らかに遮音性は上がる
・質の悪いイヤーピースよりは質が良い
・コンプライやFEYCHよりは反発力が高い(耳に付けると疲れやすい)
・とは言え100円にしてはそこそこ良いのでお試しで買ってみるのはアリ

100均の低反発イヤーピース3つのデメリットとは?

1,サイズが大きいのでケースに入らない事がある

無線イヤホンにおいて最もデメリット!と言えるのがコレですねぇ~。

試しに、コスパ最強級のサウンドピーツSONICに付けてみます
【自腹レビュー】SOUNDPEATS Sonicの7つの特徴&短所とは?最強クラスのコスパでした。

このイヤホンに限らすずですが、シリコンのイヤーピースよりも長さがあるので、ケースに入らない場合があるんです。

100均のイヤーピースを付けてみるとこのような感じに↓明らかに長さがあります。

このままケースに収納すると・・・

くっ!閉まりません(汗)閉まらないだけじゃなく、充電も出来てません・・・

イヤホンにもよるのですが、ケースにおさまらない事もあるので、この点は弱点ですね。

ケースが大きめのイヤホンであれば、付けっぱなしでも収納できる場合もありますが、こればかりは試してみないと分からないです。

ちなみにFALCON2とTechnicsイヤホンにつけてみたら収まりました。笑

音質は最強か?Noble audio FALCON 2を自腹レビュー!9つの特徴&短所を正直に解説します!

ちょっと分かりにくいですが、こちらも問題なく装着可能

ノイキャンは微妙?EAH-AZ70Wを自腹レビュー!8つの長所&短所を好き放題書いてみた!

100均のイヤーピースに限らず、ウレタン製のイヤーピースは大きいサイズのものも多いので、今回の100円のもので試してみてから、1000円くらいのイヤーピースを買うというのもアリかもですね。

2,耐久度は低いかも?

今まさに記事を書いている時に起こったのですが、イヤーピースをイヤホンから外した時に破壊されました(汗)

うーん、、、そんなに強く引っ張ったつもりは無いんですが・・・もしかすると耐久度はそんなに高く無いのかも。

3,100均のラインナップから消滅する可能性がある

100円均一って商品の入れ替わりがめっちゃ激しいんですよね。

もしあなたが使ってみて「おおおお!メッチャ耳にフィットしている!」っと思っても破損したり紛失した場合、次に100均に行った時においてない可能性があります。

使ってみて良かったら2つ3つくらい買っておくのが良いかも。



【結論】100円にしては良しっ!個人的には1,000円6セットのやつがオススメ!

ぜんっっぜん期待してませんでしたが、100円にしては良し!とは思いました。

フィット感はまぁまぁ良いですし、遮音性は間違いなくアップした!と感じましたので。

ただ、個人的にはFEYCHの低反発イヤーピースをオススメしたいですね~。

明らかに100円のものよりフィット感、遮音性が更に高いですし950円で6セットなので、1セットあたり160円くらいとそんなに変わらないです。
FEYCH イヤーピース 6セット 低反発 現在の価格&詳細はコチラ!

であれば、長期的に使うならFEYCHイヤーピースの方が良いのでは?!っと思います。

というわけで低反発イヤーピースを探している人は参考にしてくださいませ~!

無線イヤホン好きなら見て欲しい記事9選!
国内最大7000万曲配信のAmazonMUSICが無料で1ヶ月使い放題キャンペーン中↓

最強のイヤホンはどれだ?!ハズレ無しなイヤホン一覧
19万円分を自腹で比較!ノイズキャンセリング完全無線イヤホン11選はコレ!

ミドルスペックなイヤホンをお探しのあなたへ↓
1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン7選!30個~買った私のオススメはコレ!

コスパ最強のイヤホンはコレだぁあ!↓(ほぼ自腹)
5000円以下の完全ワイヤレスイヤホン13選はコレだっ!

コスパ狂の管理人が全力でおすすめする、コスパ◎なアイテムはこちら↓

もし、あなた少しでも「記事が役に立った!」っと思ったら清き「フォロー、いいね」をお願いします!↓




おすすめの記事